浦安市

【都内近郊】無料の子供遊び場!動物とも触れ合える「浦安市交通公園」がおすすめ

取材・写真・文:

訪問エリア:44都道府県

2021年8月17日更新

9,412view

お気に入り

写真:Emmy

雨の日も楽しめて、乗り物も動物との触れ合いも全て無料!都内からアクセス良好な千葉・浦安にある「交通公園」が子供連れにおすすめです。三輪車からバッテリーカーなどの様々な楽しい乗り物や室内遊び、小動物との触れ合い、なんとポニーの乗馬体験まで楽しめます。そんな満足度100%の施設についてたっぷりとご紹介します。

この記事の目次表示

「浦安市交通公園」が子供連れにおすすめの理由

  • 写真:Emmy

「交通公園」と一体になってお隣に「若潮公園」があり、中央には屋内の「体験学習施設」があります。子供連れにおすすめの理由はこちらです。

  • 施設は全て無料(乗り物や動物との触れ合い)
  • 幼児から小学生まで幅広く楽しめる
  • 室内遊び場も充実しており、雨の日も楽しめる
  • 芝生の広場あり
  • カフェテラスあり(軽食や飲み物、お菓子販売)
  • 無料駐車場あり

楽しめる乗り物や遊具

交通公園という名の通り、小さい子供から楽しめる乗り物が充実しています。もちろんヘルメットも無料で貸し出ししています。

  • 三輪車、一輪車
  • 補助輪自転車(14~16インチ)、自転車(16インチ~22インチ)
  • 小型・大型四輪車
  • バッテリーカー(小学2年生以下)
  • 屋外公園(滑り台、ブランコ、砂場、芝生の広場)
  • ローラーブレード(屋内)
  • 幼児用の室内遊び(ボールプール、ロディオロッキング、滑り台など)
  • 写真:Emmy

会える・触れ合える動物

まるで動物園のように、さまざまな動物たちに会えます。一番人気はポニーの乗馬体験です!

  • 水の生き物(お魚、金魚など)
  • エリマキトカゲなどの爬虫類
  • ハリネズミ
  • モルモット、うさぎ(触れ合いあり)
  • ヤギ
  • カピバラ
  • カンガルー
  • ポニー(乗馬体験あり)
  • 写真:Emmy

遊びながら交通ルールを学べる交通公園

それでは早速、交通公園から実際に遊んでいきましょう。

幼児向き

こちらは幼児用の乗り物広場です。三輪車と補助付き自転車があり、柵で囲まれているので安全に遊ぶことができます。

  • 写真:Emmy

バッテリーカー広場もあります。可愛いロンドンバスと消防車がありコインを入れて動く仕組みですが、もちろんコインも無料でもらえます。

  • 写真:Emmy

小学生向き

体験学習施設前が乗り場になっていて、自転車や小型四輪車、大型四輪車に乗り、公園内を一周することができます。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

実際の道路のように横断歩道や信号があり、楽しみながら交通ルールを学ぶことができます。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

大型四輪車は家族で楽しめるのでおすすめです。

  • 写真:Emmy

端には一輪車もあり、女の子たちが一生懸命練習していました。

  • 写真:Emmy

雨の日も楽しめる体験学習施設

多目的室

体験学習施設の多目的室は広い体育館のようになっていて、天候に限らずいつでも利用できます。

曜日によって様々な室内遊びを楽しめ、この日はローラーブレードでした。係の人が足のサイズを測ってくれてぴったりのサイズを選んでくれます。ヘルメット、膝当ても貸してくれるので嬉しいです。

  • 写真:Emmy

幼児お遊びコーナー

こちらは1~3歳の子供たちが対象のコーナー。ボールプール・ロディオロッキング・ゆらゆらシーソー・すべり台があります。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

大人が見渡せる広さなので安心です。

カフェ「あったかぼっこ」

小さなカフェもあり、カレーやパンなどの軽食、アイス、お菓子、飲み物、おもちゃなどが売られています。椅子とテーブルがあるので遊び疲れた時の休憩や、ランチにも。

  • 写真:Emmy

他にも「まーもるテラス」にイスとテーブルが並べられており、持ち込みの飲食も可能になっています。

生物展示ホール・動物ふれあい室

売店の裏にある小部屋は、ちょっとした水族館・動物園のような空間になっています。

生物展示ホールは定期的に展示が変わり、筆者が訪れた際は「金魚展」でした。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

なかなか見かけないエリマキトカゲも必見。他にも珍しい爬虫類が展示されています。

  • 写真:Emmy
  • 写真:Emmy

続いて動物ふれあい室では、最近話題のハリネズミが見られます。

  • 写真:Emmy

可愛いうさぎはやっぱり人気。

  • 写真:Emmy

写真だと分かりづらいですが、右側のアッシュは、’’フレミッシュ・ジャイアントラビット’’という種類で、体長1mに成長する巨大うさぎ。実際間近で見るとその大きさにびっくりします。

  • 写真:Emmy

2階の遊び場も充実

2階も充実。なんとポケットモンキーが飼育されており、エサをあげることができます。交通安全の疑似体験ができる「自動車型・自転車型シュミレーション室」「映画室」「自由コーナー」では図鑑や絵本、パズルやブロックなどがあります。

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


千葉・子供と行きたい観光スポット33選!子連れ旅行におすすめ

日本を代表するテーマパーク、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーや、海の動物たちのパフォーマンスが魅力の鴨川シーワールドなど、千葉への子連れ旅行におすすめの...


【関東】子供と行きたい観光スポット35選!子連れ旅行におすすめ

東京ディズニーリゾートなどのテーマパークや、那須どうぶつ王国などの生き物と触れ合える施設、カップヌードルミュージアムやキッザニア東京などの体験型の施設など、関東...

ディズニーパートナーホテル【三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ】お子様連れにおすすめ!

ディズニーパートナーホテル「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」は、お子様連れの方に嬉しいサービスが盛りだくさん◎「こんなの欲しかった!」というママやパパの要望が...

【東京ディズニーランド】コロナ時代でもデビューできる?子供の初ディズニーで知っておきたいこと

外出自粛やマスク着用などの我慢が続くコロナ時代、子供のディズニーデニューを迷っているママはいませんか?ディズニーランドのチケットは、3歳以下は入園無料。子供が無...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
~トラベルライターアワード受賞歴~
2018年間 “審査員特別賞”
2019上半期 “国内記事部門・フォトジェニック賞”
2019年間 “海外記事部門・アクセストップ賞”
2020年間 “海外記事部門・フォトジェニック賞”
2021年間 “国内記事部門・フォトジェニック賞”をいただきました

旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

一人旅の魅力を知ってから、国内外問わずフリーの一人旅に出ています。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在41ヶ国、国内は44都道府県。
海外も好きだけど日本も好き。

主に一人旅やフリーの旅人を意識して、詳しく正確な記事を心掛けています。

※2020年12月にトリップノートさんよりインタビューを受けました。興味がある方はサイト内の「トラベルライターインタビューVol.3」をご覧ください。

【イギリス】『ハリー・ポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

本場イギリスの『ハリー・ポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズから...


【イギリス】コッツウォルズおすすめの可愛い村完全ガイド!8つの村の見所とアクセス方法!

路線バスと列車で巡る「コッツウォルズ」周遊の旅!定番のバイブリーやボートン・オン・ザ・ウォーター、『ハリー・ポッター』ロケ地のレイコックなど、8つの村を訪れるモ...


【京都】絶品抹茶スイーツ5選!話題のとろける抹茶ティラミスも!

抹茶好き必見!インスタ映え「抹茶館」の抹茶ティラミスや絶品抹茶チーズケーキ、祇園の町家カフェのスイーツなど、抹茶好きの筆者がおすすめする、京都で味わえる5つの絶...

【海外】女子ひとり旅におすすめ旅行先6か国と過ごし方!迷ったらココ!第一弾

女子一人でも安心・満喫できるおすすめの国(都市)をご紹介!気になる治安面を考慮し、街の可愛さはもちろんのこと、周りやすさや物価の安さ、食事のおいしさなどを総合し...

ロンドン土産はこれで決まり!老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)の可愛いオリジナル商品♡

ロンドン旅行者必見のおすすめお土産!イギリスを代表する老舗スーパーM&S(マークス&スペンサー)のオリジナル商品は、おしゃれで品質も良くロンドンっ子や女性観光客...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります