ソロモン諸島

【ソロモン諸島】固有種も生息する秘境を探検しよう!サンゴ礁でできた世界遺産・東レンネル

取材・写真・文:

京都在住
訪問エリア:20ヶ国

2019年3月7日更新

486view

お気に入り

写真:safarina

ソロモン諸島は聞きなれない国かもしれませんが、日本と同じ島国です。小さな国ではありますが、手つかずの自然が多く残り、美しい海が広がっています。今回は、秘境ともいえるソロモン諸島唯一の世界遺産・東レンネルをご紹介します。

この記事の目次表示

ソロモン諸島ってどんな国?

  • 写真:safarinaソロモン諸島

ソロモン諸島は南太平洋に浮かぶ大小1,000近くの島々からなる島国で、地図上で見るとオーストラリアの右上に位置します。首都はホニアラ。日本からの直行便はなく、ソウル(韓国)やブリスベン(オーストラリア)経由が一般的です。オーストラリア経由の場合、所要時間は約12~14時間。

面積は28,900㎢で四国の約1.6倍の大きさ、人口は約61万人で鳥取県の人口より少し多いくらいです。赤道に近く熱帯気候のため、国土の大部分がジャングルに覆われています。四季はなく、年中暑い、常夏の国です。公用語は英語ですが、各民族によってそれぞれの言語を持つため、一般的にソロモン人は共通語のピジン語を使用しています。島国ということもあってか、みんな陽気でのんびりしています。

世界遺産・東レンネルとは?

  • 写真:safarina東レンネル

東レンネルはソロモン諸島の最南端に位置する、レンネル・ベローナ州で最大の島・レンネル島にあります。レンネル島はサンゴ礁が隆起してできた世界最大のサンゴ島です。島の東部には、環礁の内側の海が湖となり、湖底のどこかで海と繋がっている汽水湖・テガノ湖があります。このエリアでは固有種が生息する独特の生態系が育まれており、1998年に「東レンネル」として世界遺産に登録されました。

どうやっていくの?

  • 写真:safarina上空から見たレンネル島

首都ホニアラから飛行機の直行便が出ており、所要時間は約1~1時間半。ただし、運航数は少ないので事前チェックは必須です。搭乗する航空機は一般的な飛行機であるジェット機ではなく、プロペラ機。座席数も25名程度と少なく、小型のため機体が揺れやすい!

まあなかなか出来ない体験だと思うので、これも楽しみのひとつと捉えてぜひ挑戦してみてください!船で行く方法もあるそうですが、かなりの長旅になる上、スケジュールも定まっていないので、やはり飛行機をおすすめします。

  • 写真:safarinaこれが空港!?と驚いてしまう、ただの原っぱなレンネル・ティンゴア空港。
  • 写真:safarina滑走路に入り離陸しようとするプロペラ機。やはりただの原っぱにしか見えない…。
  • 写真:safarinaレンネル・ティンゴア空港のチケットオフィス。こ、小屋!?
  • 写真:safarina緩すぎるチケットカウンター。でも陽気♪

レンネル島の空港から東レンネルまでは車で約2、3時間。島内に1本あるメインロードをひたすら進みます。

宿泊施設はあるの?

  • 写真:safarinaTEGANO LODGE

秘境といっても、世界遺産があるためやはり観光客はちらほらやってくるもの。そのため、島内には小規模ながらも宿泊施設が点在しています。東レンネルを観光するなら、やはりテガノ湖周辺に宿泊するのがベストでしょう。英語になりますが、こちらのサイトにレンネル島内の宿泊施設の情報が掲載されています。

ただ、観光業に注力しているわけではないため、島内のネット環境が不安定だったり、施設のオーナーがメールをチェックしていなかったりなど、そのあたりも南国スタイル?でゆったりしています。メールをして返事がなかなか無くても気長に待つか、他の施設を検討するなど、根気強くチャレンジしてみましょう。

筆者が利用したTEGANO LODGEは、オーナーのおじさんがとても気さくで優しく、最初から最後まで本当によくしていただきました。とてもおすすめできる宿泊施設です!

  • 写真:safarinaTEGANO LODGEのキッチン。お願いすれば使用可能。
  • 写真:safarinaTEGANO LODGEのお部屋。部屋はいくつかあり、利用人数や部屋数で料金は変わる。交渉も可能。
TEGANO LODGE
ソロモン諸島
住所:TEGANO LODGE,Rennell地図で見る
Web:https://east-rennell.com/accommodation/

食事はどうするの?

  • 写真:safarinaごはんと芋と魚のミルキム料理。ミルキム料理とは、ココナッツの果肉を削って絞り出したオイルで魚や肉、イモなどを煮込んだソロモンの代表的な地元料理。

島の住民は魚を取ったり、芋などを育てたり、基本的に自給自足です。一応売店のような小さな店もあるようですが、首都から遠く離れたこの島になかなか商品が補充されることもなく、売り切れや品薄状態が多いです。観光で訪れる場合は、宿泊施設に予約をする際に食事の有無を確認しましょう。食事なしの場合はもちろんのこと、ありと言われた場合でも、首都で何かしらの食料を購入していくことをおすすめします。

筆者も航空会社側の問題で、しっかり事前準備した食料がレンネル島で受け取れず、慌てふためきましたが、ロッジのオーナーが親切にも最後まで食事の面倒をみてくれました。現地の方の優しさも、世界遺産レベルです。

  • 写真:safarina現地の方が罠を仕掛けて捕まえてくれたヤシガニ。蒸し焼きにしていただく。
  • 写真:safarina出かける際にロッジのオーナーが持たせてくれたランチ。その辺の葉っぱをお皿代わりにするのがソロモンスタイル。

次のページを読む

ソロモン諸島の旅行予約はこちら

ソロモン諸島のパッケージツアーを探す

ソロモン諸島のホテルを探す

ソロモン諸島の航空券を探す

ソロモン諸島のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年3月7日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

アフリカ大好き字幕翻訳家
鳥取生まれの自然と動物をこよなく愛するsafarinaです。
旅に行くからには、したいことは全部したい!
限られた時間でどれだけその旅先を楽しめるかを考え、旅の計画を立てるのが好きです。
充実旅のお役に立てるような情報を発信していけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

♡好みの旅先♡秘境・ジャングル・自然・動物がいる所・世界遺産・田舎・カラフルな所

【中国】癒されること必至!パンダ天国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

上野動物園のシャンシャン公開により再びパンダが人気を呼んでいますが、中国には、パンダ・パンダ・パンダ!パンダづくしのパンダ天国な施設があります。パンダ好きの人も...


【フィジー】透明度抜群の海の上で至福のひと時を!南国の海に浮かぶ水上バー・Cloud9

抜けるような青空と、どこまでも青く透き通る海に、白い砂浜。フィジーといえばそんなイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんなイメージ通りのリゾート...

【岐阜】下呂温泉観光に最適!展望露天風呂も楽しめる宿・下呂ロイヤルホテル雅亭

日本三名泉のひとつに数えられる下呂温泉。飛騨川が流れ、山々に囲まれた大自然の中で、のんびりゆっくり温泉や観光が楽しめます。今回はそんな下呂温泉を満喫するのにおす...

【チュニジア】ローマ時代の雰囲気が漂う世界遺産4選

国の一部が地中海を臨むチュニジアは、アフリカ大陸にありながらもヨーロッパの雰囲気を強く持っています。その理由にはフランスの支配下にあったことと、遥か昔にローマ帝...

【中国】コスパ抜群!ツアーで巡る世界遺産・万里の長城

中国の世界遺産として有名な万里の長城。北京観光では外せないスポットの一つです。しかし北京には他にも魅力的な観光スポットが多く、効率よく観光したいと思う方もいらっ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?