アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

【ソルトレイクシティ】グレートソルトレイクという名の湖

2018年6月22日更新

310view

お気に入り

アメリカ・ソルトレイクシティ。オリンピックのイメージが強いこの街には、大きな塩湖が存在します。街の名前の由来にもなったであろう「グレートソルトレイク」というのが、その湖の名前です。今回は、その雄大で自然あふれる景色を持つ大塩湖についてお伝えしていきます。

この記事の目次表示

ソルトレイクシティという街

「ソルトレイク」という街がどこにあるのかご存知でしょうか。2002年の冬季ソルトレイクシティオリンピックが開催されたことが、私たちにとっては一番なじみがあるのではないかと思います。

  • ソルトレイクシティ駅前にあるオリンピックの記念碑

さて、どこに位置しているのかということでしたが、アメリカ合衆国中西部のユタ州にあります。そしてソルトレイクシティはユタ州の州都であり、最大都市でもあります。

街の中心部から北西部に目をやると「グレートソルトレイク」と呼ばれる大きな塩湖があります。さらに、街の中心部からアクセスしやすく、その湖を見られる場所があります。グレートソルトレイクに突き出すように形を成している「アンテロープ・アイランド州立公園」です。

今回は、その公園へ行った際の様子と、大塩湖・グレートソルトレイクの様子をお届けします。

アンテロープ・アイランド州立公園を目指す

街の名前にもなっているぐらいなので、グレートソルトレイクは「相当すごい湖なのだろう」と期待に胸がふくらみます。ツーリストインフォメーションでどのように行くことができるのか尋ねてみると、車でしか行けないとのこと。

ユタ州会議事堂近くのツーリストインフォメーションから出発し、車を走らせること40分ほど・・・・。

湖に囲まれた公園への、唯一の一本道を快調に車で飛ばしていきます。途中、入口の料金所のような場所があるので、そこで10ドル(約1,100円)ほど入園料を支払います。


アンテロープ・アイランド州立公園の見どころ

野生のバイソンたち

アンテロープ・アイランド州立公園の中に入ると、そこには車が通るようだけの道が一本、ぴゅーっと続いているだけで、周辺は草が生い茂っているだけです。

路肩は広く、頻繁に車が通るわけでもないので途中どこでも路肩に駐車して、辺りを散策することができます。もちろん、写真撮影もOKです!

水が張っている箇所もあれば、干上がって塩が浮き出て白い土地が広がっている箇所もありました。のどかで、キレイな場所だなあと思いながら、気ままに車を停めて散策をしていると、発見しました。

野生のバイソンです!

これほどの距離で見ることができます。筆者たちのことなんか、知ったこっちゃない、なんて様子でムシャムシャと草を頬張って食べています。

もう少し車を走らせていくと・・・・、

バイソンの集団にも遭遇!

あまり動物を直に見る機会がそれほどない筆者にとって、これだけの野生のバイソンがのんびりと過ごしている様子を目の当たりにすると、驚きと感動がいっぺんにやってきて変なテンションになってしまいます。

「うおおおお!」「バイソンがめちゃくちゃいるー!」と大興奮すること間違いなしなので、野生の動物を見るのはオススメです。

一本道なので、車を走らせていると左右の草むらにバイソンたちを見ることができます。

さらに、ここまでの距離感が実現すれば、動物園で見る何十倍もの迫力と息づかいを感じることができるはずです。

ウエスタンな世界観

バイソンたちの寝床を後にし、車を走らせていくと小屋を発見!

周りが自然たっぷりの中なので、ポツンと小屋が現れると何だか西部劇を想像させます。

公園はとても大きい敷地を持っているので、公園内にはちょっとした山もあります。

大塩湖、グレートソルトレイクの堂々とした姿

グレートソルトレイクの醍醐味は、水が鏡のように景色を映し出しているところを見ることではないでしょうか。道を走りながら、ふと横を見るとグレートソルトレイクの壮大な景色を見ることができました。

キレイに反射しています。

空や雲もそのまま湖水に反映しているの姿は圧巻の一言です。

筆者が訪れたのは8月の夏場でしたが、水が入っているところと塩がむき出しになっているところが一緒に見ることができました。


おわりに

いかがでしたでしょうか?

ソルトレイクシティにある大塩湖・グレートソルトレイク。その湖を堪能することができるアンテロープ・アイランド州立公園。ぜひ、塩湖と公園を楽しんでみてください。

グレートソルトレイク
アメリカ / 自然・景勝地
住所:Great Salt Lake , ユタ州 アメリカ合衆国

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのホテル予約をBooking.comで探す

アメリカの航空券予約をエクスペディアで探す

アメリカのパッケージツアー予約をH.I.S.で探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年8月13日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【アメリカ】誰でも訪問可能!アップル本社のApple Park Visitor Center

使いやすさとデザイン性を重視した製品に定評のあるアップル社。カリフォルニア州にある本社キャンパス(通称Apple Park)のビジターセンターも近未来的でありな...

【アメリカ】一生に一度は見たい絶景!時間と水の流れが作りだした芸術作品 「アンテロープキャニオン」

「一生に一度は見たい絶景」などで取り上げられることが多いアンテロープキャニオン。映像で目にしたことがある人も多いはず。実際に、幻想的な岩の曲線を目の前にするとそ...


カルフォルニア州ニランドの自由の街 スラブシティ 見どころ3選

カルフォルニア州ニランドに、「Slab City(スラブシティ)」という、人々が自由気ままに生活しているエリアがあります。そこは、電気が通っていないにもかかわら...

ニューヨーク公共図書館は見所満載!ギフトショップはNY土産の宝庫♪

数々のNY映画に登場し、ニューヨーカーにも観光客にも愛されている「ニューヨーク公共図書館(ニューヨーク・パブリック・ライブラリー)」。誰でも無料で入館でき、館内...


これぞ王道!NYの可愛いお土産探しなら「M&M’s ワールド」へ

NYで有名な観光スポット、タイムズスクエアに店舗を構える、アメリカ生まれのM&M’sチョコレートのショップ「M&M’s ワールド」。3階建ての広いお店で、外観も...

この記事を書いたトラベルライター

次はどこへ行こうか。
「海外に行きたい欲」が止まらなかったので、旅に出てます。
🇯🇵🇭🇰🇲🇴🇵🇭🇻🇳🇺🇸🇦🇺

ただ今オーストラリアにてワーキングホリデー中です。
好きなことは、写真を撮ること、路上マーケットの観察、街中をひたすら探検することです!
https://note.mu/sk21420416

【NY】無料のフェリーを使って、「自由の女神像」に会いに行きませんか?

ニューヨーク、いやアメリカ合衆国を代表する観光スポットの一つである自由の女神像。フランスからアメリカ合衆国へ、友好の証として贈られたことでも有名です。ですが、実...

【サンフランシスコ】カストロのレインボー交差点を渡ってみる!

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ中心部の南西に「The Castro(カストロ)」と呼ばれるエリアがあります。カストロはゲイ・タウンとして有名で、LG...


【シカゴ】街中の公園で寛いで、はしゃいで、驚いて

アメリカ・シカゴ。歴史あふれる大都会に、一見の価値ありの公園があります。それは、シカゴの街の中心部に位置し、ミシガン湖に面して隣接する「ミレニアムパーク」と「グ...

【アメリカ】あま〜いおまじない!? 世にも奇妙な「ブードゥードーナツ 」

アメリカ・オレゴン州の最大都市ポートランド。「バラの街」や「環境に優しい都市」など様々な名称を持つこの街は、日本でも地方の街づくりのロールモデルとして注目され、...


【ロサンゼルス】常夏のリゾート地サンタモニカを訪れて

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスの西郊、西海岸に面した場所にサンタモニカの街はあります。今回は、サンタモニカの街でぜひ訪れてほしい太平洋に突き出た「サンタ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?