中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

【中国】癒されること必至!パンダ天国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

取材・写真・文:

京都在住
訪問エリア:20ヶ国

2018年12月6日更新

4,905view

お気に入り

写真:safarina

上野動物園のシャンシャン公開により再びパンダが人気を呼んでいますが、中国には、パンダ・パンダ・パンダ!パンダづくしのパンダ天国な施設があります。パンダ好きの人も、そうでない人も、訪れたら癒されること間違いなしの成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地をご紹介します。

この記事の目次表示

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地って?

  • 写真:safarina

成都(せいと)ジャイアントパンダ繁殖研究基地(中国語では成都大熊猫繁育研究基地)は、中国四川省の成都市にある、絶滅危惧種のジャイアントパンダの保護を目的に立てられたパンダの繁殖や研究を行っている施設です。研究施設とはいえ、一般公開されており、施設内のパンダを見ることができます。

どうやって行くの?

成都市内からだと地下鉄が便利です。地下鉄3号線に乗り、熊猫大道(Panda Avenue)で降り、そこから目的地へ直通バスで行くことができます。

また中国はタクシーが安いので、手っ取り早く行きたい方にはタクシーの利用もおすすめです。乗車の際には、英語が話せないドライバーがほとんどなので「成都大熊猫繁育研究基地」と目的地を中国語で書いたメモなどを見せるといいです。所要時間は30分程度、料金の目安は50元(約800円)です。

営業時間

営業時間は毎日朝8時から夕方5時半まで。ただし、パンダが活発に動き回るのは午前中なので、動き回るわんぱくなパンダが見たい方は、朝一番に来られることをおすすめします。入場料は大人58元(約930円)です。

  • 写真:safarina

お昼になると、パンダ達は大抵こんな状態です。これでも十分可愛いですが!

施設内の回り方

  • 写真:safarina

施設の敷地は約130haもあり、かなり広いです。歩道はきれいに舗装され、周りは竹林となっており、雰囲気を味わいながら歩いて回ることができます。

ただ、広い上に坂も多く、くまなく歩くのはけっこう大変です。そんな時にはパンダカーと呼ばれるカート(10元・約160円)を利用できます。子ども連れの家族やお年寄りも、これを利用することで安心して楽しめます。

施設内のパンダたち

  • 写真:safarina

パンダたちがいる建物は「幼年パンダ館」や「成年パンダ館」などの年齢で分けられています。また、成年パンダを例にあげると「パンダ1号館」、「パンダ2号館」とさらに数カ所の建物に分けられており、パンダを見られる場所はたくさんあります。

最初に行った場所が混んでいても、空いている場所に行けば、パンダたちをよりじっくりゆっくり見ることができます。

成年パンダ

  • 写真:safarina

成年パンダは、とにかくじゃれるじゃれる!筆者が施設を訪れたのが午前中だったこともあってか、成年パンダの半分くらいがパンダ同士でじゃれ合っていました。

それ以外は基本的に、食べるかだれるか寝るかです。日本の動物園では、いま挙げた3つの行動のどれかしか見たことがなかったので、こんなに動き回るパンダが見られるのは貴重な体験です!

  • 写真:safarina

つ〜かまえた!うぎゃ〜!やめて〜!

  • 写真:safarina

丸め込み〜!!などの声が聞こえてきそうです。

幼年パンダ

  • 写真:safarina

幼年パンダエリアでは、癒しの子パンダが木の上でお昼寝中でした。その愛くるしい姿を一目見ようと、集まった人たちでこのエリアはごった返しになっていました。それでも、絶対見ておきたい可愛いさです!

  • 写真:safarina

こちらは室内の別の幼年パンダの様子。笹の葉でごはんタイムです。

赤ちゃんパンダ

施設内には2つの産室(さんしつ)「太陽産室」と「月産室」があり、生後間もない赤ちゃんパンダを見ることができます。恐らくここが最も人気のあるエリアではないでしょうか。

「太陽産室」はあまりの人気で、入り口前は長蛇の列。建物に入るとすぐさまスタッフの方に列になって進むよう促されます。そのため赤ちゃんパンダを見られるのは一瞬なので、気合い?を持って挑みましょう!

  • 写真:safarina

上の写真は、生後約1週間の赤ちゃんパンダです。まだ体の色がはっきりしていません。

  • 写真:safarina

こちらは生後約2カ月の赤ちゃんパンダ。くぅ〜。たまらなく可愛いです。

  • 写真:safarina

くぅ〜〜〜。集まるともっとたまらなくなります。

レッサーパンダ

  • 写真:safarina

パンダはパンダでもこちらはレッサーパンダ。日本の動物園の人気者ですが、実はレッサーパンダも絶滅危惧種の一種です。この子たちはパンダが大人しくなる昼間でも活発に動いていました。

その他の施設

  • 写真:safarina

パンダ館の他には、レストランやお土産ショップもあり、ぬいぐるみなどのパンダグッズが購入できます。パンダについて学べる建物もあり、この機会にパンダについての知識を深めるのもいいですね。

おわりに

こんなにたくさんのパンダを見られる所は、日本でも世界でもなかなか無いと思います。パンダ好きの方はもちろんのこと、パンダにあまり興味のない方でも、一見の価値はあります。癒しが欲しくなったら、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地に行ってみてはいかがでしょうか。可愛いパンダたちに癒されること間違いなしです!

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地
中国 / 公園・動植物園
住所:1375 Xiongmao Ave, Chenghua Qu, Chengdu Shi, Sichuan Sheng, 中華人民共和国 610016地図で見る
Web:http://www.panda.org.cn/

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


【中国】世界遺産の少林寺風景区!深山幽谷にたたずむ少林寺を訪ねよう

少林拳でも有名な中国・少林寺。「興味はあるけれど、なかなか行けない」という方も多いのではないでしょうか。しかし思い切って行ってみると、深山幽谷の中に点々と寺院や...

一度は行きたい!世界の秘境・絶景スポット30選!

旅先にもおすすめ!美しい大自然から可愛い街並みまで、一度は訪れてみたい秘境・絶景スポットをご紹介。アジアからヨーロッパまで幅広くご紹介していますので、ぜひ旅の参...

【中国・蓬莱】不老不死の仙人が住む?五神山の一つを半日観光

中国の山東省に蓬莱(ほうらい)という場所があります。蓬莱は古代中国で東の海上(海中)にある、仙人が住むと言われていた仙境の1つで、五神山の一つに数えられています...

【中国新疆】異国文化漂うウルムチとトルファンのお勧め観光スポット

新疆(しんきょう)ウイグル自治区の首府「ウルムチ」と、映画『西遊記』のロケ地として有名な「トルファン」は、割と近い距離に位置しています。今回は、異国文化漂うウル...

この記事を書いたトラベルライター

アフリカ大好き字幕翻訳家
鳥取生まれの自然と動物をこよなく愛するsafarinaです。
旅に行くからには、したいことは全部したい!
限られた時間でどれだけその旅先を楽しめるかを考え、旅の計画を立てるのが好きです。
充実旅のお役に立てるような情報を発信していけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

♡好みの旅先♡秘境・ジャングル・自然・動物がいる所・世界遺産・田舎・カラフルな所

【島根】隠岐の島観光モデルコース!隠岐の島町と西ノ島町を上手に巡る!よくばり1泊2日プラン

島根県の日本海沖にある隠岐の島(隠岐諸島)は、4つの有人島を2つのエリアに分け、西ノ島(にしのしま)、中ノ島(なかのしま)、知夫里島(ちぶりじま)の3島を島前(...


【フィジー】透明度抜群の海の上で至福のひと時を!南国の海に浮かぶ水上バー・Cloud9

抜けるような青空と、どこまでも青く透き通る海に、白い砂浜。フィジーといえばそんなイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そんなイメージ通りのリゾート...


【チュニジア】ローマ時代の雰囲気が漂う世界遺産4選

国の一部が地中海を臨むチュニジアは、アフリカ大陸にありながらもヨーロッパの雰囲気を強く持っています。その理由にはフランスの支配下にあったことと、遥か昔にローマ帝...

【ソロモン諸島】固有種も生息する秘境を探検しよう!サンゴ礁でできた世界遺産・東レンネル

ソロモン諸島は聞きなれない国かもしれませんが、日本と同じ島国です。小さな国ではありますが、手つかずの自然が多く残り、美しい海が広がっています。今回は、秘境ともい...

【韓国】まるで白川郷の韓国版?安東の伝統がそのまま残る世界遺産・安東河回村

韓国には全部で13の世界遺産があります(2019年5月現在)。今回はその中でも2010年に「韓国の歴史的集落群:河回と良洞」の名称で世界遺産に登録された村のひと...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります