韓国
韓国観光
日本から3時間足らず!激辛グルメや韓国コスメに大満足

【韓国】まるで白川郷の韓国版?安東の伝統がそのまま残る世界遺産・安東河回村

取材・写真・文:

京都在住
訪問エリア:20ヶ国

2019年6月5日更新

1,510view

お気に入り

写真:safarina

韓国には全部で13の世界遺産があります(2019年5月現在)。今回はその中でも2010年に「韓国の歴史的集落群:河回と良洞」の名称で世界遺産に登録された村のひとつであり、韓国の伝統文化に触れることのできる安東河回村をご紹介します。

この記事の目次表示

安東河回村って?

  • 写真:safarina

安東河回村(アンドンハフェマウル)は、昔の貴族階級をさす両班(ヤンバン)の名家である豊山柳氏(プンサンリュシ)の一族が600年間代々暮らしてきた民俗村です。現在も子孫の方々が生活されており、伝統的な生活様式や家屋がとても良い状態で保存されています。家屋の他に、庶民の娯楽も現在まで伝承されており、韓国の文化財が多く残る重要な観光地となっています。

  • 写真:safarina

河回(ハフェ)という名は、洛東江(ナットンガン)という川が村を回り込むように囲んで流れていることに由来しています。

河回村の見どころ

  • 写真:safarina

村の中は安東の伝統的な瓦葺きや藁葺きの家屋が並び、歩くだけでその風景と雰囲気を楽しむことができ、まるで過去へタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。主な建築物の前には日本語で表示された説明もあるので、それぞれの家屋の歴史や様式を知ることができます。村の規模はそこまで大きくないので、2時間もあれば村全体を見て回ることができます。

  • 写真:safarina瓦葺きの家屋
  • 写真:safarina藁葺きの家屋

忠孝堂(チュンヒョダン)

  • 写真:safarina

河回村の名士・柳成龍(リュウソンリョン)の邸宅。保存状態がとても良く、家の中の様子を見ることができます。

永慕閣(ヨンモガッ)

  • 写真:safarina

忠孝堂の隣にあり、柳成龍の文献や遺品が保管されている展示館。

澹然齊(タミョンジェ)

  • 写真:safarina

韓流スター・リュ・シウォン氏の宗家。

  • 写真:safarina

澹然齊の門すぐ横の土塀に設えてあるこの穴は、貧しい人たちへの施しのお金を入れておくために使われていたそうです。手を入れる穴は、中のお金を一度にたくさん持っていけない大きさに造ってあるというのが興味深いです。

参神堂(サムシンダン)

  • 写真:safarina

村の中心に位置し、樹齢600年を越えるケヤキの御神木があり、子を授け出産と成長を助けると伝えられています。その場で短冊に願い事を書き、しめ縄に結び、お祈りをすることができます。

芙蓉台(プヨンデ)

  • 写真:safarina

河回村の北側に位置し、川の対岸にある高台。川岸を往復している渡し舟(有料)を利用して行くことができます。芙蓉台からは村全体を見下ろすことができ、その景色は神秘的です。

巨大ブランコ

  • 写真:safarina

村の川の近くには見上げるほどの高さのブランコがあります。伝統的な民俗遊戯であり、自由に乗ることができます。眺めはいいかもしれませんが、ちょっとこのブランコで本気を出すのは怖いですね…。

河回別神グッ仮面劇(ハフェビョルシングッタルノリ)

  • 写真:safarina村のところどころで出会う仮面を思わせる彫刻物

河回村では庶民の娯楽であった「河回別神グッ仮面舞」は今でも受け継がれており、村の入り口付近にある河回村公演場では、「河回別神グッ仮面劇」の公演が週末などに開催され、無料で見学することができます。

劇中では色々な仮面が登場し、ユーモアを交えた社会風刺などの内容で楽しませてくれます。公演日は時期によって異なる場合もあるので、事前にホームページなどでチェックして行かれることをおすすめします。

その他の施設

  • 写真:safarina

村の中にはお土産屋さんもあり、仮面やストラップなど、河回村ならではのグッズが購入できます。家屋の中には宿泊ができる施設もあり、伝統文化に直接触れる経験もできます。その他、韓国の伝統料理や安東名物である塩サバをいただける施設もあります。

施設情報

  • 写真:safarina
  • 【営業時間】夏季:09:00~18:00、冬季:09:00~17:00
  • 【定休日】年中無休
  • 【料金】大人:5,000ウォン(約460円)、中高生:2,500ウォン(約230円)、子供:1,500ウォン(約140円)
  • 【アクセス】安東市から市内バス(約40分)または観光タクシー(約25分)

安東河回村は、ソウルから約3時間、プサンから約2時間半の場所にあります。市内バスで向かう場合には、安東市外バスターミナル向かい側で「河回村行き」の46番バスに乗り、「河回村駐車場」にて「河回村入り口行きシャトルバス」に乗り換えて向かうことができます。バスの料金は1,300ウォン(約120円)です。

おわりに

  • 写真:safarina

日本人にとってどこか懐かしさを感じさせる安東河回村は、韓国の伝統文化を知りたい人にも、そうでない人にとっても、一見の価値がある村だと思います。ソウルやプサンからは少し離れていますが、河回村を訪れるツアーもたくさんあるので、自然の中でのんびり韓国文化に触れたい日には、ぜひ足を運んでみてください。

安東河回村
韓国 / 観光名所
住所:大韓民国 Gyeongsangbuk-do, Andong, Pungcheon-myeon, 하회종가길 40地図で見る
Web:http://www.hahoe.or.kr/

韓国の旅行予約はこちら

韓国のパッケージツアーを探す

韓国のホテルを探す

韓国の航空券を探す

(プサン(釜山))

(ソウル)

韓国の現地アクティビティを探す

韓国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年5月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【ソウル】朝鮮王朝へタイムスリップ!宮廷ドラマの舞台「昌慶宮」の歴史&見どころ11選

韓国・ソウルにある五大古宮の一つ「昌慶宮」。朝鮮王朝500年の歴史の中で、政権を揺るがした様々な事件が起きた場所として知られています。今回、この記事では、世界遺...


【釜山】甘川文化村は韓国のマチュピチュ!カラフルな街並みを探検しよう!

「韓国のマチュピチュ」と称される甘川文化村(カムチョンマウル)は、カラフルな住宅が山肌に綺麗に並ぶ、釜山の新しい観光スポットです。この記事では、甘川文化村の歴史...

【韓国・釜山】立ち寄る価値あり!!海沿いの観光スポット6選

海に面した都市「釜山(プサン)」!!代表的な観光スポットの多くは海沿いにあり、雰囲気がいい場所ばかり!!今回は、海辺のパワースポット「海東竜宮寺」から、空中散歩...

【ソウル】五大古宮で唯一の世界遺産!最も美しいと称される「昌徳宮」徹底ガイド

韓国・ソウルにある五大古宮をご存知ですか?古宮は、約500年続いた朝鮮王朝時代の生活を見ることができる歴史的な建物です。今回は、そんな五大古宮で唯一の世界遺産に...

【釜山】甘川文化村で撮りたい!絶景&インスタ映え必至の写真スポット9選!

韓国の釜山にある甘川文化村(カムチョンマウル)は、韓国のマチュピチュとも言われ、カラフルな家が集まり素敵な集落をなしています。インスタ映えスポットや、アート作品...

この記事を書いたトラベルライター

アフリカ大好き字幕翻訳家
鳥取生まれの自然と動物をこよなく愛するsafarinaです。
旅に行くからには、したいことは全部したい!
限られた時間でどれだけその旅先を楽しめるかを考え、旅の計画を立てるのが好きです。
充実旅のお役に立てるような情報を発信していけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

♡好みの旅先♡秘境・ジャングル・自然・動物がいる所・世界遺産・田舎・カラフルな所

【島根】隠岐の島観光モデルコース!隠岐の島町と西ノ島町を上手に巡る!よくばり1泊2日プラン

島根県の日本海沖にある隠岐の島(隠岐諸島)は、4つの有人島を2つのエリアに分け、西ノ島(にしのしま)、中ノ島(なかのしま)、知夫里島(ちぶりじま)の3島を島前(...


【中国】癒されること必至!パンダ天国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

上野動物園のシャンシャン公開により再びパンダが人気を呼んでいますが、中国には、パンダ・パンダ・パンダ!パンダづくしのパンダ天国な施設があります。パンダ好きの人も...


【フィジー】透明度抜群の海の上で至福のひと時を!南国の海に浮かぶ水上バー・Cloud9

抜けるような青空と、どこまでも青く透き通る海に、白い砂浜。フィジーといえばそんなイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんなイメージ通りのリゾート...

【ソロモン諸島】固有種も生息する秘境を探検しよう!サンゴ礁でできた世界遺産・東レンネル

ソロモン諸島は聞きなれない国かもしれませんが、日本と同じ島国です。小さな国ではありますが、手つかずの自然が多く残り、美しい海が広がっています。今回は、秘境ともい...

【チュニジア】ローマ時代の雰囲気が漂う世界遺産4選

国の一部が地中海を臨むチュニジアは、アフリカ大陸にありながらもヨーロッパの雰囲気を強く持っています。その理由にはフランスの支配下にあったことと、遥か昔にローマ帝...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります