イギリス
イギリス観光
アフタヌーンティーやパブ文化も楽しみたい

【イギリス】『ハリーポッター』ロケ地巡り!ファン必見のロンドン近郊完全版!

2018年6月29日更新

2,240view

お気に入り

本場イギリスの『ハリーポッター』のロケ地。フォトジェニックなファン必見の名所を、ロンドン、そしてロンドンからアクセス可能なオックスフォード、コッツウォルズからお伝えします。有名な9と3/4番線やホグワーツ魔法魔術学校、そしてハリーの生家など、ガイドブックには載り切れていない盛りだくさんのスポットを、たっぷりの写真と共にご紹介!現地の貴重な情報も交えてますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

この記事の目次表示

ロンドン London

キングスクロス駅 King's Cross Station

9と3/4番線

まずは定番中の定番、ロンドン中心部にあるキングスクロス駅から。ホグワーツ魔法魔術学校行き列車の始着駅になっており、あの9と3/4番線が有名ですね。映画撮影後ホームはリニューアルされてしまったため、現在はこのような形で西コンコースに再現されています。子供から大人まで、ロンドンの人気写真スポットにとなっています。

待機しているスタッフが杖やマフラーの小道具を貸してくれるため、みんな思い思いのポーズをとって楽しそうに撮影しています。並ばずに撮影できる早い時間に行くのがおすすめです。下の写真は朝8時過ぎの様子でまだ空いてますが、お昼頃再来した際には行列ができていました。

ハリーポッターショップ・アットプラットフォーム9 3/4 (The Harry Potter SHOP AT PLATFORM9 3/4)

隣の公式グッズショップには、オリバンダー杖店を模した店内に貴重なレプリカやたくさんのグッズが並んでいます。見るだけでも楽しめる、ファンにはたまらないお店です。

  • ここでしか買えないハリポタグッズがたくさん
  • ハリーポッターの杖

ちなみに「秘密の部屋」でハリーとロンが乗った空飛ぶ車フォードアングリアが横切った駅外観は、隣接するセントパンクラス駅が使われています。ゴシック様式の教会を思わせる佇まいが素敵な駅ですので、こちらもチェックしてみて下さいね。

【見学情報】
スタッフが撮ってくれた写真を隣のショップで購入することができます。もちろん自分のカメラでも撮影できます。
・料金:見学、撮影は無料
・時間:個人での写真撮影可能時間 6:00‐24:00 (ただし早すぎるとカートが出てないこともあるようです)
・ショップスタッフ待機とショップオープン時間:月~土8:00‐22:00 日9:00~22:00
・アクセス:キングスクロス駅西コンコース 9~11番線近く
キングスクロス駅
ロンドン / 駅・空港・ターミナル
住所:Euston Road, London, Greater London N1 9AL イギリス

レドンホールマーケット Leadenholl Market

ロンドン中心部にあるレドンホールマーケット。ここは『賢者の石』でハリーとハグリットがダイアゴン横丁へ行く前に通った場所です。ロンドン最古のアーケード付き商店街となっており、重要文化財建築に指定されています。絢爛華麗な装飾がとても美しく、ファンでなくても必見スポットです。

マーケットにはいくつかの路地があり、ちょっと複雑な造りになっています。見つけにくいですが脇に入った路地にあるこの青い扉。見覚えありませんか?ダイアゴン横丁に繋がるパブ「漏れ鍋」の入り口です。ここから魔法界に行けちゃうかも?

【見学情報】
・料金:無料
・時間:マーケットの通行は24時間可能 各店の営業時間は店舗毎に異なる
・アクセス:地下鉄駅Bank駅やMonument駅から徒歩6分程度
レドンホールマーケット
イギリス / 商店街
住所:Gracechurch Street, London EC3V 1LR

バラマーケット Borough Market

ロンドンの数あるマーケットの中で、一番歴史と人気があるのがロンドンブリッジ駅のすぐ傍にあるバラマーケットです。高架下を利用したおしゃれなマーケットはいつも多くの人で賑わい、食材にこだわったグルメを思う存分に楽しめます。

  • おしゃれなバラマーケット
  • オーガニック食品も多くあり、観光客でにぎわいます

ロケ地はマーケット内ではないですが、マーケット入り口に隣接するストーネイストリート(Stoney Street)が『アズカバンの囚人』のナイトバスのシーンで登場しました。ロンドンらしいレンガ造りの通りはとても雰囲気があり、マーケットを楽しんだ後にぜひ歩いてみて下さいね。

漏れ鍋の内部の撮影は、ストーネイストリート沿いの角のお店マーケットポーターパブ(The Market Porter)で行われたようです。お花の装飾がかわいい外観で、一度は入ってみたいイギリスらしいパブです。

【見学情報】
・時間:月~木10:00‐17:00 金10:00‐18:00 土8:00‐17:00 日休み
・アクセス:ロンドンブリッジ駅からすぐ
マーケット・ポーターパブ
イギリス / 居酒屋・バー
住所:9 Stoney St. London, United Kingdom
Web:https://www.themarketporter.co.uk/
バラ・マーケット
ロンドン / 商店街
住所:8Southwark Street, London SE1 1TL, England
Web:http://www.boroughmarket.org.uk/

オックスフォード Oxford

クライストチャーチカレッジ Christ Chuch

ロンドンから列車で約1時間、大学の街オックスフォードには約40もの大学がありますが、中でも有名なのがクライストチャーチカレッジ。伝統ある大学で、200年の歴史の中でイギリス首相を10人以上も輩出してるとのことで驚きです。さらに言わずと知れた有名な理由があります。

  • クライストチャーチカレッジ

美しすぎるホグワーツの食堂

グレートホールという実際に学生が利用している食堂は、ホグワーツ魔法魔術学校の大広間のモデルとなっており、まさにハリーポッターの世界。ここに立った瞬間、ファンなら言葉で表せないほどの感動に包まれるはず。

組み分けシーンやクリスマスの楽しい食事の場面など、ホグワーツを代表する場所です。

たくさんの肖像画が並びまるで美術館のような美しさ。毎日ここで食事をとるのが学生にとって日常なんて、とても羨ましい限りです。平日の学生のランチタイムやイベント時は見学が出来ないのでご注意を。

要チェック情報!大学に宿泊できる!?

しかし見学の時間を気にしなくていい方法もあります!なんと、実際にこの食堂で朝食をとれるという夢のような経験ができるのです!オックスフォードの大学の寮に宿泊できるシステムがあり、もちろん空きがあればクライストチャーチカレッジも。筆者が泊まった寮は、シャワートイレ付きの個室にタオルやアメニティもついており、普通のホテル同様でした!

  • 筆者が泊まった学生寮外観
  • 寮の部屋はとても広い

グレートホールで最高の朝食を!

朝一番にこの食堂に足を踏み入れ、ダンブルドアが座っていた場所からグレートホールを眺めてみる。そしてこの美しすぎる空間で優雅にイングリッシュブレックファストをいただく。本当に幸せで贅沢な時間です。始終ふわふわと夢心地で、あまり覚えておりません(笑)

  • 朝食時のテーブルセッティング
  • この空間でフルイングリッシュブレックファストを楽しめる

朝早く静かな時間を味わうのもいいですし、学生達と肩を並べて食べるのもまた貴重な経験ですね。ぜひオックスフォードに訪れる際はこんな旅計画をしてみて下さい。

ホグワーツ魔法魔術学校の階段

この食堂へ続く階段も、ホグワーツの撮影で使われました。16世紀に造られたもので天井の装飾が美しいです。

初めてハリー達がホグワーツへ来た際、マクゴナガル先生がここに立っていましたよね。シリーズを通してよく出てきた階段です。

【見学情報】
・料金:2月〜6月、9月〜12月大人8£ (約1,100円) 、7月〜8月大人10£ (約1,400円)
※大学内のホールや教会など見学可
・時間:月曜〜土曜10:00 - 17:00 日曜14:00 - 17:00 最終入場16:15
※ホールは見学不可の時間帯があるため必ず大学HPで時間をご確認ください。
・宿泊:HPから予約可能。(Menu⇒Visitors⇒Bed&Breakfast) 
※いくつか棟があり、棟にもよりますが朝食付きで一泊1万程度。
オックスフォード大学 クライストチャーチ校
イギリス / その他スポット
住所:イギリス 〒OX1 2JD オックスフォード
Web:https://www.chch.ox.ac.uk/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年6月4日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

プーさんマニアの聖地・イギリスのハートフィールドってこんなトコ!

イギリス・ロンドンから電車で1時間ほど離れた場所に「ハートフィールド」という森があるのをご存知ですか? 実はこの森、プーさんマニアなら知らない人はいないプーさん...

街全体が芸術品!活気に溢れるイーストロンドン地区が面白すぎる!

ロンドンの東側には、ショーディッチやブリックレーンという地区があります。もともとは移民の多い下町だったこの地区は、スラム街などもあり、あまり治安の良い場所ではあ...


店舗総数は1,000軒超え!ロンドンのカムデン・マーケットで外せない厳選ショップ21選

ロンドンでは、街中の通りや倉庫など様々な場所でマーケットが行われています。その中でも上位の人気を保つカムデン・マーケットには、ヴィンテージやオリジナルデザインの...

1位は4色赤福「いすず野あそび餅」!トリップノートのインスタ”いいね”数BEST10(2018年8月)

トリップノートのインスタグラムに投稿された写真の中から、「いいね!」が多かった写真のBEST10をご紹介!2018年8月の1位は、トリップノートライター nak...


一度は訪れてみたい憧れの場所!世界の有名映画ロケ地8選

大好きな映画のロケ地を訪れてみたい!一度はそんな風に考えたことのある人は多いのでは。今回は世界で愛されている有名映画のロケ地となったスポットをご紹介します。さあ...

この記事を書いたトラベルライター

✿ かわいいと不思議と古いものが好き ✿
旅が人生のモチベーション。年々好奇心だけが向上していく30代。

ひとり旅の魅力を知ってから、画像やテレビを見て「ここ行きたい!」と胸打たれた場所へ。念入りな下調べ、計画は欠かせない慎重派。宿を決めない自由旅は憧れ。

メジャーな場所より、あまり人が行かないスポットに惹かれます。

可愛い街並みはもちろんのこと、
摩訶不思議な光景、大自然、秘境、
古い建築物、遺跡、お城やお寺 etc…

訪れた国は現在27ヶ国。日本も大好き♡

主にひとり旅やフリーの旅人を意識して、詳しい記事を心掛けています。
ガイドブックに載っていないようなスポットの魅力や、マイナー情報をお伝えできたらと思います!

ここはテーマパーク!?エストニア・タリン旧市街が楽しすぎると話題!!

バルト三国のひとつであるエストニア共和国。城壁でぐるりと囲まれたタリン旧市街には、14~15世紀の街並みが色褪せることなく息づいています。城壁の門をくぐると、そ...

まるで絵本の世界!!街全体が世界遺産ラトビアの首都「リガ」に行くべき7つの理由

リガってどこ?ラトビアってどこだっけ?とイメージがわかない人も多いはず。ラトビアはバルト海に面し、ロシアに隣接するバルト三国のひとつです。首都のリガは新市街と旧...


【ポルトガル】女子旅にぴったり!ポルト観光おすすめ1日コース〜あの『魔女の宅急便』のモデルになった街〜

リスボンに次ぐ第二の都市ポルト。実はここポルトも『魔女の宅急便』のモデルとなったと言われているんです。それも納得、ドロウ川沿いの丘に立ち並ぶカラフルな家々は映画...

ポルトガル人気観光スポット!王妃に愛された美しい村オビドス

リスボンから日帰り可能な人気観光地のオビドス。中世の城壁で囲まれた小さな村は、その美しさから「谷間の真珠」と呼ばれ、歴代のポルトガル王妃をも魅了してきました。真...


【京都】女子にオススメ!一度は泊まりたい町家ゲストハウス3選 ~築100年の素敵宿に1泊2,500円で泊まる~

京都には昔ながらの町家や古民家を改装した、おしゃれで快適なゲストハウスが増えています。京都の数あるゲストハウスの中でも、今回は築100年の町家を改装した3つの素...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

アプリ「Pokke」でイギリスの音声ガイドを聴く

イギリスの観光スポットの音声ガイドをアプリ「Pokke」で聴くことができます。

旅行前にダウンロードしておけばオフラインでも使える!
プロのガイドに案内されるように旅を楽しめる!

Pokkeについて

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?