ウズベキスタン
ウズベキスタン
”青の都”サマルカンドやオアシス都市ブハラ

【ウズベキスタン】素朴な色合いが魅力!ヒヴァのイチャンカラ・世界遺産の街並みを歩く

2017年6月17日更新

334view

お気に入り

ウズベキスタンの西部、オアシスの町として古代から栄えてきたヒヴァ。17世紀にはホレズム地方の中心都市となりました。外側と内側の2重の城壁に囲まれたエリア、イチャン・カラ(Ichan Qala)は世界文化遺産に指定されています。砂漠のオアシスらしい黄褐色のレンガと青や緑のタイルが調和したモスクやメドレセ(神学校)は必見!急げば半日で回れるようなコンパクトな街ですが、せっかくなら少し余裕をもって、アースカラーのかわいい街をのんびり歩いてみましょう。

イチャン・カラを代表する2つのミナレット

散策は城壁の西門からスタート。イチャン・カラ内の主要なスポットに入れる共通入場券(15USD/日本円で約1,700円、2017年5月現在)もここで購入できます。

門をくぐれば、土産屋さんが並ぶメインストリートです。シルクロードの商人の賑やかな喧噪が聞こえてきそう。

カルタ・ミナル

西門から続くメインストリートは、イチャン・カラのほぼ真ん中を東西に貫いています。おもな見どころはメインストリート付近に集まっています。まず右手に見えるのは、カルタ・ミナル。

1852年に着工されたものの、26メートルのところで建設が中断された「未完」のミナレット(礼拝を呼びかける塔)。完成すれば70メートルにもなる予定だったそうです。

空の色に負けないくらい美しい青をベースに、茶色、緑、白のタイルでパターンが描かれています。もし完成していたら、どれほどすばらしいものになっていたことでしょう。

カルタ・ミナル
ウズベキスタン / 建造物
住所:kalta minorasi, Khiiva

イスラーム・ホジャ・ミナレット

メインストリートをさらに進むと、右側にイチャン・カラを代表するもうひとつの建造物が見えます。

1910年に作られたメドレセ(神学校)に付随するミナレット。ヒヴァで一番高いミナレットです。マスキングテープを巻きつけたような可愛らしいデザインに目を奪われます。

イスラーム・ホジャ・ミナレット
ウズベキスタン / 建造物
住所:Islam Khoja Minaret , Khiva Usbekistan

人々の暮らしが垣間見える住宅街へ

ちょっとメインストリートを外れてみましょう。すぐに住宅街に行き当たります。

この小さなイチャン・カラの中で、観光スポットと現地の人々の生活の場が共存していることに驚きます。家の女性たちが軒先でノン(ウズベク風のパン)を焼いていたり、お兄ちゃんお姉ちゃんが小さな子の相手をして遊んでいたり。

住宅街の中には、彫りを施したまな板や杖などを作る工房や、タイル工房もあります。

華やかなモスクやメドレセの観光に目を奪われがちですが、ヒヴァの人たちの生活のにおいが感じられるこうしたエリアにも、ぜひ足を延ばしてみてください。

町全体を見渡すならここ

せっかくですから、町全体が見える高いところに上ってみましょう。

ジュマ・モスク、ミナレット

ジュマ・モスクのミナレットは42メートル。モスクに入ると、ミナレットに上る階段への小さな入口があります。階段は大人一人がやっと通れるほどの幅で、傾斜もかなりきついです。途中途中にある窓から見える景色に励まされながら81段の階段を上りきると、この眺め。

メインストリートに面しているので、街の賑わいもよく見えます。

もちろん、ミナレットだけでなくモスクもぜひじっくり見てくださいね。

213本もの木製の柱が林立する内部は、中央に大きな天窓があり、陽の光が差し込むと幻想的な雰囲気さえ感じられます。柱には一つ一つ緻密な彫刻が施されています。

ジュマ・モスクとミナレット
ウズベキスタン / 建造物 / 展望・景観
住所:Juma Mosque , Khiva Usbekistan

アクシェイフ・ババの見張り台

西門の左手にあるキョフナ・アルクは、17世紀に建てられた大きな宮殿です。中にある見張り台には、共通入場券とは別料金(1.5USD/日本円で約170円)で上がることができます。

見張り台は広々としていますから、好きな方向から心ゆくまで景色を写真に収めたり、座って移りゆく空の色を眺めながらぼーっとしたり、他の人の目を気にせずのんびり過ごしましょう。

アクシェイフ・ババの見張り台
ウズベキスタン / 展望・景観
住所:Kunya-Ark , Khiva ウズベキスタン
キョフナ・アルク
ウズベキスタン / 建造物
住所:Kunya-Ark , Khiva ウズベキスタン

1日のなかで変わっていく色合い

イチャン・カラをゆっくり楽しみたいもう一つの理由は、時間帯によって刻々と変わる街の表情が見られること。

  • 夕闇が迫る通り
  • 夕焼けに染まるイチャン・カラ
  • ライトアップされ、ショーが行われるアラクリ・ハン・メドレセの中庭

人通りの少ない早朝、太陽の光が強まる午前中から昼下がり、日が傾き始める夕方、夕暮れ時、そしてライトアップされる夜。

見どころだけ見て立ち去ってしまうのはもったいない!情趣あふれる世界遺産の町、時間の許す限りゆっくり過ごしてみてください。

イチャン・カラ
ウズベキスタン / 町・ストリート / 観光名所
住所:ichan qala, khiva

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年5月1日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

この記事を書いたトラベルライター

方向音痴系たび好き
次はどこに行こうかなあ、と考え始めると止まりません。休暇を使ってぼちぼち出かけています。
海外ひとり旅が好きです。ことばに困って、道に迷って、それでも人に助けてもらいながら何とか見たいものを見て楽しい時間を過ごせたときの達成感は、何物にも代えられません。

記事を通じて、旅先での滞在を満喫するための情報が発信できればいいなと思います。

乗り継ぎ時間に無料ツアー!仁川空港トランジットツアーのすすめ

世界約180都市に就航し、日本人旅行客も多く利用する韓国・仁川(いんちょん)国際空港。スカイトラックスが実施する空港ランキングで、2017年には「乗り継ぎにベス...

韓国まで3時間海の旅!福岡⇔釜山の高速船ビートルに乗ってみよう

「日本から最も近い外国」のひとつ、韓国。福岡から船で釜山に行ける便があるのをご存知ですか。高速船なら、ターミナルが街に近いので、わざわざ郊外の空港まで行って長い...

【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...

【ウズベキスタン】地元っ子と街歩き!サマルカンド・ローカルツアー

中央アジア屈指の古都・サマルカンド。美しいイスラム建築や歴史的名所があまりにも有名ですが、観光地巡りに疲れたら、ローカルツアーに参加するのはいかがでしょうか。「...

本に囲まれて眠ろう BOOK AND BED TOKYO 福岡店

たくさんの本や雑誌との出会いを楽しみたい、時間を忘れて本の世界に浸りたい、あわよくば読書しながら寝落ちしたい。そんな本の虫さんたち必見のホステルがあります。「泊...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?