沖縄本島
沖縄本島観光
世界遺産や日本一の水族館がある日本屈指の観光県

新鮮!漁港直売!「名護漁港 水産物直売所」で沖縄グルメを堪能しよう!

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年2月27日更新

8,143view

お気に入り

写真:トラベルライター

沖縄グルメといえば?美しい海に囲まれている沖縄を訪れたら、やはり外せないのが「海鮮」ですね。新鮮で美味しい海鮮が集まる場所=漁港でしょ!ということで、今回は名護市在住の筆者がおすすめする、地元民にも観光客にも大人気の「名護漁港 水産物直売所」の食堂をご紹介します。

この記事の目次表示

名護市にある「名護漁港 水産物直売所」って?

沖縄県の本島北部に位置する名護市は「やんばる(山原)」の玄関口といわれ、山や森林が多く残り、美しい海に挟まれた自然豊かな場所です。人気の観光スポットは「道の駅・許田」や「オリオンビール工場」、「ナゴパイナップルパーク」など。観光客も多く訪れます。

  • 写真:トラベルライター食堂の外観

美しい海に面する名護市には「名護漁港」があり、毎朝セリが開催されるほど、多くの水産物が水揚げされています。漁港内にある「名護漁港 水産物直売所」には、毎日新鮮な水産物がそろい、地元の人々も多く訪れます。

美味しい!安い!早い!の食堂、おすすめメニュー

  • 写真:トラベルライター開放感のある店内&オープンキッチン

水産直売所には食堂が併設されており、名護漁港で水揚げされた、獲れたての魚をいただけます。地元のうちなーんちゅ(沖縄の人)も通うお店なので、美味しくない訳がありませんね。

観光客向けのお店と比べ、美味しくてボリュームもあるのに、ほとんどのメニューが1,000円以下。長々と待つことなく提供されるので、お腹が空いて待てないという人にもおすすめです。

ちらし

  • 写真:トラベルライターちらし 850円

丼に豪快にのっているのは、7種類の海鮮と厚焼き玉子。海鮮の味もさることながら、ボリューム満点!マグロ、イカ、エビ、タコなどの定番ネタ以外にも、沖縄らしい鮮やかな青色の魚・イラブチャーも。あっさりした白身で美味しいですよ。

マグロの漬け丼定食

  • 写真:トラベルライターマグロの漬け丼定食 750円

ある日の「日替わり定食」は、漁港直送の鮮度抜群なマグロがこれでもか!というくらいたっぷりのったマグロの漬け丼。沖縄では年間を通してマグロが水揚げされているので、季節ごとに違った種類の「旬のマグロ」を食べることができるんです。

その他メニュー

  • 写真:トラベルライター食堂のメニュー

お刺身やお鮨、丼ぶりなど鮮魚を使った料理を中心に、煮魚や天丼、イカ墨汁などの温かい料理などが並びます。メニューの豊富さは、さすが食堂といった感じです。

「てんぷら屋ぁ~」の天ぷらは必食!

  • 写真:トラベルライターてんぷら屋ぁ~の外観

同じ水産物直売所内、食堂のお隣には、これまた美味しい「てんぷら屋ぁ~」があります。天ぷらは沖縄のソウルフードとして親しまれ、おやつやおつまみとして食べられています。沖縄の天ぷらは本土の物とは少し違って、味のついている厚め衣が特徴です。

  • 写真:トラベルライター魚天ぷら 60円

こちらの「魚天ぷら」は、フワフワの白身魚にサクサクの衣がベストマッチ!たまらなく美味しい一品です!見た目は地味ですが・・・ぜひお試しあれ!

  • 写真:トラベルライター天ぷらのメニュー

沖縄らしい食材の「もずく天ぷら」も、新感覚な食感と味がくせになる美味しさです。これらの天ぷらが一つ60円というのは驚きの安さ。

おわりに

  • 写真:トラベルライター名護漁港

いかがでしたでしょうか。旅行中って食事の数が限られているからこそ、事前に調べて美味しいお店に行きたいですよね。こちらの名護漁港 水産物直売所の食堂は、絶対外さないおすすめのお店です!ぜひ行ってみてくださいね。

名護漁港 水産物直売所 食堂
沖縄本島 / 魚介・海鮮料理
住所:沖縄県名護市城3-5-16 名護漁港 水産物直売所内地図で見る
電話:0980-43-0175
Web:http://jf-nago.jp/水産物直販所/
名護漁港 水産物直売所 てんぷら屋ぁ~
沖縄本島 / 和食
住所:沖縄県名護市城3-5-16 名護漁港 水産物直売所内地図で見る
夏休みの格安航空券をskyticketで検索

沖縄本島の旅行予約はこちら

沖縄本島のパッケージツアーを探す

沖縄本島のホテルを探す

(沖縄本島南部)

(沖縄本島中部)

(沖縄本島北部)

(中部・北部)

(那覇・南部)

沖縄本島の航空券を探す

沖縄本島の現地アクティビティを探す

沖縄本島のレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年2月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【那覇】3時間半で回れる!「国際通り」半日観光プラン

沖縄観光の最終日、午後のフライトを選択した場合は半日どうやって過ごそう?と悩む方も多いのでは。そんな時は那覇市のメインストリート、「国際通り」周辺で半日のプチ観...


沖縄の隠れ家的おしゃれカフェ6選!ランチにもおすすめ

沖縄には個性溢れる魅力的なカフェがたくさん!今回は沖縄のカフェの中でも、地元の人にも愛されるおしゃれカフェや、隠れ家的カフェをご紹介します。沖縄旅行の一休みにも...

【沖縄北部・古宇利島】海鮮丼やウニ丼がオススメ。新鮮な海の幸を堪能!「しらさ食堂」

沖縄北部の人気の観光スポット古宇利島。その島の中にある「元祖・うに丼」で知られる老舗食堂「しらさ食堂」。オーシャンビューの絶景を見ながら食べられる、新鮮な海の幸...

沖縄本島の海が見える絶景カフェ13選!沖縄旅行におすすめ

沖縄には、海が見えるオーシャンビューのカフェがたくさん!美しい海を眺めながらのカフェタイムが楽しめます。沖縄旅行で訪れたい、沖縄本島の絶景カフェをご紹介します。

インスタ映えで女子旅にぴったり!国内のおしゃれな観光スポット16選

最新のアートスポットから話題の雲海スポット、おしゃれなカフェやショップが集まる話題のエリアなど、数ある国内の観光スポットの中から、女子旅にぴったりなインスタ映え...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?