口コミ世界一を体験しよう!ネブラスカ州「ヘンリードーリー動物園」

479

view
   2016年7月26日更新

ネブラスカはアメリカ中西部にある、緑に囲まれた州です。観光や買い物をして回るというよりは、自然や田舎の風景を楽しみたい場所なのですが、何もないわけではありません。広大な土地を利用した、なかなか見ることのできない、世界的に人気な動物園があるのです。

世界一の動物園

オマハ市にある「ヘンリードーリー動物園」は、1898年に初めて動物の飼育を始めた時から続く(現在の名前がついたのは1963年)、大変歴史のある動物園です。もともと動物の繁殖や研究で有名だったのですが、2014年にはトリップアドバイザーで「大変良い」「良い」の口コミが一番多く、特に砂漠やジャングル、動物の生態についての研究結果など、屋内の展示がすばらしいということでNo.1を獲得し、今では「世界一の動物園」として人気を博しています。

アクセスと入場料

エプリー・エアフィールド空港から車で15分ほどの距離にあります。入場料は季節によって異なり、冬に若干安くなりますが、それ以外は大人18~19ドル(筆者が行った日は18.95ドル)、3~11歳の子供は12~13ドルほどです。とにかく広く、一日で回りきるのが難しいので、事前にどこのエリアに行くかを決めておくのが良いでしょう。

まずは動物園を楽しみましょう

チケット売り場からすぐ、右手にはジャングルがあり、いろいろな種類のサルや珍しい鳥、コウモリなどを見ることができます。うっそうと生い茂った木々、大きな池に滝と、かなり本格的な造りになっていて、動物たちがのびのびと暮らしている姿をじっくり観察することができます。

続いて砂漠のゾーン。こちらにもかわいい鳥がたくさんいて和むのですが、圧巻なのは巨大なサボテンたち。普段の生活ではまず見ることができないサイズです。

こちらのおしゃれな紳士は、オマハ市在住日本人アーティスト’’金子潤’’さんの作品で、ポップでカラフルなタヌキが何体も設置されています。2015年には姉妹都市である静岡市の「日本平動物園」にも送られているので、アメリカに行く前にタヌキが見てみたい!と言う方はそちらをチェックしてみましょう。

もちろん園内にはキリン、ゾウ、ライオンなどの「外せない」動物たちもいますのでご安心くださいね。

動物園+???

実はこの動物園の正式名称はOmaha’s Henry Doorly zoo & Aquarium 、つまり動物園+水族館がある施設なのです。かわいいペンギンたちは、水族館エリアでお出迎えしてくれます。

もちろんトンネル型水槽もあります。大きな魚の泳ぐ姿も楽しめて、大人も子供も大満足できそうですね。

さまざまな乗り物

先述の通りこの動物園はとても広いため、乗り物もいろいろあります。園内を横切りたい時は、リフトや汽車が便利です。これらは別料金で、片道で3ドル、往復で5.5ドルで乗ることができます。

汽車を使えば、歩いて行かずとも動物園の後半部分、ライオンやサイ、プレーリードッグなどがいるサファリゾーンを一気に見ることができます。

動物園ならではのメリーゴーランド(一人2ドル)は子供たちに大人気。

ラクダに乗ることもできちゃいます。こちらは5ドル必要です。

至れり尽くせりの動物園。映画館まで併設されていて、自然や動物の3D映画を鑑賞することができます。

今回掲載した写真以外にもまだまだ見るところがたくさんあるヘンリードーリー動物園。アメリカ旅行の際にはぜひ足を運んでみてください!

ヘンリードーリー動物園

アメリカ / 公園・動植物園

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年7月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
だいたい食べ物のことを考えている大人

パンクロックのライブに明け暮れる少女時代を過ごし、夜遊びが大好きな大人に成長。アーティストである夫と知り合ってから旅することに目覚め、オンラインでどこでも仕事ができる環境作りを目指して奮闘中だが金欠。尊敬するのは夫と遠藤ミチロウ氏。Tシャツも販売中。

同じテーマの記事

【トラベルライターアワード2017上半期 受賞結果発表】2017年上半期の人気記事&活躍したライターさんを発表します!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!