ウズベキスタン
ウズベキスタン観光
”青の都”サマルカンドやオアシス都市ブハラ

【ウズベキスタン】青に酔いしれる。サマルカンドの6大イスラム建築

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:13ヶ国

2017年9月7日更新

1,349view

お気に入り

写真:fon

「青の都」として知られる、ウズベキスタンの古都・サマルカンド。シルクロードの中心都市として、古くから発展してきました。「サマルカンド-文化交差路」として、2001年にユネスコの世界文化遺産にも登録されています。モスクも神学校も霊廟も、タイルを使ったアラベスク文様やアラビア文字のモチーフがデザインされ、微妙に異なる色合いの「青」で彩られています。建都2,750年の豊かな歴史を物語る、サマルカンドに来たら見るべき6つの美しいイスラム建築を紹介します。

レギスタン広場

ウズベキスタン随一の文化・観光都市であるサマルカンド。その観光スポットの中でも外せないのがこのレギスタン広場です。大きなメドレセ(イスラムの神学校)に囲まれた広場に立つと、その壮大さに圧倒されます。

  • 写真:fon

ここで見られるのは3つのメドレセです。

ウルグベク・メドレセ

  • 写真:fon

広場に向かって左手のメドレセ。1420年、ティムール朝第4代君主・ウルグベクによって建てられました。

入口となっているアーチの上部にはタイルを使って星の文様が描かれており、天文学者でもあったウルグベクらしいデザインとなっています。アーチの両側にそびえるミナレット(礼拝を呼びかける塔)のうち、向かって右のミナレットが歪んでいるのは、修復過程で角度を調節しようとした際に自重によって曲がってしまったんだとか。

ウルグベク・メドレセ
ウズベキスタン / 遺跡・史跡
住所:Ulugh Beg Madrasah, Registon ko'chasi, Samarqand, ウズベキスタン地図で見る

シェルドル・メドレセ

  • 写真:fon

ウルグベク・メドレセの向かい側、広場に向かって右手に建つメドレセ。ウルグベク・メドレセに倣って、1636年に建造されました。

このメドレセで特筆すべきなのは、アーチに描かれた、鹿を追うライオンと人の顔。イスラム教では偶像崇拝が禁じられているため、通常モスクなどでも人や動物の姿が描かれることはあり得ないのです。その意味で、とても珍しいイスラム建築の例となっています。

シェルドル・メドレセ
ウズベキスタン / 遺跡・史跡
住所:Sherdar Madrasa , Registon ko'chasi, Samarqand, ウズベキスタン地図で見る

ティラカリ・メドレセ

  • 写真:fon

広場に向かって正面に位置するメドレセ。空色のドームが美しく目を引きます。

中の礼拝所は金箔によって修復されていて、まさに豪華絢爛。とくに緻密に描かれた天井は必見です。

  • 写真:fon

この天井、ドーム状になっているように見えますが、実際には平らなのです。錯覚でくぼんで見えるように、模様が描かれているのだそうです。美的なクオリティの高さだけでなく、見え方が数学的に計算されているという、その技術の高さにも驚かされます。

ティラカリ・メドレセ
ウズベキスタン / 建造物
住所:Tillya-Kori Madrasah , Registon ko'chasi, Samarqand, ウズベキスタン地図で見る
レギスタン広場
ウズベキスタン / 公園・動植物園
住所:Registon ko'chasi, Samarqand, ウズベキスタン地図で見る

グリ・アミール廟(アミール・ティムール廟)

  • 写真:fon

14世紀に西トルキスタン一帯を支配したティムールと、その息子や孫が眠る霊廟。ティムールはモンゴル軍に破壊されたサマルカンドを復興させ、数々の建築物を作りました。この霊廟も、戦死したティムールの孫のためにティムールが建てたものでしたが、その直後に亡くなったティムール自身もここに葬られることになりました。

細かいすじの入った大きな青いドームが特徴的です。入口のアーチ内部は、曲線を組み合わせた立体的な装飾が施されています。

  • 写真:fon霊廟内部は金箔を贅沢に使い、入口同様に曲線を組み合わせた立体的な装飾も

廟の内部にはティムールとその子孫の墓石が安置されています。室内にも金とイスラム文字などを組み合わせた豪華な装飾が施され、支配者の圧倒的な栄華を物語っているかのようです。

でも、実はティムール自身は、故郷のシャフリサーブスに簡素な墓標をもって弔われることを願っていたようです。このグリ・アミール廟を訪れると、ティムールがいかに人民に慕われていたかがわかるような気がします。

  • 写真:fon夜は夜で、息をのむような美しさ
グリ・アミール廟
ウズベキスタン / 建造物
住所:Go'r Amir Maqbarasi , Oqsaroy Street , Samarkand ウズベキスタン地図で見る

ビビハニム・モスク

  • 写真:fonビビハニム・モスク(南側)

ティムールの命によって、1404年に完成しました。大モスクの両側に小さな2つのモスクが並び、中央アジアでも屈指の大きさを誇るモスクです。

中に入ると広大な中庭があり、その壮大さが身に迫ってくるようです。中庭の中央には、ウルグベクの寄進した巨大な書見台があり、願い事を唱えながらそのまわりを3周すると願いが叶うといわれています。

このモスクの建設はティムールにとっての一大プロジェクトであったようで、自ら毎日現場に出向いて指示を出していたほど。プロジェクトのあまりの巨大さのためか、建設中や完成にまつわる多くの言い伝えが残されているそうです。

  • 写真:fon筆者の来訪時、あちこちが修復作業中でしたが、修復される前の元のタイルやレンガの様子が見られるのもまた一興です
ビビハニム・モスク
ウズベキスタン / 社寺・教会
住所:Bibikhonim Str., Samarqand, ウズベキスタン地図で見る

シャーヒズィンダ廟群

  • 写真:fon

ティムールにゆかりのある人々の霊廟が集まるエリア。一本道の両側に、異なるデザイン、様式の霊廟が立ち並び、巡礼者の絶えない聖地となっています。本稿ではサマルカンドの6大イスラム建築のうちの「ひとつ」として数えましたが、実際には埋葬者のわからないものも含めると20以上の霊廟が集まります。

  • 写真:fon
  • 写真:fon
  • 写真:fon
  • 写真:fon
  • 写真:fon
  • 写真:fon

装飾のスタイル、青や白や金といった色味も、ひとつひとつ廟によって異なり、非常に見ごたえのあるものとなっています。

  • 写真:fon

鮮やかで緻密なアラベスク模様に彩られた霊廟群の中を歩いていると、別世界に迷い込んだかのような錯覚に陥ってしまいそうです。

シャーヒズィンダ廟群
ウズベキスタン / 建造物
住所:Shah-i-Zinda Ensemble , M-37, Samarkand, ウズベキスタン地図で見る

フォトジェニックな青の都

中央アジアを代表する古都・サマルカンド。以上に挙げた6か所をはじめ、サマルカンドの長い歴史を支えてきた数々のイスラム建築は、建築好きならずとも夢中になること間違いなし。ぜひ次の旅はサマルカンドで美しい青の世界に浸ってみてください。

ウズベキスタンの旅行予約はこちら

ウズベキスタンのホテルを探す

ウズベキスタンの航空券を探す

ウズベキスタンのパッケージツアーを探す

ウズベキスタンの現地アクティビティを探す

ウズベキスタンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年9月2日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

方向音痴系たび好き
次はどこに行こうかなあ、と考え始めると止まりません。休暇を使ってぼちぼち出かけています。
海外ひとり旅が好きです。ことばに困って、道に迷って、それでも人に助けてもらいながら何とか見たいものを見て楽しい時間を過ごせたときの達成感は、何物にも代えられません。

記事を通じて、旅先での滞在を満喫するための情報が発信できればいいなと思います。

韓国まで3時間海の旅!福岡⇔釜山の高速船ビートルに乗ってみよう

「日本から最も近い外国」のひとつ、韓国。福岡から船で釜山に行ける便があるのをご存知ですか。高速船なら、ターミナルが街に近いので、わざわざ郊外の空港まで行って長い...

【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


ウズベキスタンで女子におすすめのおみやげはこれ!

旅行先として注目度急上昇中のウズベキスタン。異なる文化が交差する歴史をもつウズベキスタンには女子の心をとらえるおみやげがいっぱい!ドライフルーツ、スザニ、陶器、...

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...


【ウズベキスタン】地元っ子と街歩き!サマルカンド・ローカルツアー

中央アジア屈指の古都・サマルカンド。美しいイスラム建築や歴史的名所があまりにも有名ですが、観光地巡りに疲れたら、ローカルツアーに参加するのはいかがでしょうか。「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?