モロッコ
モロッコ観光
活気あるマラケシュから世界遺産の町にサハラ砂漠まで

【モロッコ】フェズの公認ガイドと行く!迷路の街で美しい工芸品とインテリアを巡る1日♪

取材・写真・文:

東京在住

2017年11月29日更新

16,816view

お気に入り

写真:Ayapeco

マラケシュと並び有名な街である、フェズ。モロッコの北に位置する、大きな街です。別名「迷宮都市」と呼ばれる所以は、旧市街の複雑すぎる街の構造。その複雑さゆえ、旧市街は世界遺産に登録されています。そんなフェズは職人さんの街でもあり、モロッコの素晴らしい伝統工芸品やインテリアを多く見ることが出来ます!今日は公認ガイドさんと一緒に回った、フェズのすてきな品々をご紹介します。

この記事の目次表示

世界一の迷路都市フェズ、道の数はなんと9,000以上!!

  • 写真:Ayapeco白っぽい風景が続く街。街の上と下はけっこう高低差がありました
  • 写真:Ayapecoこのような細く、高い壁阻まれた道ばかり

この街はリアル迷路です。それもそのはず、街には9,000以上の通りが複雑に張りめぐされています。フェズに住んでいる人でさえ迷うほど。

宿泊する宿の場所にもよりますが、一度外へ出たら高い白い壁の光景がどこを曲がっても続き、「あれ…どっちから来たっけ…」とものの1分で道に迷い、冷や汗をかきます。

  • 写真:Ayapecoロバは今でも立派な運搬手段の一つ。狭い道にぞろぞろロバさんが通っていきます。

これはその昔、高い城跡を作り、複雑な道を作ることで外敵からの侵入を防いでいたからだそうです。

公認ガイドさんに街案内をお願いしてみましょう!

フェズではガイドさんを雇い、一緒に街を廻ることをお勧めします。筆者たちは泊まっていたリヤドでKamalさんと言う、とても良いガイドさんを紹介して頂きました。

  • 写真:AyapecoこちらがKamalさん。ダンディーなおじさまです。

Kamalさんは巷でも人気でとても信頼あるガイドさんのようで、一緒に歩いていると色々な人に呼び止められ握手をして、慕われているようでした。(みんなの親分だそうです笑)観光案内はもちろん、買いたいものをリクエストしておくと然るべきお店に連れて行ってくれ、値段交渉も手伝ってくれます!

モロッコのブログやガイドブックで、ガイドとお店の人が組んでいてぼったくられるとよく書いてありますが、モロッコに限らず多かれ少なかれそれはあると思います。ですが信頼できる公認ガイドさんが連れて行ってくれるお店は、質や技術も確かなところばかりです。

特にモロッコの女子旅では用心棒の意味でもガイドさんをお願いすることをお勧めします。しつこい客引きや絡んでくる人も寄って来ないので、とても安心して街歩きを楽しむことができますよ。

フェズ公認ガイド、Kamalさんは事前予約もできます

email(kamal_guide@yahoo.fr)か、電話番号(00212662191161)をWhatsAppというメッセンジャーアプリで検索し、連絡することが出来ます。

筆者たちを案内している間も、アメリカからの観光客がKamalさんのことを友達に教えてもらったと言い、予約の問い合わせが入っていました。WhatsAppの連絡の方が早く返信が出来ると言っていましたよ。

予約、ガイドツアーは英語になりますが、ちゃんと理解したいから、ゆっくり簡単な英語で話して欲しいとお願いすれば対応してくれると思います。

筆者たちは午前中から夕方6時くらいまで色々なところをまわってもらい、3人で400DH(約4,500円)でした。様々なガイドブックで、3時間300〜400DHと書かれていたので、この価格は非常に良心的です!もちろん、チップも最後にお渡ししました。

フェズで色々見たいものがあった筆者たちはこれが見たい、あれが買いたいとリクエストし、一日中付き合って頂きました…。もちろん、途中途中に観光スポットの神学校やモスクもきちんと説明してくれます。写真を撮るのも端で待っていてくれます(笑)。

細かい手作業に脱帽!フェズの伝統工芸品

ガイドのKamalさんは観光スポットと一緒に、さまざまな工芸品のお店や作業場を案内してくれます。フェズの職人さんの手仕事は本当にお見事。美術品やアンティーク、そしてインテリア好きな方はとても楽しめる街です。 素晴らしい装飾とデザイン、そしてはその細やかさは必見です!!

テーブルクロスやハンカチがかわいい、刺繍もの

  • 写真:Ayapecoこの色、模様のセンス、さすが職人さんです!
  • 写真:Ayapeco伝統的な模様だそうです。

お店と作業場を一緒に見学します。一つ一つ、手作業で刺繍され、職人さんのセンスが現れます!

  • 写真:Ayapecoこちらはレッド系。かわいい雰囲気になりますね♪
  • 写真:Ayapecoブルーに合わせたテーブルセット。なんだか洗練されていて、清潔感があります♡

モロッコ、特にフェズは刺繍のクロスやナプキンがテーブルに並ぶのを多く見かけます。お皿とクロスの色を合わせると、とっても可愛いのです♡小さめなハンカチなどはかさばらず、お土産にも最適ですね。

大きさや刺繍の入り具合にもよりますが、安いものは50DH(ディルハム。約520円ほど。日本円への換算は一桁0を増やし、x10〜15%くらいです!)から売っていますよ。

見た目も光り方も美しい、銅細工の照明

  • 写真:Ayapecoキラキラ光る模様にうっとりです♪

モロッコ ランプと検索すると、それはそれは細かい装飾の照明、テーブルライトがたくさん出てきます。これはうすーく伸ばした銅板に、予め下書きした模様を写して、それを小さなカッターで切って作成していくそうです。形を徐々に丸めていき、最終的に照明の形になります。

  • 写真:Ayapeco下書きだけですでにアート
  • 写真:Ayapeco小さい穴は1ミリほど。。。細かい作業を重ねて作られているのですね

そのままでも細かいデザインにうっとりしますが、中に電球を入れて光ると映る模様にまた驚かされますよ!
小さいテーブルランプのようなものであれば300DH(約3,500円)からでした。

細かい模様に脱帽、真鍮食器

  • 写真:Ayapeco

真鍮食器を扱うお店、モロッコのメディナ(市場)ではよく見かけます。描かれている模様は見事。

  • 写真:Ayapecoこれがひとつひとつ打ち込まれた模様だとは驚きです。。。
  • 写真:Ayapecoこんなデザインもあるよ、と見せてくれました。

これは大きさの違う鉄筆のようなものを使い分け、大小の模様を描いているんだそう!ため息が出ますね。最初2,000DH(約25,000円)と言われましたが、値切れば一万以下くらいにはなりそうです。市場のよくあるお店であれば、もっとお安いと思います。

この大きいお皿、よく売っているけど何に使っているんだろう…と思っていたのですが、正解はこれです。

  • 写真:Ayapeco旅行の終盤あたりでやっと気付きました。グラスについつい目が行ってしまうのです。。。

ティータイムのお供、ミントティーを運ぶトレーでした!ポットとセットでお土産もいいですね♡

フェズの名物、革製品

  • 写真:Ayapecoタンネリ。いろいろな色がここで染められています

フェズと言えば、この写真を見かけることが多いでしょう。そう、皮なめしの、「タンネリ」です。

ここは染色場より立ち込める異臭でとても有名です。入り口で異臭緩和のミントを配られるので、しっかり貰って屋上へ!階段を登っていきましょう。

  • 写真:Ayapecoミントって臭いを紛らわすことにも使えるんですね

鼻が曲がるほどの臭さを覚悟し、「いざ!」と屋上に出ましたが、想像よりも耐えられるレベルでした。筆者と同行者たちの意見としては、台湾の臭豆腐と同レベル、もしくはやや下くらいとの見解です。

ここで働いている人たちは先祖代々この革染色の仕事をしているのだとか。暑い中、この臭さで働く職人たちの大変さは想像出来ません・・・

下の階はすべて革製品のお土産やさんです。

  • 写真:Ayapeco店内は天井も高く広々。さまざまな革製品が陳列さえています
  • 写真:Ayapeco渋い色が多かったです

鞄、バブーシュ、洋服、プフなどなど。価格は物によりますが、プフは500〜800DH(約5,500〜8,500円)、洋服はコートやジェケットが多く、一万円以上しました。

ここは買っても買わなくてもチップを要求されると聞いていたのですが、Kamalさんと一緒だったためか、何も要求されませんでした!個人で見学して何も買わずに店を出て、チップを置いてけ!と追いかけられている観光客もいたので注意です。

次のページを読む

モロッコの旅行予約はこちら

モロッコのパッケージツアーを探す

モロッコのホテルを探す

モロッコの航空券を探す

モロッコの現地アクティビティを探す

モロッコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月26日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【保存版】女子旅や女性へのお土産に!モロッコのときめくお土産10選!

日本人旅行客からの人気が高まってきているモロッコ!そんなモロッコの雑貨はまさに「可愛いの宝庫」なんです!実際にモロッコに行ったら何を買うのがおすすめ?女子旅や、...


マラケシュのお土産20選!スークで買える可愛い‘‘モロッコ雑貨’’大特集♡

女子にはたまらない買い物天国のマラケシュ旧市街。迷路のようなスーク(マーケット)では、可愛いモロッコ雑貨がお手頃価格で手に入ります。今回はお土産としておすすめの...

保存版!マラケシュからの2泊3日サハラ砂漠ツアー♪最終日にフェズへ抜ける方法も!

モロッコに来たら絶対行きたい、サハラへの砂漠ツアー!モロッコを旅行される際には、プランに入れている方も多いと思います。今回は、実際に筆者が参加したサハラ砂漠ツア...

オシャレ雑貨の宝庫♡モロッコ、マラケシュのおすすめショップ5選♪

アフリカ北西部に位置するイスラムの国、モロッコ。北にはスペインを始めとするヨーロッパ、東にはアルジェリアと、西洋とアフリカの文化が共存する魅力いっぱいの国です。...

可愛いモロッコ雑貨大特集!シャウエンで買えるお土産12選☆

青い町として有名なモロッコのシャウエン。小さな街ですがカラフルで可愛いモロッコ雑貨の宝庫で、たくさんのお土産が並んでいます。のんびりとした雰囲気の町で、ゆっくり...

この記事を書いたトラベルライター

普段は丸の内で働くOLトラベラー☆
旅行は手間も時間もお金もかかるもの。

いつか余裕が出来たら
いつかもう少し英語が話せるようになったら
いつかお金がたまったら
いつか子供が大きくなったら
いつか、いつか…

そんなふうに考え、旅行することをつい後回しにしている人はとても多いと感じます。

しかし。
You only live once!
人生は一度きり。今日が人生で一番若いのです!
あ、ここ行ってみたい…と思ったら、いつかにせず、すぐに次のお休みに予定を立てましょう!
ネットでほとんどのチケットや移動は予約ができますし、LCCを駆使すれば海外だって1万円以内でフライトを予約できてしまうことも最近は珍しくありませんよ♪

旅は自分を映す鏡。いつでも新しい発見や経験があります。
ちょっと無理をしてでも、知らない世界や異なる文化を訪れることは、人生を何倍にも豊かなものにしてくれます。

少しでも多くの方に、ここ行ってみたい!と思えるきっかけとなるよう、すてきな旅先をたくさんご紹介していきたいと思います☺

保存版!マラケシュからの2泊3日サハラ砂漠ツアー♪最終日にフェズへ抜ける方法も!

モロッコに来たら絶対行きたい、サハラへの砂漠ツアー!モロッコを旅行される際には、プランに入れている方も多いと思います。今回は、実際に筆者が参加したサハラ砂漠ツア...


オシャレ雑貨の宝庫♡モロッコ、マラケシュのおすすめショップ5選♪

アフリカ北西部に位置するイスラムの国、モロッコ。北にはスペインを始めとするヨーロッパ、東にはアルジェリアと、西洋とアフリカの文化が共存する魅力いっぱいの国です。...


クアラルンプールに行ったらmust buy!オススメのお土産3選

東南アジアでも大都市の1つであるマレーシア、クアラルンプール(KL)。LCCを使えば、羽田からは約6時間半なので、2泊3日の弾丸旅行で行くことも出来ます。そんな...

ビールと美食の街!チェコ、プラハの定番&隠れ家グルメツアー♪

東欧を代表する国の一つ、チェコ、プラハ。中世ヨーロッパの面影が今も色濃く残る、大変美しい街として知られています。モルダウ川が流れる対岸にはプラハ城がたたずみ、架...

【保存版】女子旅の持ち物はこれで決まり!OLトラベラーが選ぶ、オススメ旅準備&旅行グッズ23選♡

1人旅もいいけれど、やっぱり友達と行く旅行もやめられない!そんな筆者は、今まで25か国60都市を訪れましたが、そのほとんどは女子旅なのです。気兼ねない友達と回る...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?