【ラオス・ヴァンヴィエン】高評価レビュー続出の宿「Lao Valhalla」で、オーナーの人柄と大自然に触れる

75

view
   2016年11月2日更新

国土の約70%が高原や山岳地帯という、たいへん緑豊かな国、ラオス。そんな自然や観光名所を求めて、世界遺産でもあるルアンパバーンへ向かう方は多いと思いますが、今回は首都ヴィエンチャンからバスで移動する際の通過点で、ルアンパバーンよりさらにのどかな町ヴァンヴィエンにある、5つ星評価が後を絶たない宿のご紹介です。

ヴァンヴィエンでバスを降りたら、送迎を依頼

  • ダウンタウン

ヴィエンチャンから4時間ほどで到着するヴァンヴィエン。Lao Valhalla Bungalows & Restaurant(ラオ・ヴァルハラ バンガロー&レストラン)へは送迎があるので、オーナーに連絡を取ります。筆者はバス停近くのホテルで電話を借りました(wifiが使えるカフェもあります)。

ヴァンヴィエンは牛がいっぱい

車に乗り込み宿に着くまでの間に見ることができるのは、広大な自然と、牛!

道路を占領していることもあり、車が来てもなかなかよけないところが頼もしい限りです(もちろん誰も轢いたりしません)。

ようこそLao Valhallaへ!

手作りのかわいい看板が目立つLao Valhalla。中の様子にも期待が高まります。ちなみにValhalla(ヴァルハラ)とは北欧神話において「主神オーディンの宮殿であり、勇敢に戦った英雄達が最後に行き着く場所」です。

敷地内にも鮮やかな緑がたくさん。自然を大切にするオーナーの人柄がうかがえます。

  • バンガロー

全部で6つあるバンガローは、大きなベッドに落ち着いた色合い、かつオーナーのセンスが光るインテリアでまとめられており、とても居心地が良く、全室wifiの利用が可能です。広いバスルームではホットシャワーが出るので、快適に汗を流せます。トイレットペーパーと石鹸以外は持ち込みが必要です。予約や部屋の様子はairbnbのウェブサイトおよびFacebookページをご覧ください。

ついついレストランに集ってしまう

「バンガロー&レストラン」の名の通り、入り口とバンガローの間にはレストランがあるのですが、いつも賑やかな理由はここにありました。

かわいい動物達

こちらにはオーナーが大切に育てているたくさんのペットがいます。

テーブル席の奥にあるお座敷は、ビール片手にくつろげる特等席です。

「ヴァンヴィエンには何もない」という意見も聞きますが(宿で予約可能のアクティビティあり)、こうやって自然や動物に囲まれてのんびり過ごすのも、旅行の醍醐味のひとつですよね。

ヌーさんとお料理

  • オーナーのNouth(ヌー)さん

親戚の方のお手伝いがあるものの、基本的に一人で宿を切り盛りしているオーナーのヌーさん。気さくで優しく、そしてものすごく料理上手です。

  • オムレツとフランスパン

フランス植民地時代を経ているラオスで、やはり食べておきたいのはフランスパン。こちらは朝食メニューで、これまた絶品のオムレツとパンのセットです。

  • ラープ(鶏)

ラオス名物ラープ(ひき肉と香草の炒め)。タイ北部にも同じ名前の料理がありますが、ラオスのラープの方が辛さが控えめです。ライスと一緒にどうぞ。

  • ヌードルスープ(鶏)※ライスヌードルもあり

風邪をひいてしまった筆者を優しく癒してくれたのがこちらのヌードルスープ。他のレストランでも麺を食べましたが、ヌーさんのスープは段違いにおいしかったです。他にもたくさんある料理の値段は15,000~25,000キープ(2016年10月時点で約200~330円)と大変お手頃で、最終日にまとめて支払えます。

お料理だけでなく宿泊料金もリーズナブルなLao Valhalla、素敵なオーナーとかわいいペットに会いに、そして美しい自然を満喫しに行かれてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年10月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
散歩とおいしいご飯

散歩をしながら、おいしいものや面白い場所を見つけることに喜びを覚えます。
現在タイ語の勉強中で、タイ料理屋でタイ人にタイ語で完璧に注文することが目下の目標です。
地元にいても旅行中でも、ふらりと歩いてみつけた貴重な情報をたくさんご紹介できたらと思っております。

http://kinokocurry.hatenablog.com/

最新の旅行情報をチェック!

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!