ウズベキスタン
ウズベキスタン観光
”青の都”サマルカンドやオアシス都市ブハラ

【ウズベキスタン】手すきの温かみを感じるサマルカンドペーパー工房

取材・写真・文:

東京在住
訪問エリア:13ヶ国

2017年10月10日更新

1,056view

お気に入り

写真:fon

「サマルカンドペーパー」を知っていますか? 世界初の紙は、紀元前の中国で生まれたと考えられています。その後、751年に当時地域を支配していたアッバース朝と唐が戦ったタラス川の戦いで、唐軍の捕虜によってサマルカンドに紙の製法が伝えられました。そうして製紙の一大拠点となったサマルカンドで作られていたのが、サマルカンドペーパーです。「世界一の紙」とも言われたというサマルカンドペーパーの伝統を担う工房をのぞいてみませんか。

サマルカンドペーパーの歴史

中国で発明された紙は、751年タラス川の戦いで連れてこられた唐軍の捕虜によって、サマルカンドにもたらされました。これによりサマルカンドで製紙が始まり、さらにサマルカンドから中東やヨーロッパに製紙技術が伝えられました。

中国の本格的な製紙技術と西洋・中東の経典等の「書くこと」への需要が出会い、紙の供給・製紙技術の一大拠点となったサマルカンド。そののち西洋で発展した大量製紙技術が、現在私たちが日常的に使っている洋紙につながっているわけですから、サマルカンドペーパーは現代の紙のルーツとも言えるのです。

  • 写真:fonサマルカンドペーパー

当時、その高い品質と美しさが高く評価され、コーランや細密画の用紙などに多く用いられたサマルカンドペーパー。全盛期には2,000基もの水車があり、そのうち400基ほどが製紙に使われていました。しかし、19世紀に最後の工房が閉鎖され、紙作りの技術は途絶えてしまいました。

本記事で紹介するコニギル・メロス工房は、1998年にサマルカンドペーパーの復興活動を始めた紙すき工房です。ユネスコやJICAの支援を得て、コニギル村に紙作りのための工房を復元。一度は途絶えてしまったサマルカンドペーパーの製造技術を再現する試みは、現在も続いています。

コニギル・メロス紙すき工房

  • 写真:fon

工房は、サマルカンドの観光目玉のひとつ、レギスタン広場から車で15分ほどのところにあります。観光地の賑わいとはうって変わった、民家の集まる静かな村の一角。シヨブ川の流域にあり、まぶしい緑と小川の流れに囲まれた小さな工房です。

  • 写真:fon

紙作りの工程を見学

工房では実際に紙作りの手順を見せてもらうことができます。

1. 紙の原料を取り出す

まず、紙の原料となる桑などを蒸します。こうして柔らかくなった表皮を枝からはがします。はがした皮のうち表面のかたい部分だけをナイフで取り除きます。

  • 写真:fon

紙作りに使うのは、かたい皮の内側にぴったりくっついていた、この柔らかい皮(靭皮)です。これを煮込むと、縦に走っている繊維が柔らかくなり、ちぎれやすくなります。これが、紙の繊維になるというわけです。

  • 写真:fon靭皮
  • 写真:fon靭皮を煮込む

2. 紙の繊維をほぐす

先ほどの靭皮を臼に入れ、杵でひたすら叩いて繊維をほぐします。この杵の動力になっているのが、工房の外にある水車。サマルカンドペーパーの全盛期には400基あったということですが、現在は1基が4つの杵を動かしています。

  • 写真:fon
  • 写真:fon
  • 写真:fon

3. 紙をすいて乾かす

ばらばらになった繊維を水に溶かします。そのすき方は、日本人にもなじみのある和紙をすく方法と同じです。木枠に紙の繊維をすくって、紙を形作ります。すいた「紙」を平らなところに置き、重石をして、さらに空気にさらして乾燥させます。

  • 写真:fon
  • 写真:fon

4. 表面を磨く

サマルカンドペーパーの製法で特徴的なのはここから。乾燥させた紙の表面を、石や貝などを使って磨くのです。写真に見えるとおり、磨くのに使う石の表面がつるつるになってしまうくらい、丁寧に丁寧に磨いていきます。

  • 写真:fon

この作業によって、紙の表面に光沢が生まれ、なめらかに仕上がるのです。サマルカンドペーパーが「シルクペーパー」とも呼ばれた所以はここにあります。また、西洋で用いられていたペンの先が引っかかることがなく、機能面でも考えられた製法であるといえます。

  • 写真:fon光に透かすと、繊維が見えます

お土産にもおすすめ!サマルカンドペーパー製品

工房内には、サマルカンドペーパーを使った製品を買うことができる小さなショップもあります。カラフルな手描きイラストカードや、カレンダー、栞、カード入れなど、手すき紙ならではのあたたかみが感じられる可愛い小物がいっぱい。かさばりにくいので、手軽なおみやげにもとってもおすすめです。

  • 写真:fon
  • 写真:fon

ウズベク人の伝統的な帽子、色とりどりのお面や人形もユニーク。さらに、サマルカンドペーパーは洗っても大丈夫なのだそうで、服やカバンもあります。すべて紙でできているとは、驚きです。

  • 写真:fon
  • 写真:fon

隠れた歴史名所

私たちがふだん当たり前のように使っている紙ですが、その歴史の中でサマルカンドは重要な役割を果たしました。コニギル・メロス紙すき工房は、他の観光史跡のようなきらびやかさはありませんが、サマルカンドの知られざる歴史的側面を教えてくれるスポットです。名所めぐりの合間に、訪れてみてはいかがでしょうか。

コニギル・メロス紙すき工房
ウズベキスタン / 工場・施設見学
住所:サマルカンド, ウズベキスタン地図で見る
電話:2366046

ウズベキスタンの旅行予約はこちら

ウズベキスタンのホテルを探す

ウズベキスタンの航空券を探す

ウズベキスタンのパッケージツアーを探す

ウズベキスタンの現地アクティビティを探す

ウズベキスタンのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

方向音痴系たび好き
次はどこに行こうかなあ、と考え始めると止まりません。休暇を使ってぼちぼち出かけています。
海外ひとり旅が好きです。ことばに困って、道に迷って、それでも人に助けてもらいながら何とか見たいものを見て楽しい時間を過ごせたときの達成感は、何物にも代えられません。

記事を通じて、旅先での滞在を満喫するための情報が発信できればいいなと思います。

韓国まで3時間海の旅!福岡⇔釜山の高速船ビートルに乗ってみよう

「日本から最も近い外国」のひとつ、韓国。福岡から船で釜山に行ける便があるのをご存知ですか。高速船なら、ターミナルが街に近いので、わざわざ郊外の空港まで行って長い...

【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


ウズベキスタンで女子におすすめのおみやげはこれ!

旅行先として注目度急上昇中のウズベキスタン。異なる文化が交差する歴史をもつウズベキスタンには女子の心をとらえるおみやげがいっぱい!ドライフルーツ、スザニ、陶器、...

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...


【ウズベキスタン】地元っ子と街歩き!サマルカンド・ローカルツアー

中央アジア屈指の古都・サマルカンド。美しいイスラム建築や歴史的名所があまりにも有名ですが、観光地巡りに疲れたら、ローカルツアーに参加するのはいかがでしょうか。「...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?