インド
インド
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

聖地バラナシを通に楽しむ超ディープスポット7選【インド】

2018年5月9日更新

404view

お気に入り

ヒンドゥー教の一大聖地であり街全体が世界遺産でもあるバラナシ。この街のメインストリートであるベンガリートラには、ガイドブックにも載っていない知る人ぞ知るお店がたくさん。バラナシに沈没した旅人だからこそ知っているディープスポットを、バラナシ通になるための楽しみ方と合わせてご紹介します。

バラナシ観光の中心ベンガリートラはゴードリアの交差点からはじまる

バラナシに来たらほぼすべての旅行者が集まるベンガリートラ(ベンガリー通り)。飲食店や雑貨屋、露店などがひしめき合っています。通りの始点となるゴードリアの交差点から先は牛とバイク以外の車両は乗り入れ禁止。世界中から来た観光客とインド中から来た巡礼者で、交差点はいつもごった返しています。

ベンガリートラ
インド / 町・ストリート
住所:Bangali Tola, Varanasi, Uttar Pradesh, india

バラナシ通だけが知っているベンガリートラのディープスポット7選

1、政府公認のバングラッシー屋さん

ベンガリートラの始点ゴードリアにあるのが、政府公認のバングラッシー屋さん。バングとは大麻を練って丸めたもので、それをインド版飲むヨーグルトのラッシーに加えて飲むのがバングラッシー。バラナシの名物です。

バラナシはシバ神を祀ったヒンドゥー教の一大聖地で、街を流れるガンジス河それ自体が神聖な御神体。シバ神が大麻を好んだことから、信仰を重んじるこの街で大麻は合法なのだそう。

ゴードリアの交差点にはバングラッシーの政府直轄店が4軒並んでいて、老若男女、若い女性から警察官のおじさんまで昼夜問わずバングラッシーをひっかけにきます。お店の目印はこの看板。写真に写る3つの看板すべてがバングラッシー屋さんです。

  • バングラッシー(ライト)一杯30ルピー(約50円)。バングの量で、ライトからマハラジャまで数種類に分かれています。

2、インド庶民の暮らしが覗ける金物屋さん

ベンガリートラの商店街の入り口にある金物屋さんは、キッチン用品や小物入れなど生活雑貨の品揃えが多様。インドでは鉄やアルミ製の小物が庶民の生活に根ざしていて、いつ行っても主婦のおばさんたちでお店前は超満員状態。

「おう!今日はなに買ってく?」なんて聞いてくる気さくな店主との会話を楽しみながら、掘り出しものを見つけるのもバラナシの通な遊び方の一つ。ガネーシャの小物入れ(50ルピー/85円)など、かわいいデザインの小物もたくさんあるのでお土産にもぴったりです。

この金物屋さんには看板などがないので目印はお隣のカレー屋さん(NEW STAR RESTAURANT)のピンクの看板。カレー屋さんの右隣が金物屋さんになっています。

金物屋(ベンガリートラ商店街)
インド / 雑貨・インテリア
住所:Opposite Vishwanath Lane, Opposite Kashi Bhaynaraya, Near Singh Decor, Dashaswmedh, Lahori Tola, Varanasi, Uttar Pradesh 221001 インド

3、これぞインドクオリティ!ダサくてかわいいステッカー屋さん

バラナシ土産の中でも一番のおすすめはステッカー。インドらしいデザインと気の抜けたクオリティがたまらなく可愛い。ブッダやイエス、シバ神までなんでもありのステッカーはまさにバラナシ土産にふさわしい一品です。

ステッカーは大きさによって値段はまちまちで、10ルピー(17円)程度から購入可能。数え切れないほど様々な種類のステッカーがあるので、店先に座らせてもらいチャイでもご馳走になりながら、お気に入りの一枚をゆっくり選んでみてください。

ベンガリートラにステッカー屋さんは一軒しかないので見落とすことはないはず。日本人宿として有名な「ルドラゲストハウス」の看板の下にお店が出ています。

ステッカー屋(ベンガリートラ)
インド / 雑貨・インテリア
住所:D 20/4, Bangali Tola Rd, Munshi Ghat, Ayer Battala, Bangali Tola, Varanasi, Uttar Pradesh 221001 インド

4、なんでもあるよ!通り沿いの半地下チラム店

ベンガリートラ沿いの半地下スペースに店を出すのは、シバ神が愛した聖具「チラム」を扱うお店。チラムもバラナシ名物のひとつで、シバ神が用いたとされる喫煙具の一種。現在はガンジス河で修行する苦行者(サドゥー)たちが愛用しています。

チラムは70年代にヒッピームーブメントに乗って欧州などインド国外にも広まっていき、今もインドヒッピーカルチャーの象徴的な存在でもあります。

このチラム屋ではほかにもポストカードやヘナなど聞けば店頭にない商品も出してくれます。店主は日本語も少しできるので、道草ついでに「親父、今日はなにがある?」なんてひやかしに行くのもまたバラナシ流の楽しみ方でしょう。

少しわかりにくい場所にありますが、少し下向き加減で注意して歩いてみてください。「BABA LASSI」のオレンジの手書き看板の下、青い扉の中で店主が暇そうに迎えてくれます。

チラム屋(ベンガリートラ)
インド / その他ショッピング
住所:D33/4, Bangali Tola, Varanasi, Uttar Pradesh 221001 インド

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年3月15日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

神秘的なブルーシティ!世界の青い街並み5選

心を落ち着かせリラックスさせる効果がある色、ブルー。一方で、とても神秘的で人を惹き付ける色でもあります。世界にはびっくりするような青に染まった町があり、足を踏み...

インド タージ・マハルと併せて周りたい観光スポット3選

世界遺産の中でも特に有名なタージ・マハル。テレビや雑誌で一度は目にしたことのあるその名建築は、インドのアグラにあるのです。今回の記事では、死ぬまでに一度は見てお...

【南インド】旧フランス植民地ポンディシェリでオススメな3つのこと

「インドの中のフランス」と知られる街が、南インドにあります。その街の名は「ポンディシェリ」。イギリスが大部分を統治していたインドにおいて、一風変わった雰囲気を持...

南インドの至宝!インドの中の別世界・豪華絢爛なマイソール宮殿巡り

インドというと、どうしても「汚い」と日本人には思われがちですよね・・その常識を少しでも覆すべくご紹介するのが、南インド・カルナータカ州マイソールにあるマイソール...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...



この記事を書いたトラベルライター

ビートルズ聴いて映画ばっか観てるインドア系旅人
ぱぱす(スペイン語で芋)です。

いもです。

殻に閉じこもりがちだけど一旦でたらけっこう遠出しちゃう派です。

ラテンとインドに魅せられたアラサー。

NOMADOに憧れる普通の人。

インスタ映えない泥臭い旅がバエル時代を作りたい。

とか言いつつ、楽しければなんでもいいよね★ってゆるく旅してます。
トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?