崖からダイブにお化け屋敷!?コロラド州カサボニータでユニークなメキシカンディナー

395

view
   2016年8月2日更新

ロッキー山脈が走るコロラド州は、夏はキャンプやハイキング、冬はスキーにスノーボードなどのアウトドアスポーツが盛んで、地元民から観光客まで、年中たくさんの人々が自然を楽しんでいます。そんな美しい自然に加え、アメリカ人にとってなくてはならないのがメキシコ料理!なのですが、今回は主に食事以外のことを楽しみに来る人がほとんどであろう、かなり個性的なレストランをご紹介しようと思います。

長年支持され続けている老舗レストラン

コロラド州都デンバーにあるメキシコ料理店カサボニータは、1973年創業の歴史のあるレストランです。ダウンタウンからは車で約10分と、一日の観光の締めくくりに寄ってみるのにぴったりの場所にあります。お城のような建物と、玄関前の立派な噴水は、入る前から想像をかき立てられる外観です。

着席までの流れ

こちらでは席に着く前に注文をします。大きなメニューがあるので、好きなものを選びましょう。注文する前もした後も長蛇の列がありますが、店内は広いので何時間も待つということはありません。たとえ待ったとしても、それに見合う特別な時間を過ごすことができるのでご安心ください。

好きなプレートを選び、料理と飲み物を受け取ります。この流れ作業がまるで給食のようで、学校に通っている子供も、かつて通っていた大人も楽しめる場面の一つです。

  • ソパピア

料理を受け取ったら、従業員の指示に従い席に着きます。こちらのお食事は「ファミレスだとこのくらいかな」という感じの味ですが、注文は絶対(完食は迫られません)なので、無料でいただけるのにおいしくてしかも食べ放題のチップス&サルサと、デザートのソパピアに期待しましょう。ソパピアはKFCのビスケットのような味で、ハチミツをかけていただきます。ウエイターを呼びたい場合には、日本のレストランや居酒屋にある呼び出しベルの代わりに卓上の旗を立てましょう。

ここからが本番

さて、こちらが客席の様子です。まるで遊園地のアトラクションのような店内には、大きな滝と崖があり、ダイビングショーが開催されています。何度も登っては飛び降りるダイバーの勇姿に観客は大興奮です。このショーの前後に行われる西部劇パフォーマンスも楽しみたい方は、店内にあるスケジュールをチェックしてみてください。

さらに不思議で美しい店内の様子。見るところがたくさんあるので、食事を終えたら先に会計を済ましてしまうのが良いかと思われます。

そして探検してまわった先には……お化け屋敷です!5歳以下の子供には怖すぎるかも、との記載があります。実際子供達は口々に怖かったと叫んでいました。大人にも少し怖いかもしれません。

他にも西部劇に出てくる悪者の恰好をして写真が撮れるブースやゲームセンター、似顔絵コーナーまであり、食後の腹ごなしには最適です。客席で配られるコインを使ってゲームに勝つとチケットが出てくるので、それを集めて景品を受け取るか、欲しいものがない場合には子供にあげるとたいへん喜ばれます。

もちろん旅行先ではすごくおいしいものだけを食べたい!と思うのは当然ですが、ここまで人々に愛されるカサボニータ、コロラドにご旅行の際にはぜひお立ち寄りください!

カサボニータ

アメリカ / メキシコ料理

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年7月14日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
散歩とおいしいご飯

散歩をしながら、おいしいものや面白い場所を見つけることに喜びを覚えます。
現在タイ語の勉強中で、タイ料理屋でタイ人にタイ語で完璧に注文することが目下の目標です。
地元にいても旅行中でも、ふらりと歩いてみつけた貴重な情報をたくさんご紹介できたらと思っております。

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2016 受賞結果発表】2016年、特に人気を集めた記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!