エスワティニ
エスワティニ観光
”アフリカ最後の古王国”と言われるアフリカ南部の小国

自分で運転するサファリ!スワジランド王国のHlane国定公園で野生動物を探そう!

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:169ヶ国

2017年10月12日更新

627view

お気に入り

写真:toshel

自然大国であるアフリカ大陸には、国定公園が多く存在します。そこでは、日本の動物園で見られるゾウやキリン、サイなどが自然に棲息しており、人間はその生活を垣間見ることができます。大きくて有名な公園の場合、サファリ用の大きな車に乗って運転手が案内してくれるツアーが主です。でも、連れていかれるばかりじゃつまらない!アフリカのサファリには、自分で車を運転して自然動物を探しに行くことのできるドキドキのサファリもあります。今回は、スワジランド王国にある、Hlane国定公園サファリをご紹介します。

この記事の目次表示

スワジランド王国のサファリは安い

スワジランド王国は、アフリカ大陸の南端、南アフリカ共和国の東側に位置する小国です。南アフリカ共和国には、クルーガー国立公園を始めとし、広大な敷地を有するサファリがあるため、一大観光地と化していて世界中から人が集まります。

一方、スワジランド王国のサファリは、南アフリカ共和国と陸続きで同じような動物が棲息しているにもかかわらず、無名で観光客も少ないです。

  • 写真:toshel

そして、スワジランド王国サファリの特徴的なところは、自分で運転して動物を探しに行くタイプが多いことです!

サファリパークというと、大きいジープに乗って少人数(4~12人)のグループで行くものがほとんどで、時間も決められているうえ、動物を見つけてずっと眺めていたくても、他に乗客がいるとそうもいきません。また乗客が動物らしいものを見つけても、運転士が気付かずに素通りしてしまうなんてこともあります。

スワジランド王国のサファリは個人で行けるため、時間を気にせず一日中、自分のペースで楽しむことができます。サイが昼寝するのを観察するもよし、シマウマが草を蝕むのを眺めるもよし。

入場料もとても安く、50リランゲニ≒450円くらい。これだけ安ければ数日にわたって滞在してもよいですね!

それでは、スワジランド王国のHlane国定公園をレンタカーで探索しましょう。

サファリパークでセルフドライブ!どんな動物を見つけられるかな?

レンタカーを借りてHlane国定公園へ向かおう

2017年9月現在、スワジランド王国への空路は南アフリカ共和国のヨハネスブルグからのみになっています。陸路は隣国の南アフリカ共和国、モザンビークから数か所、イミグレーションがあります。今回は空路のルートをご紹介します。

キング・ムスワティ3世国際空港に到着したら、車を借ります。空港には3社の欧米系レンタカー会社が入ってますので、事前に予約をして行かれることをお勧めします。幹線道路のコンディションは良く、単純なので分かりやすいです。

ところどころにこの写真の看板が出て来ます。

  • 写真:toshel

料金を払ってHlane国定公園へ入場!

Hlane国定公園に到着したら、入園時に現地通貨50リランゲニを支払い、名前と出身国を台帳に記入します。公園の大まかな地図と注意事項の書かれたA4の紙をもらえます。

地図は、道路で大まかに区画され、大体この辺りに象がいる、キリンが居るなどが示されています。(注*必ずそこにいるとは限りません!)

注意事項には、「絶対に車外へ出ないこと」、「走行は20Km/h以下」、「動物を見つけても60m以内に近づかないこと」「特に象はナイーブでとても危険」なので、「近くに車を停めず、ゆっくり走り過ぎること」などが記載されています。(英語)

  • 写真:toshel

いざレンタカーでGO!

  • 写真:toshel

とにかく広いサファリですので、中へ入ってもそうそう動物は見つかりません。道路に近い草原などに草食動物がいても、車のエンジン音を警戒して、逃げるか屈んで身を潜めてしまうことも度々。

また、土の道でところどころぬかるんでいたり、アップダウンの激しい個所があるため、バンパーを擦らないよう気をつけてください。

"動物を見つけるのは意外と難しい!"

自然に生息していますので、すぐに見つかっては動物園と変わらなくなってしまいますよね。と、いっても本当になかなか見つかりません。

筆者がウロウロと運転を始め、1時間ほど経った頃、わりと広いサバンナに出ました。そこでようやく出会った動物がインパラ。

  • 写真:toshel

この後、度々お目見えするのですが、この公園で初めて見た動物ということもあり、とても感動しました!

  • 写真:toshel

光に当たって神々しくさえ感じました。

  • 写真:toshel

また、1時間ほど走った頃、道をふさいでいた動物。カバです。

  • 写真:toshel

こんなにも大きいとは!エンジンを切って、ひたすら道から去るのを待ちます。

  • 写真:toshel

水飲み場へ移動していきます。

  • 写真:toshel

すると何やらサイ同士が喧嘩を始め、一匹を追いかけて行きました。走る姿は大迫力!

  • 写真:toshel

車に突進されたら、ひとたまりもありませんね。

  • 写真:toshel

でも、水を飲む後ろ姿は可愛い。

  • 写真:toshel

その水飲み場に、カバがやってきました。

  • 写真:toshel

サイと違い、どことなく優しさが感じられます。

  • 写真:toshel

周りには鳥もいますね!

この区画を離れて別の区画へ行ってみます。しばらくすると、車道に何かが首を出しました。

  • 写真:toshel

親子のキリンです。

  • 写真:toshel

とても警戒しています。再びエンジンを切り、ジーーっと観察します。見てる見てる見てる。

  • 写真:toshel

筆者がしばらく動かないことに安心したのか、道を横切ってサバンナへ消えました。

  • 写真:toshel

その先に、シマウマを発見!

  • 写真:toshel

被写体が大きくて、近くに居るように感じられると思いますが、望遠レンズで写真を撮っているため、実際は30m~60mも離れているのですよ!

そして、大分経った頃、林をガサガサと歩く音がしました。

  • 写真:toshel

象です!!

  • 写真:toshel

なんと堂々とした風格なのでしょうか。そして大きい。ゆっくりとした動きで林へと消えていきました。

動物は早朝と夜に動くと云われていますが、私は午前より午後に多くの動物を見つけることができました。

Hlane国定公園に泊まってナイトサファリ!

Hlane国定公園の開門は6:00amから。そして6:00pmに閉門してしまうので、外部から入園した人は公園を出なくてはなりません。

ですが、公園内にはホテルやキャンプ場もあり、そこへ泊まれば夜でも公園内の移動は自由!(公園外へは出られませんのでご注意を!)ナイトサファリを楽しむこともできますよ!電灯などはありませんが、日中と同じようにツアーやセルフドライブもできます。

詳しくはこちら Hlane Royal National Park Game Parks in Swajilandをご覧ください。

  • 写真:toshel

おわりに

いかがでしたでしょうか。

筆者は残念ながらライオンは見つけることができませんでした。でも、ツアーなどで連れていかれるサファリと違って、自ら探しに行くサファリは格段に楽しい!動物を見つけた時の感動もひとしおです。

是非、様々な動物を探してみてくださいね!

Hlane国定公園
エスワティニ / 公園・動植物園
住所:Hlane National Park, スワジランド地図で見る
Web:http://biggameparks.org/properties/hlane-royal-nat...

エスワティニ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばエスワティニのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でエスワティニのすべてのツアーをみる>>

エスワティニの旅行予約はこちら

エスワティニのパッケージツアーを探す

エスワティニのホテルを探す

エスワティニの航空券を探す

エスワティニのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月11日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

Jetsetter
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた155ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


モンテネグロの世界遺産~小さな港町コトルの旧市街と裏山からの絶景~

イタリア半島とバルカン半島に挟まれたアドリア海は、非常に美しい地中海の内海です。そのアドリア海に面したモンテネグロには、数多くの港やビーチが点在し、中でもコトル...

宇宙に手を広げ仰ぎみる巨木群~マダガスカル島のバオバブ並木~

アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島は、世界で四番目に大きい島です。日本の1.5倍の面積を有し、そのほとんどが広大な豊かな自然に覆われた動植物の宝庫です。なか...

砂漠の中から浮き上がったような蜂蜜色の国、地中海のマルタ共和国

マルタ島のルア国際空港に到着し、市内へ向けて走るバスの中から目にする光景は、建物が砂に埋もれてしまった砂漠をイメージするものでした。実際は、埋もれているわけでは...

未承認国家ってどんな国?日本も承認していないコーカサス山奥の独立国アルツァフ共和国

世界には、国際政治的な諸事情で国家として承認されていない地域がいくつか存在します。「未承認国家」といわれるこれらの国は、国家としての機能(政府や外交能力)を満た...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?