ニューヨーク
ニューヨーク観光
24時間眠らない、世界一の大都会

【NY】無料のフェリーを使って、「自由の女神像」に会いに行きませんか?

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年5月10日更新

7,466view

お気に入り

写真:こうさかしんや

ニューヨーク、いやアメリカ合衆国を代表する観光スポットの一つである自由の女神像。フランスからアメリカ合衆国へ、友好の証として贈られたことでも有名です。ですが、実際どうやって行くのでしょうか。ニューヨークを訪れる際には外したくない観光ポイントですが、実は数種類の行き方が存在します。その選択肢の一つに、無料の「スタテン島フェリー」を利用する手段があります。今回は、その無料フェリーを使って、自由の女神像を見ることができる方法をご紹介します。

この記事の目次表示

ニューヨークのおすすめツアー
【羽田発着】《価格重視の方におすすめ!》マンハッタンスタンダードクラスのホテルに宿泊!ニューヨーク3泊5日間
94,500円~265,500円
【羽田発着】★期間限定フラッシュセール★━♪スーペリアホテル♪━★駅チカ(51st.)×シンプルで機能的なヒルトン系列のホテル★《DoubletreeHotelMetropolitan(ダブルツリー・メトロポリタン)》に泊まる5日間│航空会社未定
120,500円~275,500円
《トロント2泊+ニューヨーク3泊7日間》お値段重視!ダウンタウン北側のお手頃ホテル「ホテル89」&ミッドタウンまで地下鉄で2駅!「ホリデイインマンハッタンビュー」■羽田発着・往路直行便
111,000円~340,000円

自由の女神像とは、何者なのか

自由の女神(正式名称:Liberty Enlightening the World)は、ニューヨーク・リバティ島に立つ銅像で、台座から右手に持っているトーチまでの高さが約93メートル、重量225トンの巨大な女神像です。

右手には世界を照らすための炎が灯っているトーチを持ち、左手にはアメリカ合衆国独立記念日の「1776年7月4日」と記された独立宣言書を持っています。

台座上の足元は、引きちぎられた鎖と足かせを踏みつけており、全ての弾圧・抑圧からの解放に加え、人類みんなが自由であり、平等であることを意味しています。さらに、頭部の王冠にある7つの突起には、7大陸および7つの海に自由が広がるようにとの意味を持っています。

また、自由の女神像は、アメリカ合衆国独立100周年を記念して友好国・フランスから寄贈されたもので、1984年には、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

無料フェリーに乗ってみる!

自由の女神像へ行くにはいくつか方法があるのですが、そのほとんどがクルーズや観光ツアーの一環となっている有料のものです。

今回紹介する「スタテン島フェリー」は普段、ニューヨーク市民の通勤・通学用として運行しており、365日24時間営業で、乗船運賃は無料です。ニューヨーク・マンハッタン南端とスタテン島をつないでるこのフェリーですが、船上から自由の女神像を見ることができることから、旅行客にも人気となっています。

マンハッタン最南端の「スタテン島フェリー・ターミナル」

  • 写真:こうさかしんやバッテリー公園からアッパー・ニューヨーク湾を見渡す

マンハッタン南端に、バッテリー公園という大きな公園があります。この公園に沿って歩くと、アッパー・ニューヨーク湾を眺めることができます。

そしてこのバッテリー公園の端に、無料フェリーが離発着する「スタテン島フェリー・ターミナル」があります!大きなサインが掲げられているので、分かりやすく、見つけやすいでしょう。

  • 写真:こうさかしんやマンハッタン側のスタテン島フェリーの窓口、ホワイトホール・ターミナル
  • 写真:こうさかしんや

フェリーの運行頻度は、平日の6:00AM〜9:30AMと3:30PM〜8:00PMの間は15分〜20分間隔と、比較的頻繁に行き来しています。それ以外の時間帯は30分〜60分の間が空くので、事前に時刻表で時間を確認してから行くのが良いです。

ちなみに、土日は終日30分おきにフェリーが出ていますが、週末に行く場合でも時刻表を見て行くのがおすすめです。

ターミナルに入ると、突き当たり左右にガラス張りの巨大な自動ドアがあるので、その前でフェリーへの乗船を待ちましょう。左右のドア、どちらの前で待っていても大丈夫です。 

バッテリーパーク
ニューヨーク / 公園・動植物園
住所:75 Battery Pl, New York地図で見る
電話:212-417-2000
Web:http://www.thebattery.org

往路は大迫力のマンハッタンに遭遇

フェリーが到着したら、いざ、出発!

「ブロロロロ・・・!」と勢いよく、フェリーがターミナルから離れていきます。スタテン島へ向かっていくフェリーの後ろ部分からは、マンハッタンの超高層ビル群を見渡すことができ、圧巻です!

  • 写真:こうさかしんやマンハッタンの超高層ビル群

マンハッタンで一番背の高い「ワンワールドトレードセンター」や「エンパイアステートビル」なども発見することができるはずです。この景色だけでも、スタテン島フェリーに乗る価値があるかもしれません。

乗船してほどなくして、フェリーはどんどんマンハッタンから遠ざかっていきます。

  • 写真:こうさかしんや離れていくにつれて、右側にブルックリンも見えてくる

視界に入る範囲も広がっていき、右手にはマンハッタンとブルックリンをつなぐ「ブルックリン橋」と「マンハッタン橋」も、街並みと一緒に見ることができます。

「自由の女神像」とご対面

マンハッタンの景色を堪能した後は、船尾から、風が心地よく当たる船の横っ腹部分へと移動しましょう。

マンハッタンからスタテン島へ向かうフェリーでは進行方向の右手側に、スタテン島からマンハッタン方向へのフェリーでは、左側にポジション取りをしておくことが重要です。なぜなら、そちら側に自由の女神像がいるからです。

フェリーに乗って10〜15分ほどで、自由の女神像らしきものが見えてくるでしょう。周りもザワザワしてくるはずなので、像に近づいていることは一目瞭然だと思います。

大きい?小さい?フェリーから見える「自由の女神像」

  • 写真:こうさかしんや往路から見えた自由の女神像

僕が持っていたカメラのズームレンズを最大限まで望遠にして、これだけのサイズ感で自由の女神像が見えました。思っていたより小さいでしょうか、それとも大きいと感じるでしょうか。これに関しては、人それぞれの捉え方次第だと思います。

自由の女神像は、大抵のカメラでしっかり収めることができると思います。もちろん、スマートフォンでも問題ないはずです。

フェリーに乗船してからおおよそ30分弱で、スタテン島へと到着します。スタテン島側のターミナルを出ると、外には大きい駐車場が広がっているのみで、何もありません。なので、僕はそのまま引き返すことにしました。

けれども、スタテン島には鉄道やバスといった交通手段もあるので、時間帯によっては島の観光に乗り出しても良いかもしれません。

復路も楽しみたい!

  • 写真:こうさかしんや復路から見えた自由の女神像

スタテン島からマンハッタンへと戻る際のフェリーでも、自由の女神像を見ることができます。復路でも、しっかりと目に焼きつけておきましょう。

マンハッタンが近づいてくるにつれ、無料のフェリー旅も終わりを迎えます。帰りはマンハッタンのすさまじく、迫ってくるかのような街並みが徐々に現れてくるので、迫力満点の景色を味わえること間違いなしです。

僕が乗ったときは夕方近かったこともあり、夕日のオレンジ色に照らされたマンハッタンを見ることができ、幻想的でした。24時間運行のフェリーなので、朝や夜でもそれぞれの楽しみ方がありそうです。

ちなみにフェリーがマンハッタンのターミナルに入っていく時には、マンハッタンの隣ジャージーシティの景観も見ることができます。

  • 写真:こうさかしんや
自由の女神
ニューヨーク / 観光名所 / 建造物
住所:Liberty Island, New York City, NY 10004地図で見る
Web:https://www.nps.gov/stli/index.htm

おわりに

いかがでしたでしょうか。無料のフェリーから眺める自由の女神像、素晴らしかったな、なかなか見応えがあったなと思っていただけたでしょうか。

フェリーから眺めるだけでは物足りないと思われる方は、ぜひクルーズや観光ツアーに申し込まれるのが良いでしょう。もっと近くで大きく見ることができると思いますし、自由の女神像の中に入ることもできるコースもあるはずです。

無料の「スタテン島フェリー」を利用して、マンハッタンの街並みと自由の女神像をセットで楽しむことができるのは、大きな利点です。ぜひ、スタテン島フェリーに乗ってみてください!

  • 写真:こうさかしんや
スタテン島フェリー
ニューヨーク / 乗り物
住所:4 South Street, New York City,NY地図で見る
Web:http://www.nyc.gov/html/dot/html/ferrybus/staten-i...

ニューヨーク旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばニューヨークのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でニューヨークのすべてのツアーをみる>>

ニューヨークの旅行予約はこちら

ニューヨークのパッケージツアーを探す

ニューヨークのホテルを探す

ニューヨークの航空券を探す

ニューヨークの現地アクティビティを探す

ニューヨークのWi-Fiレンタルを探す

ニューヨークのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年5月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...


2019夏休みの海外旅行におすすめの国・都市11選!夏がベストシーズンの旅行先特集

長期連休が取りやすい夏休み。せっかく海外旅行に行くなら、この時期にぴったりな旅行先へ出かけたいですね。夏休みの海外旅行先に迷っている方へ、夏の時期がベストシーズ...

NY・国連でしか買えないアスターチョコレート&雑貨土産7選!

国連本部内部にはギフトショップがあり、お土産が買えるのをご存知ですか?ニューヨーク土産として人気のアスターチョコレート(Astor Chocolate)の国連仕...

アメリカの人気観光スポットTOP50!旅行好きが実際に行った観光地ランキング

タイムズスクエアやディズニーランドなど、アメリカの数ある観光スポットの中で、トリップノートの3万8千人を超える旅行好きのトラベラー会員(2019年6月現在)が実...

2019-2020年末年始の海外旅行におすすめの国・都市16選!お正月は海外で年越ししよう

2019〜2020年の年末年始は9連休!お正月休みに海外旅行へ出かけたいという方に、冬にベストシーズンを迎える国や、年越しのカウントダウンイベントが魅力の旅行先...

この記事を書いたトラベルライター

次はどこへ行こうか。
「海外に行きたい欲」が止まらなかったので、旅に出てます。
🇯🇵🇭🇰🇲🇴🇵🇭🇻🇳🇺🇸🇦🇺

ただ今オーストラリアにてワーキングホリデー中です。
好きなことは、写真を撮ること、路上マーケットの観察、街中をひたすら探検することです!
https://note.mu/sk21420416

【オーストラリア・ブリスベン】週末に現れる華やかなマーケット「Eat Street Northshore」

オーストラリア・QLD州にあるブリスベン。空港近くにある「Eat Street Northshore」は毎週末の夜、華やかな夜の街が出来上がります。そんなエンタ...


【ソルトレイクシティ】グレートソルトレイクという名の湖

アメリカ・ソルトレイクシティ。オリンピックのイメージが強いこの街には、大きな塩湖が存在します。街の名前の由来にもなったであろう「グレートソルトレイク」というのが...

【アメリカ】あま〜いおまじない!? 世にも奇妙な「ブードゥードーナツ 」

アメリカ・オレゴン州の最大都市ポートランド。「バラの街」や「環境に優しい都市」など様々な名称を持つこの街は、日本でも地方の街づくりのロールモデルとして注目され、...

【オーストラリア・バンダバーグ】試飲もできるジンジャービア工場のミュージアム

オーストラリア・QLD州に位置する街、バンダバーグ。その小さな街に工場を構える、世界30カ国以上に親しまれているジンジャービア製造会社があります。今回は、本社に...

【シドニー・オーバーン】チェリー・ブロッサム・フェスティバル

日本の風物詩でもある「桜」、実はオーストラリアでも観ることができます。日本とは季節が逆のため、オーストラリアでは8月〜9月に桜の見頃を迎えます。今回はシドニー・...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?