【バンコク・サイアムハウスカフェ】添乗員泣かせのリクエストも全部クリア!するエリア訪問とお食事メニュー

204

view
   2017年5月11日更新

バンコクのシーロム通りというと、ナイトエンターテイメントエリアのイメージが強いのですが、厳密にはそれは高架鉄道(BTS)サラデーン駅周辺のお話し。本当のシーロムは非常にローカル色の強い、にも関わらず様々な人と文化が行き交う不思議な場所です。今回はその中でも、タイの風景を見慣れた在住者にとってもまだまだ面白いと思えるシーロム通りソイ20の「添乗員泣かせのリクエストも全てクリア」というエリアと、そこに所在するレストランを紹介します。

旅行とはそれぞれの様々な希望の出しあい

都会でいろいろ廻ればいい派、郊外に出てローカル具合に浸りたい派、屋台で何でも食べられる派、食事だけは潔癖症派、定番メジャーメニューを制覇したい派、みんなが知らない料理を食べたい派。

普段仲の良い友達同士でも、このあたりの嗜好は合致しないと、旅行中「どちらかががまん」という状況が生まれてしまいます。元添乗員である筆者としては、「皆さんが納得いって楽しく過ごせるように」がご案内の大原則。今回ご紹介するのは、そんなリクエストをすべてクリアできるプランです。

高架鉄道駅から歩いていくのも面白い

都会派も納得の利便性

シーロム通りには、直接タクシーで乗り付けるのも良いのですが、バンコクでの足となる高架鉄道(BTS)駅のチョンノンシー駅3番出口から、ぶらぶら歩いていきましょう。渋滞知らずで、スマートな移動が出来ます。

昔ながらの姿を訪問したい派には

大きな交差点まで行くと見えてくるのが、なぜかそびえたつ風車。

シーロムとはタイ語で「4つの風車」という意味で、その昔ここに集落があり風車があったことが、その名前の由来です。その足元には、タイ古来の子供の姿を捉えたオブジェもあります。

この大通りがシーロム通り。この交差点を渡って左へ向かいます。

中華の香りとインドの風といったエキゾチックが好き派様にも

道を挟んで左手に、シーロムプラザビルが見えます。

中華料理店が多く入居するビルですが、1階には「日本人野菜ソムリエから日本語でタイ料理が習えるレストラン」、「万が一タイの熱帯気候で夏バテして食欲がない時にも元気回復メニューが食べられるレストラン」サラッディーが入居しています。

サラッディーに関する記事は、筆者の記事の中でも特に人気です。是非記事閲覧&現地訪問してくださいね。

ぐんぐん進むと中華料理やインド料理店、マッサージ店や宝石商に仕立て屋などが次々に立ち並び、それぞれで呼び込みの人たちが手招きをしています。

興味があれば覗くのもいいですし、会話だけ楽しんで立ち去るのもまた一興ですね。

シーロムソイ20を目指して進みましょう

いろんな文化が共存

そのまま進むと、右手にフランス系海外宣教教会。

道路を挟んで向かいはヒンズー教系の寺院、その奥がミッションスクール。

そしてシーロムソイ20に到着。

でもここはタイ

中国の香りにインドの風に吹かれてつつ、キリスト教教会ありのヒンズー教寺院ありですが、この角を曲がるとそこはタイ。

タイらしさを表現する伝統的な市場もあるなあ、と油断(?)するとその横にはモスク。

ちなみにこの奥には、仏教寺院もあります。

このシーロム通りソイ20の角を曲がって左手すぐに、今回紹介するサイアムハウスカフェがあります。

在住者だって、ここまでいろんな文化背景が集合しつつも共存しているエリアは他になかなか知りません。ご紹介したスポットは、お食事後のお散歩で訪問してくださいね。さて、こんなところにあるレストラン、どんな食事が楽しめるのでしょうか。

食事だけは潔癖派も屋台料理が食べたい派も

価格は屋台と拮抗

このお店の大きな特徴は2つ。一つはきちんとしたキッチンで、家庭的≒屋台的料理を手頃な価格で提供していること。昨今物価の急上昇を受けて屋台料理の価格があがっていることもあり、店舗でありながら屋台と対して変わらないメニューそして価格を実現しています。

衛生意識は非常に高い

そしてもう一つは、すべてのカトラリーを熱湯殺菌している点です。

運ばれて来たカトラリーを何気なく触れて「あっつぅ!」とびっくりしました。「外国人が多い地域であり、衛生第一としています」とのこと。びっくりはしますが、熱々で出てきた方が潔癖症派も納得のいく衛生管理です。

みんなが知らないメニューを食べたい派も

メニューはタイ料理、洋食、ちょっと和食と豊富ですが、「お手頃」という基準からはタイ料理がおすすめです。そして「知ってるタイ料理が限られているのでいつもメニューが一緒」というのを打破したい派にもおすすめのメニューがあります。

元添乗員としては、観光訪問にしても食事にしても「皆さんが納得いって楽しく過ごせるように」を信条としています。辛い物が苦手な人、屋台では食べられないというリクエストをも網羅するメニューをご紹介しましょう。

誰もが納得いって楽しく過ごせるように①ラードナーサイヤム、90バーツ、270円相当

ラードナーとはあんかけで、日本でいう長崎名物・皿うどんのようなものですが、ここでは揚げワンタンで作っているのが特徴的。筆者は長らくタイに住んでいますが、初めて見たメニューです。

ワンタンの羽根は、パリパリとスナックとしてもおいしく食べられますし、麺の一種としてあんをかけてすこし柔らかく、ボリュームの出た状態で食べるのもおすすめです。淡泊な味わいのあんは中華料理ベースで、「辛いのダメ、パクチーだめ」と言う人と一緒でも十分楽しめます。

誰もが納得いって楽しく過ごせるように②ポークパネン、80バーツ、240円相当

日本ではトムヤムクンがタイ料理の代表選手ですが、せっかくなら一段マイナーなパネンはどうでしょうか。

パネンとは、日本ではオレンジカレーまたはレッドカレーとして知られています。オーダーメイドでつくりおきはしないため、非常にフレッシュです。カレーというと数時間かけて煮込み、さらに一晩寝かせて熟成させた日本の物とは対極的な製法です。

と言っても、日本のカレーとは種類の違うコクや味深さがあります。それはココナッツミルク、レッドカレーペースト、ハーブ、コブみかんの葉などの調合から生み出されるものです。

タイ料理の臭いが苦手、と言う人の多くは、パクチーとこぶみかんの葉の香りを指すようです。写真の中の細い緑の線状のものが、そのこぶみかんの葉です。苦手な人は一度この緑の葉を避けて食べてみてください。

トムヤムクンにも入れて煮込み、薫りを点てるのに用いる葉ですが、このメニューでは煮込まず最後の彩と香りづけだけに使っているので、接触していない部分は香りが移っていません。思いのほか、美味しく食べることが出来ると思います。

誰もが納得いって楽しく過ごせるように③ネームパットウンセン、80バーツ、240円相当

タイ人の家庭で「冷蔵庫に何にもないなあ」という時に作るお手頃お気軽メニューでありながら、日本ではほとんど紹介されないメニューの一つです。屋台では、おひるごはん時にたまに見かけるメニューです。

ネームとはタイ式発酵ソーセージ、パットは炒めた、ウンセンは春雨ですので、日本でいうなら「家にある麺類にソーセージと卵を入れてちゃちゃっと炒めたもの」という感じでしょうか。

このお手軽メニュー、お母さんの手抜き料理並に簡単ですが、日本人のどなた様に紹介しても「タイの味だけど、においもなくて食べやすい、美味しい」と高評価です。

タイ式発酵ソーセージが、味わいとほのかな酸味で美味しい味を出していて、ビールのお供にもお勧めです。このままではちょっと物足らないという人は、醤油をかけて食べるのもよいでしょう。味付けのためソーセージの中には唐辛子が入っていますので、食べるときには取り除いてください。

誰もが納得いって楽しく過ごせるように④マンゴースティッキーライス、100バーツ、300円相当

タイ料理の定番デザートですね。サイアムハウスカフェでは、横の市場で食べるのに最適なマンゴーだけをチョイスして提供。このお店ならではの地の利が生かされたメニューです。

ココナッツミルクの塩加減が他よりあって、筆者はマンゴーを食べずに塩ココナッツミルクともち米だけという塩大福風にいただきました。「もち米はお赤飯でしょ、甘いもち米なんて想像できない!」という方は、最適度に熟したマンゴーだけを美味しく食べるのも手ですよ。

誰もが納得いって楽しく過ごせるように⑤パイップルヨーグルト、60バーツ、180円相当/ココナッツ、50-60バーツ、150-180円相当(※シーズンにより変動)

パイナップルヨーグルトは、ラッシーをオマージュしたような飲み物です。同行者は結構辛い物を食べたいけど、自分はちょっと苦手、と言う人はこれを頼んでおきましょう。

辛さを感じた時に、ヨーグルトで舌をなだめるのはインド料理でもおなじみですね。ココナッツは南国ではやっぱりこれ、と言う人用。いかにも南国的で、SNS映えもします。

添乗員泣かせのリクエストを見事にクリアするエリアとメニュー

誰かとの旅行は時間の使い方、ローカル許容度、衛生許容レベル、ある件に対する金銭感覚など、どんなに仲がよくてもいつも必ず意見が合致しない点があるものです。

しかし、サイアムハウスカフェは都会の中にありながらローカルであり、多様な人々が暮らしながらも厳然としてタイであり、ツーリストに楽しい場所でありながらそこで生きている人立ちの息遣いが感じられ、小さいながらも独創的なメニューを提供、何よりも「添乗員泣かせのリクエスト」を見事にクリアする隠れた実力者。

バンコクへお越しの際は、是非シーロムソイ20とサイアムハウスカフェを楽しんでください。

※文および写真はすべてコラムニスト本人のブログより許可を得て転載されています。
※記事内のレートは、2017年5月現在

サイアムハウスカフェ

バンコク / アジア料理

 

住所:90 Silom rd. Silom Soi 20 Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500, Thailand

電話:2233-7576

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年4月12日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。
トラベルライター
元添乗員+前情報誌編集長+現社長・マダムサトコ

元海外旅行添乗員、2002年よりタイに移住。在タイ日本人女性向け情報誌編集長3年していました。

この経歴からお分かりの通り(笑)旅行、グルメ、ホテル、スパ、ショッピング大好きです。

皆さんにバンコク以外の素敵な旅行先、トムヤムクン以外のタイ料理、タイシルク以外のショッピング、など旅行のプロ・添乗員+最新情報大好き・編集長目線をベースにしつつ私のお気に入り、というのを紹介していきます。

http://www.scripture-iwbp.in.th,http://www.satokosfavorite.online

同じテーマの記事

【トラベルライターインタビューVol.1】ライターとしてのやりがいや、記事を書き続けるコツとは?ライターさんの素顔に迫ります!

アプリなら記事も地図もサクサク快適!

  • 行きたい観光スポットをお気に入り登録すれば自分専用のガイドブックに。
  • 旅した国・都道府県をチェックして、自分だけの塗りつぶし地図を作ろう!