ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

激安屋台からお洒落カフェまで。ラオス料理を食べ尽くすvol.2【ルアンパバーン】

2018年1月24日更新

1,105view

お気に入り

日本にラオス料理店はほとんどなく、「ラオス料理」と聞いてもどんなものかピンとこない人も多いのでは? 今回紹介するラオスのルアンパバーンは、道端に素朴な屋台が並んでいるかと思えば、コロニアル様式の洒落たカフェやレストランも多く立ち並び、町並みだけでなく食文化も東洋と西洋が融合している町です。そんなルアンパバーンで食べることができる、あまり知られていないラオス料理の数々をvol.1に引き続き徹底リポートします!(※vol.1は記事末尾の関連記事より確認できます)

行く先々で食べ歩きしたくなる「ローカルフード」

町そのものが世界遺産に登録されているルアンパバーン。有名な観光地が多数あるのはもちろん、道端には観光客や地元の人が利用する屋台がたくさん並んでいます。町を散策しながら、屋台の料理を手当たり次第食べ歩きしていくのも楽しいですよ。

全部食べたい!道端の「屋台フード」いろいろ

メニュー豊富なお惣菜

日本のデパ地下のように豊富なメニューがよりどりみどりのお惣菜を販売している屋台。現地の人が普段食べてるものを気軽に味わいたいなら、こういうお惣菜屋さんで好きなおかずを買うのもおすすめです。

美味しい匂いに誘われる炭火焼き

鶏や豚の骨つき肉や、まるごと一匹の魚を串刺しにして、炭火で焼いている屋台。もうもうと上がる煙に、つい吸い寄せられてしまいます。香ばしい匂いもたまりません。

おやつに買いたい揚げ菓子

お店の軒先にぶら下がっている袋には、バナナやトウモロコシなどを油で揚げたお菓子が。小腹が空いた時のおやつに良さそうです。

葉っぱでくるんだ定番おかず

バナナの葉や笹の葉でくるんだ食べ物も、いろいろ売っています。ごはんやおかずを、こうした葉っぱに包んで蒸して食べるのがラオスでは定番のよう。

パクパクいけちゃう揚げたてスイーツ

油で揚げた人気のスイーツも販売されています。揚げたてなので、サクっと軽い食感でいくつでも食べられそう。

ロックオン!されてしまいそうな唐揚げ

骨つきポークの唐揚げが山盛りに。香ばしそうな色に食欲をそそられます。

ラオス料理定番のカオ・クアにパッタイ

ラオス風チャーハンの「カオ・クア」や、焼きそばの「パッタイ」など、人気のお惣菜もズラリ。写真のように、フォトジェニックにディスプレイされていることも。

見つけたらラッキー!移動アイスクリーム屋さん

こちらはプーシーの丘の近くで見かけたアイスクリーム屋さん。イラストでいろんな種類のアイスメニューが描かれていました。あいにく涼しい日だったので筆者は食べなかったのですが、暑い時期に出会うときっとうれしいはず!

ほっこり素朴な味わいの焼きバナナ

道端にはのんびりバナナを焼いているおばちゃんのお店も。私たちが普段食べるバナナと違い、生では食べられない青バナナなので甘さはなく、食感はお芋のよう。炭火でじっくり焼いているので、ほっこり滋味深い美味しさです(1,000kip=約15円)。

見た目は完全にタコ焼きな「パンケーキ」

大阪人の筆者には、タコ焼き器にしか見えなかったこの調理器具。タコこそ入ってなかったものの、作り方もルックスもどう見てもタコ焼き。

タコ焼きの味を想像して口に含むと、期待を見事に裏切られる、ふわっとした食感のパンケーキ。ココナツ味の甘いおやつでした(1,000kip=約15円)。

ナイトマーケット名物、激安「ビュッフェ」

夜は歩行者天国となり、通りいっぱいに露店が並ぶナイトマーケットには、ビュッフェのお店も出店されています。好きなおかずやフルーツをお皿に取り、お店のおじさんに渡すと、おじさんが全部フライパンに投げ込み、じゃっと炒めてくれます。

温め直しと食中毒防止、どちらも一度にできてしまうナイスアイデア。いろんなおかずの味やフルーツが混ざっても、不思議にどれも美味しく、10,000kip(150円)でお腹いっぱいになるので大満足間違いなしです!

ルアンパバーン・ナイトマーケット
ラオス / 市場・朝市
住所:Sisavangvong Road, Luang Prabang, Laos

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

わたしの旅、みんなの旅。
ライター稼業のかたわら、ダンス、写真、アロマ、ヨガ、瞑想・・・と好奇心旺盛すぎて、人生つねに直感先行、行き当たりバッタリ!^^; 楽しそうな気配のするココにもたどりつきました。これからは記事執筆を理由に、興味のアンテナがぴぴっと立ったら迷わず旅立てそうでワクワク♪ わたしの気まぐれな旅が、みなさんの素敵な旅のヒントになれるとうれしいです。

海の京都で見つけた!美しい和久傳ノ森に広がる、画家・安野光雅の世界【丹後】

みなさん、京都に海があるってご存知でしたか? 日本海に面する京都府北部の丹後地方は、近年”海の京都”と呼ばれ、企業や自治体などにより地域活性化のためのさまざまな...

バリ島【ウブド】で女子力をアップする5つの方法

バリ島といえば、ビーチリゾートとして人気のスポット。でも「白肌死守!日焼けはNG」「ゆったりリラックスしたい」という大人女子には断然、大自然の樹々に囲まれたフォ...


窯焼きピザを食べながら読書三昧!「まちライブラリー@もりのみやキューズモール」【大阪】

「まちライブラリー」とは、街の中のいろんなところに本棚を置いて、本をきっかけに人とのつながりを広げようという活動です。お店やギャラリー、個人宅、お寺、大学、学校...

天空の聖地【高野山】へ、身もココロも浄化する旅

今から1,200年以上も前に、弘法大師空海が修禅道場として開いた日本仏教の聖地、高野山。緑深い山々を越えていくと、標高約800mの平坦な地に突如して町が現れ、ま...


見つけたら恋が叶う?!【京都】三室戸寺のハートあじさい

お茶どころとして有名な京都宇治にある三室戸寺(みむろとじ)。春は桜にツツジ、初夏はシャクナゲ、あじさい、初秋にはハスと、四季を通じて目を楽しませてくれる花の寺と...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?