ラオス
ラオス観光
首都ヴィエンチャンと世界遺産の町ルアンプラバンはマスト

【ラオス】 ルアンパバーンに行ったら訪れたい、美味しいお店3選

取材・写真・文:

兵庫在住
訪問エリア:38ヶ国

2019年1月8日更新

1,789view

お気に入り

写真:てりやき

NYタイムズの「世界で一番行きたい国の一つ」に選ばれたこともあるラオス。今回は、そんなラオスの古都ルアンパバーンで、美味しい食事を探しているあなたに向けて、おすすめのローカルレストランと屋台、そしてカフェを1軒ずつご紹介します。

この記事の目次表示

ラオスのおすすめツアー
《ひとり旅専用価格》◆◇ゲストハウス滞在プラン◇◆立地抜群!安心&清潔なゲストハウスに泊まる 『ミクセイ・パラダイス』日本語送迎&全朝食付 ヴィエンチャン 2泊4日 
69,800円~186,800円
<ひとり旅専用価格/日本語送迎&全朝食付>メコン川沿い!夕日鑑賞も楽しめるお手頃ホテル 『センタワン・リバーサイド(3つ星)』ヴィエンチャン 2泊4日 
69,800円~188,800円
《ひとり旅専用価格》◆◇ゲストハウス滞在プラン◇◆立地抜群!安心&清潔なゲストハウスに泊まる 『ミクセイ・パラダイス』日本語送迎&全朝食付 ヴィエンチャン 3泊5日 
69,800円~186,800円

ラオスってどんなとこ?

  • 写真:てりやき

世界的にも今大注目で、「東南アジア最後の秘境」ともいわれるラオス。大きさは日本の本州ほどの小さな国ですが、NYタイムズの「世界で一番行きたい国の一つ(リンク先の52番目に掲載)」に選ばれるなど、大注目の観光地として、年間300万人を超える観光客が集まる国となっています。

ラオスはご飯が美味しい

  • 写真:てりやき

そんな大注目のラオスですが、実はご飯がとっても美味しいのです。周辺のタイ北部のイーサン料理や、中華料理の影響を受けながら独自に発展したラオス料理は、香草を上手に使った東南アジアらしい味が特徴的。

また、フランスの植民地だった影響もあり、パンが美味しいカフェがあるのも嬉しいところ。

今回は、そんなラオスの中でも特に日本からも多くの観光客が訪れる古都「ルアンパバーン」のおすすめレストラン、屋台、カフェを1軒ずつご紹介していきますね。

ルアンパバーン
ラオス / 町・ストリート
住所:Luang Prabang, Laos地図で見る

【1】美味しいラオス料理が食べられるローカルレストラン「Nang tao」

  • 写真:てりやき

まずは、ラオス料理を味わえるレストランのご紹介から。「Nang Tao」は、ルアンパバーンの中心部からは少し離れたところにあるローカルレストラン。

こちらのお店は、一見すると他のレストランと比べてローカル感が強めですが、ローカルガイドも観光客を連れてくる、知る人ぞ知るお店なのです。

店内は、何席かテーブルが並んでいるだけのシンプルなつくり。席に着くと、お姉さんがメニューを持ってきてくれます。料理をしているお母さんは、英語が話せませんが、主に接客を担当しているお姉さんは英語も話せるので、注文する際もスムーズです。

  • 写真:てりやき

特におすすめなのは、ラープとカオソーイ(当地の麺料理)。ラープとは、ラオス料理の1つで、ひき肉にライムや香草を混ぜ、魚醤で味付けした東南アジアらしい料理です。こちらのラープは、しっかりとした味付けで、肉の食感が生きていてとても美味しいです。

ラープが、30,000LAK(約390円)、カオソーイが15,000LAK(約180円)と値段もローカル価格で嬉しいところ。これだけ美味しい料理を堪能できて、この価格。東南アジア旅らしいひとときが味わえますよ。

Nang tao
ラオス / アジア料理
住所:Kounxoau Rd, Luang Prabang, ラオス地図で見る

【2】絶品カオソーイを堪能できる名物屋台

  • 写真:てりやき

続いては、おすすめ屋台の紹介です。東南アジアでは、やはり美味しい屋台飯も堪能したいところですが、こちらルアンパバーンの有名屋台が、ナイトマーケットの時間になると出店する、カオソーイ屋さんです。

正確な名前はわかりませんが、今やGooglemapにも載るほど有名で、連日の多くの観光客と地元民で賑わいをみせます。

  • 写真:てりやき

場所は、ナイトマーケットが行われているシーサワンウォン通りと、ワンファン通りが交差する角。プーシーの丘の入り口がある場所の目の前です。青い屋台が目印です。

メニューは、「カオソーイ」と「ヌードルスープ」、「ライスヌードルスープ」の3つ。それぞれ20,000LAK(約250円)です。

カオソーイといえば、タイでも有名ですが、ラオスのカオソーイはタイのものとは少し違います。辛めに仕上げたスープに、ひき肉とネギがのったシンプルな作り。濃厚なスープの中にはラオス特有のもちもちとした米粉の麺が入っています。

こちらの屋台のカオソーイは、スープにしっかり出汁が効いていて麺の食感も抜群。きしめんのような太麺に、スープがしっかり絡んで最高です。お好みで一緒に提供される香草をのせてどうぞ。

おすすめの食べ方は、始めはそのまま味わって、途中でライムを一絞り。味わいが少しまろやかに変化しますよ。

ちなみに、辛いのが苦手という方は「ライスヌードルスープ」がおすすめ。一緒に行った妻は、カオソーイよりもこちらの方がお気に入りでした。

ラオス風カオソーイ ヌードルショップ
ラオス / アジア料理
住所:Ounheun Rd, Luang Prabang, ラオス地図で見る

【3】ルアンパバーンでおすすめのカフェ「Le Benton cafe,French Bakery」

  • 写真:てりやき

最後に、ルアンパバーンでおすすめのカフェを紹介します。冒頭でもご紹介したように、かつてフランスの植民地であったラオスでは、パン文化やカフェ文化も発展。ルアンパバーンの素敵な街並みにも、カフェが点在しています。

  • 写真:てりやき

そんな中でおすすめなのが「Le Benton cafe,French Bakery」です。こちらは、ベーカリーというだけあって、パンが美味しい店として有名です。

  • 写真:てりやき

特におすすめなのが、クロワッサン。シンプルなバタークロワッサン9,000LAK(約110円)はもちろん、チョコレートクロワッサン11,000LAK(約140円)やアーモンドクロワッサン15,000LAK(約190円)など、どれを食べようか迷います。

筆者も実際に、バタークロワッサンとアーモンドクロワッサンを食べてみましたが、外はサクサク、中はしっとり。

持ち帰りも可能で、その場合はカウンターで注文を。店内で過ごす場合は、席に座ればメニューを持ってきてくれますよ。

  • 写真:てりやき

クロワッサン以外のパンはもちろんのこと、サンドウィッチやパニーニ、ハンバーガーなどもあるので、朝ごはんだけでなく、昼ごはんや朝昼兼用のブランチに訪れるのもいいかもしれません。

  • 写真:てりやき

場所は、メイン通りであるサッカリン通り沿いですので、見つけやすいです。ラオスとフランスが融合した可愛い造りの建物にかかった看板が目印。店内はオープンな空間になっており、食事をしながら外の寺院を眺めることができます。

ル・バントン カフェ
ラオス / カフェ・喫茶店
住所:46 Sakkhaline Road, Luang Prabang, Laos地図で見る

まとめ

今回は、ラオスの古都ルアンパバーンの美味しいレストランと屋台、カフェを1軒ずつ紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

ルアンパバーンに行ったら観光も、もちろんですが、ぜひ今回おすすめしたお店で絶品のラオス料理や、美味しいパンを味わってみてくださいね。

ラオス旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばラオスのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でラオスのすべてのツアーをみる>>

ラオスの旅行予約はこちら

ラオスのパッケージツアーを探す

ラオスのホテルを探す

ラオスの航空券を探す

ラオスの現地アクティビティを探す

ラオスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年1月8日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


激安屋台からお洒落カフェまで。ラオス料理を食べ尽くすvol.2【ルアンパバーン】

日本にラオス料理店はほとんどなく、「ラオス料理」と聞いてもどんなものかピンとこない人も多いのでは? 今回紹介するラオスのルアンパバーンは、道端に素朴な屋台が並ん...


実は日本人の口によく合う!ラオス料理を食べ尽くすvol.1【ルアンパバーン】

アジアの食文化の中でもあまり知られていないラオス料理。あの村上春樹も、その著書『ラオスにいったい何があるというんですか?』の中で言及している通り、実は日本人の口...

世界が注目!美しき古都「ラオス」に行くならここ!

まだまだ発展途上国のラオスは、自然豊かでとっても田舎な国です!首都ですら、日本で言う地方の県庁所在地くらいの雰囲気ではないでしょうか。そんなラオスに、なぜ世界が...

【ラオス】ルアンパバーンのナイトマーケットでおさえておきたい屋台グルメ5選!

ラオス料理は、アジア料理ならではの素朴さと、植民地時代のフランスのエスプリがうまくミックスされており、日本人の口にも合う料理がたくさんあります。ラオス料理と聞い...

絶景とおしゃれなカフェで癒される!ラオスの古都・ルアンパバーン

ラオス人民民主共和国(通称:ラオス)北部にある古都・ルアンパバーン。かつてラーンサーン王国(1353年-1975年)の王都として栄えた都市で、カーン川とメコン川...

この記事を書いたトラベルライター

旅と島と海をこよなくを愛する文筆家
世界を放浪した元中学校教師の旅ライター

島と海を中心に、世界のいろんな場所を気のおもむくままに書いてます。

世界35ヶ国を放浪したあと、日本に戻り旅ライターを中心にフリーランスで仕事してます。

ライターとしてのお仕事以来絶賛募集中です。どうぞ、よろしくお願いいたします!
https://www.teriyaki44.com

【NY】ランチに絶対訪れたい!おすすめのお店5選

世界中から多くの観光客と多数のグルメが集まるNY。観光に訪れたはいいけど、選択肢が多すぎてどこのレストランでランチをすればいいかわからず困った経験がある方も多い...


ビジネスクラスで世界一周を格安で叶える!ワンワールドの世界一周航空券

今回はワンワールドの「世界一周航空券」を使って、「ビジネスクラスで世界一周」を格安で叶える方法をご紹介します。「ビジネスで世界一周なんて高くて到底無理!」と思っ...

【カンクンより魅力的?!】メキシコのプラヤ・デル・カルメン滞在をおすすめする理由

メキシコのリゾートに旅しようと考えた際、真っ先に思い浮かぶカンクン。でも実は、カンクンよりもおすすめのリゾートが、同じユカタン半島にあるんです。今回は、メキシコ...

アメリカ西海岸 LAで行きたいビーチ5選

アメリカ第2の都市ロサンゼルスには、世界中から多くの観光客が訪れます。そんなLAに行ったらぜひ訪れたいのが、ビーチです。今回は、そんなアメリカ西海岸を存分に味わ...

バンコクから足を伸ばして行ける海 サメット島のおすすめビーチ3選

タイの観光地といえば、首都バンコク。世界中から多くの人が訪れる超人気旅スポットですね。そんなバンコクから一番手軽に行ける楽園、サメット島を皆さんはご存知ですか?...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?