青森
青森
自然景勝地を多く有する、日本一のりんご生産地

お土産も揃う、巨大市場!八戸観光の定番「八食センター」の見どころ10選

2017年1月10日更新

10,067view

お気に入り

八戸観光といえばココ、「八食センター」。港町・八戸ならではの新鮮な魚介類や珍味、変わり種スイーツに八戸B級グルメモニュメントまで、ありとあらゆるものが揃う巨大市場です。ここでは「八食センター」でおすすめのお店やグルメ、スポットをまるごとご紹介します。

八食センターとは

  • 八食センター

八食センターとは八戸市にある、創業30年以上もの老舗が軒をつらねる巨大市場。場内では水揚げされたばかりの新鮮な魚介類を中心に、地場でとれた農産物、おみやげ品などがバラエティ豊かに並んでいます。

食事処も充実していて、磯料理や郷土料理を楽しめる「厨スタジアム」や「味横丁」、購入したものを炭火で焼いて食べられる「七厘村」もありますよ。港町・八戸へ訪れたなら、まずは八食センターに行ってみてはいかがでしょう?

八食センター
青森 / 市場・朝市
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-9311
Web:http://www.849net.com/

見どころをチェックしてみよう!

【1】新鮮な魚介類が盛りだくさん(坂下商店)

  • 八食センター

まずは活きのいい魚介類がズラッと並ぶ、市場棟・鮮魚売り場へ。気さくな店主が話しかけてくれ、季節のおすすめなど教えてくれます。どれも鮮度よく、訪れたときにはカニが元気に動いていましたよ。

  • 海鮮・カニ

場内の「七厘村」でたべていく方には、海鮮セットや一食分に小分けされた商品もありますので、近くのお店の方に声をかけてみてくださいね。

坂下商店
青森 / 食料品・デリ
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-9362
Web:http://www.849net.com/map/shop/14.html

【2】ジュージュー、その場で美味しくいただく(七厘村)

  • 七厘村

市場で購入した魚介類や精肉を、炭火で焼いてたべられる「七厘村」。とにかく新鮮で、期待を裏切らない美味しさです。食べるだけでなく、青森の地酒をいっしょに愉しむのもオススメ。お好きなものを選んで、思いおもいの時間を過ごしてみてはいかが。

  • 七厘村
  • 料金(2016年12月現在):大人300円、小学生100円、幼児無料
七厘村
青森 / 魚介・海鮮料理
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-29-4451
Web:http://www.849net.com/map/shop/shichirin.html

【3】やっぱり海鮮丼が食べたい!(郷土料理なんぶや)

  • ミニ海鮮丼セット

活きのいい鮮魚が揃う市場では、海鮮丼も味わいたいグルメのひとつ。飲食棟・味横丁にある「郷土料理なんぶや」では、いろいろな組み合わせの海鮮丼が沢山あります。ネタが大きく、お値段もリーズナブルでお得な丼ぶりですよ。ぜひお好きな丼ぶりで、八戸グルメを味わってください。

郷土料理なんぶや
青森 / 郷土料理 / 魚介・海鮮料理
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-0561
Web:http://www.849net.com/map/shop/46.html

【4】酒の肴、乾物・珍味がどっさり(マルマス榊)

  • マルマス榊

海産物が豊富な八戸で、外せないのが乾物・珍味。「マルマス榊」では天日干しにこだわった煮干しやするめ、ホタテの貝柱など酒の肴にぴったりの美味な商品が並んでいます。

  • 八戸鯖-2014-

なかでも店主のおすすめは、一定の規格を満たした大ぶりの鯖のみを用いて1年間缶のなかで熟成させた「八戸鯖」。メーカーのこだわりが光る逸品で、鯖の漁獲量が少なかった2015年、2016年は作らなかったというから面白い。写真は2014年ものです。見つけた方は、ぜひ一つ購入してみては。

マルマス榊
青森 / 食料品・デリ
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-9343
Web:http://www.849net.com/map/shop/29.html

【5】八戸名物、イカの塩辛を食べ比べ(海道屋)

  • 海道屋

全国一位のイカの漁獲量を誇る、八戸漁港。様々な珍味を取り揃える「海道屋」は、八戸の家庭の味「イカの塩辛」をゆず麹や明太などいろいろな味で楽しめるユニークなお店。八戸市内のスーパーでも見かけることの少ない珍しい味は、観光客だけでなく八戸市民にもおすすめです。

海道屋
青森 / 食料品・デリ
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-2538
Web:http://www.849net.com/map/shop/38.html

【6】バラエティ豊富な出汁(咲や)

  • 咲や バラエティ出汁

店頭でさきいかの実演販売をしている、乾物・珍味のお店「咲や」。ここでは乾物や珍味はもちろん、大間のマグロやサバ、長芋やにんにくなどバラエティ豊富な出汁が販売されています。小さめのパックに小分けされているため、お試しでいくつか購入される方が多いそう。3パックで900円。

咲や
青森 / 食料品・デリ
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-8540
Web:http://www.849net.com/map/shop/28.html

【7】変わり種スイーツ!? クロワッサンたい焼き(たこ坊)

  • クロワッサンたい焼き

大ダコ焼きやネギダコ焼きなど、色々なたこ焼きを販売している「たこ坊」。ここではたい焼きも販売されているのですが、ちょっと変わった「クロワッサンたい焼き」が名物スイーツになっています。外はクロワッサンそのもの、なかはあんがしっとりでクセになる味わいです。

たこ坊
青森 / 和食 / スイーツ
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-20-1399
Web:http://www.849net.com/map/shop/21.html

【8】おみやげも、より取りみどり(しんぼり)

  • しんぼり

なんでもある市場では、おみやげも市場内で購入できますよ。「しんぼり」は八戸名物の製菓はもちろん、駅ナカでは取り扱いの少ない地元の人が親しむおやつ「南部煎餅」や「せんべいのみみ」も種類おおく取り扱っていてオススメです。

しんぼり
青森 / お土産
住所:八戸市河原木字神才22-2
電話:0178-28-9321
Web:http://www.849net.com/map/shop/16.html

【9】八戸B級グルメ、せんべい汁モニュメント

  • せんべい汁モニュメント

八戸の郷土料理の「せんべい汁」。全国的にも知られる「B-1グランプリ」発祥の地である、八戸の名物B級グルメです。

「厨スタジアム」内のくりや広場では、せんべい汁やB-1グランプリのモニュメントが飾られています。もちろん食事処では「せんべい汁」が提供されています。食べたことのない方はぜひ一度召し上がってくださいね。

【10】ミニ水槽で水族館気分(マリエント)

  • マリエント ミニ水槽

八戸市種差海岸にある、水族館マリエントから出張してきてくれている魚たち。子どもたちに大人気です。場内には子ども向けの遊戯場が充実しているので、お子さまを連れたご旅行でも安心して訪れることができます。

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2016年12月21日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

"あの世"へ足を踏み入れる!?日本三大霊山「恐山」が想像以上の冥界だった

本州北の果て、青森県下北半島にある霊場・恐山。死後に訪れるという「三途の川」や「地獄」、「極楽浄土」を彷彿とさせる風景が広がる場所で、実際に行ってみると清々しく...

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...

【青森県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

本州・最北端にある青森県は、三方を海にかこまれ、中央に八甲田山がそびえる自然豊かな土地。世界遺産の「白神山地」をはじめ、奥入瀬渓流や十和田湖など、一度は行ってみ...

焼き小籠包に幼虫グミ!? 1日2万人が訪れる八戸・舘鼻岸壁朝市

青森三大都市のひとつ、八戸市。港町として古くから栄えてきたこの町には、訪れる人を魅了して止まないホットなイベント「舘鼻岸壁朝市」があります。広大な舘鼻岸壁を舞台...

北の移動はフェリーで!海がキレイ・楽々・安い「シルバーフェリー」

旅先へのアクセスには、飛行機や新幹線、ときにはバスが主流ですよね。でも予算より高かったり、長時間すわって疲れたり、何かと悩ましいもの。できればリーズナブルに快適...



この記事を書いたトラベルライター

無計画さが玉にきず、自由気ままなトラベラー。
幼い頃からよく動き回る子どもだった私は、そのまま大人になり大の旅行好きとなりました。見知らぬ街で、はじめてみる景色や人との出会いが、冒険しているようで大好きです。国内外さまざまな場所へ行き、「旅をしながら暮らすこと」が将来の夢。自分の経験も踏まえつつ、読者の方に役立つ情報をお届けしたいと思います。

冬の蔵王はこう楽しむ!山形・蔵王の見どころ4選&周辺のおすすめ観光スポット4選

宮城県と山形県の県境にそびえる「蔵王連峰」。日本百名山にも選ばれた美しい山は、夏はエメラルドグリーンの神秘の湖「御釜」や、冬にはスノーモンスターと呼ばれる「樹氷...

日本で一番、星空が見やすい場所!岩手「ひろのまきば天文台」

2007年度、環境省の冬期全国星空継続観察によって、日本一星空が見やすい場所に選ばれた「ひろのまきば天文台」。牧場のなかに立つ360°見渡せる天文台からは、キラ...

【青森県】ここだけは行きたい!定番のおすすめ観光スポット5選

本州・最北端にある青森県は、三方を海にかこまれ、中央に八甲田山がそびえる自然豊かな土地。世界遺産の「白神山地」をはじめ、奥入瀬渓流や十和田湖など、一度は行ってみ...

美しい渓流めぐりにコケさんぽ!?青森県・奥入瀬渓流の歩き方ガイド

青森県を代表する景勝地、奥入瀬渓流。美しい渓流やダイナミックな滝、神秘的なコケの絨毯など見どころ満載の観光地です。今回は訪れる度に新たな魅力と出会う、奥入瀬渓流...

日本三大鍾乳洞のひとつ、岩手「龍泉洞」で自然の神秘にふれる

日本三大鍾乳洞に数えられる、岩手県岩泉町の「龍泉洞」。奥から清水が湧きだし、”ドラゴンブルー”と呼ばれる美しい地底湖があることでも知られています。平成28年8月...



トラベルライターアワード・2017年間受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?