伊勢・二見
伊勢・二見観光
日本の神社の総本山”伊勢神宮”が観光の中心

【三重】伊勢神宮完全ガイド、由緒やアクセス・宿泊・グルメ情報まで紹介!

取材・写真・文:

三重在住
訪問エリア:37都道府県

2019年1月9日更新

297view

お気に入り

写真:nakatani

一生に一度はお伊勢参り…なんて言われる伊勢神宮。でも初めての方は、神宮そのものや周辺情報、アクセスについての疑問がいっぱいですよね。この記事ではそんな伊勢神宮初心者の方に向け、事前に抑えたい情報を集約してご紹介いたします!

この記事の目次表示

「伊勢神宮」というもの

  • 写真:nakatani外宮 鳥居

一般的に「伊勢神宮」と呼ばれている神社は以下の2つの神社です。

  • 三重県伊勢市豊川町 外宮(げくう) 別名:豊受大神宮(とようけだいじんぐう)
  • 三重県伊勢市宇治館町 内宮(ないくう) 別名:皇大神宮(こうたいじんぐう)

『古事記』『日本書紀』などの書物にも記載がある「伊勢神宮」は、古くは平安時代よりたくさんの参拝者が訪れたという由緒ある神宮で、現在でもお正月になると内閣総理大臣が参拝し、国・国民の安泰を願います。

「伊勢神宮」の特徴

  • 御木曳行事で使われるお木曳車

伊勢神宮と他の神社の違いは、やはり20年に1度行われる式年遷宮(しきねんせんぐう)です。これは社殿や鳥居、橋などを数年かけて取り替える伊勢神宮の祭事で、伊勢市民が神宮に木を運び入れる「御木曳(おきひき)」などが執り行われます。

  • 写真:nakatani外宮 古殿地

式年遷宮での社殿の建て替えは、新社殿建築→旧社殿解体という流れで行われるため、社殿用の土地が2つ必要になります。その土地は「古殿地(こでんち)」と言われ、しめ縄などで結界が張られています。古殿地に新しく建てられた新社殿はそのままそこに鎮座しますので、20年毎に社殿の位置が少し変わるということになります。

また、他の神社と違う点としてはおみくじがないという点が挙げられます。これは、伊勢神宮に参拝した時点で大吉に違いない…という考えに基づいたものだと言われています。


「外宮」について

  • 写真:nakatani外宮 御正宮

「外宮」の御祭神は豊受大御神(とようけおおみかみ)、衣食住の神様です。神社の造りは伊勢神宮でのみ見られる唯一神明造、境内には御正宮の他にいくつかのお社があり、それぞれが神宮に関係があります。また、「せんぐう館」という、伊勢神宮の祭事の資料や宝物の展示が行われているミュージアムも境内に有しています。

アクセス
JR・近鉄 「伊勢市駅」 から 徒歩10分
三重交通 「外宮前」 から 徒歩すぐ
式年遷宮記念せんぐう館
伊勢・二見 / 博物館・美術館
住所:三重県伊勢市豊川町前野126-1地図で見る
電話:0596-22-6263
Web:http://www.sengukan.jp/

「内宮」について

  • 写真:nakatani伊勢神宮内宮 御正宮

「内宮」の御祭神は皇室のご先祖様とも言われる天照大神(あまてらすおおみかみ)、皆さんご存知、太陽の神様です。神社の造りは外宮と同じく唯一神明造、境内には外宮同様いくつかのお社があり、広さ的にもかなりのものになります。参道かつ鳥居前町の「おはらい町」が有名で、食べ歩きやショッピングを楽しめるということで人気となっています。

アクセス
近鉄 「五十鈴川駅」 から 徒歩30分
三重交通 「内宮前」 から 徒歩すぐ
※五十鈴川駅から歩くと遠いので、バスの利用をおすすめします。
おはらい町
伊勢・二見 / 町・ストリート / 観光名所
住所:三重県伊勢市宇治中之切町、宇治今在家町地図で見る

「外宮」「内宮」間の距離・アクセス

  • 写真:nakatani外宮前 内宮までの石標

この2つの神社は意外と離れており、距離にすると約4kmになります。両方を参拝するという方がほとんどですので、その場合は自家用車かバス・タクシーを使って移動するのが基本となります。以下に交通手段をまとめましたので、参考にしてください。

外宮~内宮間 の 移動手段ごとの料金・所要時間
自家用車 15分
タクシー 15分 / 約1,690円
バス 10分~25分(系統による) / 430円
徒歩 1時間

参拝のマナー

ネットなどで調べると、「外宮から参拝するのがマナー」「外宮に行く前に二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)に行くのがマナー」など、いろいろな情報が出てきますが、ハッキリいってそこまで気にしなくて大丈夫です。普通の神社に行く時と同じ気持ちで、一般的なマナーさえ守っていればオッケーです。

伊勢神宮のサイトで、神宮に参拝する時のマナーなどがまとめられたページもありますので、気になる方はそちらをチェックすると確実です。

次のページを読む

伊勢・二見の旅行予約はこちら

伊勢・二見のホテルを探す

伊勢・二見の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

伊勢・二見のパッケージツアーを探す

(二見)

(伊勢・伊勢神宮)

伊勢・二見の現地アクティビティを探す

伊勢・二見のレンタカーを探す

伊勢・二見の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【東海】JR東海「青空フリーパス」の買い方・使い方&使って行きたい観光地を紹介

「青空フリーパス」はJR東海が販売しているお得な切符です。6つの県にまたがって使用可能で、かなりオトクな価格であることから、東海圏を観光する際にはオススメです。

【伊勢神宮参拝きっぷ】利用と、いろいろお得に伊勢&鳥羽めぐり

電車で伊勢神宮へ行こうかな?と、考えているあなた!それなら、近畿日本鉄道で販売している「伊勢神宮参拝きっぷ」がおすすめです。これは、伊勢神宮までの近鉄特急列車往...


【三重】伊勢市へのアクセスは近鉄が便利!近鉄が選ばれる理由3つをご紹介

伊勢神宮のある三重県伊勢市。そんな伊勢市へアクセスする方法は車以外ならJRか近鉄が一般的です。その2つならやはり全国に線路網を張り巡らせるJRが鉄板…と思いがち...

【三重】伊勢神宮は早朝参拝で混雑回避!アクセス・駐車場情報なども紹介!

古来鎌倉時代から参拝客が訪れたという歴史のある伊勢神宮。現在でも人気は衰えず、最近では2013年に式年遷宮、2016年には伊勢志摩サミット参加のために来日した各...


【三重】月に1度しか味わえない!伊勢神宮朔日参りに行ってみよう

毎月1日の早朝に神社へお参りすることを「朔日(ついたち)参り」と呼びます。伊勢神宮にも多くの人が朔日参りに訪れ、近くにある赤福では、その日限定の「朔日餅」を食べ...

この記事を書いたトラベルライター

とくにないです
早朝多め

【三重】伊勢神宮内宮から徒歩圏内「猿田彦神社」で万事良い方向へ!

猿田彦神社は三重県伊勢市宇治浦田にある神社です。境内にある方位石という八角形の石柱から力を頂けると人気で、多くの参拝者を集めています。地元でも有名な「みちひらき...

【三重】100年以上ぶりの新商品!4色の赤福「いすず野あそび餅」をGETせよ!

赤福は言わずと知れた伊勢の名物お土産であり、赤福を作っている会社の名称でもあります。そんな赤福が2018年7月15日から抽選販売を始め、現在は先着順となっている...


【奈良】日本最大の宗教都市「天理市」のオススメ観光スポット5箇所を紹介!

タイトル写真、中国でも韓国でもなく実は奈良なんです。この建造物は、奈良県天理市の中心部にある天理大学の建物。天理市は天理教の本拠地であり、宗教施設がたくさんある...

【三重】天空カフェテラス「横山展望台」の魅力と施設・アクセス方法を紹介!

三重県志摩市にある「横山展望台」は、英虞(あご)湾を一望できる展望台として人気です。2018年8月にはリニューアルされ、天空カフェテラスなどがオープンしました。...


【南海】大阪~徳島2,000円!「好きっぷ2000」の使い方&買い方を解説!

「好きっぷ2000」は南海電鉄が販売しているお得な切符です。南海各駅から和歌山港駅までの乗車券と、和歌山港から徳島港までの南海フェリーの片道乗車券がセットになっ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?