300年の歴史が息づく名園中の名園 「岡山後楽園」 夜のライトアップ幻想庭園は艶やか!

252

view
   2016年7月25日更新

日本三名園のひとつ、岡山後楽園は岡山城の対岸にあります。広い芝生地に、池や築山、水路など、歩きながら、移り変わる景色を眺めることができるよう造られた回遊式庭園。見渡す庭は広く、四季折々の表情があり、何度訪れても楽しませてくれる場所ではないでしょうか。期間限定ではありますが、夜間特別開園「幻想庭園」として庭園がライトアップされます。広大な庭園が、明かりで浮かび上がった様はとても幻想的。

岡山後楽園の歴史

岡山後楽園は、岡山藩主池田綱政が家臣に命じ1687年(貞享4年)に着工、1700年(元禄13年)に完成しました。その後も藩主により、その時々の好みで手が加えられていきました。また、江戸時代には、許しがあれば領民も入ることができ、池田綱政自ら舞を見せたりしたそうです。昭和27年には特別名勝に指定され、歴史的文化を後世に伝えています。岡山城に住まう城主の庭、昔のお殿様は本当に優雅だったんですね。

  • 秋の岡山後楽園

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン 三ツ星評価取得!岡山後楽園の見どころ

  • 岡山後楽園

岡山後楽園は日本三名園の一つとされていますが、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン 三ツ星を獲得したことから、日本だけではなく、世界に誇れる庭園となりました。広大な日本情緒溢れる庭園は、外国の方の心にも残る美しい庭園だと思います。

延養亭と能舞台

  • 延養亭

延養亭は藩主が後楽園を訪れた時に、使われた建物。藩主の部屋からの眺めが最も美しくなるように、庭園が作られているそうです。続きに能舞台もあり、舞を楽しんだり、藩主の安らぎの場所になっていたのですね。

唯心山が築かれた事で庭園が立体的に

  • 沢の池越しに見える唯心山

唯心山は池田継政によって築かれ、平面的だった庭園が立体的に。斜面にはツツジやサツキが植えられており、花が咲く頃は芝生も緑になり、とても美しいです。山の上には後楽園が一望できる小さな展望台があり、撮影ポイントです。

江戸時代にも飼われていたタンチョウ

  • タンチョウ

江戸時代に飼育されていたタンチョウ。戦後途絶えていましたが、現在では8羽飼育されているそうです。放鳥される日がありますので、放鳥に合わせて訪れるのも、いいかもしれませんね。普段は鶴舎がありますので、そちらで見る事ができます。

ライトアップイベント「幻想庭園」

  • 岡山後楽園のライトアップ「幻想庭園」

岡山後楽園は期間限定ですが、幻想庭園としてライトアップされ、夜も入場可能になります。ライトアップされた庭園越しに岡山城もライトアップされ、それはそれは幻想的。夏には庭園内でビアガーデンも開かれます。

岡山後楽園幻想庭園
URL:http://genso-teien.okayama.jp/

漆黒の城、岡山城

  • 岡山城

豊臣時代の面影を残した漆黒の城岡山城は、後楽園から旭川を挟んだ対岸にあり、後楽園から行き来できるようになっています。後楽園を訪れた際には、ぜひ、岡山城へも足を延ばしてみて下さい。天守閣から眺める、後楽園もとても美しいですよ。

岡山城の記事はこちら

岡山城

岡山 / 建造物 / 観光名所

 

住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

電話:086-225-2096

Web:http://okayama-kanko.net/ujo/

おわりに

岡山後楽園は、江戸時代の面影を残す素晴らしい庭園です。歴史に興味が無い方でも、ライトアップや夏のビアガーデンなどに出かけてみてはどうでしょうか。きっと心に残る1日になると思います。

岡山後楽園の詳細

  • 住所:〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5
  • TEL:086-272-1148
  • 休館日:年中無休
  • 開館時間:3月20日~9月30日午前7時30分~午後6時 / 10月1日~3月19日午前8時~午後5時
  • 入館料:大人・高校生 400円 / 小・中学生140円 / シニア 140円 ※岡山城・後楽園共通券あり
岡山後楽園

岡山 / 公園・動植物園 / 観光名所

 

住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5

電話:086-272-1148

Web:http://okayama-korakuen.jp/

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年5月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
温泉大好き!神社仏閣、史跡巡りが大好き!

温泉と神社仏閣巡りが大好きです。
各地(主に西日本)へ車で出かけ、温泉やその土地の史跡、歴史を見て巡っています。
温泉旅館で、美しい庭を愛で、美味しい料理をいただき、そして、まったりと温泉に浸かる・・・まさに至福の時間。
たくさんの所へ出かけ、その土地の歴史を感じていきたいと思います。

https://onsen100.jimdo.com/

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!