ヨーロッパ

ヨーロッパの「窓」のある風景20選!

取材・写真・文:

島根在住
訪問エリア:35ヶ国

2018年8月27日更新

1,100view

お気に入り

写真:aka-region

旅に出ると素敵な街並みの写真を撮ったり、散策してみたくなりますよね。「窓」から覗く風景は、窓枠が額縁のように風景が切り取られてより美しく見えたりします。また、そんな「窓」のある風景というのも、その土地の風土や暮らしぶりを表すものとなります。今回は、欧州26ヶ国を旅した筆者がオススメする窓のあるヨーロッパの風景20選をお届けします。

この記事の目次表示

窓から見える「風景」を楽しむ

1.スイス・コルバッチの標高3,303mの窓

  • 写真:aka-regionスイスの名峰コルバッチでの標高3,303mの景色

スイスの高級リゾート地サンモリッツ近くのスールレイ(Surlej)という駅から、ロープウェイで標高3,303mにあるコルヴァッチ駅へ。ここは、エンガディン地方の中でもロープウェーで到達できる最高地点となります。

山頂には展望台があり、周辺のピッツ・ベルニナやピッツ・ロゼック、ピッツ・モルテラッチといった壮大な山々の風景を見られます。冬は、屋内のカフェから雪山を鑑賞でき、一面雪化粧をした名峰が連なる様子にはハッと息をのむでしょう。

この山は滑走総距離が120kmにもなり、世界中からやってくるスキー客を魅了して止みません。また、夏はハイキングや氷河ツアーを楽しむことができます。

コルバッチ3303
スイス / 山
住所:corvatch 3303, switzerland地図で見る

2.クロアチア・ドブロブニク旧市街を眺める大理石の窓

クロアチアの世界遺産の街ドブロブニクは「アドリア海の真珠」とも呼ばれ、城壁で囲まれた半島の土地に大理石の建物や赤瓦の家々が連なる美しいところです。ジブリ映画『紅の豚』の制作に際し、インスピレーションを与えた土地としても有名です。

城壁の外に広がるアドリア海で旧市街を眺めながら泳いだり、昼下がりのカフェで過ごすなど、様々な場所でゆったりとした時間を過ごすのに最高の街です。

  • 写真:aka-regionクロアチアの世界遺産ドブロブニク中心地のルジャ広場

その中でも旧市街の中心地、小高い丘にある丸い窓から眺める石畳の風景は、古代ローマやベネチア帝国時代など古代の息吹を感じされるような特別なものです。

ルジャ広場
クロアチア / 公園・動植物園
住所:Luza Square,Dubrovnik Croatia地図で見る

3.フィンランド・タンペレの森の中の「ピューニッキのドーナツ・カフェ」

ムーミンの原画が眠る街・北欧フィンランドのタンペレ市には、ピューニッキという丘の上に1980年代から始まる1軒のカフェ「Pyynikin Munkkikahvila(ピューニキン・ムンッキ・カフビラ)」その名も「ピューニッキのドーナツカフェ」があります。

  • 写真:aka-regionフィンランド・タンペレのPyynikkiの丘にあるカフェ

北欧の肌寒い夏の昼下がりに、窓辺の席に座って飲む温かいハーブティーと、揚げたてで外はカリッと、中はもっちもちのドーナツを食べるひと時は最高です。また、周辺の森から溢れ出る白樺の青葉の香りを身体いっぱいに感じながら頂く、ドーナツとミルクたっぷりのコーヒーの相性もよいでしょう。

このカフェのもう一つの魅力は、湖沼と森に囲まれたタンペレ市を一望できる灯台の上からの眺めです。白く塗られた木枠の窓から、北欧の温かな光に照らされた森と空を映した青い湖がきらきらしています。ゆったりと流れる北欧の独特の時間を楽しむことができるでしょう。

  • 写真:aka-regionフィンランド・タンペレのPyynikkiの丘にあるカフェに併設の灯台に上ることができる
Pyynikin Munkkikahvila ピューニッキ店
フィンランド / カフェ・喫茶店 / スイーツ
住所:Näkötornintie 20, Tampere, Finland地図で見る
Web:http://www.munkkikahvila.net/

4.アイルランド・ダブリンの黒ビール博物館(ギネスストアハウス)

アイルランド発祥の名物ビールと言えば、漆黒の黒ビール「ギネス(Guinness)」です。今や日本はもちろんのこと世界中で飲むことができるようになりましたが、本場アイルランドで飲む1杯のギネスビールの味はやはり違います。

  • 写真:aka-regionアイルランドのダブリンにあるギネスストアハウスの展望台からの眺め

そんなクリーミーな白い泡と味わい深い黒いギネスビールを片手に、首都ダブリンの風景を堪能できる「窓」がギネスストアハウスにあります。「アイルランドの庭」と称されるウィックローとダブリン湾、そして緑の平野に沈む夕日。近代的な高層ビルがなく、古き良き街の雰囲気を保った趣あるダブリンの街並みを見渡す最上階のラビティー・バーで、できたてのギネスビールで乾杯しましょう!

ギネスストアハウス
アイルランド / 博物館・美術館
住所:St James's Gate, Ushers, Dublin 8地図で見る
電話:+353 1 408 4800
Web:https://www.guinness-storehouse.com/en

5.スコットランド・エディンバラ城を眺める、ハリーポッター物語が生まれたカフェの窓

エディンバラ市の旧市街地エリアにあるのが「エレファント・ハウス」です。ここは、『ハリー・ポッター』の作者J.K.ローリングが1杯のコーヒーを片手に第1巻を執筆した、いわばハリーポッター誕生のカフェとして有名になりました。

  • 写真:aka-regionエディンバラ城を眺めるエレファントハウスでハリーポッターシリーズが執筆された

紅茶と小さな焼き菓子をいただくティー文化を大切にするエディンバラらしく、居心地のよい雰囲気の小さなカフェとなっており、カフェの窓からは岩山にそびえるエディンバラ城を見ることができます。

店内は、エディンバラ大学の学生やおしゃべりを楽しむおばちゃんたちなどから、常に人気を博しています。『ハリー・ポッター』の作者J.K.ローリングも、このカフェの窓辺に座って、創造の世界を広げていったのでしょう。

エレファント ハウス
イギリス / カフェ・喫茶店
住所:21 George IV Bridge, Edinburgh EH1 1EN地図で見る
電話:0131-220-5355
Web:http://www.elephanthouse.biz

6.ポルトガル・リスボンの絶品エッグタルト発祥のジェロニモス修道院

世界遺産のジェロニモス修道院は、ポルトガルの首都リスボンのベレン地区にあります。大航海時代のバスコ=ダ=ガマの航海による資金をもとに、16世紀初期から約300年もかけて建設され完成した修道院で、マヌエル様式の最高傑作とも言われる美が人々を魅了し続けています。

こちらの修道院には中庭(パティオ)があり、白い石造りの窓からは中庭の様子や向かい側の繊細な装飾が施された美しい曲線の窓を見ることができます。

  • 写真:aka-regionポルトガル・リスボンのジャロニモス修道院

因みに18世紀以前に修道女によって発明されたエッグ・タルト。実はこのジェロニモス修道院発祥と言われており、ポルトガルでも屈指の歴史と美味しさを誇る名品を修道院の程近くにあるPasteis de Belem(パステル・デ・ベレン)で頂くことができます。

ジェロニモス修道院
ポルトガル / 社寺・教会
住所:ポルトガル Praça do Império 1400-206 Lisboa地図で見る
Web:http://www.mosteirojeronimos.gov.pt/en/
パステラリア パステイス デ ベレン
ポルトガル / スイーツ
住所:Rua de Belem, 84-88 1300-085 LISBOA地図で見る
Web:http://pasteisdebelem.pt/

7.エストニア・タリン旧市街にあるヨーロッパ最古の薬局の窓

バルト3国の1つ、エストニアの首都タリン旧市街には、1422年創業のヨーロッパでも最古の薬局「市議会薬局(Raeapteek)」があります。旧市街の中心広場に面しており、店内にある年季の入った窓からは、ラエコヤ広場(Raekoja Plats)の旧市庁舎がよく見えます。

  • 写真:aka-regionエストニア・タリン旧市街の老舗薬局Raeapteek

現在でも薬局として機能しており、ハーブやアロマなど自然療法の薬を多く取り扱います。昔の道具や薬が置かれた小さなミュージアムや昆虫・小動物の瓶詰なども置いてあり、魔術にかかったおとぎの国のような雰囲気です。

市議会薬局
エストニア / ドラッグストア
住所:aekoja plats 11, 10146 Tallinn地図で見る
Web:http://raeapteek.ee/

次のページを読む

ヨーロッパの旅行予約はこちら

ヨーロッパのホテルを探す

ヨーロッパの航空券を探す

ヨーロッパのパッケージツアーを探す

ヨーロッパの現地アクティビティを探す

ヨーロッパのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年8月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...

【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...


プーさんマニアの聖地・イギリスのハートフィールドってこんなトコ!

イギリス・ロンドンから電車で1時間ほど離れた場所に「ハートフィールド」という森があるのをご存知ですか? 実はこの森、プーさんマニアなら知らない人はいないプーさん...

ベルギーのおすすめ観光スポット16選&観光都市5選!

中世の面影を残す美しい建築や、ルーベンスを始めとした宗教絵画など、小さい国なのに見どころがいっぱいのベルギー。そんな魅力がぎゅっと詰まったベルギーの中でもおすす...


店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...


【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...


【保存版】オランダのお土産・厳選10選!

ヨーロッパ北西部にあるオランダ王国は、チューリップ畑に水車といった田園風景や運河沿いの家々の街並みが代名詞的存在の牧歌的な国です。また画家レンブラントやフェルメ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?