ホンジュラス

世界屈指の犯罪都市~ホンジュラスの首都テグシガルパ~

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:183ヶ国

2020年4月24日更新

18,510view

お気に入り

写真:toshel

世界の治安が悪い国ランキングなどを見ると、毎年必ず上位になってしまうホンジュラス。しかし、手つかずの美しい自然が多く、世界遺産に登録されたマヤ文明のコパン遺跡を有するなど、見どころは多い国です。今回は首都テグシガルパに絞り、治安的に厳しい街の背景と観光スポットをご紹介します。

この記事の目次表示

中米のホンジュラス

ホンジュラスは、中米の中央に位置し、東はカリブ海、南は太平洋に面する山の多い国です。ニカラグアに次いで中米諸国2番目に広い国土を有しています。

熱帯気候に属していますが、ホンジュラスの国土80%は山岳地帯のため、低地沿岸部以外は一年を通じて過ごしやすい気候です。

ホンジュラスと言えば、世界遺産に登録されているマヤ文明、コパン遺跡が有名です。グアテマラのティカル、ベリーズのカラコル、メキシコのパレンケ、カラクムルなどと同様にマヤ時代に大きく繁栄した王家を有す大都市でした。特にコパンは屈強なマヤ戦士が多く、文明末期は都市間との諍いが絶えなかったとか。

  • 写真:toshel

その当時の屈強なマヤ戦士も仰天の、現在のホンジュラスについてご紹介します。

ちょっぴり危険なホンジュラス

世界の危険な国ランキングで常に上位

殺人発生率の高さで、毎年世界のトップ争いに名を連ねるホンジュラスは、年間、日本の200倍の殺人が起きる治安の悪い国です。中米で有名なマラ・サルバトゥチャ13(以降、マラス)という若者を中心としたギャングは、ここホンジュラスでも幅を利かせており、政府も警察も手を焼いている状況です。

  • 写真:toshel

この組織は、メキシコ系ギャングに対抗するため、エルサルバドル内戦から逃れた元警察官や兵士らが集まり構成されました。その後、米国の移民排除の法律が成立し、強制送還されたホンジュラス帰国民が加わり、犯罪組織として成長してしまいました。

ホンジュラスは、目立った産業もなく社会的基盤が脆弱です。中米で最も貧しい国といわれており、失業者も多く、国民の半数以上が極貧生活を強いられています。貧困家庭は崩壊を招きやすく、子供たちは離婚した両親のどちらにも着けない状況となったり、両親や片親が殺害されたりなどで住む家を失い、路上生活を強いられます。

マラスは、これらの子供たちをギャングの構成員として雇い入れ、犯罪者として育て上げていくのです。親を失い、帰る家のなくなった子供たちにとっては、マラスこそが家族なのでしょう。

  • 写真:toshel

このように、国政の不安定さがギャングを増やし治安を悪化させ、さらなる貧困を招くという悪循環で、ホンジュラスにいるマラスの構成員は現在3万人以上まで膨れ上がっています。

彼らは、麻薬売買、誘拐、強盗、窃盗、恐喝、殺人、バスジャック、みかじめ料のゆすりなど、ありとあらゆる犯罪を行います。歯向かえばその場で殺され、警察に通報すれば家族ごと報復に遭うため、被害者は泣き寝入りするしかありません。殺人事件で逮捕されるマラスは後を絶たず、ホンジュラス国内の刑務所はどこもパンク状態なのだとか。

そんなパンパンな刑務所内でもマラスは活発で、度々殺人や不審火による火災が起きます。2019年の暮れにも36人が殺害される事件が起きたばかり。2012年に起きた火災では、357人の受刑者が亡くなっています。

マラスの特長

マラスは、全身にTATOOを施している人が多く、一目で分かります。顔面はおろか、スキンヘッドの頭部全体がTATOOに覆われている人もいます。

筆者はこれらの人を初めて見たとき、全身に般若心経を写した「耳なし芳一」を思い出しましたよ。芳一は耳にだけ般若心経を書くのを忘れられてしまいましたが、彼らの中には耳にまでTATOOを入れている人もいるので、芳一を超えてきています。

遠くにいても「何か違う」と分かりますので、もしその場の雰囲気(空気)に不穏なものを感じたら、できるだけ速やかにその場から立ち去った方が良いでしょう。近くにいても目を合わさない方が無難です。人間の習性なのか、自分の理解を超えたもの(顔面TATOOなど)に遭遇すると、「え?」と思わず凝視してしまいがちですが、そこは我慢。

マラスの出没地

また、家や公共施設の建物、看板などに「MS13」とスプレーなどで落書きのようなものが散見されますが、それらは「ここはマラスの縄張りです」という彼らの主張ですので、あまりその辺りでウロウロしない方が良さそうです。

  • 写真:toshel

ホンジュラスの銃所持事情

ホンジュラスは、一般市民の銃所持が合法です。拳銃は一人二丁まで、ライフルは各家庭に五丁までOKです。まるで家電品のようですね。それらは公共の場での携帯は認められていませんが、もはや「自分の身は自分で守ってね」という政府や警察の職務放棄としか思えません。

以前、エルサルバドルの記事でも書きましたが、これら国に絶望を感じ、住み慣れた我が家を捨てキャラバンに合流し、大勢でアメリカへ向かうホンジュラス国民の気持ちは痛いほど分かります。

一軒家の塀の高さ

筆者がこれまで多くの国へ行って学んだ教訓の中に「その国の治安は、一軒家の塀の高さで分かる」というものがあります。日本のように平和な国では、道路に面する一軒家の塀を特に高いと感じることはなく、どのような家屋が建ってるのかも見える家が多いと思います。家と家の間の壁も、どちらかというと境界線の意味が強く、隣人と会えば挨拶できるくらいの高さなのではないでしょうか。

しかし、治安の悪い国の塀の意味は違ってきます。家屋の高さより塀の方が高く、中がどうなっているのか全く伺い知ることはできません。若しくは、塀がなくても外窓は全て、頑丈な鉄柵で覆われています。

ホンジュラスは、一般家庭の一軒家の塀が、どこも頑丈なコンクリートで造られています。しかも、まるで刑務所の外壁のような高さで、その塀の上には鉄線がぐるぐると渦を巻いています。そして、玄関のドアは頑丈な鉄板でできており、いくつもの大きな鍵がつけられています。

  • 写真:toshel

一般家庭の壁がこんなにも高いのを、183ヵ国を旅した筆者も、ここに来るまで見たことがありませんでした。

それでは、これらの前提知識を頭に入れ、ホンジュラスの首都テグシガルパを安全に観光したいと思います。

次のページを読む

ホンジュラスの旅行予約はこちら

ホンジュラスのパッケージツアーを探す

ホンジュラスのホテルを探す

ホンジュラスの航空券を探す

ホンジュラスの現地アクティビティを探す

ホンジュラスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2020年4月23日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

World navigator
行ったことのない国を中心に、毎月ひとり旅しています。これまで訪ねた183ヵ国およそ400都市の街の美しい景色、壮大な自然の風景、出会う人々との会話など、真の地元を皆様とシェアできればと思います。皆様もご一緒にそこへ旅したように感じてもらえると嬉しいです。

あと一年余りで、世界のすべての国を網羅できそうです。

レバノン観光と言えばここ!ベイルート・ビブロス・バールベックの見どころと国の背景

遠い昔、世界の中心が地中海にあった時代、レバノンは東西貿易の交差点となる重要な位置にあり、繁栄の極みにありました。古くから数多くの王様や将軍が、この土地を挙って...


カリブの島はどこがいい?陽気レゲエでちょっぴり危険な「バルバドス」どこまでも静かな「アンティグア」

カリブ海には、大小様々な島がおよそ700あります。そのほとんどは欧米各国の領土で、独立国はわずか13カ国のみ。今回は、その中より対極にある2つの小さな島国をご紹...


ついに観光ビザ解禁!閉ざされていた王国サウジアラビアの珍しい文化と各都市の見どころ

観光での入国が困難だったサウジアラビアが、2019年9月27日に突然、ツーリストビザの発給開始を発表しました。今回は、サウジアラビアに古くからある慣習と文化、そ...

未承認国家ってどんな国?日本も承認していないコーカサス山奥の独立国アルツァフ共和国

世界には、国際政治的な諸事情で国家として承認されていない地域がいくつか存在します。「未承認国家」といわれるこれらの国は、国家としての機能(政府や外交能力)を満た...

輝くばかりの絶美国~ベールに包まれた水と森の国ベラルーシの首都ミンスク~

日本人にとってベラルーシは、距離も遠く情報も少ない「よく分からない国」ではないでしょうか。ロシアのニュースを目にすることはあっても、ベラルーシのニュースを耳にす...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?