スイス
スイス観光
アルプスの山間を走り抜ける鉄道の旅

【エモッソン湖】世界最大勾配!ケーブルカーでスイスの絶景ダム湖へ

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:15ヶ国

2017年7月7日更新

671view

お気に入り

写真:YYOKO

雄大な山々に囲まれたスイスは、総発電量の半分以上が水力発電。その水の正体は…山の氷河です。九州と同じくらいの面積しかないスイスには、150以上のダムがあり、観光スポットになっている場所も。それぞれ違った魅力がありますが、フランスとの国境に近いエモッソン湖も毎年多くの観光客が訪れる人気スポットです。その一番の理由は、湖までの道のり。大自然の中のアトラクションといわれるほど、ユニークです。アルプスの氷河から流れ出る水をたたえた、美しい山上湖へご案内します!

この記事の目次表示

スイスのおすすめツアー
―*名峰【モンブラン】を望むスイス&フランスの絶景リゾートへ!*―アルプスに抱かれた運河の街【アヌシー】へ日帰り!レマン湖畔の絶景【雄大なアルプスとレマン湖ビュールーム】宿泊!【モントルー×シャモニー】周遊ゆとりの連泊で大自然を満喫する8日間
341,800円~530,800円
【羽田夜発/現地午前着/エールフランス利用】―*フランス&スイスのアルプス2大名峰【モンブラン&マッターホルン】を見に行く*―【日本語専属ガイド】が6日間同行しハイキング&観光をご案内!【シャモニー×ツェルマット】周遊!ゆとりの連泊で大自然を満喫する9日間
410,800円~596,800円
【4名以上参加限定割引コース】―*フランス&スイスのアルプス2大名峰【モンブラン&マッターホルン】を見に行く*―【日本語専属ガイド】が6日間同行しハイキング&観光をご案内!【シャモニー×ツェルマット】周遊9日間【羽田夜発/現地午前着/エールフランス利用】
348,800円~534,800円

ダム湖・エモッソンを目指して

アルプス氷河が電力に⁉︎自然の恵みを活かした発電所

  • 写真:YYOKOダム湖・エモッソン

標高およそ2,000m近い場所にあるエモッソン湖(Lac d’Emosson)。鉄道の電気をまかなうために作られたダム湖です。今から40年以上前に、フランスとスイスによって共同で建設されました。その工事の時、資材運搬のために作られた交通手段が、今は観光のために使われています。

壁のような崖を登るケーブルカー

  • 写真:YYOKOル・シャトラール駅

エモッソン湖への入り口となる場所がル・シャトラール駅(Le Châtelard VS)。標高1,125m地点にあり、緑豊かでとても静か。これから3つの乗り物を乗り継ぎます。

  • 写真:YYOKO勾配87%ケーブルカー
  • 写真:YYOKO急斜面にくぎ付け

最初はケーブルカー。世界最大勾配ともいわれる87%の急勾配を上っていきます。

一番前の席に座っても、見えるのは壁のような線路…それ以外見えないとわかっていても、みんな興味津々で線路の先を見上げます。およそ10分間の旅です。

ル・シャトラール駅
スイス / 駅・空港・ターミナル
住所:Gare du Funiculaire,Route du Châtelard 6,CH - 1925 Le Châtelard VS地図で見る
Web:http://verticalp-emosson.ch/en/planifiez

トロッコ電車で雄大な景色を堪能!

  • 写真:YYOKO乗り換え駅

標高1,825mの駅に到着。到着したら次はトロッコ電車の駅へ向かいます。少し日差しが強くなったような…駅近くにあるアイスクリーム屋さんがありがたい!

  • 写真:YYOKOトロッコ電車
  • 写真:YYOKO雄大な景色を進む

遊園地にありそうな、可愛らしいトロッコ電車。でも電車から谷間を覗いてみると、結構高くて怖いかも。およそ1.6km先にある駅に向かいます。雄大な景色の中を、ゆっくりと安全運転で進みます。麓では見上げていたはずの山々が今はほぼ水平線上に…

  • 写真:YYOKO遠い谷間に集落
  • 写真:YYOKOダムらしき壁

遠くをみると、谷間に集落が…高いところまで来たことを実感していると、ダムらしきものが見えてきます。

仕上げのミニケーブルカー!!

  • 写真:YYOKOミニケーブルカー

およそ10分。トロッコ電車が止まり、3つ目の乗り物・ミニケーブルに。10人乗りの小さなケーブルカーに乗り込みます。

  • 写真:YYOKO斜面を登る
  • 写真:YYOKOミニケーブル線路

2分間でおよそ150mの高さを登っていきます。最大勾配は73%とはいえ、乗り物が小さいせいか、見た目は急に見えます。標高1,965m、やっとエモッソン湖に到着です。

エモッソン湖でハイキング

美しい氷河の水をたたえるエモッソン湖

  • 写真:YYOKOエモッソン湖

万年雪を頂くアルプスの山々から流れてきたミネラル豊富な水は、鏡のように周囲の山々を映し出します。一段と日差しが強く感じられますが、強い日差しのせいか水面は青にも緑にも輝きます。

  • 写真:YYOKOダムを歩く
  • 写真:YYOKO釣り人も

ダムの上を歩いて、駅とは反対側へ。歩いていると釣りをしている人に出会うかも...何を釣っているのか聞いてみては?

湖周辺で自然散策

  • 写真:YYOKOハイキングコースより
  • 写真:YYOKO花と湖

山道に入って少し登ると、自然豊かな場所にでます。高山植物は日差しをいっぱい受けて生き生き。濃いピンクと水面のターコイズブルーが、なんとも言えないコントラストで本当に美しい。

  • 写真:YYOKO空と山と、湖

寝転んで見上げると、まぶしい空の青と山の緑が目に焼き付きます。

雄大な景色を見ながらクルート・オ・フロマージュに舌鼓!

スイスとはいえ、ここはフランスとの国境付近。帰る前にはぜひ、エモッソン湖の駅近くにあるレストラン(Restaurant du Barrage d'Emosson)で、フランスのサヴォワ地方の料理を試してみては?

  • 写真:YYOKOクルート・オ・フロマージュ

特に、クルート・オ・フロマージュ(Croûte au fromage)は絶品です。白ワインにパン切れにベーコンや卵、スイスのチーズ・グリュイエールをのせて焼いたものですが、ここのはチーズがなみなみと溶けて、チーズ好きにはたまらない!

グリュイエールチーズは癖のある匂いなので、人によって好き嫌いが出るかもしれませんが、匂いを気にせず食べているとチーズの濃厚な味の虜になっちゃうかも。

Restaurant du Barrage d'Emosson
スイス / 洋食・西洋料理
住所:Solange Gay-Crosier, Finhaut 1925, Switzerland地図で見る
Web:http://www.emossonresto.com/
エモッソン湖
スイス / 自然・景勝地
住所:Lac d’Emosson,Switzerland地図で見る
Web:http://verticalp-emosson.ch/en/planifiez

スイスの旅行予約はこちら

スイスのパッケージツアーを探す

スイスのホテルを探す

スイスの航空券を探す

スイスの現地アクティビティを探す

スイスのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年6月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ヨーロッパ・世界遺産の美しい街並み10選!

ヨーロッパの旧市街は、中世の美しい街並みを保持しているところが多く、世界遺産に登録されている地区も多数あります。今回は、美しいヨーロッパの世界遺産の街を厳選して...

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そ...


☆スイス・ラヴォー地区☆ブドウ畑1時間散策コース

スイスがワインの名産地ということをご存知でしょうか?日本ではあまり見かけることがないスイス産ワインですが、理由は高品質でスイスの国内で人気が高い為、ほとんどが輸...

標高2167mの空中散歩!絶景のスイス・フィルスト山でアクティビティを楽しもう

スイスのフィルストは、手軽に絶景と出会える山として人気です。近年では、空中散歩を楽しめるアトラクションが完成して、話題になりました。そんな進化し続けるフィルスト...


スイスの水の都♪ルツェルンのおすすめ街歩きスポット5選

スイスは、「USニューズ&ワールド・レポート」誌が発表した2017年度「世界最高の国ランキング」で見事1位を獲得している魅力溢れる国。そのスイス第4の都市ルツェ...

この記事を書いたトラベルライター

気ままな旅人のマニアック道中
旅先で初めにすること、それは地図を手に入れること!地図を片手に散らばる名所をいかに効率よく歩いて回るか、それが私の旅の醍醐味です。綺麗なところで写真を撮って、疲れたらお茶して、お腹が空いたら食べる、それが私の気まま旅。帰ってから、訪れた場所がどんなところだったのか、調べます。時々行っておけばよかったと思うこともありますが、そんな時は、めげずにもう1回!可能な限り行ってみます。マニアックにまとめて、旅先の意外な魅力を楽しんでいただけたらと思います。

【高野山】永遠の聖域!弘法大師が瞑想を続ける奥の院

聖域・奥の院は高野山の信仰の中心。弘法大師・空海が今もなお、世の平和と人の幸せを願って瞑想を続けていると信じられています。弘法大師が入定しているという御廟までの...

【ノリッジ】英国人に人気!知られざる美しい街を訪ねる旅

2016年にガーディアン紙による「英国人が選ぶ働きやすい街No.1」に選ばれた、イギリス東部の街ノリッジ(Norwich)。中世の街並みが残る美しく穏やかな街は...


【高野山】幻想的な体験!普賢院の宿坊と恵光院のナイトツアー

高野山を訪れるなら一度は滞在したいのが、宿坊。参詣者が宿泊できるお寺です。どの寺院でも精進料理や写経、朝の勤行などを体験できますが、ぞれぞれの特色はさまざま。客...

【山口県・壇ノ浦】パワースポット!平家ゆかりの地をめぐる旅

1185年、平家と源氏の軍船が関門海峡に集結し、平家一門は滅亡に向かいました。幼い安徳天皇を抱いた清盛の妻・二位の尼が入水し、戦いは終結。そんな平家滅亡の面影は...


【イギリス】壮麗な夢の世界へ!クリスマスの夜長を楽しむロンドン

ロンドンのクリスマスはおもちゃ箱のよう...壁のように立ち並ぶ古代ギリシャを彷彿とさせる建物、その間に伸びる大通りの上には、さまざまな色や形をしたライトをちりば...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?