ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボスニア・ヘルツェゴビナ観光
東西の文化が交わり独特な雰囲気を醸し出す

ボスニアの移動は特急列車で!サラエボ⇔モスタルは景色良し!

取材・写真・文:

オランダ在住

2018年7月9日更新

473view

お気に入り

写真:自転車×鉄道の旅

豊かな自然に囲まれたボスニア・ヘルツェゴヴィナには数本の鉄道路線があり、特に首都のサラエボと、透き通る川にかかる昔ながらの橋で有名なモスタルを結ぶ路線では、快適な特急列車から山々を超える景色を楽しむことができます。

この記事の目次表示

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの鉄道にまつわる基礎知識

旅客路線は国内3路線

旧ユーゴスラビア諸国の一つであるボスニア・ヘルツェゴヴィナでは、近隣諸国各方面に向けて鉄道網が整備されていますが、2018年6月の時点では国際列車は運行されておらず、国内3路線のみが旅客輸送に使われています。

本数は少なめ

列車の本数は多くなく、例えばサラエボとモスタルを結ぶ列車は上下線合わせて1日に5本、サラエボと第二の都市バンニャルカを結ぶものは1日4本しかありません。これらの長距離列車は快適な特急となっています。

その他、短距離を結ぶ普通列車はサラエボ以北でのみ運行されており、それぞれの区間で1日に数本ずつとなっています。早朝に出発する列車もあるので、計画はしっかり行いましょう。

列車の種類:普通と特急

基本的には普通列車と特急列車の二つがありますが、サラエボから南へ向かう路線では特急列車のみが走っています。特急列車の場合は乗車距離にかかわらず1マルク(約70円)の追加料金を払う必要があります。普通列車は昔ながらの車両ですが、特急列車は数年前に改新された快適な車両です。

  • 写真:自転車×鉄道の旅

特急車内はWi-Fi、エアコン、電源プラグ完備!

  • 写真:自転車×鉄道の旅

近年新型車両に置き換えられた特急列車内には、普通列車には見られない設備が完備されており、快適な時を過ごすことができます。エアコンや掃除が行き届いたトイレはもちろんのこと、Wi-Fi(ネットワークは各車両ごと、パスワードは車内モニターに表示)や電源プラグ(座席と座席の間のひじ掛けの下)が備え付けられています。

  • 写真:自転車×鉄道の旅様々な情報(Wi-Fiのパスワードを含む)が表示されるモニター

ただし、取材時のサラエボとモスタル間の列車ではWi-Fiが途切れ途切れであったため、本格的なネット作業には向いていないかもしれません。

時刻表:公式ページの単純なシステムで確認

鉄道会社の公式サイトで時刻表等の情報を確認することができますが、システムが古く基本的な情報しか得ることができません。駅ごとの到着または発車時刻を確認することしかできず、列車ごとの停車駅と時刻を確認できないため少し使いづらいです。

混雑期には早めの切符購入を!

鉄道会社の公式サイト上からオンラインでの切符購入はできないため、鉄道会社と提携している旅行会社などを通して事前に手配しない限りは、現地で切符を購入する必要があります。

料金は事前でも当日でも変わらないため、普通列車の場合は乗車する際に駅で購入すれば問題ないですが、特急列車の場合は特に夏期などの繁忙期には切符が売り切れる場合もあるため、できる限り早めに購入することをお勧めします。

  • 写真:自転車×鉄道の旅

きれいな景色が楽しめるサラエボ⇔モスタル路線

ボスニア・ヘルツェゴヴィナは国の大部分が山間部であるため、どの路線に乗っても比較的きれいな景色を楽しむことができますが、特にサラエボとモスタルの区間は谷が深く、路線がヘアピン状にカーブしている区間では特に景色がきれいです。

お勧めの絶景・写真ポイント

  • 写真:自転車×鉄道の旅

標高差をカバーするために路線がヘアピン状に数回折り返す区間(サラエボからモスタルに向かう場合コニツ駅直前の15km程度の区間)では、直前に通過した区間を谷の向こうに見ることができます。

また、コニツ駅以降はしばらく湖沿いを走るため、そちらでも特にきれいな景色を楽しめます。湖沿いには数か所の橋があり、例えばコニツ駅からモスタル方面に5〜6km進んだところにある橋からは、湖と両側の山をあたかも湖の上にいるかのような感覚で見ることができます。

写真映えしそうな場所は多くあるのですが、それなりに速度が出ていることが多いことに加え、窓を開けることができないため、きれいな写真を撮るにはある程度の腕と運が必要です。写真を撮ることに夢中にならずに、思い出は自分の目で見て記憶にとどめる程度の意気込みで景色を楽しむのが良いでしょう。

サラエボ駅
ボスニア・ヘルツェゴビナ / 駅・空港・ターミナル
住所:Put života 2, Sarajevo 71000, Bosnia and Herzegovina地図で見る
コニツ駅
ボスニア・ヘルツェゴビナ / 駅・空港・ターミナル
住所:Konjic, Bosnia and Herzegovina地図で見る
モスター駅
ボスニア・ヘルツェゴビナ / 駅・空港・ターミナル
住所:Trg Ivana Krndelja 1, Mostar 88000, Bosnia and Herzegovina地図で見る

ボスニア・ヘルツェゴビナの旅行予約はこちら

ボスニア・ヘルツェゴビナのホテルを探す

ボスニア・ヘルツェゴビナの航空券を探す

ボスニア・ヘルツェゴビナのパッケージツアーを探す

ボスニア・ヘルツェゴビナの現地アクティビティを探す

ボスニア・ヘルツェゴビナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年7月9日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事

知っ得!オススメ!クロアチアの人気のお土産20選

海外のお土産をスーパーなどで購入する方も多いかと思います。お土産選びは迷いますが、異国の文化を感じられ楽しいですよね!そこで、クロアチアのお土産をお得に買う方法...

クロアチア・スプリト~ボスニア・モスタルへ!バスでの絶景国境越え

クロアチアのお隣の国、ボスニア・ヘルツェゴビナにある世界遺産の町「モスタル」へはバスで国境を越え、気軽に訪れることができます。約4時間ほどの旅路ですが、その間ず...


美しい世界遺産の町ボスニア・ヘルツェゴビナ「モスタル」で平和を感じる

ボスニア・ヘルツェゴビナにある世界遺産の町「モスタル」。イスラム文化とヨーロッパ文化が融合した独特のオリエンタルな雰囲気が魅力の町でありながら、民族紛争とも呼ば...

【ボスニア・モスタル】負の遺産スナイパータワーで感じる希望

1995年まで内戦状態にあったボスニア・ヘルツェゴヴィナ。東と西の文化が交わる美しい街・モスタルに残る内戦の記憶「スナイパータワー」では、紛争の悲惨さに直面した...


【ボスニア・ヘルツェゴヴィナ】日帰りツアーで巡る イスラムの史跡と世界遺産

クロアチアのドゥブロヴニクからは、隣国ボスニア・ヘルツェゴヴィナやモンテネグロへの日帰りツアーが手軽で人気です。大手だけでなく、現地の旅行会社も競い合って開催し...

この記事を書いたトラベルライター

折り畳み自転車で格安、地元密着型の旅
日常生活にも旅にも、どこに行くにも自転車とともに暮らしている放浪人の私。小さいころから一か所にとどまるのが嫌いで、5か国で勉強をする合間に少しお金をためて時間さえあれば格安旅行をしてきました。2017年に学生生活を終えて以来、月に平均5万円程度で人生の次のステップを見つけるまで旅をしています。お気に入りの折り畳み自転車とともに世界を放浪し、観光ガイドブックには載っていないような地元の生活に密着した体験を求めて自由気ままに旅をしています。

これまでに60か国程度を訪れ、次の目的地に対する好奇心は衰えることがありません。家族や友達から「あんた将来どうするの」なんてことを言われてもくじけず、新たな経験を求めて旅を続けています。

特に一人旅で1から10まで自分で計画することがほとんどなので、お金をあまりかけずに自由な旅がしてみたい、という人には特に役立つ情報を発信していきたいです。
トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?