オーストラリア
オーストラリア観光
日本の約22倍の広大な土地に広がる大自然

【オーストラリア・ブリスベン】朝から行列!Noosa Chocolate Factory

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年7月31日更新

2,389view

お気に入り

写真:かもめまる可南子

オーストラリア・ブリスベンには、様々なチョコレート店が存在しますが、その中でも特に有名なチョコレート専門店が「Noosa Chocolate Factory」。自社で生産している高品質のカカオを使ったチョコレートは絶品です。今回は、そんなヌーサチョコレートファクトリーの特徴やおすすめメニューについて紹介します!

この記事の目次表示

オーストラリアのおすすめツアー
●カンタス航空で行くエアーズロック×ゴールドコースト周遊5日間●3つ星『アウトバックパイオニア1泊』×『アルファソブリン2泊』滞在
127,800円~351,800円
●カンタス航空で行くエアーズロック×ケアンズ周遊5日間●3つ星『アウトバックパイオニア1泊』×『イビススタイルズケアンズ2泊』滞在
139,000円~338,800円
世界遺産グレートバリアリーフへ♪楽園リゾートハミルトン島×シドニー滞在6日間|5つ星指定!18歳未満は宿泊不可大人の為のリゾート『ビーチクラブ2泊』×『ヒルトンシドニー2泊』ハミルトン島での空港⇔ホテル間送迎付き
195,800円~346,800円

ヌーサチョコレートファクトリーの特徴

  • 写真:かもめまる可南子

Noosa Chocolate Factoryは、2009年に開業したクイーンズランド州のみに展開するチョコレート専門店で、店内は朝から混み合う人気のお店です。店名にある「ヌーサ(Noosa)」というのは、ブリスベンから北にある美しいビーチが広がるリゾート地。ヌーサチョコレートファクトリーはNoosavilleという地域にチョコレート工場を構え、ヌーサで生産・販売までを行っています。また現在、ブリスベン市内に2店舗のお店を構えています。

自社生産の高品質なカカオを使用

ヌーサチョコレートは、自社で生産している高品質なカカオを使用しています。製造しているチョコレートはダークチョコレートだけでなく、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートもありますので、甘党の皆さん、ご心配なく!

全てのダークチョコレートは100%ビーガン

また全てのダークチョコレートは100%ビーガンとなっています。つまり動物性油は不使用。そしてパームオイルも不使用の上、グルテンフリー!これらは、ベジタリアンやビーガンの人が多いオーストラリアでは、とても重要なこととなっています。

バラエティ豊富なチョコレートメニュー

ヌーサチョコレートファクトリーのチョコレートメニューはさまざま。シンプルな「ダークチョコレート」だけでなく、ペパーミント入りやオレンジのジェリーが挟まれているもの、フリーズドライされたイチゴやセミドライのラズベリーなどが中に入っているものなど、様々な種類があります。その他、ブラウニー(AUD$4:約330円)もありますよ。

以下の写真は、筆者が6月に訪れた際にあったチョコレートの種類です。

  • 写真:かもめまる可南子

ドリンクメニューは、アイスチョコレート、ホットチョコレート、またScouts Honourというブリスベン産のコーヒー豆を挽いたコーヒーも販売しています。アイスチョコレートやホットチョコレートはカカオ30%から90%など、自分の好みに合わせて調節することが可能です。

チョコレートの購入は量り売りがメイン

ヌーサチョコレートファクトリーでは、チョコレートは主に量り売りで販売しています。量り売りでは、写真に写っているバケットもしくは紙袋に入れ、レジで重さを測ります。量り売り以外にも、元々舗装してあるものやギフト用に数種類のチョコレートが詰め合わされているものもあります。

  • 写真:かもめまる可南子

注意点!

チョコレートの種類は、日によってないものがあったりなかったり、人気のものは売り切れの可能性もありますので、お目当の商品がある場合には、小まめに足を運んでチェックすることをお勧めします。オンラインショップがないため、直接足を運んでみるしか確認する方法はありません。ですが、ブリスベンに行ってみないと分からないお楽しみでもあります!


オススメチョコレートメニュー

1.フリーズドライストロベリーダークチョコレート (AUD$5.7/100g:約470円)

日本でストロベリーをコーティングするチョコといえば、フリーズドライストロベリーをホワイトチョコレートでコーティングしたものが有名かと思いますが、ヌーサチョコレートファクトリーでは、ダークチョコレートでコーティングしたものが販売されています。

  • 写真:かもめまる可南子

濃厚で苦味の強いダークチョコレートの中に、酸味のある大きなフリーズドライのイチゴがごろっと入っています。サクサクした食感で、1個でも満足感があります。

2.チリチョコレート (AUD$5.7/100g:約470円)

ここで一つ変わり種。こちらはなんと、一枚のダークチョコレートに唐辛子パウダーが練りこまれたものです。一口目は普通のダークチョコレートですが、食べ進めるとだんだん舌がピリピリ・・・。

  • 写真:かもめまる可南子

しかし、これが癖になる!ぜひチャレンジしてほしい一枚です。

3.ダークホットチョコレート (AUD$4.5:約371円)

オススメの飲み物はホットチョコレートですが、特に美味しいのは、90%のダークホットチョコレートです。ホットミルクで混ぜられているので、90%のダークチョコレートでも口当たり滑らかで甘味もちゃんとあります。濃厚なカカオと香りを楽しむなら、90%がオススメ。

  • 写真:かもめまる可南子

ブリスベンでは冬本番になると、ホットチョコレートやコーヒーを片手に出勤する人が多いのですが、ヌーサチョコレートファクトリーの朝は、会社員の人々がホットドリンクを求めて行列を作っています。またお昼過ぎには学校終わりの学生が並んでおり、1日中混み合う人気店です。

またドリンクメニューは、カップもおしゃれ。必ず名前も入れてくれます(しかし聞き取りにくかった場合は名前を間違えられてしまうこともありますが、記念だと思ってください・・・)。

  • 写真:かもめまる可南子

また、ドリンクを頼むと必ず一口サイズのチョコレートのサービスが・・・!種類は日によって変わるので、これもまた魅力的です。カウンターには新聞が置いてあるので、新聞を読みながらホットチョコレートを飲むのも良し、待つのも良しです。


最後に

ブリスベンで1日中混み合う人気店「Noosa Chocolate Factory」を紹介しました。ぜひ、ブリスベンに行かないと味わえない新鮮なチョコレートを体験してみてはいかがでしょうか。

ヌーサチョコレートファクトリー
オーストラリア / スイーツ
住所:156 Adelaide Street, Brisbane, CBD地図で見る
Web:http://www.noosachocolatefactory.com.au/

※記事内のAUSドルから円への換算は1ドル=約82.5円で計算しています

オーストラリアの旅行予約はこちら

オーストラリアのパッケージツアーを探す

オーストラリアのホテルを探す

オーストラリアの航空券を探す

オーストラリアの現地アクティビティを探す

オーストラリアのWi-Fiレンタルを探す

オーストラリアのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月31日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

シドニーに来たら絶対行って欲しい!美しすぎるショッピング街QVB

イギリスの植民地だったオーストラリアには、イギリス文化を色濃く残す建物が今なお残っています。現在絶賛開発ラッシュ中で近代的なイメージのあるシドニーにも、歴史を感...


【オーストラリア】現地ガイドがイチオシする、フリーマントルマーケットの人気お土産6選

パースに訪れた際にはマストで寄っていただきたい、古い町並みを残したままの港町フリーマントル。週末だけ営業しているフリーマントルマーケットでは、お土産などの雑貨類...

【オーストラリア】メルボルンで食べたいパンケーキがあるカフェ3選

パンケーキブームの火付け役の一つと言えば、オーストラリアにある「bills(ビルズ)」のリコッタチーズのパンケーキ。世界一の朝食としても有名ですね。日常的にパン...


シドニー1番人気!行列のできるジェラート屋さん・メッシーナ

移民大国のオーストラリア。その中でもイタリア系の移民はとても多く、オーストラリアでお馴染みのカフェ文化は、彼らがエスプレッソを広めたのが始まりだと言われています...

この記事を書いたトラベルライター

平成のスナフキン
太陽神と言われるほど自他共に認める晴れ女。

世界各地のマグネットと美味しいお酒を求め、カモメのように飛び回る。
オーストラリア・ブリスベンにて紫外線たっぷりの太陽を浴びて生きています。

もし、突然雨が止んだら、そこに私がいる・・・かも??

【ゴールドコースト】ムービーワールドのオススメアトラクションBEST3!

ゴールドコーストにある「ムービーワールド」。バットマンやスーパーマン、ジョーカーやハーレイクインといったハリウッド映画でお馴染みのキャラクターに会えるテーマパー...

【ブリスベン】全ての原材料がオーストラリア産「Mayfield Chocolates」

オーストラリアの有名なお菓子といえば、旅行のお土産にも人気の「ティムタム」。でも実はティムタムだけでなく、オーストラリアには美味しいチョコレートがたくさん存在し...


【オーストラリア・ブリスベン】家族で行ける!シロメ・ワイナリー

ブリスベンシティから南へ30キロほど向かった先には、観光スポットとしても有名な「シロメ・ワイナリー」があります。そこは、子どもから大人まで楽しめるレジャースポッ...

【ケアンズ】ゆっくりまわろう!キュランダ村

オーストラリアのケアンズから少し離れた所にあるキュランダ村。ケアンズを訪れる日本人が必ず訪れると言われているほど人気の村です。ツアーで申し込むとどうしても時間の...


【ケアンズ】漁師気分?船上のレストラン、Prawn star

オーストラリア・ケアンズで、ジャンクフードに飽きたらここ!!新鮮なシーフードを船の上で食べられるレストラン「Prawn star」をご紹介します!昼から夜まで多...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?