高野町(伊都郡)

【和歌山】山上の宗教都市「高野山」の楽しみ方を5つ紹介!

取材・写真・文:

奈良在住
訪問エリア:25都道府県

2021年9月21日更新

4,772view

お気に入り

写真:ゆきたか

和歌山県の高野山は、弘法大師が開いた真言密教の聖地です。標高約800メートルにある宗教都市には、観光スポットを巡ったり、宿坊で滞在したり、ご当地グルメを味わったりと、色々な楽しみ方があります。豊かな自然や眺望も楽しめますよ。

この記事の目次表示

1.高野山までの旅路を楽しもう

電車・ケーブルカーで

  • 写真:ゆきたか特急こうやの車内

高野山へは、公共交通機関でも行くことができます。大阪市の南海なんば駅から最寄りの高野山駅までは、途中でケーブルカーに乗り継いで約1時間40分。意外と近いなと思われるかもしれません。特急は座席指定券が必要ですが、ゆったりとしたシートで快適に移動できます。車窓からは、山々に点在する集落なども見え、都会とは違ったのんびりとした雰囲気が味わえます。

  • 写真:ゆきたか高野山への旅がより楽しめる車両「天空」。

ちなみに写真の電車は、「天空」という観光列車です。途中、麓の橋本駅から極楽橋駅までを走っている電車で、展望デッキスペースを設けたり、木の温かみが感じられるような内装にし、高野山への旅がより楽しめるようになっています。南海なんば駅から特急を利用しつつ「天空」にも乗る場合は、麓の橋本駅からこの「天空」へと乗り換える形となり、乗車には予約が必要です。高野山を訪れる際は、この区間観光列車を選択するのも良いと思います。

  • 写真:ゆきたか

ケーブルカーとの乗換駅は、極楽橋駅です。ここから高野山駅へは、約5分で到着します。極楽橋駅では、通路の天井に注目してみてください。高野山ゆかりの動植物などが描かれた「はじまりの天空絵巻」があります。「いのちのはじまり」をテーマとした絵巻は、鮮やかな色で生き生きと表現されており、訪れた人に元気を与えてくれます。

  • 写真:ゆきたか

終点の高野山駅から高野山の街中へは、バスで向かいます。高野山の深い緑や、寺院などを眺めながら、移動を楽しみましょう。

極楽橋駅
高野町(伊都郡) / 駅 / インスタ映え
住所:〒648-0171 和歌山県伊都郡高野町西郷 極楽橋駅地図で見る
Web:http://www.nankai.co.jp/traffic/station/gokurakuba...
こうや花鉄道 天空 (南海電鉄)
橋本市 / 乗り物
住所:和歌山県橋本市古佐田 橋本駅〜極楽橋駅地図で見る
Web:https://www.nankaikoya.jp/tenku/
高野山駅
高野町(伊都郡) / 駅
住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山国有林第9林班ノは地図で見る
Web:http://www.nankai.co.jp/traffic/station/koyasan.ht...

車で

  • 写真:ゆきたか高野山の街中を通る国道480号線。

車で高野山を訪れる場合、麓の和歌山県かつらぎ町から、国道480号線で向かうと良いでしょう。勾配とカーブがある山道を進んでいくので、休憩しながら運転すると良いかもしれません。途中には、飲食店や農産物の直売所も点在しています。

2.寺院や観光スポットを訪ねよう

大門

  • 写真:ゆきたか大門

高野山の総門である大門は、高さ約25.8メートルを誇る大きなものです。現在の建物は、1705年に建てられたもので、門の左右には金剛力士像が安置されています。大門から西の方角を見ると、紀州の山々が連なっていますが、東に少し進むと、いよいよ寺院や民家が立ち並ぶ高野山の街中へと入っていきます。

大門
高野町(伊都郡) / 建造物
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山地図で見る
電話:0736-56-2011
Web:http://www.koyasan.or.jp/meguru/sights.html

壇上伽藍

  • 写真:ゆきたか

壇上伽藍(だんじょうがらん)は、弘法大師が高野山を開いた際に、まず最初に整備を始めた場所です。中門と呼ばれる大きな楼門をくぐると、金堂や御影堂、不動堂といったお堂が立ち並んでいます。

  • 写真:ゆきたか壇上伽藍の根本大塔

また、東塔や西塔、大塔といった建築物もみられますが、特に大塔は、鮮やかな朱色で美しく、高野山の代表的景観となっています。この大塔は、真言密教の根本道場のシンボルとして建てられたので、根本大塔と呼ばれています。

壇上伽藍
高野町(伊都郡) / 寺 / 紅葉
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山152地図で見る
Web:http://www.koyasan.or.jp/
根本大塔
高野町(伊都郡) / 寺
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山152地図で見る
Web:http://www.koyasan.or.jp/

金剛峯寺

  • 写真:ゆきたか

高野山で是非訪れたいのが、金剛峯寺(こんごうぶじ)です。緩やかな階段を歩くと、正門が見えてきますが、これは金剛峯寺で最も古い建物で、文禄2年(1593年)に再建されたものだそうです。

内部の建物を見学することもできます。入場料を支払い、階段を登ると、広間がいくつも並んでいます。重要な儀式が執り行われる大広間、家庭の仏間に相当し、本尊としてお大師さまを祀る持仏間のほか、梅の間、柳の間といった部屋を鑑賞できます。

これらの部屋でじっくり見たいのが、襖絵です。大広間の襖には、狩野法眼元信によって描かれたとされる群鶴や松の絵が見られます。

  • 写真:ゆきたか

広間を眺めながら歩いていると、左手に石庭が見えてきます。これは、蟠龍庭(ばんりゅうてい)と呼ばれているもので、弘法大師ご入定・1150年遠忌の際に造られたものです。2,340平方メートルの広さは国内最大級で、とても見ごたえがあります。白川砂の上に配置された花崗岩や、紅葉など四季折々に変化する樹木との調和も素晴らしいので、じっくりと鑑賞したいものです。

金剛峯寺
高野町(伊都郡) / 寺 / 観光名所 / 世界遺産 / 紅葉
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山132地図で見る
電話:0736-56-2011
Web:https://www.koyasan.or.jp/

奥之院

  • 玉川にかかる御廟橋から望む奥之院。

奥之院は、高野山を開いた弘法大師の御廟がある場所です。こちらには、現在もお大師さまがおられ、参詣に訪れた人に救いの手を差し伸べているとされています。参道は、一の橋と呼ばれる橋から約2km続いており、こちらが正式な経路ですが、駐車場や飲食店のある中の橋から参詣する人も多いです。

奥之院の裏山から流れる清流・玉川にかかる御廟橋を渡ると、いよいよ御廟のある霊域です。会話を慎み、静かに歩きましょう。静かな杉木立の中を歩き、奥之院に参詣すれば、何か自分の気持ちに変化があるかもしれません。

高野山 奥之院
高野町(伊都郡) / 寺 / パワースポット / インスタ映え / 紅葉
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山550地図で見る
Web:http://www.koyasan.or.jp

3.高野山の精進料理や銘菓を味わおう

精進料理

  • 写真:ゆきたか

お寺の僧侶は、古くから、肉や魚などの動物性食物を使わない料理を食べてきました。それは、精進料理と呼ばれており、ここ高野山でも味わうことができます。

高野山の精進料理は、調理方法や味付け、色彩を大切にしたもので、見た目もきれいで、味もしっかりと付いているのが特徴です。ごま豆腐や野菜の天ぷら、煮物などが並び、適度なボリュームもあるので、意外と満足できるものです。

精進料理は、街中の飲食店で気軽にいただくこともできますが、休日や秋の紅葉シーズンには混雑します。事前に予約すれば、寺院の宿坊で用意していただけるので、ゆっくり味わいたい方にはおすすめです。

ごま豆腐

  • 高野山のごま豆腐。白ごまを使っており、真っ白なのが特徴だ。

野菜のみで作られる精進料理のなかで、貴重な栄養源として重宝されてきたごま豆腐も、高野山名物として知られています。真っ白で、つるんとした食感のごま豆腐は、クセがなくさっぱりとした風味ですが、ごまの香ばしさやコクは十分に感じられるので、とても美味しくいただけます。

  • 写真:ゆきたか

壇上伽藍の南西にある「角濱ごまとうふ総本舗本店」では、吉野葛や高野山麓の石清水を使い、ごま豆腐を製造、販売しています。こちらの商品は、アルミパックに入れてから高温殺菌がされており、日持ちもするため、お土産にも適しています。

角濱ごまとうふ総本舗 本店
高野町(伊都郡) / その他グルメ
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山262地図で見る
電話:0736-56-2336
Web:http://www.gomatohu.com/

笹巻あんぷ

  • 写真:ゆきたか
  • 写真:ゆきたか

精進料理に欠かせない生麩(なまふ)を製造している麩善には、笹巻あんぷという和菓子が売られています。生麩によもぎを混ぜ、こし餡を包んで熊笹で巻いてあり、あっさりとした甘さで、お餅とは違った生麩独特の食感も楽しめるので、お土産として人気があります。ほのかに笹の香りも感じられて美味しいですよ。

麩善
高野町(伊都郡) / 和菓子 / 和菓子店
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山712地図で見る
電話:0736-56-2537
Web:https://www.fu-zen.com/

みろく石

  • 写真:ゆきたか

創業150年の老舗菓子店「みろく石本舗 かさ國」が作る和菓子です。奥之院の小さなお堂にあるみろく石にちなんだお菓子は、自家製の粒あんを小麦粉や卵、蜂蜜を使った生地でくるんでおり、柔らかな食感とやさしい甘さが特徴です。高野山銘菓として親しまれており、お土産として買い求める人も多く、宿坊で出されることもあります。

みろく石本舗 かさ國
高野町(伊都郡) / 和菓子 / 和菓子店
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山764地図で見る
電話:0736-56-2327
Web:http://www.mirokuishi.com/

4.宿坊での滞在を楽しもう

山内には、宿坊と呼ばれる宿泊施設が付属する寺院がたくさんあります。その数は52か所にもなり、設備や景観、庭園なども個性があるので、自分に合う宿坊を選んでみるのも楽しいものです。宿坊によっては、朝のお勤めに参加できるところもありますよ。

奥之院参道入口にある宿坊「清浄心院」

  • 写真:ゆきたか

筆者が高野山を訪れた際に宿泊した「清浄心院」は、奥之院の参道前にある宿坊です。こちらのお寺は、天長年間(824~834年)に、空海によって創立されたと伝わり、ご本尊には空海の木像である廿日大師が祀られています。

  • 写真:ゆきたか
  • 写真:ゆきたか

建物は大きな通りから少し入った静かな場所にあります。目の前には玉川の清らかな流れがあり、落ち着いた雰囲気です。奥之院参道入口の一の橋も、すぐそばにあります。

  • 写真:ゆきたか

お部屋はふすま区切りと、壁区切りのものがあります。初めて宿坊に泊まるという方は、気兼ねなく過ごせる壁区切りの部屋が良いかもしれません。トイレや浴室は共同で、部屋にはありません。浴室は、宿坊の規模の割にゆとりがあり、木の浴槽に浸かると散策の疲れも癒されます。

  • 写真:ゆきたか清浄心院の夕食。肉や魚は使わない精進料理だが、適度なボリュームがあり、味も良い。
  • 写真:ゆきたか朝食は、がんもどき、山菜、みそ汁などが出される。

食事は、夕食、朝食とも精進料理です。肉や魚、卵といった食材は使われていませんが、天ぷら、煮物、ごま豆腐など品数も多く、味も良いので、物足りないと感じることはありません。

  • 写真:ゆきたか清浄心院の護摩堂

先述したように高野山の多くの宿坊では、宿泊者も朝のお勤めに参加できます。こちら「清浄心院」でも行っているので、少し早く起きて参加してみても良いでしょう。

高野山別格本山 清浄心院
高野町(伊都郡) / 宿坊 / 寺
住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山566地図で見る
電話:0736-56-2006
Web:https://shojoshinin.jp/

5.高野山の自然や美しい景色を楽しもう

高野山の自然

  • 写真:ゆきたか

高野山は、周囲を山に囲まれているため、自然が豊かです。どこを歩いても緑が多いですが、特に奥之院周辺は山の中にいる気分が満喫できておすすめです。一の橋からの参道を歩くと、森林浴が楽しめます。

  • 写真:ゆきたか清らかな玉川の流れ。

清らかな玉川の流れも心癒されるものです。奥之院の御廟橋があるあたりでは、小さな魚が泳ぐ姿も見られます。街中でも澄んだ水が流れ、美しい景観を作り出しています。

高野山 奥の院 御廟橋
高野町(伊都郡) / 橋
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山550地図で見る
Web:http://www.koyasan.or.jp

紅葉

  • 写真:ゆきたか色鮮やかな蛇腹道の紅葉。

例年10月下旬から11月上旬頃には、山内の至るところで紅葉が鑑賞できます。寺院の境内にある庭園などが、赤や黄色に染まる様子はとても美しく、平野部より早く色付くことから、多くの観光客が訪れます。人気のある紅葉スポットは、壇上伽藍の裏側にある蛇腹道(じゃばらみち)や、奥之院の参道です。

蛇腹道
高野町(伊都郡) / 紅葉
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山152地図で見る
Web:http://www.koyasan.or.jp/

高野山からの眺望

  • 写真:ゆきたか高野山駅ケーブル乗り場からは、麓の街並みが見える。駅の2階にある展望室にも訪れたい。

高野山の街中から移動し、端のほうまで行けば、山上からの景色が楽しめます。高野山駅の2階展望室、ケーブル乗り場からは、周囲の山々や麓の橋本市の街並みが眺められ、山の上にいることが実感できます。

  • 写真:ゆきたか

また、大門のあたりからは、紀伊山地の山々が連なる素晴らしい景色が楽しめます。天気の良い日には、兵庫県の淡路島や、その間にある紀淡海峡も眺められるそうです。ここから見る夕日は美しく、日本夕陽100選にも選ばれています。

高野山
高野町(伊都郡) / 自然・景勝地 / 観光名所 / 紅葉 / ハイキング
住所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山地図で見る
電話:0736-56-3000
Web:https://www.koyasan.or.jp/

次のページを読む

高野町(伊都郡)の旅行予約はこちら


この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


日本のおすすめパワースポット24選!全国の最強パワースポット特集

日本の総氏神のように信仰される天照大御神をお祀りする伊勢神宮や、”願いが叶うパワースポット”として有名な来宮神社、全体が最強パワースポットと言われる皇居など、日...


巡るのを躊躇う!?【高野山】奥之院に伝わる少し怖~い七不思議!

樹齢数百年にもなる杉木立に囲まれた、厳かで神秘的な高野山・奥之院。一の橋から中の橋、御廟(ごびょう)までは約2kmあり、数え切れないほどの供養塔が並んでいます。...

日帰り旅行に!関西のおすすめ観光スポット・エリア33選

奈良公園に北野異人館街、神戸ハーバーランドなどの大人気スポットから、みたらい渓谷に白崎海洋公園、滋賀農業公園ブルーメの丘などの穴場スポットまで、日帰りでの旅行・...

絶対に拝んでおきたい!高野山・奥之院の個性的なありがたいお地蔵様

高野山の中でも、大師信仰の中心聖地とされている奥之院。歴史的に有名な著名人や、戦国武将などの供養塔が無数に並び、その数は二十万墓ともいわれています。厳かさに包ま...

【和歌山】高野山の宿坊「蓮花院」に宿泊して祈る休日

弘法大師空海が開いた聖地として名高い高野山。今では交通機関も整備されており、日帰りでも十分楽しむことがきますが、宿坊に宿泊すれば、もっともっと深い体験をすること...

この記事を書いたトラベルライター

奈良在住 日本酒好きなブロガー&ライター
半日でも時間があれば、どこかへ出かけたい性格です。行ったことのない街やカフェ、公園などに出かけ、お気に入りの場所を増やしていくことを楽しんでいます。日本酒が好きで、旅先では必ず地酒を買い求めます。公共交通機関を使って旅行やお出かけをすることも多いので、列車などでの旅を楽しみたいという方の参考になるような記事も書いていきたいと思っています。
http://odekake-ks.jugem.jp/

ピクニックに行こう!お弁当持参OKの関西の公園9選

今回は、お弁当を持ってお出かけするのに適した、関西の公園を紹介します。散策が楽しめる広い公園や、施設の充実した農業公園まであるので、ピクニックのついでに園内で遊...


【奈良】穴場あり!地元民がおすすめする桜の名所8選

奈良県には、吉野をはじめとする桜の名所がたくさんありますが、今回はその中から、奈良在住の筆者が選んだお花見スポットを8か所ご紹介します。多くの人が訪れる有名なス...


地元民が選ぶ奈良県の素敵なカフェ13選

奈良県のおすすめカフェを、長年奈良に住んでいる筆者が実際に訪れて選びました。スイーツやコーヒーが美味しい店、眺めの良い店、ホッと落ち着ける古民家カフェまで、個性...

高い場所へもラクラク!関西のロープウェイ・ケーブルカー8選

今回は、関西にあるロープウェイ、ケーブルカーのうち、8か所を紹介します。ロープウェイ、ケーブルカーなら山を登る体力や時間がなくても大丈夫!気軽に登って、山上を散...

【岐阜】古い町並みや絶景も!長良川温泉を観光しよう

岐阜市にある長良川温泉は、中心市街からほど近い立地ですが、長良川に面して旅館が建ち並ぶ落ち着いた景観が魅力です。古い町並みを散策したり、ロープウェイで金華山に登...

トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります