モロッコ
モロッコ観光
活気あるマラケシュから世界遺産の町にサハラ砂漠まで

【保存版】女子旅や女性へのお土産に!モロッコのときめくお土産10選!

取材・写真・文:

沖縄在住
訪問エリア:28ヶ国

2018年8月7日更新

19,510view

お気に入り

写真:いずみん

日本人旅行客からの人気が高まってきているモロッコ!そんなモロッコの雑貨はまさに「可愛いの宝庫」なんです!実際にモロッコに行ったら何を買うのがおすすめ?女子旅や、男子旅での女性へのお土産として、心がときめくおすすめお土産を10パターン紹介します!

この記事の目次表示

モロッコのおすすめツアー
≪3名様参加専用コース≫◆◇長距離区間は飛行機利用で楽々移動!◇◆…━大人気青の街シャウエン&エネルギッシュな街マラケシュ&迷宮都市フェズを自由に散策━…[各都市送迎&朝食付]6日間
149,800円~344,800円
≪3名様参加専用コース≫◆◇長距離区間は飛行機利用で楽々移動!◇◆…━大人気青の街シャウエン&エネルギッシュな街マラケシュ&迷宮都市フェズを自由に散策━…[各都市送迎&朝食付]6日間
154,800円~299,800円
≪3名様参加専用コース≫◆◇長距離区間は飛行機利用で楽々移動!◇◆…━大人気青の街シャウエン&エネルギッシュな街マラケシュ&迷宮都市フェズを自由に散策━…[各都市送迎&朝食付]6日間
159,800円~384,800円

モロッコでチェックすべきお土産10選!

モロッコ雑貨はハンドメイド品が多く、ファッション、インテリア、美容オイル等、見るべき雑貨やお土産がたくさんあります。その中で、特に女子旅女性が喜ぶお土産をキーワードにぜひ買って帰りたいお土産を厳選いたしました!

ファッション系

1.バブーシュ

  • 写真:いずみん

まずはモロッコの定番土産であるバブーシュ。モロッコの伝統的な履物ですが実はバブーシュの起源はモロッコでなく、ペルシャという説があります。しかし、実際はモロッコ土産として認識されていることが多いのではないでしょうか?

かかとがつぶれたスリッパのような形のバブーシュは色やデザインが豊富で、そのほとんどはハンドメイド品です。お店によって異なりますが、おおよそ一足あたりDH200~400(約2,300円~5,000円)です。

マラケシュやフェズ等で買うことができますが、マラケシュではたまに中国製のものが紛れているので、革で作られたモロッコのハンドメイドのものか確認してみてください。こちらの記事は女性目線ですが、実際バブーシュは男性ものも種類が豊富です!

2.カゴバッグ

夏にぴったりのカゴバッグ!値段は大きさやデザインによって幅があります。街のスーク(市場)で見かけるカゴバッグは定番のもの以外は一期一会。カラフルなデザイン、サイズ、とにかく気に入ったものが見つかったらその場で買わないと、もう出会えない可能性がおおいにあります。

3.ストール

  • 写真:いずみん

アラビアンな柄と色が可愛いストールは、実はシンガポールのアラブストリートで見かけたものと同じものをいくつか発見。しかし、モロッコで買う方が安いですし、デザインはモロッコの方が圧倒的に多いです。

リバーシブルのストールなどもあるので、何枚あっても困らないストールは要チェック!

美容関係

4.アルガンオイル

メイドインモロッコのアルガンオイルを使っている女性も多いですよね。でも日本で買うととっても高い!モロッコのアルガンオイルは、日本の何分の一といった値段で購入でき、10mlサイズからペットボトルサイズまで色んな大きさのボトルで売られています。

黄色味でにごりがなく、透明度の高いオイルを選ぶのがポイントです。

  • 写真:いずみん

5.ローズウォーター、ローズエキス

こちらは限られた街になりますが、モロッコの有名観光地であるトドラ渓谷~アイトベンハッドゥの間に位置する街ケラーア・メグーナで買うことができます。

マラケシュでも一部売っていますが、ケラーア・メグーナはバラの街として有名で、ケラーア・メグーナ以外の街ではアルコールが入っていたり質が少し落ちます。ケラーア・メグーナで売られているローズウォーターはバラ100%で、化粧水やヘアミストとしてだけでなく、目に入れても大丈夫なんだそう。

ケラーア・メグーナ
モロッコ / 町・ストリート
住所:Kelâat M'Gouna, Morocco地図で見る

次のページを読む

モロッコの旅行予約はこちら

モロッコのパッケージツアーを探す

モロッコのホテルを探す

モロッコの航空券を探す

モロッコの現地アクティビティを探す

モロッコのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


オシャレ雑貨の宝庫♡モロッコ、マラケシュのおすすめショップ5選♪

アフリカ北西部に位置するイスラムの国、モロッコ。北にはスペインを始めとするヨーロッパ、東にはアルジェリアと、西洋とアフリカの文化が共存する魅力いっぱいの国です。...


【モロッコ】フェズの公認ガイドと行く!迷路の街で美しい工芸品とインテリアを巡る1日♪

マラケシュと並び有名な街である、フェズ。モロッコの北に位置する、大きな街です。別名「迷宮都市」と呼ばれる所以は、旧市街の複雑すぎる街の構造。その複雑さゆえ、旧市...

可愛いモロッコ雑貨大特集!シャウエンで買えるお土産12選☆

青い町として有名なモロッコのシャウエン。小さな街ですがカラフルで可愛いモロッコ雑貨の宝庫で、たくさんのお土産が並んでいます。のんびりとした雰囲気の町で、ゆっくり...

【モロッコ】あの美しいタイル装飾はどのようにつくられている?フェスの工房アート・ナジ見学

モロッコといえばタイル、モロッコといえば幾何学模様、というくらい、特にフェスやマラケシュ、カサブランカといった都市部を歩いていると、美しい幾何学模様のタイル装飾...

【モロッコ】職人の街フェスで革細工と職人技に惚れる

一度足を踏み入れたら迷子になりかねない、細く入り組んだ小路に続く「スーク」と呼ばれる市場。まるで迷路のようだとも言われるフェスの街の魅力を、革細工の職人に焦点を...

この記事を書いたトラベルライター

オーロラハンターに憧れる会社員トラベラー
学生時代から現在に至るまで、アジア、ヨーロッパ、オセアニア、北アメリカ、アフリカと、絶景求めて世界をまるっと、幅広く旅する転勤族会社員トラベラー。
特に北欧がお気に入りで、海外渡航歴は約30か国。
自然、絶景、夜景、星が好きなオーロラリピーター。
海外記事を中心に、読んで頂く皆さんに、非日常なわくわくした世界をお届けできたらと思います!

2019年のオーロラは8月末、ホワイトホースとアラスカです♩

過去のオーロラチェイス歴
フィンランド★サーリセルカ、ロヴァニエミ
カナダ★イエローナイフ
アイスランド★レイキャヴィーク、ブルーラグーン
ニュージーランド★クイーンズタウン、テカポ(オーロラ×)
ノルウェー★トロムソ、シーボットン
スウェーデン★キルナ、ユッカスヤルヴィ

↓ブログではオーロラ女一人旅や、オーロラ観測の持ち物なども公開中!
https://izmtrip.com/

4泊5日♪これが王道?!シンガポール女子旅モデルスケジュール!

人気の海外旅行先であるシンガポール。初めてシンガポールへ行かれる女性の方へ、平日仕事終わりに出発する4泊5日のシンガポール女子旅モデルコースをご紹介します!穴場...


乗り継ぎ利用だけでも必要!カナダ入国にはeTAの取得を!

アメリカへ旅行する際にはESTAの取得が必要だと認識されている方は多くなってきているかと思います。皆さん、同様に、お隣の国カナダでも入国時に電子渡航認証「eTA...

【NY】ブロードウェイミュージカルをお得に!Today Tixを使おう

タイムズスクエアと言えば、思いつくのはブロードウェイでの本場のミュージカルですよね!ニューヨークを訪れたことのある人は、ミュージカル鑑賞をしたことのある人が多い...

世界一美しい湖畔の街オーストリア・ハルシュタットで深呼吸しよう!

世界で最も美しい湖畔の街とうたわれているハルシュタット。オーストリアにある小さな小さな街ですが、歴史もあり、世界文化遺産にも登録されています。次の旅先として、豊...

【モロッコ】サハラ砂漠でいざキャンプ!砂漠での過ごし方とは?

モロッコにある世界一大きな砂漠である「サハラ砂漠」。サハラ砂漠でテント泊を楽しめる「ドュンズ・ラグジュアリー・キャンプ」と砂漠での過ごし方についてご紹介します!...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?