シドニー
シドニー
シティもビーチも楽しめる南半球最大の都市

シドニーに来たら絶対行って欲しい!美しすぎるショッピング街QVB

2018年4月24日更新

1,128view

お気に入り

イギリスの植民地だったオーストラリアには、イギリス文化を色濃く残す建物が今なお残っています。現在絶賛開発ラッシュ中で近代的なイメージのあるシドニーにも、歴史を感じさせる建物がたくさん残されています。今回はその中でシドニー・シティの中心、タウンホールの目の前にあるシティのランドマーク的存在、QUEEN VICTORIA BUILDING(クイーン・ビクトリア・ビルディング)、通称QVB(キュー・ヴィー・ビー)をご紹介します。

QVB(キュー・ヴィー・ビー)とは?

QVBはシドニーCBD(Central Business District / 中央ビジネス区域)のメインストリートであるGEORGE ST(ジョージ・ストリート)沿い、南はDRUITT ST(ドルイット・ストリート)、北はMARKET ST(マーケット・ストリート)までおよそ190mほどの距離、南北に細長く続く建物です。

QVBは1898年、イギリスのQUEEN VICTORIA(ビクトリア女王)の即位50年を記念して建てられたロマネスク建築。タウンホール側交差点の入り口にも、大きなQUEEN VICTORIAのブロンズ像が建っています。

およそ50年ほど前に老朽化により崩壊寸前になり、一時は取り壊しの話もあったそうですが、大規模な修復プロジェクトに取り組み、1986年、今のショッピングアーケードの形になりました。

歴史を感じる優雅なインテリア 

建物の内装が本当に素敵で、とっても優雅な雰囲気です。柱や天井のドームやアーチ、階段の手すりなどのディテールが素晴らしく、フォトジェニックな場面がたくさんあります。

エスカレーター・ホールのステンドグラスもとっても素敵。

よく見ると小さく「QVB」と書いてあってカワイイ!

元々はコンサートホールとしても使用されていたようで、2Fの中央の吹き抜けにはグランドピアノが置いてあります。いつも誰かがピアノを弾いていて、この日も地下から最上階まで続く吹き抜けに心地よい音楽が響いていました。


両脇に並ぶハイセンスなショップ

長く続く建物の中心には吹き抜けの通路が通っていて、両脇には様々なテナントが軒を連ねています。ショップのバリエーションはデパートとあまり変わりませんが、その中でも筆者のオススメのお店をご紹介します。

METROPOLE CAFE(メトロポール・カフェ)

QVBには各階に数軒ずつカフェが点在しているのでどこに行くか悩むところですが、1F(オーストラリアではGround Floor)通路のど真ん中にある便利なこのMETROPOLE CAFE(メトロポール・カフェ)がおすすめです。

両脇は通路なので忙しなく人が行き来しますが、上部に吹き抜けがあって開放感があるのであまり気になりません。

QVBの歴史を感じる空間の中で、吹き抜けを見上げ、人の流れを感じながら頂くコーヒーは格別です。QVBを訪れた際は是非カフェでお茶をして頂きたいです。

  • CAPPUCCINO($4.4/約390円)
メトロポール・カフェ
シドニー / カフェ・喫茶店
住所:shop 56/455 George St, Sydney NSW 2000  
電話:02 9267 1122

ZUMBO PATISSERIE(ズンボ・パティスリー)

ZUMBO PATISSERIE(ズンボ・パティスリー)はオーストラリアの超有名パティシエ、ADRIANO ZUMBO(アドリアーノ・ズンボ)が2007年にスタートしたパティスリーです。QVBの1F(Ground Floor)、ちょうど中央にある入り口の脇にあり、シドニーにはこちらの店舗を含め全部で5軒あります。

日本ではデパ地下を始めとして至る所にケーキ屋さんがある印象がありますが、シドニーではカフェが多いせいかあまり見ない気がします。いつも色とりどりの美味しいケーキや、ペイストリー、クロワッサンやブラウニーが購入できるZUMBOはとても重宝します。

ZUMBOといえばオリジナルの「ZUMBARON」と言われるMACARONがとても有名。場所がQVBだけに買い物する人や観光客も多いので、通りすがりに1個だけ買って食べている人もいます。マカロンをテイクアウェイして食べながらQVB散策なんていかがですか?

  • ZUMBARON($2.8/約250円)
ズンボ・パティスリー
シドニー / スイーツ
住所:shop 58,455 George St., Sydney, New South Wales 2000
電話:1800 858 611
Web:http://zumbo.com.au/

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年10月9日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

シドニーの人気No.1ビーチ、憧れのボンダイビーチの楽しみ方!

シドニーといえばオペラハウスやハーバーブリッジが有名ですが、数多くの美しいビーチも存在します。今回は、その中でも観光客が必ずと言っていいほど訪れる人気No.1の...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...

オシャレ満載!シドニーの大人気カフェ複合施設The Grounds of Alexandria

シドニーにあるアレクサンドリアは工業地帯とカフェ文化が入り交じったエリア。そこに2012年4月にオープンした、カフェを中心とした大人気の複合施設「ザ・グラウンズ...

女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...



この記事を書いたトラベルライター

シドニー在住。インテリアデザイナー&フォトグラファー、時々ライター。
東京生まれ、メキシコ~イギリス経由、東京育ち、現在はオーストラリア・シドニー在住のMayumiです。 初めてシドニーに訪れた際の街の雰囲気、人、空気感が忘れられず、遂には夫婦で移住してしまいました。
旅行が大好きで、訪れた国はアメリカ大陸やヨーロッパ、アジアなど合わせて25ヶ国以上にも渡ります。
シティとビーチなどの自然が隣接し、様々な国籍の人々が暮らすマルチカルチュラルな街・シドニー。在住者だからこそお伝えできる、ライフスタイル、美味しいものや素敵なお店、専門のインテリア・建築・アートなどデザインインスピレーションを刺激するものやフォトジェニックな風景などシドニーの愛すべきものについてご紹介していきます。
http://sydneytales.com/

在住者厳選!スーパーで買うオーストラリア土産10選

オーストラリアNo.1を誇る最大手のスーパーのWoolworth(ウールワース)。今回はアクセス抜群のシドニー・シティの中心にあるタウン・ホール店で購入できる、...

オーストラリア発のオーガニックスーパー「ABOUT LIFE」でショッピング!

オーストラリアはオーガニック意識が高く、普通のスーパーでもオーガニックの野菜やお肉、食材などを比較的簡単に購入することができます。今回はそんなオーガニック先進国...

オーストラリア初のバブルテントでグランピング「バブルテント・オーストラリア」

みなさんは「バブルテント」ってご存知ですか?フレームの無い透明なツルッとしたバブル(泡)のような丸いテントのことで、元々はヨーロッパを中心に広まっているグランピ...

女性が喜ぶ♪ABOUT LIFEで買うヘルシーなオーストラリア土産

オーガニック先進国のオーストラリアではオーガニックフードはもちろん、生活用品から化粧品まで地球や人にやさしい商品をマーケットやスーパーで簡単に手に入れることがで...

シドニーの週末恒例行事!行っておくべきオススメのマーケット5選

シドニーでの週末恒例行事と言えば、青空の元のんびりとお買い物ができるマーケット。毎週末、公園や広場、学校の校庭などを使って行われており、マーケットによってそれぞ...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?