スイス
スイス観光
アルプスの山間を走り抜ける鉄道の旅

夏服から冬服まで全部持ち?!旅ファッション【夏のスイス旅行編】

取材・写真・文:

福島在住
訪問エリア:18ヶ国

2018年3月4日更新

15,114view

お気に入り

写真:Olive

夏の旅ファッションは、一般に身軽でかさばらないのが気楽で良いところですが、旅先がスイスだと、そう簡単にはいきません。もちろん、チューリッヒやベルンなど、都市部の街歩きだけが目的なら夏服のみでOK。ですが、4,000m級の山々が連なるその高みに気軽に登れる地、スイス。そんな恵まれた地をせっかく訪れて、山に登らないなんて、もったいない!万全の準備をして、行きましょう!あの山へ!

この記事の目次表示

スイスのおすすめツアー
―*憧れの国「スイス」と「ドイツ」を鉄道で周遊*―旧市街越しにアルプスを望む湖畔の街【チューリッヒ】×バイエルン地方の伝統文化も楽しめる【ミュンヘン】周遊7日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
103,800円~245,800円
―*憧れの国「スイス」と「オーストリア」を鉄道で周遊*―アルプスを望むスイスの湖畔の街から、オーストリア「チロル地方」を経由して、宮廷文化香る優雅な街ウィーンへ【ルツェルン×インスブルック×ウィーン】周遊8日間
128,800円~254,800円
―*名峰ユングフラウ三山&スイスの美しい旧市街を堪能!*―【グリンデルワルト×チューリッヒ】周遊8日間【羽田深夜発/カタール航空利用】
129,800円~261,800円

スイス旅の目的は?

  • 写真:Oliveラウターブルンネン駅

スイスへ旅行に行く際、どこをどんなふうに観光するかは、重要な計画の一つ。それによって、ワードローブもかなり違ってきます。街の散策だけか、登山列車に乗って山に登るか、そこからハイキングもするのか。平地の街から標高3,000mの山まで、同じ服装で良いわけがありません。

この記事では、夏のスイスで、標高3,000m級の山には行くけれど、本格的なハイキングはせずに山頂周辺は散策する程度、そして街歩きもするといったスタイルの旅ファッションをご案内します。

街歩きならプラス1でOK

街歩きのトップス

  • 写真:Oliveインターラーケンの街中 標高568m

スイス旅行のファッション計画を立てる際、考えなければいけないのが標高の違いです。これによって、気温差が大きくなります。空の玄関口であるチューリッヒやベルン、ジュネーブなど都市部は、標高300m~600m程度で、スイスとはいっても一年を通して温暖な気候とされています。

  • 写真:Oliveベルン街中 標高540m

しかし、朝晩の冷え込みや、天候による気温差は、日本よりも大きいので、通常の夏服にプラスできる薄手のカーディガンやサマーセーター、長袖シャツなどを持参すると良いでしょう。

街歩きのボトムス

  • 写真:Oliveルツェルン街中 標高436m

ボトムスは、スカートでも短パンでもOK。夜の街中は、男女ともおしゃれをして、散策や食事を楽しむ人が多くなるので、ワンピースなども準備していくと楽しめます。もちろん、山ガールファッションで闊歩している人も多くいるので、高級レストランに行く予定がなければ、そのままのスタイルで通しても大丈夫です。

街歩きのファッション小物

晴れると日差しがとても強くなります。散策や街歩きの際には、日焼け予防のためにも、帽子は必需品です。サングラスもあると便利ですね。晴れていても急なスコールが降ることもあります。濡れるのを避けたい方は、レイングッズや折り畳み傘を持参していれば、万全ですね。

街歩きの靴

旅先なので、はきなれた靴であることは当然ですね。歩きやすい靴が一番です。ちなみに旧市街地は、石畳が多いので、ヒールやサンダルは歩きにくいです。

1日の温度差が30度も?!

山に登る日のトップス

1日のスケジュールの中で標高差があるということは、温度差も大きいということ。それには、調整しやすい重ね着が一番です。標高が上がるごとに重ね着ができる。標高が下がるごとに、脱いでいけることが重要。

  • 写真:Oliveユングフラウ 標高3,571m
  • 写真:Oliveラウターブルンネン 標高797m

上の写真は同じ日ですが、ユングフラウ標高3,571m地点からラウターブルンネン標高797m地点へ到着した際のもの。気温差25度以上で、どんどん服を脱ぐ状態でした。脱いだものを入れられるバッグも忘れずに。基本のトップスは、Tシャツやポロシャツなどの半袖の上に、保温性もあり軽いフリースが最適です。

  • 写真:Olive

アウターは、山登り用のゴアテックス素材などがあれば万全ですが、アウトドア派でない方には高額になるし、ほかに活用予定がなければもったいないので、裏地付きのウィンドブレーカーや、コンパクトになる薄めのダウンなども適しています。

ウィンドブレーカーなら、街歩きの際も保温効果もあり、突然の雨にも対応できるので安心ですね。頂上部ではダウンやウィンドブレーカー、中間地点では、Tシャツに1枚羽織り、平地ではTシャツ。山に登る日は、そんな1日になります。

山に登る日のボトムス

日ごろはスカート派の方でも、山に登る日だけはパンツをおすすめします。できれば、アウトドア用の、軽く濡れても乾きやすいものなら一番良いですね。

  • 写真:Olive

アウトドア用のパンツで、ファスナーで着脱ができて、ハーフパンツにできるタイプなどがあります。これだと気温に対応できて便利ですよ。

山に登る日のファッション小物

頂上の展望台などでは外に出ると、雪山から吹いてくる冷たい風が強く吹き、寒いことも十分考えられます。厚手のアウターが良いにこしたことはないのですが、ウィンドブレーカーが多少薄手でも、手袋やマフラーなどがあると、かなり対応できます。また、晴れると日差しも強く、雪もまぶしいので、サングラスがあると便利です。

山に登る日の靴

ハイキングを予定していない限り、通常のスニーカーで充分です。場所によっては、氷の上や雪面を歩くことも考えられるので、滑りにくい靴底なら安心です。

※本格的なハイキングを予定している方はこの限りではありません。

スイス旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばスイスのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でスイスのすべてのツアーをみる>>

スイスの旅行予約はこちら

スイスのパッケージツアーを探す

スイスのホテルを探す

スイスの航空券を探す

スイスの現地アクティビティを探す

スイスのWi-Fiレンタルを探す

関連するキーワード

※この記事は2018年3月4日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

お出かけ、食べることが大好き!
日帰りドライブから、国内、海外を問わずお出かけするのが大好きです。ずっとタウン重視でお買い物に夢中の旅でしたが、10年ほど前にアメリカ・サンフランシスコに在住。国立公園めぐりをしたことをきっかけに、自然も大好きになりました。少し歴史を知ってから出かけると楽しいこと、美味しい食べ物や綺麗な風景に出会えると幸せなこと。小さな情報が、誰かの楽しい!や嬉しい!につながったらいいなと思っています。これからも、いろんなところへ出かけて、たくさんの情報を発信してゆきたいと思っています。少しでも参考になれますように!

半日で周れる!奈良のいいとこ取り観光スポット・ベスト3

日本の国宝の5分の1は、奈良県にあると言われるほど、見どころの多い奈良ですが、町中から離れている場所もあり、1度に見て周るのは大変です。そこであまり時間はないけ...


これで完璧!【広島・宮島】の観光スポット10選と名物グルメ5選

海に浮かぶ社殿で有名な嚴島神社は、広島県にある世界遺産の一つ。本州の宮島口から10分ほどのプチ船旅で、神秘の島「宮島」に到着します。古より神の島として崇められ、...

これで完璧!奄美土産31選はここで買う!

島特有の文化が残る奄美大島では、古くから島に伝わる調味料や、加工品が多くあり、お土産としても喜ばれそうな品が豊富です。特産品を使ったお菓子や、珍しい雑貨などと共...

きっと一番心に残る旅!ベルギー・ブルージュの観光スポット14選

「天井のない美術館」、「北のベネチア」、「ベルギーの水の都」と呼ばれ、ベルギーで最も人気の街ブルージュ。街を流れる運河に羽を休める白鳥、歴史的な建造物と昔ながら...

伊勢&鳥羽で楽しい!とっておきのお土産探し14選

歴史をさかのぼってみると、江戸時代より伊勢参拝の土産物として、お団子などが売られていたことがわかっています。帰りを待つ人達に、土産話と一緒にお土産を配る。そんな...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?