ローマ
ローマ観光
イタリアの首都で世界遺産の宝庫

【ローマ】歴史あるアッピア街道の魅力

取材・写真・文:

イタリア在住
訪問エリア:15ヶ国

2021年9月14日更新

20view

お気に入り

写真:Mirai

古代ローマ帝国に作られてから、今も維持され、使用されているアッピア街道について紹介します。いまだに当時のままの姿が残る、高い技術を誇るアッピア街道を散策しながら、周辺の見所に立ち寄ってみませんか。

この記事の目次表示

アッピア街道とは

  • 写真:Miraiアッピア街道

アッピア街道は、ローマから南へ一直線に延びる道で、街道の女王と呼ばれています。西洋の歴史上初の舗装道路と言われており、ローマの役人アピウス・クラウディウス・カエクスが西暦前312年ごろから建設に着手しました。彼の名前からアッピア街道という名称が付けられたそうです。

  • 写真:Miraiアッピア街道

ローマのアッピア街道は幅が約5.5m。ローマから最終的には約580km先に位置する、港町ブリンディジまで延長されました。

驚きの建築技術

アッピア街道は、非常に綿密な設計と舗装工事により、2300年以上の時を経た今もなお使用されているだけでなく、街道の美しさが保たれています。

  • 写真:Miraiアッピア街道

この道路は、まず地面を深く掘ってから、一番下に大きな岩、中間にセメントで固めた小さい石、上に砕いた石を重ね三層にし、さらに表面に大きな平たい溶岩を敷いて舗装しています。

道路の中心は、少し高く盛り上がっていて雨水が流れるようになっており、道の両側には排水溝も備えています。

アッピア街道沿いの見所

アッピア街道沿いには、レストランや休憩所、様々な店、宿泊施設などがあり、少しずつ歩きながら旅を続けられるようになっています。所々に残っている遺跡を見ながら、当時の様子を想像して散歩できます。

写真の左側に見える、大きな岩石の道がオリジナルで、右側の小さな四角い石の道は補修された部分です。

  • 写真:Miraiアッピア街道に残る遺跡

マイルストーン

「すべての道はローマに通ず」という言葉が生まれた、ローマの公共広場”フォロ・ロマーノ”。そこには、ローマ帝国内にある全てのローマ街道の起点として、金のマイルストーン「ミリアリウム・アウレウム」が置かれていました。

  • 写真:Mirai第一マイルストーン

当時、ローマ街道を通る兵士や旅人達は、自分たちが今どこにいるのかマイルストーンを見れば分かるようになっていました。マイルストーンは、古代ローマの1マイル(1,480m)ごとに置かれていましたので、ローマ市内からの距離を知ることができました。

  • 写真:Mirai第一マイルストーン

アッピア街道の第1マイルストーンはレプリカですが、以下でご紹介するアウレリアヌス城壁、サン・セバスティアーノ門の近くで見られます。

アウレリアヌス城壁

アウレリアヌスの城壁は、ローマ帝国の首都であるローマを守るために、皇帝アウレリアヌスによって270年から275年の間に建てられました。古代では約19kmの城壁でしたが、今では約12.5 kmとなっています。1700年以上前に建てられた、保存状態の良い古代の城壁として世界でも有名です。

  • 写真:Miraiアウレリアヌス城壁

サン・セバスティアーノ門

サン・セバスティアーノ門は、アウレリアヌス城壁の城門です。

アッピア街道を通過するための門だったので、元の名前はポルタ・アッピア(アッピア門)でした。 サン・セバスティアノ大聖堂と地下墓地に近接しているため、15世紀半ば以降、今の名前になりました。

  • 写真:Miraiポルタ・サン・セバスティアーノ

マイルストーンの形をした水飲み場もあります。

  • 写真:Miraiアッピア街道沿いの水飲み場
サン・セバスティアーノ門
ローマ / 建造物 / 遺跡・史跡
住所:Aurelian Walls, Via di Porta San Sebastiano, 18, 00179 Roma RM, イタリア地図で見る
アウレリアヌス城壁
ローマ / 建造物 / 遺跡・史跡
住所:Mura aureliane地図で見る

カタコンベ

カタコンベとは、地下道を掘って作られた埋葬所です。元々はアッピア街道沿いにあった埋葬所を指す名称でしたが、後に地下の埋葬所すべてを指して使われるようになりました。「ローマのカタコンベ」が一番大きく、有名です。

「カタコンベ・ディ・サン・カッリスト」では、火山岩を掘って作られた、迷路のような地下洞窟を歩いて見学できます。

  • 写真:Miraiカタコンベ
  • 写真:Miraiカタコンベ
カタコンベ・ディ・サン・カッリスト
ローマ / 遺跡・史跡
住所:Via Appia Antica, 110/126, 00179 Roma RM地図で見る

クラウディア水道遺跡

アーチの美しいクラウディア水道橋は、西暦38年に建設され始め、皇帝クラウディウスによって仕上げられました。地下水道も含めて全長約69キロあるうちの約10キロが高架橋として作られました。

  • 写真:Miraiクラウディウス水道橋

アッピア街道から少し足を伸ばせば、今でも一部が残っている水道橋遺跡を見ることができます。

クラウディア水道遺跡
ローマ / 建造物 / 遺跡・史跡
住所:Viale Appio Claudio, 113, 00178 Roma RM, イタリア地図で見る

まとめ

古代ローマ帝国から今も存続しているアッピア街道。街道沿いには松の木が植えられており、木々や遺跡を見ながら気持ちよく散歩できるコースとして今も人気です。

  • 写真:Miraiアッピア街道

高い松の木が傘のように剪定されていて、程よい日影になっているところも計算されているのかもしれません。古代ローマの旅人気分を味わいながら、素晴らしい街道をゆっくり散歩してみるのはいかがでしょうか。

ローマの旅行予約はこちら

ローマのパッケージツアーを探す

ローマのホテルを探す

ローマの航空券を探す

ローマの現地アクティビティを探す

ローマのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年9月14日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


ヨーロッパの人気観光スポットTOP55!旅行好きが行っている観光地ランキング

ローマのコロッセオやパリのエッフェル塔などのヨーロッパの観光名所の中で、トリップノートの6万3千人の旅行好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行ってい...


ヨーロッパの人気のお城・宮殿TOP30!旅行好きが行っているお城&宮殿ランキング

バッキンガム宮殿やノイシュバンシュタイン城などヨーロッパの城・宮殿の中から、トリップノートの6万3千人の旅好きトラベラー会員(2020年9月現在)が実際に行って...

『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとて...

イタリアのおすすめ観光スポット28選!一度は行きたいイタリアの観光名所ガイド

水の都・ベネチアや、ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ナポリといった人気都市の観光名所、アマルフィ海岸に青の洞窟、アルベロベッロなど、イタリアで一度は行きたい、おす...

【イタリア・ローマ】市内のおすすめ観光名所&日帰り観光スポット28選!

見どころ豊富なイタリアの首都・ローマ。コロッセオやスペイン広場、バチカンなど絶対に外せないおすすめの観光スポットと、ローマから日帰りで行ける人気観光スポットを厳...

この記事を書いたトラベルライター

毎日が旅の続き
人生は旅の連続。時には行ったことのないところに行ってみたり、食べたことのないものにチャレンジしてみたり、知らなかったことを吸収しながら旅を楽しんでいます。意外と身近なところに隠れていた新しい発見をするのが楽しいです。緑や海など自然豊かなところが好きですが、美術館や歴史ある建造物を見るのも好きです。今はイタリアに住んでいるので、ヨーロッパの観光スポットやお土産などの紹介をしていきたいと思っています。

『ローマの休日』ロケ地を巡って街歩き

映画『ローマの休日』は、オードリー・ヘプバーンが主演で1953年に制作された映画ですが、今でも世界中の人々を魅了し続けている有名な映画です。この映画によってとて...


【イタリア】高級スーパー、EATALYで買えるお土産10選「第1弾」

高級スーパーマーケットEATALYはイタリア中に多く展開し、イタリア国外にも進出しています。レストランやカフェが併設されている店舗も多いので、カフェをしながらお...


喜ばれるイタリア土産店10選~ローマで買える名品

イタリア中の名品を、ローマで買うことができます。上質で、個性の光るお店を10店舗紹介します。お土産にするともちろん喜ばれますが、見るだけでも楽しめるお店ばかりで...

ローマの中心テルミニ駅構内にあるお土産店6選

イタリアのお土産は色々と魅力的ですよね。イタリア旅行の拠点地として、列車旅の乗り継ぎとして利用することが多いローマの「テルミニ駅」にあるお土産店を6つ紹介します...

1人でも行けるパリの気楽なレストラン&カフェ5選

敷居が高そうに感じるパリにも、1人でも気楽に入れるカフェやレストランが数多くあります。フランスの家庭料理やベルギー料理が食べられるお店、美術館内に併設されている...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります