チェンマイ
チェンマイ観光
”北方のバラ”と称される美しい古都

【タイ】「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」内のレストラン「カオ(Khao)」で、極上タイ料理を堪能

取材・写真・文:

タイ在住
訪問エリア:9ヶ国

2019年12月28日更新

283view

お気に入り

写真:瀬奈

「カオ(Khao)」は、チェンマイの高級リゾートホテル「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」(Four Seasons Resort Chiang Mai)内にあるレストランです。田園風景を再現したホテルの庭園を眺めながら食事をいただくことができます。定番のタイ料理がここまで高級料理に変身できてしまうのか?と驚きの美味しさです。ホテル内の様子も少しだけご紹介します。

この記事の目次表示

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」について

  • 写真:瀬奈

「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」は、チェンマイ北部のメーリム地区にあるリゾートホテルです。リゾートホテルというとビーチをイメージするかも知れませんが、「フォーシーズンズリゾート・チェンマイ」は山の中にあるリゾートホテルです。

  • 写真:瀬奈

ホテルの敷地内には、田園風景が再現されていて、 まるでタイの農村地区を旅しているかのような気分になります。こちらの田んぼでは、ホテルのゲストが田植え体験をすることもできます。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

とてもよく管理された庭園内に、ヴィラタイプの客室が点在しています。宿泊料金は一室25,000バーツ(約9万円)ぐらいから。プライベートプール付きのリッチなお部屋もあります。

「お米」という意味のタイ料理のレストラン

  • 写真:瀬奈

「カオ」とはタイ語で「お米」という意味。「こんにちは」の代わりに「カオ食べましたか?」という挨拶があるほど、タイ人にとって欠かせない存在です。レストランの看板もお米のロゴマークになっています。

  • 写真:瀬奈

外のテラス席からは、ホテルの庭園にある田んぼを眺めながら食事ができます。レストランのテーブルにも稲穂が飾られていました。

  • 写真:瀬奈
  • 写真:瀬奈

広々したテラス席には屋根もあり、雨や日差しが強い日でも安心です。

  • 写真:瀬奈

筆者が訪れた日はとても暑かったので、室内の席を選びました。エアコンが効いた室内は、大きなシャンデリアと、リゾート内の景色や施設が描かれた大きな絵が印象的な空間です。大きなガラス窓もあり、遠くの田んぼと周囲の庭の樹木が見えます。

高級料理へと進化した屋台の定番料理

「カオ」のメニューは、タイ風チャーハン「カオパット」や、タイカレー、パパイヤサラダ「ソムタム」など、タイでは馴染みのある名前のものばかり。屋台の定番料理とも言えるタイ料理が中心です。一皿150円ぐらいの屋台料理がどんな風に高級料理に変身しているか比べられるのが楽しいです。

  • 写真:瀬奈

料理を注文し終えると、スナックと共にパンが沢山入ったかごを持って来てくれました。数種類の美味しいパンで、これだけでもお腹がいっぱいになりそうです。

  • 写真:瀬奈「パッタイ・グン」550バーツ(約1,925円)

タイに来たら一度は食べたい甘辛い焼き麺「パッタイ・グン」です。「グン」とはエビのこと。屋台では豚肉や鶏肉のことが多く、エビのパッタイはほんのちょっと高くなります。でも今回の「パッタイ・グン」のエビは屋台のものとは桁違い!大きなエビがごろごろ入っていて、食べごたえ抜群です。

  • 写真:瀬奈「レッドカリー・シーフード」 650バーツ(約2,275円)
  • 写真:瀬奈「グン・サロン」450バーツ(約1,575円)

次に来たのは、「レッドカリー・シーフード」です。辛さは注文時に希望を伝えることができます。筆者はタイでの普通の辛さでオーダーしました。辛みの中にもフレッシュなココナッツミルクの甘みがあって、シーフードのうまみが凝縮されているおいしいカレーです。こちらにも大きなエビがたくさん入っていました。

「グン・サロン」は、オイスターソースであえたエビを、米麺で巻いて揚げた料理です。パリパリの米麺の衣がおいしい一品です。

  • 写真:瀬奈「マンゴーチキン」590バーツ(約2,065円)

メニューには健康に配慮した料理のカテゴリーもあり、その中から選んだ「マンゴーチキン」というサラダです。カラフルな薄味のサラダで、素材の味が引き立ちます。マンゴーとチキンという意外な組み合わせですが、マンゴーの酸味がちょうど良いアクセントになっています。

  • 写真:瀬奈

テーブルの上はカラフルでおいしい料理でいっぱいになりました。普段屋台で目にするタイ料理とは一味も二味も違う、繊細で美しい盛り付けの料理です。筆者は3名でシェアしましたが、4品とライスで丁度よいボリュームでした。

「カオ」では、ランチ、ディナーの他にアフタヌーンティータイムもあり、2名分で1,770 バーツ(約6,500円)からとなっています。メニューにはどれも税金、サービス料(合計17%)が加算されます。

朝食 07:00~10:30
ランチ 12:00~18:00
アフタヌーンティー 13:00~17:00
ディナー 18:00~22:00
カオ
チェンマイ / アジア料理
住所:502 MOO 1, MAE RIM-SAMOENG OLD ROAD, CHIANG MAI 50180 THAILAND地図で見る
Web:https://www.fourseasons.com/chiangmai/dining/resta...

次のページを読む

チェンマイの旅行予約はこちら

チェンマイのパッケージツアーを探す

チェンマイのホテルを探す

チェンマイの航空券を探す

チェンマイの現地アクティビティを探す

チェンマイのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年12月25日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


チェンマイ在住者おすすめのお得なホテルビュッフェ「ホワイトエレファント」

チェンマイ在住者がよく利用する、チェンマイ市内のホテル内にある「ホワイトエレファント」でのお得なランチビュッフェをご紹介します。値段はなんと199バーツ(約70...


【毎日大行列】チェンマイの北タイ料理店Tong Tem Toh

日本人も大好きなタイ料理。ただタイ料理と一口に言っても地域によってさまざまで、ここチェンマイではおいしい北部の料理をいただくことができます。今回ご紹介するのは、...

【チェンマイ】大人気のミャンマー料理店Nong Bee's Burmese Restaurant and Libraryには意外な歴史があった

日本同様、タイでも各国のおいしい料理を楽しむことができますが、特にタイにはミャンマーからの移民が多く、そのため本格的なミャンマー料理店もたくさんあります。今回は...

チェンマイ市内のリゾートホテル「アナンタラ・チェンマイ」に宿泊

世界中から観光客が訪れるタイ北部の古都チェンマイ。多くの人が行き交うナイトバザールのすぐそばに「アナンタラ・チェンマイ」があります。シンプルな外観からは想像がつ...

この記事を書いたトラベルライター

旅はまだまだ終われない☆東南アジア放浪中♪
タイに魅せられ、2015年より夫婦でチェンマイに移住。
チェンマイを拠点に、東南アジアを旅しています。
高級ホテル滞在からバックパッカーまで、幅広いスタイルの旅を楽しんでいます。
日本人にはあまり知られていないレアな情報をお伝えしていきます!

ちょっぴりワイルドなバックパッカー旅!秘境の村ラオス・バンビエン

ラオスの首都ビエンチャンからバスで4時間ほどの所にある秘境の村バンビエン。ここでは手つかずの大自然を生かしたアクティビティーが楽しめます。世界中からバックパッカ...


【タイ】バンコクで一番高いルーフトップの展望台「マハナコーン・スカイウォーク」

78階建て、地上314メートルの「キングパワー・マハナコーンビル」の最上階にある、タイで一番(2019年時点)高い展望台「マハナコーン・スカイウォ-ク」。見晴ら...


本格フレンチも味わえる!ラオス・ビエンチャンのおいしい洋食店4選

東南アジアの小さな国、ラオスの首都ビエンチャン。意外なことにたくさんの洋食店があるんです。特にフランス人が経営しているフレンチレストランでは、とてもリーズナブル...

【タイ】パタヤビーチからすぐ!透き通る海のラン島でビーチを満喫

バンコクから車で1時間半ほどの所にある有名な観光地・パタヤビーチから、さらに船で約40分の所にある小さな島「ラン島」。海の透明度、ビーチの美しさはパタヤビーチと...

温泉好き必見!チェンマイで源泉100%の温泉リゾート「シッパ・ホットスプリング」

チェンマイで有名な温泉地にある、Sippa Hotspring(シッパ・ホットスプリング)をご紹介します。公共のサンカムペーン温泉ほど広くはないですが、深い緑の...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?