ボスニア・ヘルツェゴビナ
ボスニア・ヘルツェゴビナ観光
東西の文化が交わり独特な雰囲気を醸し出す

【ボスニア・モスタル】負の遺産スナイパータワーで感じる希望

取材・写真・文:

2018年10月16日更新

659view

お気に入り

写真:旅するぱぱす

1995年まで内戦状態にあったボスニア・ヘルツェゴヴィナ。東と西の文化が交わる美しい街・モスタルに残る内戦の記憶「スナイパータワー」では、紛争の悲惨さに直面した人々の未来への意志を感じることができます。

この記事の目次表示

ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめツアー
専用車で巡るボスニア・ヘルツェゴヴィナ/モスタル×アドリア海と歴史ある街並みが魅力のクロアチア/ドブロブニク×ザグレブ 価格重視ホテルでリーズナブルに周遊! 7日間 【成田夜発/5つ星エアライン】
120,800円~341,800円
【現地午前中着/成田夜発/滞在時間重視のフライト♪】アドリア海の真珠*ドブロブニク <隣国ボスニア・ヘルツェゴヴィナ*美しき古都モスタルも訪れる> スタンダードクラスホテル利用  6日間
117,800円~314,800円
専用車で巡るボスニア・ヘルツェゴヴィナ/モスタル×アドリア海と歴史ある街並みが魅力のクロアチア/ドブロブニク×ザグレブ 価格重視ホテルでリーズナブルに周遊! 6日間 【成田夜発/5つ星エアライン】
120,800円~341,800円

1995年まで内戦をしていた国、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

  • 写真:旅するぱぱす

今回ご紹介する「スナイパータワー」があるのは、ボスニア・ヘルツェゴビナの古都モスタル。山に囲まれた美しい街の中を流れるネレトヴァ川には、モスタルの繁栄と紛争の象徴であるスタリ・モスト橋がかかっています。

  • 写真:旅するぱぱす

ボスニア・ヘルツェゴヴィナは1993年〜1995年の間、ユーゴスラビアからの独立運動を契機とした内戦状態に突入し、このモスタルでも多くの人々が亡くなりました。

  • 写真:旅するぱぱす

一見美しい街並みのいたるところで20数年前の戦いの形跡を垣間見ることができ、一般の家々の壁や柱にも、銃弾の跡が生々しく残っています。

モスタル
ボスニア・ヘルツェゴビナ / 町・ストリート
住所:Mostar地図で見る

内戦の象徴、スナイパータワー

  • 写真:旅するぱぱす

モスタルの中心地から歩いて15分ほどの場所に、スナイパータワーと呼ばれる廃墟があります。内戦時、この建物の中にスナイパーが潜み、通りを歩く人々を次から次へと狙撃していたことからそう呼ばれています。

  • 写真:旅するぱぱす

スナイパータワーは大通りに面している建物の中で唯一の高い建物で、素人目にもあそこからなら道行く人を狙いやすそうだなという印象を受けます。

  • 写真:旅するぱぱす

元々はオフィスビルとして使われていたこのビルですが、スナイパータワーと化したことにより、ビルの前の道路にも、銃弾の跡がくっきり。ボスニアではこの銃弾の跡が当たり前のことなのか、通行人はいたって普通に弾痕の上を歩いて行きます。

スナイパータワーの中の様子

  • 写真:旅するぱぱす

正面から裏へ回り、スナイパータワーの中へと入ってみましょう。壁の下には足場用にブロック片が置かれていて、誰でも自由に立ち入ることができるようになっています。

  • 写真:旅するぱぱす

中は完全に廃墟となっており、床にはゴミや崩れた壁の破片などが散乱していました。

  • 写真:旅するぱぱす

今にも崩れ落ちそうな階段を登って上階に上がることもできます。

  • 写真:旅するぱぱす

上層階にはこの場所が内戦前には普通に使われていた場所であることが生々しく伝わってくる証拠もたくさん。当時の書類が散乱し、一部トイレなどの設備もそのまま残されています。

廃墟に描かれた平和の言葉とアート

  • 写真:旅するぱぱす

紛争の象徴であるスナイパータワーの壁や床には、様々なメッセージやアートが描かれており、それらの中には平和を求め、二度と同じことを繰り返さないという人々の決意も見受けられます。その中から、いくつか紹介します。

  • 写真:旅するぱぱす

「I HAVE TO KILL HER BOYFRIEND(私は彼女の彼氏を殺さなければならない)」

内戦の結果、多くの若者も命を落としたそうです。昨日まで隣同士で暮らしていた異なる民族が殺し合いを始めた結果、悲しい運命を辿った恋人達もたくさんいたそうです。

  • 写真:旅するぱぱす

「RATE THIS PLACE @TRIPADVISOR (トリップアドバイザーで、ここを評価しよう:星三つ半)」

個人的に一番皮肉が効いているなと思った落書きがこちらです。綺麗なものを見るだけが旅ではないはず。歴史を知り、自分ごととして考えて初めて、その場所で起こった出来事を味わえるということではないでしょうか。

  • 写真:旅するぱぱす

「Be a better person and the Universe will become a better place(善き人であれ。さすれば世界はより善き場所へとなるだろう)」

一人一人が、善人になるように努めれば少しはマシな世界になるのでしょうか。スナイパータワーは、静かにわたし達に問いかけてきます。

  • 写真:旅するぱぱす

「HELP ME UP(私を起こして)」

倒れた壁と下から伸びてきた蔦を合わせたアート。描かれてから少し時間が経っているのか、蔦の一部は倒れてしまっていましたが、壁を必死に持ち上げているように見える蔦が、「絶対起き上がるぞ」というボスニアの人々の強いメッセージを表しているように感じます。

スナイパータワーは、新しい世界の見方に気づける場所

  • 写真:旅するぱぱす

スナイパータワーの上部に登って際立っているのは、建物の外の世界との温度差です。今でも弾丸と砲弾の跡が残るスナイパータワーですが、すぐ目の前には、平和を取り戻した街の様子と青空が広がっています。

  • 写真:旅するぱぱす

紛争のイメージが強いボスニア・ヘルツェゴヴィナですが、実際に訪れてみて感じるのは、これから自分たちの国を作っていくぞという人々の硬い意志。悲しい歴史を背負った人々だからこそ見せることができる未来への希望を、このスナイパータワーからも感じることができます。

美しい場所を訪れる旅もいいけれど、少し足を伸ばして、違った目線から世界を見渡して見るのも必要なことではないでしょうか。ボスニア・モスタルにあるスナイパータワーは、新しい世界の見方を教えてくれる、素晴らしい場所の一つです。

スナイパータワー
ボスニア・ヘルツェゴビナ / 遺跡・史跡
住所:Kneza Domagoja 12 Mostar 88000 ボスニア・ヘルツェゴビナ地図で見る

ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行を自分好みにアレンジしよう!

オンライン旅行会社「旅工房」ならばボスニア・ヘルツェゴビナのツアーのアレンジも承ります(相談無料)。

  • 泊数を変えずに価格を抑える
  • 複数のホテルに宿泊する
  • 2ヶ国以上周遊する、など

旅工房でボスニア・ヘルツェゴビナのすべてのツアーをみる>>

ボスニア・ヘルツェゴビナの旅行予約はこちら

ボスニア・ヘルツェゴビナのパッケージツアーを探す

ボスニア・ヘルツェゴビナのホテルを探す

ボスニア・ヘルツェゴビナの航空券を探す

ボスニア・ヘルツェゴビナの現地アクティビティを探す

ボスニア・ヘルツェゴビナのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年10月16日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

ビートルズ聴いて映画ばっか観てるインドア系旅人
ぱぱす(スペイン語で芋)です。いもです。
殻に閉じこもりがちだけど一旦でたらけっこう遠出しちゃう派です。
ラテンとインドに魅せられたアラサー。NOMADOに憧れる普通の人。
インスタ映えない泥臭い旅がバエル時代を作りたい。
とか言いつつ、楽しければなんでもいいよね★ってゆるく旅してます。
トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?