シンガポール
シンガポール
いまアジアで最も勢いのある多国籍な近未来都市

旅行先でも外せない!シンガポールのスターバックスの魅力に迫る!

2017年11月23日更新

3,759view

お気に入り

日本で大人気のスターバックスコーヒーは、シンガポールでも老若男女問わず愛される存在です。そして実はシンガポールのスタバには、日本のスタバとは一味違う魅力があることをご存知でしょうか?今回は、シンガポール旅行の際に思わず足を運びたくなるような魅力をご紹介します。

シンガポールでもスターバックスは大人気!

世界中にたくさんのファンを持つスターバックスは、シンガポールに1996年12月に上陸して以来、シンガポールでも絶大な人気を誇っています。

シンガポールの小さな国土に、2016年時点で120を超える店舗を構え、なんと一人当たりの店舗数はカナダ、アメリカに次ぐ世界第3位。街を歩けば、ありとあらゆる場所でおなじみの緑色のロゴが目に入ります。

基本の注文方法

日本ではレジにメニューの冊子が置かれていることが多いですが、シンガポールのスタバでは、壁面のメニューのみとしている店舗が多くなっています。

ですので指差しでの注文が難しく、また、フラペチーノやTeavanaメニューには似たような名前のものも多いですので、注文ははっきりと伝えてくださいね。ホームページの画面を見せて注文するのも便利です。

なお、ドリップコーヒーは、ホットが「Brewed Coffee」、アイスが「Cold Brew」となっており、金額がホットとアイスで異なりますのでご注意ください。

メニューを確認して注文したら、店内の利用「Having Here」か、持ち帰り「Take away(もしくはTo Go)」かを必ず聞かれます。また、「Brewed Coffee」以外の注文の場合には名前も聞かれることが多いです。

シンガポールのスタバならではの魅力って?

(1) モーニングメニューがある!

  • モーニングメニューが展開されているお店ではこのような看板が出ていることが多いので、確認してくださいね。こちらはマーライオンそばのOne Fullerton店です。

シンガポールのスタバでは、店舗によってモーニングメニューが提供されているんです!サンドイッチなどの一部フードメニューとトールサイズのホットコーヒーのセットが、朝限定のお得な値段で提供されています。

モーニングセットの値段は店舗によって7.5ドル〜7.8ドル(約620円〜650円)など若干異なります。

店舗数も多いので、滞在先のすぐ近くにスタバがある場合は一度試してみる価値ありですよ!ただし、店舗によって実施状況や営業時間が異なりますので、必ず確認してから訪れてくださいね。

スターバックス One Fullerton店
マリーナ / カフェ・喫茶店
住所:1 Fullerton Road #01-04 One Fullerton Singapore 049213

(2) グッズ展開が豊富!

  • シンガポール限定のアイテムも種類豊富に揃っています。

日本でもスタバのタンブラーやマグカップを愛用している方は多いと思いますが、シンガポールのスタバにももちろん可愛いグッズがたくさんあります。

さらに、日本ではあまり見かけない、バッグポーチモレスキンとコラボした手帳なども展開されているんです!

  • 大人気の「ベアリスタ」も割引になることがあります!

前のシーズンのアイテムが割引されて販売されることも。タンブラーやベアリスタなど、人気のグッズをとてもお得に手に入れることができます。

日本のスタバでは手に入らないデザインのグッズがたくさん並びますので、お土産にもぴったり。訪れた際には、グッズコーナーも忘れずにチェックしてくださいね。

なお、グッズによっては期間限定数量限定のものも多く、人気の商品は早々に売り切れてしまうことも。また、店舗によって在庫の状況も大きく異なりますので、気になった商品が見つかった場合は、見つけた店舗で購入してしまうことがオススメです。

(3) 24時間営業の店舗がある!

  • Novena駅から程近いUnited Square店はStarbucks Reserveの店舗となっており、こだわりのコーヒーが24時間楽しめます。スタイリッシュな店内も魅力の一つです。

日本でも、深夜遅くまで営業している店舗はいくつかありますが、実はシンガポールのスタバは、店舗によって24時間営業を行っています。

観光の拠点にも便利なオーチャードロード沿いをはじめ、ラッフルズホテルそばのRaffles City店、Novena駅そばのStarbucks Reserveユナイテッド・スクエア店、チャンギ国際空港内の店舗など、国内にいくつか24時間営業の店舗がありますので、早朝便や深夜便を利用しての旅行の際にも便利に活用することができますよ。

スターバックス・ラッフルズシティ店
シティ / カフェ・喫茶店
住所:#01-46/47/48 Raffles City Shopping Centre, 252 North Bridge Road, Singapore 179103
Web:http://www.starbucks.com.sg/
スターバックス・リザーブ ユナイテッド・スクエア店
ノヴェナ / カフェ・喫茶店
住所:Starbucks 101 Thomson Road #01-01 United Square Singapore 307591

おわりに

店内にWi-Fiが完備されているスターバックスは、旅行中の休憩にも持ってこい。店員さんも明るくフレンドリーな方が多く、旅行者でも安心して利用することができます。シンガポールを訪れる際は、ぜひスタバも覗いてみてくださいね!

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年11月15日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

在住者が教える!シンガポールの気温と気候、旅行の服装やベストシーズン

シンガポールへ旅行する前に知っておきたい気温と気候、そしてシンガポールを訪れる時の服装やベストシーズンについて、シンガポール在住歴8年の筆者が解説します!

シンガポールの電圧とコンセント事情〜おすすめの電源グッズもご紹介!

シンガポール旅行の前に、必ず確認しておきたいのがコンセント事情。シンガポールのホテルのコンセントはほぼ日本とは異なる形状で、さらに電圧も異なるため、あらかじめ持...

カフェで朝ごはんがしたい!シンガポール旅行で朝カフェするならココ8選

ホテルの朝食ではなくて、かといってローカルな朝ごはんでもなくて。お洒落なカフェでゆっくりのんびり、コーヒーとともに朝ごはんをしたい!そんなときにオススメしたいカ...

シンガポールのガイドブック買うならコレ!用途別おすすめのガイドブック

旅行のお供に欠かせないガイドブック。一言でガイドブックといっても最近は種類も多く、どれを選んでいいかわからないこともありますよね。ここでは、数あるシンガポールの...

シンガポールってどんな国?シンガポールの基礎知識まとめ

シンガポールの国名の由来や国歌、使われている言語、人口や面積など、せっかくシンガポールに旅行するからには知っておきたい基礎知識をまとめてみました。

この記事を書いたトラベルライター

フットワークの軽さが自慢の元バリキャリ女子
大学時代にスウェーデンに留学しヨーロッパ各地をめぐったことで旅に魅せられ、社会人になってからは週末を使った国内旅行にどハマり。気づいたらたくさんの土地を訪れていました。バリキャリを卒業した今こそ、この経験を生かしてトラベルライターに挑戦!ということで、ガイドブックには決して載らないリアルでコアな情報を、たくさんお届けしたいと思います。

話題沸騰中!仙台の新銘菓、「ankoya」のどら焼きって?

「牛タン」や「萩の月」が有名な仙台ですが、最近じわじわと人気が広がっているお菓子があります。それは、「ankoya」(あんこや)のどら焼き!小ぶりで四角く、ぷっ...

シンガポールをもっと楽しもう!観光に便利なアプリ5選

所要時間は直行便で約7時間、時差は1時間と、日本から気軽に訪れることができ、老若男女を問わず人気の観光地、シンガポール。人気の観光地だけあって、ガイドブックも様...

【シンガポール】旅行中も安心!オーチャード通りのヘルシーなレストラン3選

「旅行中、朝から晩まで美味しいご飯を食べ歩いて、胃が疲れてしまった」「ダイエット中なのに、旅行先で食べすぎてリバウンドしてしまった」という経験、ありませんか?中...

ビール好き必見!シンガポールでタイガービール工場見学に行こう!

日本から約7時間で訪れることができるシンガポール。シンガポールと言えば、マーライオンやマリーナベイサンズなどが有名ですが、中心地から少し離れた場所に、ビール好き...

まるで森の中の隠れ家!愛媛で一度は泊まるべき「森の国ホテル」の魅力

愛媛県の宇和島市から北宇和郡松野町にわたり、美しく広がる滑床渓谷(なめとこけいこく)。ここに一軒のホテルがあるのをご存知でしょうか?緑あふれる森の中にたたずみ、...

トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?