インド
インド観光
活気ある国で数々の遺跡やインド文化を体感

【南インド】インドの桃源郷コーチ、旧市街の楽しみ方

取材・写真・文:

オーストラリア在住
訪問エリア:36ヶ国

2019年7月12日更新

1,898view

お気に入り

インドと言うと、混沌とか喧騒という言葉を思い浮かべる人も多いかと思いますが、この南インド、ケーララ州はちょっと違います。今回は「インドの桃源郷」として知られる、ケーララ州最大の港町「コーチ」の旧市街を中心にご紹介します。

この記事の目次表示

コーチとは

コーチは、ケーララ州の西側・アラビア海に面した港湾都市で、11世紀以降、ヨーロッパとアジアを結ぶ交易ルート(海のシルクロード)の重要な舞台となりました。

海岸から内陸部に続く水郷地帯を、ハウスボートでクルーズする「バックウォーター・クルーズ」の拠点としても知られています。

現在のコーチは、アラビア海に面する半島部分にある旧市街「フォート・コーチン」と「マッタンチェリー」、内陸部にある新市街「エルナクラム」、貿易港、軍港として利用されている人工島「ウィリンドン」の4つの地区に分かれています。

コーチ
インド / 町・ストリート
住所:Kochi,India地図で見る

旧市街の見どころ

旧市街の「フォート・コーチン」と「マッタンチェリー」は、ポルトガル、オランダ、イギリス各国の支配を受けて来たため、ヨーロッパ文化とインドの文化が融合した独特の雰囲気を持つエリアです。

コーチの観光スポットは、ほとんどこの旧市街に集中しています。

  • 写真:Booboo56コーチンはキリスト教信者が多い街として知られています。
  • 写真:Booboo56

フォート・コーチン

15〜16世紀、ポルトガルをはじめとするヨーロッパ列国が大海に乗り出し、発見した国々を植民地化して行ったこの時代、インドで初めて植民地化されたのが、このフォート・コーチンです。

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

多くの観光客が訪れる場所ですが、緑が多く、なんともゆったりした雰囲気が流れるエリアです。

フォートコーチン
インド / 町・ストリート
住所:Fort Kochi,India地図で見る

フォート・コーチンの見どころ① チャイニーズ・フィッシングネット

植民地時代のその前、14世紀に中国から伝えられたインドでもこの辺りでしか見られない漁法です。大きな網を海に沈め、魚が入るのを待って、何人もの漁師がテコの原理を利用して網を吊り上げます。

この辺りのネットは観光的なものなのか、心づけを渡すと網の吊り上げに参加させてくれます。

  • 写真:Booboo56
  • 写真:Booboo56

朝〜昼に行くと魚を売る屋台を見ることができます。買った魚は、近くのレストランで調理してくれるそうです。

いい写真が撮りたければ、ぜひ夕方に行きましょう。夕焼けをバックにいい写真が撮れますよ。

チャイニーズフィッシングネット
インド / その他スポット
住所:River Rd, Fort Cochin, Cochin, Kerala地図で見る

フォート・コーチンの見どころ② 聖フランシス教会

1503年にポルトガル人によって建てられた、インドで最も古いキリスト教会の一つ。インド航路を開拓した探検家バスコ・ダ・ガマが埋葬された教会としても有名です。

聖フランシス教会
インド / 社寺・教会 / 教会
住所:Saint Francis Church Road Opp, Fort Kochi, Kochi, Kerala 682001, India地図で見る

フォート・コーチンの見どころ③ サンタ・クルズ聖堂

  • 写真:Booboo56

20世紀に入ってから再建されたため、新しい外観ですが、これもポルトガルの植民地だった1505年に建てられた教会なのだそうです。

サンタ・クルズ聖堂
インド / 社寺・教会 / 教会
住所:Bastian St, Fort Nagar, Fort Kochi, Kochi, Kerala 682001, India地図で見る
電話:484 221 5799

フォート・コーチンの見どころ④ カタカリ・ダンス

「カタカリ・ダンス」は南インドに伝わる伝統芸能で、セリフは一切なく、体の動きや顔の表情で物語や感情を表す舞踏劇です。役者は全て男性なので、日本の歌舞伎に似たところがあると言われています。

カタカリ・ダンスが見られる劇場はたくさんありますが、ここフォート・コーチンには「グリニクス・ヴィレッジ」と「ケララ カタカリ センター」があります。

グリニクス・ヴィレッジ
インド / エンターテイメント
住所:C.C. 2/481, Calvathy Rd, Calvathy, Aspinwall Junction, Kunnumupuram, Fort Kochi, Kochi, Kerala 682001, India地図で見る
電話:484 221 7000
Web:https://www.greenix.in
ケララ カタカリ センター
インド / エンターテイメント
住所:K.B. Jacob Road, Fort Kochi, Kochi (Cochin) 682001, India地図で見る
電話:484 221 7552
Web:http://www.kathakalicentre.com

マッタンチェリー

マッタンチェリーは半島の東側、フォート・コーチンから南に下ったところにあります。ここもポルトガル入植者によって開かれた街ですが、その後、オランダ人、ユダヤ人、イスラム教徒などの居住地となったエリアです。

マッタンチェリー
インド / 町・ストリート
住所:Mattancherry インド地図で見る

マッタンチェリーの見どころ① マッタンチェリー宮殿

1555年にポルトガル人によって造られ、この地のラジャ(藩王)に贈られた宮殿。1663年にオランダの総監が居住したため「ダッチパレス」と呼ばれるようになりました。

これが宮殿?と思わせる外観ですが、内部は博物館になっていて、当時の藩王の肖像画、ヒンドゥーの神話をもとにした壁画などが展示されていてなかなか見ごたえがあります。

マッタンチェリー宮殿
インド / 建造物
住所:Bazar Road Kunnumupuram Kochi Kerala 682001 India地図で見る
電話:484-2360502

マッタンチェリーの見どころ② シナゴーグ

  • 出典:commons.wikimedia.org先にご紹介したマッタンチェリー宮殿とともに内部は撮影禁止になっています。Photo by Jungseok Lee CC BY-SA 2.0

「シナゴーク」はあまり馴染みのない言葉ですが、日本では「ユダヤ教会堂」と呼ばれています。ユダヤ人の祈り、教育、集会の場所として利用される場所だそうで、ユダヤ教徒のコミュニティーセンターのようなものでしょうか。

16世紀ヨーロッパの迫害を逃れ、この地に移り住んだユダヤ人は数千人にのぼると言われています。多くの人が香辛料の貿易に関わり、ユダヤ人社会は大いに栄えていたそうです。

シナゴーグ
インド / 社寺・教会
住所:Jew Town Rd Mattancherry, Kochi (Cochin), India地図で見る

この記事を書いたトラベルライターから一言

コーチで絶対外せない観光スポットはほとんどこの旧市街に集まっていますが、「今のインド」を見たい人は新市街エルナクラムにある「ルルモール」に行くのもいいかもしれません。

インドで最大のショッピングセンターだけあって、とにかく広い!更にクーラーが効いているので、快適に過ごせます。(Booboo56)

ルルモール
インド / ショッピングモール・デパート
住所:34/1000 N.h 47, Kochi (Cochin) 682 024, India地図で見る
電話:484 272 7777
Web:https://www.lulumall.in/kochi

インドの旅行予約はこちら

インドのパッケージツアーを探す

インドのホテルを探す

インドの航空券を探す

(ムンバイ(ボンベイ))

(デリー)

インドの現地アクティビティを探す

インドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年7月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


世界の青い街5選!モロッコ・インド・スペイン・ギリシャ・チュニジアのブルーシティまとめ

世界には、びっくりするような青に染まったブルーシティが各地にあります。とくに有名なモロッコのシャウエンをはじめ、一度は訪れたい、モロッコ・インド・スペイン・ギリ...


年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先など、年末年始の海外旅行におすすめの国・...

【保存版】駐在員が厳選!南インドの玄関口・チェンナイ見どころ7選

タミルナードゥ州の州都・チェンナイを玄関口とする南インド。デリーを代表とする北インドとは、言語面・文化面では外国ほどにも違います。多くの日本人は、インドへ来ると...

真の理想郷??南インド・オーロヴィルで人生観が変わるかも

「理想郷」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? 「理想郷」での暮らしは喜びに満ち溢れ、毎日幸せな日々を送ることができそうですね。そんな「理想郷」と呼ば...

【南インド】旧フランス植民地ポンディシェリでオススメな3つのこと

「インドの中のフランス」と知られる街が、南インドにあります。その街の名は「ポンディシェリ」。イギリスが大部分を統治していたインドにおいて、一風変わった雰囲気を持...

この記事を書いたトラベルライター

頭の中は食べることばかり、元バックパッカー 
観光というより、暮らすように旅できるオーストラリア・クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの魅力をお伝えしたくて、トラベルライターになりましたが、なかなか思うような記事ができず奮闘中。
旅行の目的は「食べること!」、旅行先で出会った美味しいものもご紹介していきたいと思っています。

【シンガポール】チャンギ空港の新施設「ジュエル」

施設・サービスの充実ぶりで「世界一の空港」の名をほしいままにしてきたチャンギ国際空港ですが、2019年4月17日に新施設「ジュエル」がオープンして更にパワーアッ...


スペイン行ったら、これ食べよ! バルのおすすめタパス8選

スペインのグルメ体験といえば「タパス」。タパスと言ってもいろいろあって、何を食べるか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、スペイ...


【マレーシア】地味だけど、意外にハマる猫の街!クチンの歩き方

マレーシアのボルネオ島にあるサラワク州の州都クチン。日本人には馴染みが少ない街ですが、「ゆる〜くて、やさしい」独特の雰囲気を持っています。今回はこのクチンの魅力...

【岐阜】意外に絶景⁈ 金華山に登ってみよう

岐阜市民にとっての原風景は、金華山と長良川。特に金華山は、山頂の岐阜城と共に岐阜市のシンボルになっています。標高329mという気軽に登れる山なのですが、山頂から...

【オーストラリア】「これが地球?」の景色が広がる地下都市、クーバーペディ

荒涼とした景色が好きな人なら絶対気に入る「クーバーペディ」。オーストラリア内陸部にある人口3千人あまりの街です。ここの魅力は風景だけではありません。この記事を読...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります