インド
インド観光
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

【インド・バラナシ】ガンジス川周辺!オススメの楽しみ方

2018年6月18日更新

295view

お気に入り

空と川が一体となり、生と死が重なるような時間を体験できる聖地・バラナシを流れるガンジス川。ヒンドゥー教の儀式「プージャ」にいるステージで全力で踊るおじさんや、西洋漂うおしゃれなカフェ。日常では味わえない、異世界を紹介します。

この記事の目次表示

バラナシについて

バラナシはインド北部・ウッタルプラデーシュ州にあり、多くの観光客が訪れる都市です。また、ヒンドゥー教最大の聖地とも言われており、観光客だけでなくインド各地の人々がガンジス川で沐浴をするために訪れています。

陽気なインドの人々と観光客、そして野生の牛や犬など様々な動物が共存し、彼らと一緒に街中を散歩している気分が味わえます。

バラナシ
インド / 町・ストリート
住所:Varanasi インド ウッタル・プラデーシュ

まずはガンジス川へ

バラナシに到着したら、まず行くべきはガンジス川。インド亜大陸を流れる大河で、川沿いの火葬場で火葬した遺灰をガンジス川に流します。日が沈む時間帯にボートに乗れば、空と川の色が一体化したような景色を見ることができ、まるで生と死、朝と夜が重なるような不思議な感覚を覚えます。

日が沈むと、火葬場のオレンジの炎と街の灯りがガンジス川を照らします。辺りが暗くなり、船着き場にはたくさんのボートが密集します。乗客のほとんどは観光に訪れた人ばかり。アジア、ヨーロッパ、様々な人種の観光客がガンジス川に集まります。

密集したボートを器用に渡りながら、少年がチャイを販売していたりします。少し冷えていく夜に、最適な甘さと温かさを提供してくれるチャイは1杯Rs70(約17円)。そんな日が沈むガンジス川の川沿いで、私たちが待つものは・・・・


ヒンズー教の儀礼、「プージャ」

  • プージャが始まる15分前の様子。続々と人が集まっていきます。

多くの観光客が待っているのは、「プージャ」です。プージャとはヒンズー教の礼拝の儀礼で、ダシャーシュワメード・ガート(Dashashwamedh Ghat)と呼ばれる沐浴場で行われる、大切な儀式。しかし、儀式といえども大音量の音楽と歌、立ち上る炎、舞台上での踊りが特徴で、まるでお祭りのよう。ちなみに毎晩行われます。

  • プージャ
  • 右端に立っているおじさんが全力で踊ります。

そんな中、毎晩開催されるプージャに、礼拝用のオレンジの衣装も着ず、ボーダー柄のシャツを着て、舞台上の端っこで全力で踊るおじさんがいます。長くインドに滞在している人に聞いてみたところ、彼はプージャ礼拝を整備をしている人ではないかと言われています。

舞台の整備だけでなく、自ら場を盛り上げている謎のおじさんを、ぜひプージャという伝統的な礼拝で探してみてください。

毎晩行われる儀礼なので、きっと見つけることができますよ。

ダシャーシュワメード・ガート
インド / 遺跡・史跡
住所:Dashashwamedh Ghat, Varanasi

バラナシで西洋気分?Aadha-Aadha Cafe

インドの中のインド、バラナシ。街並みも、他の街と比べて綺麗とは言い難いのですが、「ここはヨーロッパ?」と感じさせるおしゃれな店があります!

そこはガンジス川を眺めながらコーヒーブレイクを楽しめるカフェ、Aadha-Aadha Cafe(アダーアダーカフェ)。フランス人女性がオープンした、とてもおしゃれなお店です。

チャイだけでなく、コーヒーはもちろん、レモンチーズケーキやアップルパイ、チョコレートケーキも販売しています。またデザートだけでなく、オニオンパイ、チーズとオリーブを使ったサラダなど、インドにいるとは思えないメニューまで。

もちろん、インドカレーとベジタリアンメニューもありますよ!

  • カレー定食:Rs200(約400円)
  • ビール:Rs70(約113円)

インドとフランスが融合したおしゃれなこちらのカフェでは、インドのオーガニック・ティーにベルギー産のチョコレートを使用したチョコレートケーキがオススメです。

お水やジュースを頼んだだけでも、こんなに可愛いジャーに注がれてくるインドのカフェはきっとここだけに違いありません!

  • 営業時間:月曜~土曜7:30-20:00、日曜7:30-17:00

ガンジス川で神秘的な世界観を味わい、伝統的な儀式で面白いおじさんを発見した後は、ゆっくりガンジス川を眺めながら、こちらのカフェでほっと一息いれてみてはいかがでしょうか。

アダーアダーカフェ
インド / カフェ・喫茶店
住所:D 20/15 Munshi Ghat,near,Dashashwamedh Ghat Rd, Varanasi, Uttar pradesh 221001 India
電話:0011-91-87658-43460
Web:https://www.facebook.com/Aadha.Aadha.Cafe/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月16日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

神秘的なブルーシティ!世界の青い街並み5選

心を落ち着かせリラックスさせる効果がある色、ブルー。一方で、とても神秘的で人を惹き付ける色でもあります。世界にはびっくりするような青に染まった町があり、足を踏み...

壮麗豪華な名建築とスラムの共存するカオス都市~ムンバイを歩く~

インドのムンバイは、イギリス植民地時代の壮麗豪華な建築物が今も遺る魅力的な街です。一方で、スラムに生きる人々の力強さや優しさも、垣間見ることのできる都市です。今...


【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...

【インド】紅茶の名産地・ダージリン観光4つの魅力

インドの紅茶の一大産地として知られているダージリン。実は紅茶だけでなく、食事、景色など、さまざまな楽しみ方ができる街でもあるのです!そんなダージリンの街の魅力に...


聖地バラナシを通に楽しむ超ディープスポット7選【インド】

ヒンドゥー教の一大聖地であり街全体が世界遺産でもあるバラナシ。この街のメインストリートであるベンガリートラには、ガイドブックにも載っていない知る人ぞ知るお店がた...

この記事を書いたトラベルライター

平成のスナフキン
太陽神と言われるほど自他共に認める晴れ女。

世界各地のマグネットと美味しいお酒を求め、カモメのように飛び回る。
オーストラリア・ブリスベンにて紫外線たっぷりの太陽を浴びて生きています。

もし、突然雨が止んだら、そこに私がいる・・・かも??

【オーストラリア・ブリスベン】朝から行列!Noosa Chocolate Factory

オーストラリア・ブリスベンには、様々なチョコレート店が存在しますが、その中でも特に有名なチョコレート専門店が「Noosa Chocolate Factory」。...

【ブリスベン】全ての原材料がオーストラリア産「Mayfield Chocolates」

オーストラリアの有名なお菓子といえば、旅行のお土産にも人気の「ティムタム」。でも実はティムタムだけでなく、オーストラリアには美味しいチョコレートがたくさん存在し...


【オーストラリア・ブリスベン】家族で行ける!シロメ・ワイナリー

ブリスベンシティから南へ30キロほど向かった先には、観光スポットとしても有名な「シロメ・ワイナリー」があります。そこは、子どもから大人まで楽しめるレジャースポッ...

【ゴールドコースト】ムービーワールドのオススメアトラクションBEST3!

ゴールドコーストにある「ムービーワールド」。バットマンやスーパーマン、ジョーカーやハーレイクインといったハリウッド映画でお馴染みのキャラクターに会えるテーマパー...


【オーストラリア・ブリスベン】コレクティブマーケット

オーストラリア・ブリスベンでは、週末になると各地でマーケットが開かれています。今回は中でも人気なサウスバンクにある「コレクティブマーケット」とオススメのショップ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?