アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

2018年1月30日更新

10,445view

お気に入り

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありながら親しみやすさにあふれ、毎日大勢の訪問者で賑わっています。シリコンバレーに来たらぜひ立ち寄りたい、Apple Park Visitor Centerを紹介します。

Apple Parkとは

  • 2017年11月にオープンしたApple Park Visitor Center

サンフランシスコから車で40分ほど南下すると、IT産業で有名なシリコンバレーに辿り着きます。シリコンバレーには複数の市があり、その一つ、クパティーノ市はアップル社の本社があることで知られています。

アップル社は2017年に本社キャンパスを同じ市内の別の場所に移転。175エーカーの広さを誇る新キャンパスは「Apple Park」と名付けられ、円盤形の新社屋やiPhone X発表の会場として話題を呼んだ「スティーブ・ジョブズ・シアター」をはじめ、研究施設、駐車場などが集まっています。

誰でも歓迎のビジターセンター

  • 全面ガラス張りで写真を撮らずにはいられない外観です

円盤形の新社屋から道を挟んで真向かいに2017年11月にオープンしたのが「Apple Park Visitor Center」。車道からは木々に隠れて全貌を見ることができませんが、車を停めて近づくと、全面ガラス張りの大胆な設計に驚きます。

  • 大胆な設計ながら周囲の景観にも違和感なく溶け込んでいます

ビジターセンターは定休日がなく週末もオープン。最新のアップル製品を販売するストアのほかにキャンパスのジオラマ展示とカフェがあり、2階のテラスも含めて誰でも無料で入ることができます。


タブレットでキャンパス内を散歩

  • 本社キャンパスのジオラマ展示

ビジターセンターに来たのだからApple Parkについて知りたい!という方は、1階のジオラマ展示を見に行きましょう。ジオラマ自体は白一色でとてもシンプル。

でも備え付けのiPadをかざすとキャンパス全体をリアルに再現した映像が映し出され、時間の設定を選んで太陽の位置を変えたり、建物に近づいて細部を観察することができます。

  • タブレット上で屋根を取り外せば建物の内部も見ることができます

円盤形の新社屋をはじめいくつかの施設は、iPad上で屋根を上に弾くことで建物の内部も閲覧可能に。よく見るとミリ単位の小さな人々がオフィス内を歩いていたり、カフェテリアでランチを食べていたりして、芸の細かさに感心します。

2階のテラスから実際の社屋をチェック

  • 2階のテラスからは円盤形の新社屋が見えます

キャンパスの全体像を把握した後は2階のテラスに移動して自分の目でApple Parkを見てみましょう。目の前の新社屋すら木々に覆われて全てを見ることはできませんが、Apple Parkの広さ、そして緑の多さを実感できるはずです。

  • テラスへ上る階段もアップル社らしい設計と質感

この日は途中から雨が降り始め、「足元が滑りやすい」との理由でテラスは閉鎖になりましたが、天気が良ければ日光浴が楽しめそうなオープンスペース。階段や屋根など設計の細部にもこだわりが感じられるので建築ファンは必見です。

明るく開放的なカフェでのんびり

  • カフェでは10数台のiPadがメニューとして用意されています

時間に余裕があれば1階のカフェに立ち寄ってみましょう。メニューを探してキョロキョロしていると店員さんがすかさずiPadを渡してくれるはずです。

エスプレッソ類は3〜5ドル(約330〜550円)、お茶も2ドル(約220円)で、値段設定は比較的良心的。スナックメニューはチョコレートやシリアルバーがメインで食事と呼べるものはありません。

  • 屋外との境界線が曖昧で開放的なカフェ

壁がすべてガラス張りで、しかも南に面しているカフェはとにかく明るく開放感にあふれています。南側のガラスは回転ドアのように回して開閉できる仕組みになっていて、天気の良い日にはオープンカフェに変身。椅子の座り心地もいいので何時間でものんびりできそうです。

ここでしか買えないオリジナルグッズも

  • アップル社の製品が勢揃いのApple Store

ビジターセンターの中で一番の賑わいを見せるのは最新のアップル製品を販売するApple Store。iPhoneからiPad、MacBookまで何でもそろっていますが、ここで見逃したくないのは「Apple Park」の文字が入ったご当地グッズです。

  • Apple Parkのロゴ入りTシャツは色とりどり。ベビー服もあります

色とりどりで虹を連想させるTシャツと、それとは対照的に白、グレー、黒に限られた帽子はそれぞれ40ドル(約4,410円)。もう少しお手ごろな値段ではオリジナルポストカードのセット(20ドル/約2,200円)、トートバッグ(25ドル/約2,760円)などがあります。

  • トートバッグや帽子もおしゃれです

これらは本社キャンパスでしか手に入らないので、気に入ったら絶対に購入しましょう。アップルマニアには聖地からのお土産として喜ばれること間違いなしです。

アップルパーク・ビジターセンター
アメリカ / その他スポット
住所:10600 North Tantau Avenue, Cupertino, CA 95014
電話:408-961-1560
Web:https://www.apple.com/retail/appleparkvisitorcente...

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカのパッケージツアーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年1月24日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

ニューヨーク公共図書館は見所満載!ギフトショップはNY土産の宝庫♪

数々のNY映画に登場し、ニューヨーカーにも観光客にも愛されている「ニューヨーク公共図書館(ニューヨーク・パブリック・ライブラリー)」。誰でも無料で入館でき、館内...

【アメリカ】LAに行ったらここ‼︎定番スポット13選‼︎

一度は行ってみたいアメリカ・ロサンゼルス(Los Angeles)、通称「LA」!地名は有名だけれども、実をいうとどんな観光スポットがあるかは良くわからない・・...


グランドサークルを効率よく巡る!一生に一度は見たい6ヶ所の大自然

日本にはない地球規模の大自然を一度にたくさん楽しめるのが、アメリカ合衆国のユタ州、アリゾナ州、コロラド州、ニューメキシコ州の4州にまたがる【グランドサークル】と...

【アメリカ西海岸サンディエゴ】絶対外せないオススメ観光スポット5選

サンディエゴは一年を通して温暖な気候で、カルフォルニア発祥の地と言われています。街中には所々に隣国のメキシコや、かつての植民地時代を思わせるスペイン風の建物が立...


1日でこれだけ廻れる!【ボストン】のんびり散策

今では治安が良く住みやすい街として留学生にも人気があり、スポーツ観戦や観光に訪れる人も多いボストンですが、かつては「ボストン虐殺事件」などアメリカ独立戦争の勃発...

この記事を書いたトラベルライター

サンフランシスコから離れられません
大学留学で渡米し、サンフランシスコに流れ着きました。寛容でリベラルで肩の力が抜けたところがツボにはまり、格差社会が叫ばれ家賃高騰が続く今も離れられずにいます。できるだけお金をかけずに楽しいことを探すのが趣味。定番の観光スポットだけでなく、サンフランシスコの現在形が体感できる情報をお届けしたいと思っています。
http://mottosf.com

知っていれば安心 サンフランシスコのラーメンマップ10選

日本のソウルフードともいえるラーメンですが、サンフランシスコでもブームに火が付き、ラーメンをメニューに載せるレストランが数年間で一気に増えました。ラーメン専門店...

旅先で素敵な出会いがあるかも!?サンフランシスコの雑貨屋巡り

海外旅行の楽しみの一つであるショッピング。観光名所でお土産を買うのは定番ですが、趣味のいい雑貨屋さんで仲の良い友人や自分へのお土産を探すのも旅の思い出になります...


新店舗も連日行列!! 日本未上陸のタルティーン・ベーカリー

「サンフランシスコで一番人気のパン屋さん」と言っても過言ではないミッション地区のTartine Bakery(タルティーン・ベーカリー)。2015年春、東京・代...

並んでこそ価値がある? サンフランシスコで食べたい人気スイーツ8選

質の高いレストランが集まる美食の街、サンフランシスコ。予約が取れないレストランがあるように、開店に合わせて並ばないと人気の商品が売り切れてしまうスイーツ専門店も...


観光バスは必要なし! サンフランシスコを感じる市営バス8選

サンフランシスコといえばケーブルカーの印象が強い街ですが、実はそのほかの公共交通機関もかなり発達していて、市内のほとんどの場所にバス、またはメトロと呼ばれる路面...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?