ケアンズ
ケアンズ観光
グレートバリアリーフの玄関口

【ケアンズ】ラピュタの舞台!?「パロネラ・パーク」は、ライトアップツアーが見逃せない!

取材・写真・文:

オーストラリア在住

2018年12月12日更新

299view

お気に入り

写真:mumin

オーストラリアの人気観光地ケアンズ。ここにはジブリ映画『天空の城ラピュタ』の舞台になったともいわれる神秘の城「パロネラ・パーク」があります。パロネラ・パークに行くなら、ぜひ試してほしいのが、ライトアップとBGMが幻想的なライトアップツアー!昼間には見られないロマンティックな世界を、ご覧になってみては。

この記事の目次表示

ひとりの少年が夢をかなえた城

  • 写真:muminParonella Park

パロネラ・パークとは、オーストラリア・ケアンズから南方に車で1時間半ほどの場所にある、世界遺産になっている熱帯雨林のなかにある古城。およそ100年程前、スペインからオーストラリアにやってきたスペイン人移民ホゼ・パロネラによって建てられました。

  • 写真:muminParonella Park 噴水

彼は幼いころ、祖母が聞かせてくれたおとぎ話に出てくるお城に心惹かれ、”いつか自分の城を持ちたい”と夢をもっていたそう。異国の地で移民として奮闘しながら、多くの人が忘れてしまうであろう幼きころの夢を、彼は決してあきらめず、生涯をかけて自らの手で形にしました。お城は本当に手作りなので、彼の手形が残っていたりします。そんなホゼのロマンがつまった夢の城、それがパロネラ・パークなのです。

「パロネラ・パーク」内をみるためには?

営業時間と入場料

  • 写真:muminParonella Park ミーナの滝とピクニック広場

パロネラ・パークでは日中と夜間と分かれて、営業時間中随時ツアーが行われています。受付で大人入場料A$46(約¥3,680)を支払い、パロネラ・パークが主催するデイツアーまたはライトアップツアーに参加します。

  • 営業時間:午前9時から午後7時20分まで(クリスマス12/25を除く)
  • 入場料:大人A$46(約¥3,680)、学生A$41(約¥3,280)、子ども(5〜15歳):A$25(約¥2,000)

パロネラ・パーク内には、イングリッシュスタッフ、中国人スタッフ、そして日本人スタッフが常駐していて、日本語でていねいな説明を聞きながら園内を散策することができます。個人来訪する場合は、事前に来訪時間を電話でつたえておくとスムーズに観光ができるでしょう。

またケアンズ市内から旅行会社が遂行するパッケージツアーに参加する場合、ツアー会社がアレンジしたガイドが案内する場合もあります。

デイツアーとライトアップツアー

  • 写真:muminParonella Park テレサの滝
  • The Dream Continues Tour(デイツアー):ヒストリーツアーと自由散策(1日に数回、日本語ツアーあり。ライトアップツアーの前まで/約45分)
  • The Darkness Falls Tour(ライトアップツアー):ヒストリーツアーとライトアップツアー(1日1回のみ 6:15〜7:20pm)

昼間のデイツアーは、パロネラ・パーク内の建物に秘められた謎を解きながら、ホゼの夢を追いかける「ヒストリーツアー」と自由散策ができるプロブラム。夜間のライトアップツアーは、「ヒストリーツアー」に加え、幻想的な世界が広がる「ライトアップツアー」に参加できるプロブラムです。

夜間は辺りが暗くなるため安全を考慮し、ライトアップツアーに参加しないと園内に入ることができません。そのため、筆者のおすすめは、ライトアップツアーが始まる1時間ほど前に訪れて、ライトアップツアーを待つまでの間にパーク内を個人散策するというもの。昼間のパロネラ・パーク内の様子が観光できる上、昼と夜の違いを楽しむことができますよ。

今回はなかなかクローズアップされることのない、夜のライトアップツアーの見どころをご紹介します。

ライトアップツアーの見どころ

ホゼが魅了されたミーナの滝

  • 写真:muminParonella Park ミーナの滝

こちらは移民として決して裕福ではなかったホゼが魅了され、長年の夢であった城をこの地に築きたいと決心させた滝「ミーナの滝」。豊富な水量で流れ落ち、見るものを圧倒します。ホゼはこの滝の水量を活用して、当時では画期的な水力発電をつくりあげました。

滝には釣り橋がかかっており、真上から滝を眺めることもできますよ。池は数年前にワニが発見されてから、泳ぐことが禁じられています。見学の際は、柵を乗り越えないようお気をつけて。

ライトアップされた城が美しい

  • 写真:muminParonella Park 映写室があったお城

2階に映写室があったお城です。昼間に訪れると、苔むした古壁がなんとも時代の流れを感じさせ、哀愁ただよう様子が感じられますが、夜間ライトアップされると幻想的な雰囲気でとてもロマンティックです。

誕生日プレゼントにつくったテレサの滝

  • 写真:muminParonella Park テレサの滝

ホゼは自らが建てたお城で、愛する家族ともちろん暮らしていた訳ですが、娘のテレサが誕生日に父ホゼにリクエストし、プレゼントしたとされる滝がその名も「テレサの滝」。実はテレサは誕生日のとき、「ミーナの滝が欲しい」とホゼに頼んだものの、ミーナの滝は自分の滝だからあげられないと、代わりに作った滝だそう。なんでも作ってしまうホゼに感服です。

BGMとライトアップで、ホゼの城を満喫

  • 写真:muminParonella Park

さて、ガイドさんの案内で園内をみて回ったら、いよいよクライマックスの城へ。どこからか『天空の城ラピュタ』のBGMが流れはじめ、暗闇のなか小さな明かりとともに古城が浮かび上がってきます。その姿はなんともロマンティック。

以前は単色のライトアップが行われていたそうですが、筆者が訪れた2018年6月よりも少し前から、赤や青、黄色といったさまざまな色を使ったライトアップに変更され、とても幻想的な雰囲気のお城を見学できるようになりました。

ジブリファンならずとも、ぜひ一度は訪れてみてほしいパロネラ・パーク。今回は夜のライトアップツアーをご紹介しましたが、デイツアーと合わせてぜひ一度行ってみてくださいね。

パロネラパーク
オーストラリア / 公園・動植物園
住所:1671 Innisfail Japoon Rd, Mena Creek Queensland 4871地図で見る
Web:http://www.paronellapark.com.au/japan/included

※記事内の豪ドルから円への換算は1ドル=約80円で計算しています

ケアンズの旅行予約はこちら

ケアンズのホテルを探す

ケアンズの航空券を探す

ケアンズのパッケージツアーを探す

ケアンズの現地アクティビティを探す

ケアンズのWi-Fiレンタルを探す

ケアンズのレンタカーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年12月10日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【ケアンズ】遊びも食も買い物も!1日あれば満喫できる陽気な街の楽しみ方

オーストラリアのケアンズを旅するなら、グレートバリアリーフや熱帯雨林を訪れるツアーは外せませんよね!でもせっかくだからその合間に、ケアンズの街中も散策してみませ...

オーストラリアの定番・観光スポットならココ!23選

日本の約22倍もの広大な国土をもつオーストラリア。エアーズロックやグレートバリアリーフなど雄大な自然を満喫できる世界遺産がある一方で、シドニーやメルボルンでは都...


ケアンズからポートダグラスへロードトリップしてみよう!

オーストラリアのポートダグラスは、ケアンズから車で1時間のところにあるトロピカルな街です。リゾートホテルがいっぱい並ぶ街としても有名なポートダグラスですが、ケア...

【オーストラリア】身も心もリフレッシュ!ケアンズ・ボタニックガーデン

トロピカルな植物に癒されたり、ボードウォークを散策して1日中リラックスできる、ケアンズボタニックガーデンを紹介します!見つけると幸せになれる蝶、ユリシスも飛んで...


【ケアンズ】ゆっくりまわろう!キュランダ村

オーストラリアのケアンズから少し離れた所にあるキュランダ村。ケアンズを訪れる日本人が必ず訪れると言われているほど人気の村です。ツアーで申し込むとどうしても時間の...

この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市...

冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...


秋田観光の穴場、「抱返り渓谷」の見どころ完全ガイド!

神秘的な碧い渓流や、紅葉の名所として知られる「抱返り渓谷」。田沢湖や角館からも程近く、秋田観光の穴場スポットです。今回は抱返り渓谷に行くならおさえておきたい見ど...

日本で一番、星空が見やすい場所!岩手「ひろのまきば天文台」

2007年度、環境省の冬期全国星空継続観察によって、日本一星空が見やすい場所に選ばれた「ひろのまきば天文台」。牧場のなかに立つ360°見渡せる天文台からは、キラ...


【青森県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

本州・最北端にある青森県は、三方を海にかこまれ、中央に八甲田山がそびえる自然豊かな土地。世界遺産の「白神山地」をはじめ、奥入瀬渓流や十和田湖など、一度は行ってみ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?