青森市
青森市観光
日本を代表する火祭り”青森ねぶた祭”の開催地

【青森】八甲田ロープウェーに乗って、気軽に絶景散策しよう♪

取材・写真・文:

愛知在住

2018年7月10日更新

1,653view

お気に入り

写真:myao

八甲田山の観光スポット、八甲田ロープウェー。天気の良い日は青森市をはじめ、陸奥湾、岩木山、遠くには白神山地、はたまた日本海まで一望できる山頂へは、所要時間約10分!誰もが気軽に絶景と、ハイキングも楽しめる山頂エリアを紹介します。

この記事の目次表示

気軽に絶景を観に行こう!

  • 写真:myao

ロープウェーに乗って八甲田山頂公園駅のある田茂萢岳(たもやちだけ)山頂までは、約10分。駅を降りるとすぐの場所に、ウッドデッキで出来た展望所があります。晴れた日はそこからの眺めが最高です!

  • 写真:myao

八甲田山を一望でき、青森市をはじめ、陸奥湾、岩木山、遠くには白神山地、はたまた日本海まで見渡せます。

  • 写真:myao青森県の最高峰、岩木山。津軽富士とも呼ばれている。

自然遊歩道「八甲田ゴードライン」

  • 写真:myao

ひょうたん型をしているから「八甲田ゴードライン」という名がついた遊歩道には、1kmを約30分で散策できるコースと、1.8kmを約1時間ほどで散策できる2つのコースがあります。

  • 写真:myao遊歩道の中心地点、30分コースと1時間コースの分かれ道での看板。

雪解けが遅く、筆者が訪れた5月下旬は、一部に雪が残っており、木に巻かれたピンクのテープを頼りに歩く箇所がありました。残雪と新緑のコラボレーションは6月頃まで続きます。

  • 写真:myao
  • 写真:myao
  • 写真:myao

足元も滑りやすかったので、5,6月に散策する際はスニーカーよりもトレッキングシューズの方が安全です。夏季は整備されているため歩きやすく、お子さんを連れての家族トレッキングも出来ますよ。ただしスニーカーなど歩きやすい格好は必須です。

  • 写真:myao

山頂に広がるのは高山植物の宝庫である湿原

「八甲田ゴードライン」では、田茂萢湿原と呼ばれる一帯を散策することができます。初夏の湿原には高山植物が密生し、多種類の植物を観察できます。筆者が訪れた5月下旬は、まだ湿原地帯は雪に覆われていました。それもまた、予想外で貴重な景色でした。

  • 写真:myao
  • 写真:myao雪の中からフキノトウ。

湿原地帯で観られる主な植物

  • 6月:チングルマ、ミヤマキンバイ、ワタスゲなど
  • 7月:イワカガミ、キンコウカ、シラネニンジンなど
  • 8月:オカトラノオ、サワギキョウ、タチギボウシなど
  • 9月:アキノキリンソウ、アオモリアザミなど
田茂萢湿原 展望所
青森市 / 展望・景観 / 展望台
住所:青森県青森市荒川 田茂萢湿原 展望所地図で見る

山頂レストランで山頂カレーを食べよう!

山頂駅のカフェ&レストラン「ひなざくら」では、山頂カレーなるものがあります。北八甲田の赤倉岳、井戸岳、大岳の3山の雄大な景色を望みながら、山頂カレーを是非どうぞ♪山脈をかたどったライスと、カレーにレーズンやアーモンドが合います◎

  • 写真:myao山頂カレー¥900

四季を通して楽しめる八甲田ロープウェー

春は雪解けの白と新緑のコントラストを楽しみ、夏は高山植物、秋は紅葉、冬は樹氷や山岳スキー…と、季節を通して誰もが楽しめる八甲田山頂公園。

  • 写真:myao

自然遊歩道だけではなく、足を伸ばすと赤倉岳、井戸岳、北八甲田の主峰・大岳山頂から上毛無、下毛無の湿原を巡り、酸ヶ湯温泉へ下山するコースなど、トレッキングコースの出発地点としても人気があります。青森に行った際は是非訪れてみて下さい!

八甲田ロープウェー基本情報

  • 営業時間 3月-11月上旬→9:00-16:20、11月中旬-2月→9:00-15:40
  • 料金 大人往復1,850円、子供往復870円。大人片道1,180円、子供片道570円。
八甲田ロープウェー
青森市 / 展望・景観 / 乗り物 / 紅葉 / 春のおすすめ観光スポット / 夏のおすすめ観光スポット / 秋のおすすめ観光スポット / 冬のおすすめ観光スポット / 観光名所 / ロープウェイ
住所:青森市荒川寒水沢1-12地図で見る
電話:017-738-0343
Web:http://www.hakkoda-ropeway.jp/

\紹介されたスポットに立ち寄るなら/
青森市の旅行予約はこちら

青森市のパッケージツアー(新幹線・飛行機付宿泊プラン)を探す

青森市のホテルを探す

青森市の航空券を探す

(青森空港)

青森市の現地アクティビティを探す

青森市のレンタカーを探す

青森市の高速バスを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


全国のグルメな人気観光スポット38選!食べ歩きも楽しい大型市場・朝市・商店街特集

北は北海道から南は沖縄まで、全国の大型市場・朝市・商店街など食べ歩きが楽しいグルメスポットを厳選!観光スポットとしても人気のグルメスポットをまとめて紹介します。


【2022】10月の国内おすすめ旅行先31選!秋の連休に行きたい観光地特集

10月は、北日本や標高の高い場所を中心に紅葉が各地で見頃を迎え、早いところではイルミネーションイベントも始まる時期です。10月の連休や週末におすすめの国内旅行先...

ゴールデンウィークは青森旅行!GWにおすすめの観光スポット&イベント22選

GWの青森は、弘前城の桜が開花し、奥入瀬渓流や八甲田山などで新緑が芽吹くころです。ゴールデンウィークに青森旅行するなら訪れたい、おすすめの観光スポット&イベント...

青森の三大美術館を車なしでも効率的に楽しむ徹底ガイド

りんごやねぶたなど魅力が多い青森県は、アートによる地域振興にも力を入れています。特に青森県立美術館、十和田市現代美術館、弘前れんが倉庫美術館という3つの美術館は...

青森・子供と行きたい観光スポット29選!子連れ旅行におすすめ

お姫様・お殿様衣装の着付け体験が好評の「弘前公園」や、ねぶた文化を体験できる「ねぶたの家ワ・ラッセ」、土偶や勾玉づくりが楽しい「三内丸山遺跡」など、青森への子連...

この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅する事が大好き!クラフト作家ライター
いつからか、旅をして知らない世界を垣間見るのが大好きになった。
普段は銘木などでナチュラルアクセサリーやコモノを制作して、WEBやイベントで販売しています。"タンポポの綿毛と旅しよう"と題したペンダントも作る程の旅好き。観光地を巡るのも好きだけれど、地元の人が訪れる場所、ガイドブックに載っていないような場所を探して暮らすように旅する方が好き。モノづくりをしているので、海外のホームセンターで興奮して工具を買って帰ってきたこともあります(笑)。最近は山登りも始めて、旅先も大自然があるところが多くなりました。そんな私の目線から観た世界が、あなたの旅の発見や参考になったら幸いです。
https://www.myaonote.net/

【香川・父母ヶ浜】SNSで話題沸騰中!まるでウユニな写真を撮ってインスタ映え♪

香川県三豊市。ここに、最近インスタグラムやフェイスブックで話題の「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」があります。どう話題かというと、南米ボリビアのウユニ塩湖で撮ったかの...


日本で唯一!砂浜を車で走れる!【石川】千里浜なぎさドライブウェイ!

金沢市街からのアクセスも車で40分程の、石川県羽咋(はくい)市。そこに、日本で唯一波打ち際を車で走れる砂浜、千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイがあります。な...


【静岡】城ヶ崎海岸の迫力がすごい!吊り橋と遊歩道を歩こう!

静岡県伊東市の南西に位置する城ヶ崎海岸。 伊豆東部火山群である大室山ができた約4,000年前の噴火で溶岩が海へ流れ出て、海の侵食作用で削られてできたのが城ヶ崎海...

【山梨】富士五湖の本栖湖へ千円札の富士山を観に行こう!

山梨県南都留郡富士河口湖町及び南巨摩郡身延町にまたがり、標高900mの高さにある本栖湖。富士五湖のひとつである本栖湖は、五湖の最西端に位置します。千円札には富士...

自然好きにはたまらない!小笠原諸島・母島で穏やかな島時間を満喫!

東京都に属する小笠原諸島には、父島と母島、2つの有人島があります。父島から定期船で約2時間、南へ約50kmの場所にある母島。人口500人未満の母島は、父島に比べ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります