アメリカ
アメリカ観光
大都会も大自然も楽しめるエキサイティングな国

サンディエゴ観光なら!超便利なシェア自転車ofoの使い方をご紹介☆

取材・写真・文:

トラベルライター

2018年4月29日更新

2,129view

お気に入り

写真:トラベルライター

世界的にポピュラーになりつつある自転車シェアリングサービス。アメリカの人口第3位の都市、サンディエゴではかなり普及しており、ダウンタウンのガスランプ地区ではサービスを展開している数社の自転車がいたるところに停めてあります。その中でも、一番のシェアを占めているofoは、簡単な操作と利便性に感動します!サンディエゴは公共交通機関が少ないので、旅の移動がとっても快適になりますよ☆2018年から、順次日本でも展開されると噂のofo。使い方をマスターしてみませんか?

この記事の目次表示

自転車シェアリングサービスって?

  • 写真:トラベルライター

自転車シェアリングサービスとは、バイクシェアリング、サイクルシェアリングとも呼ばれる、設置された自転車を、専用アプリやネット回線を用いて特定の場所で貸出・返却する共同利用サービスのことです。

専用拠点から自転車を貸出・返却するサービスもあれば、好きな場所で乗り捨てることができるサービスもあり、その形態は会社によって異なります。自転車利用人口の多い中国でポピュラーになり、中国企業が海外進出したことから世界の大都市でも流行するサービスになりました。

ofoとは?

  • 写真:トラベルライター

ofoとは、2014年北京発のバイクシェアサービスを展開する会社で、競合会社であるMobikeと2大バイクシェア会社として注目を集めています。100万台以上の自転車を保有し、250都市以上で展開されているofoの魅力はその料金体系。

国によって異なりますが、2018年4月時点でのサンディエゴでは1時間1ドル(110円)、デポジット不要でした。(デポジットに関しては、キャンペーンだったのかもしれません。)また、ofoもMobikeも自転車を専用拠点へ返却する必要がなく、好きなところで乗り捨てが可能。面倒な返却場所を探す必要がなく、使用可能な点もとても魅力的です!

ofo公式サイトURL:https://www.ofo.com/jp/ja

サンディエゴでofoがオススメの理由

  • 写真:トラベルライター

LimeBikeやMobikeなど他社も参入している中、なぜサンディエゴでofoがオススメかというと、自転車の台数が圧倒的に多いからです。いたるところにあるシェアバイクのうち、7割はofoの自転車だったと思います。

また他社より料金が安いこと、アプリが日本語も対応しているので登録が簡単だということも挙げられます。1時間未満の利用では料金がかからないので、近場へ行く場合は無料で利用可能です。とってもお得ですよね!

ofoの登録から使い方まで

登録方法はとっても簡単

  • 写真:トラベルライター

まずは、アプリをダウンロードしましょう。電話番号とクレジットカードの登録が求められますので、準備しておいてください。電話番号を入力すると確認コードがSMSで届きますので、こちらを入力し登録完了になります。

登録の際、私はアメリカの通信会社Verizonの電話番号付きsimカードを使用していたのですが、問題なく登録できました。通話ができなくてもSMSさえ届けば登録可能かと思いますので、日本の通信会社を使用される場合はSMSの設定を確認しておいてください。

登録にかかった時間は約5分。案内に沿って登録するだけですので、とても簡単でした!

利用方法もとっても簡単

  • 写真:トラベルライター

登録が完了したら早速利用してみましょう!まずは、アプリを起動します。すると、このように現在地のマップに使用可能な自転車が表示されます。表示位置の場所に正しく自転車があるかどうか確認してみたのですが、本当に正確に置かれていました。このマップを見れば、空いている自転車をウロウロと探し回る必要はありません☆

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

利用したい自転車が決まれば、あとは自転車に搭載されているQRコードをスキャンするだけ!スキャンが認識されるとすぐに自転車の鍵が自動で解錠します。その時間、約3秒。この簡単さと速さには驚きました。そのまますぐに自転車を使用できるので、利用もとってもスムーズですよね!

  • 写真:トラベルライター

サドルの位置が合わない場合は手動で調節ができます。ネジ式ではなくレバーを上下に調節するだけなので、女性や子供でも操作がとっても簡単なんです♪

  • 写真:トラベルライター

早速、ofoに乗って街を散策してみましょう!サンディエゴは車の行き来が多いので、風景に気を取られないようにご注意くださいね。

たどり着いたこちらは、私のお気に入りのカフェCofffee & Tea Collective。ガスランプ地区では一番お気に入りのカフェでしたので、ぜひ行ってみてください♪お店の前に沢山のofo自転車が置かれていますね!

  • 写真:トラベルライター
  • 写真:トラベルライター

利用を終了する時は、レバーを下げて鍵をかけ、アプリで施錠完了をタップするだけ。最後に利用時間・利用料金・消費カロリーが表示されますのでチェックしましょう☆

Coffee & Tea Collective
アメリカ / カフェ・喫茶店
住所:631 9th Ave San Diego, CA 92101地図で見る
電話:Phone number (619) 564-8086
Web:https://www.coffeeandteacollective.com/pages/631-9...

車がなくても快適な旅を♪

電車や地下鉄が少ないアメリカ・サンディエゴでは、観光する際も車がないととっても不便!だったのですが、こんな便利なシェアバイクサービスの登場でとっても快適に観光できるようになりました。驚くほど簡単に利用できますので、是非、旅行に行かれた際はトライしてみてください☆

アメリカの旅行予約はこちら

アメリカのパッケージツアーを探す

アメリカのホテルを探す

アメリカの航空券を探す

アメリカの現地アクティビティを探す

アメリカのWi-Fiレンタルを探す

アメリカのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月30日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


アメリカの天気・気温・服装・旅行のベストシーズン!

アメリカ旅行の前に知っておきたい、この先の天気予報と月ごとの平均気温や降水量、気候の特徴、旅行の服装を徹底解説!いつ旅行するかお悩みの方向けに、アメリカ旅行のベ...


アメリカのコンセント・プラグ・電圧を解説!変圧器は必要?

アメリカ旅行の前に知っておきたい、コンセント・プラグ・電圧について日本との違いを徹底解説!変圧器がどんな時に必要か、また持っていくと便利なおすすめ電源グッズもご...

日本とアメリカの時差は「14時間~17時間」!アメリカへの飛行時間は?

アメリカ旅行に出かける前に知っておきたい、日本とアメリカの時差や、サマータイム、日本からアメリカへの飛行時間について解説します。

日本とロサンゼルスの時差は「17時間」!ロサンゼルスへの飛行時間は?

ロサンゼルス旅行に出かける前に知っておきたい、日本とロサンゼルスの時差や、サマータイム、日本からロサンゼルスへの飛行時間について解説します。

【グランドキャニオン・2019年最新情報】基本情報&おすすめの回り方を伝授

グランドキャニオン国立公園にある「サウス・リム」と「ノース・リム」はどっちがおすすめ?最寄り空港はどこ?園内を移動する無料シャトルバスがある?等の基本をご紹介。...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります