伊勢・二見
伊勢・二見観光
日本の神社の総本山”伊勢神宮”が観光の中心

【三重】伊勢市へのアクセスは近鉄が便利!近鉄が選ばれる理由3つをご紹介

取材・写真・文:

nakatani
三重在住
訪問エリア:37都道府県

2018年8月13日更新

9,381view

お気に入り

写真:nakatani

伊勢神宮のある三重県伊勢市。そんな伊勢市へアクセスする方法は車以外ならJRか近鉄が一般的です。その2つならやはり全国に線路網を張り巡らせるJRが鉄板…と思いがちですが、実は近鉄がかなり便利なんです!

この記事の目次表示

伊勢市へのアクセスに便利なのは近鉄

  • 伊勢市駅

伊勢神宮のある伊勢市には、JR参宮線近鉄山田線が乗り入れています。ですが、アクセスに便利なのは圧倒的に近鉄!この記事では近鉄が選ばれ続ける3つの理由をご紹介します。

1. 主要都市からの乗り換え回数・所要時間・運賃の違い

名古屋→伊勢市

JRの場合
乗り換え回数:0回〜 所要時間:1時間30分 運賃:2,000円 座席:一部指定席
近鉄急行の場合
乗り換え回数:0回〜 所要時間:1時間40分 運賃:1,570円 座席:全席自由席
近鉄特急の場合
乗り換え回数:0回〜 所要時間:1時間30分 運賃:2,770円 座席:全席指定席

名古屋から伊勢市の場合、乗り換え回数と所要時間についてはJRと近鉄で大差はありません。ただ運賃の面においては近鉄よりJRの快速「みえ」のほうが430円高いです。

また、快速みえが2両もしくは4両での運転なのに対し、近鉄の急行は基本的に6両での運転になっていますので、輸送力にもそれなりの差が生じています。

大阪→伊勢市

JRの場合
乗り換え回数:2回〜 所要時間:4時間 運賃:3,350円 座席:全席自由席
近鉄急行の場合
乗り換え回数:0回〜 所要時間:2時間15分 運賃:1,800円 座席:全席自由席
近鉄特急の場合
乗り換え回数:0回〜 所要時間:1時間40分 運賃:3,120円 座席:全席指定席

大阪から伊勢市へのアクセスは、明らかに近鉄優位となっています。JRのほうは乗り換えが最低でも2回必要で、運が悪いと4回以上必要になることもあります。接続が悪く、田舎の駅で20~30分待たされることもありますのであまりオススメはいたしません。

新幹線の場合は新大阪駅がスタートとなりますが、この場合JRだと変わらず乗り換え2回、近鉄だと地下鉄でなんば駅まで行って近鉄に乗り換えという流れで、乗り換え1回(特急利用)か2回(急行利用)で伊勢市駅に到着することが出来ます。

京都→伊勢市

JRの場合
乗り換え回数:2回〜 所要時間:3時間20分 運賃:2,270円 座席:全席自由席
近鉄急行の場合
乗り換え回数:1回〜 所要時間:3時間 運賃:2,010円 座席:全席自由席
近鉄特急の場合
乗り換え回数:0回〜 所要時間:2時間10分 運賃:3,620円 座席:全席指定席

京都から伊勢市へのアクセスは、大阪からほどではないが近鉄優位といった感じです。運賃については近鉄が大阪からより高くなっているのに対し、JRは安くなっていますし、急行利用の場合は近鉄とJRで所要時間にもあまり差はありません。

ただ、JRの場合やはり接続が悪く想像以上に時間がかかってしまうこともありますので、近鉄の急行か特急の利用をオススメします。特急の場合は1本でラクラク伊勢市に到着することができます。

2. 本数の違い

休日朝に伊勢市駅に到着する下り列車の本数を比較

伊勢に入る観光客の方が多い休日朝9:00~12:00の間に伊勢市駅に到着する下り列車の本数を比較してみましょう。

まずJR参宮線は…

普通列車:4本
快速「みえ」:2本(名古屋から2本)
合計:6本

次に近鉄山田線は…

普通列車:6本
急行列車:7本(名古屋から3本、大阪から4本)
特急列車:18本(名古屋から8本、大阪から7本、京都から3本)
合計:31本

となっています。JRと比べて5倍以上の本数があり、関西方面からのアクセスも優れていることがお分かりいただけるかと思います。

休日夕方に伊勢市駅を発車する上り列車の本数を比較

次は、伊勢を出て帰路につく人が多い休日夕方15:00~18:00の間に伊勢市駅を出発する上り列車の本数を比較してみます。

まずJR参宮線は…

普通列車:4本
快速「みえ」:4本(名古屋から4本)
合計:8本

続いて近鉄山田線は…

普通列車:8本
急行列車:7本(名古屋へ4本、大阪へ3本)
特急列車:19本(名古屋へ8本、大阪へ8本、京都へ3本)
合計:34本

となっており、上り列車でも4倍以上の本数差があります。列車の本数が多ければ多いほど、選択肢は増えますし観光に自由度が増します。そういった意味でも、近鉄を利用するメリットは大きいと言えるでしょう。

3. 列車のバリエーションの違い

  • 快速「みえ」
  • JR普通列車

JRで伊勢にアクセスする際に便利な快速「みえ」は、指定席こそあるものの普通の気動車を使用しています。ですので、特急列車のように特別窓が大きいとか観光列車のように内装が凝っているとかそういったことはありません。

また、名古屋から三重県方面に運転しているJRの特急「ワイドビュー南紀」は途中の多気という駅から県南部の尾鷲・熊野方面へ向かってしまうので、結果的に乗り換えが必要なり伊勢へアクセスする手段としては微妙に不便です。

  • しまかぜ
  • しまかぜ個室
  • 伊勢志摩ライナー
  • ビスタカー

一方近鉄では、展望車両やカフェ車両・個室に車内サービスまで備わった観光特急「しまかぜ」や、通常の特急料金で乗車できる窓の大きなサロンカーがある「伊勢志摩ライナー」、2階席やグループ席のある「ビスタカー」など旅行が楽しくなるような列車が数多く走っています。

まとめ

  • 写真:nakatani内宮宇治橋鳥居

いかがでしたでしょうか?今回紹介したように、基本的には近鉄のほうが便利かと思いますがお得な切符の時期や行きたいスポットによってはJRのほうが便利ということもあります。自分の旅程とも相談しつつ、お得に伊勢観光を楽しんでくださいね!

近鉄伊勢市駅
伊勢・二見 / 駅・空港・ターミナル
住所:三重県伊勢市吹上一丁目1-57地図で見る
JR伊勢市駅
伊勢・二見 / 駅・空港・ターミナル
住所:三重県伊勢市吹上一丁目1-4地図で見る
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

伊勢・二見の旅行予約はこちら

伊勢・二見のパッケージツアーを探す

(二見)

(伊勢・伊勢神宮)

伊勢・二見のホテルを探す

伊勢・二見の航空券を探す

(中部国際空港)

(県営名古屋空港)

伊勢・二見の現地アクティビティを探す

伊勢・二見のレンタカーを探す

伊勢・二見の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月13日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【東海】JR東海「青空フリーパス」の買い方・使い方&使って行きたい観光地を紹介

「青空フリーパス」はJR東海が販売しているお得な切符です。6つの県にまたがって使用可能で、かなりオトクな価格であることから、東海圏を観光する際にはオススメです。


【三重】電車で伊勢に行くなら必読!神宮参拝に便利な3つの駅を徹底比較!

伊勢神宮に電車で行く場合、下車駅などの候補で挙がってくる駅は3つ。1つはJR・近鉄伊勢市駅、もう1つは近鉄宇治山田駅、もう1つは近鉄五十鈴川駅です。この記事では...

【伊勢神宮参拝きっぷ】利用と、いろいろお得に伊勢&鳥羽めぐり

電車で伊勢神宮へ行こうかな?と、考えているあなた!それなら、近畿日本鉄道で販売している「伊勢神宮参拝きっぷ」がおすすめです。これは、伊勢神宮までの近鉄特急列車往...

【三重】ローカルな観光路線「JR参宮線」のオススメ下車駅4か所

JR参宮線は三重県多気郡の多気駅から三重県鳥羽市の鳥羽駅を結ぶJR東海の路線です。周辺には伊勢神宮を始め、景勝地として有名な夫婦岩、規模が大きい鳥羽水族館など観...

【三重】伊勢神宮完全ガイド、由緒やアクセス・宿泊・グルメ情報まで紹介!

一生に一度はお伊勢参り…なんて言われる伊勢神宮。でも初めての方は、神宮そのものや周辺情報、アクセスについての疑問がいっぱいですよね。この記事ではそんな伊勢神宮初...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?