【アフリカ・ケニア】感動の大自然♡野生動物とフォトジェニックの宝庫マサイマラ!

210

view
   2017年10月12日更新

アフリカの東海岸にある赤道直下の国ケニア。ケニアと言ったらサバンナとライオン等の野生動物を観るサファリを想像されると思いますが、その想像を超える数多くの野生動物を観ることができるのがマサイマラ国立保護区です。豪華なロッジやキャンプで優雅に過ごして、たくさんの動物達やマサイ族に会える、そんな魅力の詰まったマサイマラを今回はご紹介します。

アフリカ赤道直下の国ケニア

  • ナイバシャ湖から観るクレセントアイランド。

ケニアはアフリカの東海岸に面した国で、赤道直下にあるにもかかわらず比較的標高が高いため、平均気温は10~28度と過ごしやすい気候です。マサイマラ国立保護区以外にもキリマンジェロ山が見えるアセンボリ国立公園やナイバシャ湖、モンバサビーチ等たくさん見どころのある国です。

  • キリンの親子。

マサイマラ国立保護区とは?

  • 広大なマサイマラのサバンナのサンライズ。

ケニアの南西部に位置するマサイマラ国立保護区は、ザ・アフリカのイメージ通りサバンナがずっと広がった大阪府程の広大な敷地の国立保護区です。

タンザニアのセレンゲテ国立公園と隣接しており、ケニアでは野生動物の種類と数ともにナンバーワンを誇ります!サファリのメッカとして有名なマサイマラ国立保護区はケニアで絶対外せないスポットです。

  • オスライオン。マサイマラは特にネコ科の動物が多い。
  • シマウマ。
  • キリンはサバンナでとても見つけやすい。

サファリをしよう!

  • 早朝のチーター

四輪駆動のサファリカーで大草原を駆け巡る「ゲームドライブ」でサファリをします。マサイマラでは道から外れて自由にサバンナを駆け巡れることができるので、動物に近寄ることができます。

動物達は昼間日陰にいて探すのが難しいため、動物達が出てくる早朝や夕方にゲームドライブをすることが多いです。日中はとても暑いですが、早朝と夕方はかなり冷え込むので厚手の上着が必要です。またカメラは焦点距離300㎜以上の望遠レンズがあると、近寄れない動物でも大きく写真が撮れますよ!

  • メスライオン達の挨拶。
  • 焦点距離450㎜で撮影。望遠レンズなら近寄らずに大きく撮れます。

BIG 5とは?

ビッグファイブとは、サファリで最も人気かつ遭遇できたらラッキーな動物5種類のことで、かつて狩猟するのが最も難しい動物5種類だった名残と言われています。

  • バッファロー(Buffalo)
  • ゾウ(Elephant)
  • ヒョウ(Leopard)
  • ライオン(Lion)
  • サイ(Rhinoceros)

この中でも、マサイマラではサイが最も遭遇することが難しいと言われており、熟練ドライバーでも2週間観られないこともあるそうです。

  • Big 5のライオン!
  • マサイマラで最も遭遇の難しいサイ。

Entim Campに二泊三日で宿泊してゲームドライブをしよう!

  • 共有スペース。無料Wi-fiもあります。

マサイマラ国立保護区の中にあるエンティムキャンプは、周辺にたくさんの動物が生息しているため、フォトグラファーにとても人気のキャンプです。

キャンプと言っても小さいテントに寝泊まりするのではなく、無料Wi-fi完備のラウンジやダイニング等の共有スペースと、幾つかの宿泊用シャワー・トイレ付きの豪華なグランピングテントで、エンティムキャンプは成り立っています。キャンプ全体はマサイ族の兵士によって守られており、スタッフはとてもフレンドリーで親切です。

  • トイレ・シャワー付き豪華なテント!
  • カバのいる川を眺めながらゆっくりできます。夜はキャンプファイヤーも!

ゲームドライブと食事とともに、ミネラルウォーター、ソフトドリンク、ビール、ワインも宿泊料金に含まれています。食事はとても美味しく、スープ・前菜・メイン・デザート等がコースで毎回提供されます。

  • キレイな景色を眺めながら食事が頂けます。
  • ブレックファースト!
  • 美味しいケニアのビール、これも宿泊費に含まれています♡

今回体験したエンティムキャンプ運営のゲームドライブは三日間全て、車一台に私たちのみというプライベートサファリでした。マサイ族のドライバー兼ガイドを担当してくれたジョセフは熟練のガイドで、動物の生息地を熟知しており、遥か遠くの動物を肉眼で見つけて三日間でたくさんの動物を見せてくれました。

  • マサイ族のドライバー兼ガイドのジョセフと四輪駆動のサファリカー。

Day 1

  • 食事中のキリン。

首都ナイロビから約40分掛けて飛行機でオルキオンボエアースリップまで行くと、エンティムキャンプで働くマサイ族のドライバーがエアースリップに迎えに来てくれます。

  • オルキオンボエアースリップまではこの飛行機で飛びました。

今回はお昼前にエアースリップに着いたので、キャンプに向かう途中1時間半程ゲームドライブをしました。動物を探しにくいと言われる真昼間でしたが、たくさんの草食動物とBig 5のバッファローを観ることができました。

  • そこら中にいる草食動物達。いすぎて段々感動が薄れます。笑
  • Big 5のバッファロー。危険なバッファローですが頭に小鳥がとまっててカワイイ♡

キャンプ到着後、豪華なランチを頂き、午後4時に夕方のゲームドライブを開始!Big 5のゾウ、ライオン、ヒョウの他に多数の動物と、大変珍しいサーバルキャットまで観ることができました。初日だけでサイ以外のBig 5を観ることができた私たち。マサイマラの動物の多さにはかなり驚かされます。

  • Big 5のゾウの親子!
  • Big 5のヒョウ!ヒョウは木の陰に隠れていることが多い。
  • ライオンのあくび!
  • 大変珍しいサーバルキャット!観ることができてラッキー♡

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月16日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
オーストラリア在住フォトグラファー

オーストラリア、シドニー在住!
シドニーのビーチと自然とカフェ文化に惚れ込んで気付いたら三年半経ってました!
写真を撮ることが大好きで、洋服を買うよりカメラ機材や旅行費にお金を費やしています。フォトジェニックな風景やカフェの写真を撮って、できるだけ沢山の写真を記事に載せる予定です。またフォトスポットや写真撮影のコツ等もお伝えできればと思っています。
シドニーのみでなくオーストラリア国内、その他海外旅行について書いていくので、よろしくお願いします!

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!