中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

スケールが違う!中国・珠海にある世界一大きな水族館へ行ってみよう!

2017年3月21日更新

8,924view

お気に入り

中国・珠海にあり、世界一大きな水族館の一つとして知られている「チャイムロング・オーシャン・キングダム」。ジンベイザメやベルーガ、ホッキョクグマをはじめとする、たくさんの海の世界を近くで見ることができる、とても魅力的な水族館です。アクセスも比較的便利な場所にあるので、圧倒されるほど大きな水族館に、ぜひ行ってみましょう!

チャイムロング・オーシャン・キングダムとは?

中国・珠海にある「チャイムロング・オーシャン・キングダム(長隆海洋王國/Chimelong International Ocean Resort 内)」は、2014年に5つものギネスを取得した有名な水族館。

そのギネスとは、「世界最大の水槽」「世界最大の天井ドーム型水槽」「世界最大の水族館」「世界最大の水槽窓」「世界最大のアクリルパネル」だそう。

とても広い館内は、各動物や種類ごとに細かく分かれているので、周りやすいのも特徴。すべてのショーへの移動もスムーズにできるようになっています。

迫力のある世界一大きな水槽

世界一大きなこの水槽は、OCEAN BEAUTYエリアのWhale and shark plazaにあります。高さ68m、体積31,000㎥の水槽には、1,500種類もの生物や魚が生存しており、ジンベイザメを始め、たくさんの魚を見ることができます。

見ている人のサイズと比べると、水槽がいかに大きいかが想像できるでしょう。館内もとても広いので、上から下までいろいろな位置から鑑賞できます。

美しい演出もみどころ

同エリア内の他の水槽で、とってもきれいに演出されているくらげ。何秒かに一度、様々な色に変わっていくので、変化に富んだ色のクラゲを観賞できてとっても幻想的。ついつい見入ってしまいます。

海の動物たちのショーが大人気

この水族館のもう一つの魅力である動物たちのショーは、スケールがすごい!イルカ、アシカ、ベルーガのショーがあり、なかでもベルーガのショーでは8頭ものベルーガが楽しませてくれます。

また、5Dでみる海の世界のアニメーションショーも、新しいセンセーションを感じられるのでおすすめ。すべてのショーを周れるように時間配分されているので、ぜひ見てみて下さい(ショーはすべて中国語)。

迫力満点のエンターテイメント

園内にある湖では、音楽に合わせた噴水ショーが定期的に行われていたり、湖の周りで本格的なパレードが昼間と夜に行われたりしています。

そして、クライマックスのショーは、なんと花火の打ちあがる“Glamorous Sky Over Hengpin”。20分くらいのショーで、ジェットパックを付けたパフォーマーたちが、花火を身に付けながら音楽に合わせて空を舞い上がるさまは迫力満点!

また、何人ものドライバーがジェットボートに花火を乗せ、湖に円を描くようにものすごいスピードで走り回り、花火を打ち上げていきます。

様々な色のライトが音楽に合わせて変わり、巨大クジラ像の後ろからは花火が立て続けにあがります。大音響と共に燃え上がる炎は素晴らしい演出で、感動すること間違いなし!

アトラクションも充実

水族館もとても大きく見どころたくさんですが、アトラクションも充実しています。水の中に入っていく迫力満点のウォータースライダーのような乗り物や、ローラーコースター、お子様も楽しめる乗り物などがあります。

アトラクションは、水族館の中を通ったり、ローラーコースターに乗りながら熊が見学できたりと、常に海の動物たちと接点を持てるように考えられて作られています。


アクセス方法

チャイムロング・オーシャン・キングダムへのアクセスは、珠海九洲港(Jiuzhou Port in Zhuhai)から公共バス(大人1人25元)、タクシー(約80〜100元、所要時間約40分)の利用がおすすめです。

珠海九洲港に行くには、以下の3ヶ所のフェリーターミナルを利用することが可能。それぞれCKSというフェリー会社から船が運行していますので、オンライン又はカウンターにてチケット購入しましょう。チケットは、旅行会社TRAVEL EXPERTでも購入することができます。

  • 香港国際空港SkyPier・フェリーターミナル:1日4便運行
  • 香港島・マカオ・フェリーターミナル(港澳碼頭/Hong Kong-Macau Ferry Terminal):1日8便運行
  • 九龍側・尖沙咀にある香港チャイナフェリーターミナル(中港碼頭/Hong Kong China Ferry Terminal):1日6便運行

この他、TURBOJET社のフェリーも、チュンムン(屯門)フェリーターミナルから1日1便運行。こちらも、オンラインまたはチケットカウンターにて購入が可能です。

終わりに

世界一大きな水族館「チャイムロング・オーシャン・キングダム」は、スケールがとにかくすごい!圧倒されてしまうこの感覚を味わいに、ぜひ行ってみて下さい。様々なアトラクションも兼ね備えているので、楽しめることでしょう。

チャイムロング・オーシャン・キングダム
中国 / 公園・動植物園
住所:中華人民共和国 Guangdong Sheng, Zhuhai Shi, Xiangzhou Qu, 横琴新区富祥湾珠海长隆国际海洋度假区
Web:http://oceankingdom-int.chimelong.com/Oceankingdom...

中国の旅行予約はこちら

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国のパッケージツアーを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2017年3月6日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

最近人気の記事

【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...

週末に行ける海外!上海人気観光スポット「外灘」と千と千尋の世界「豫園」へ!絶品小籠包も♪

日本から3時間で行ける海外として人気の「上海」。今回は初めて上海に行く人におすすめの、上海の外せない観光スポット「外灘」と「豫園」を巡るルートをご紹介します。時...


【ビルド・ア・ベア ワークショップ】で世界に1つだけのぬいぐるみ作り〜世界各地で体験できる!〜

世界に1つだけのぬいぐるみ作りができる「ビルド・ア・ベア ワークショップ」は、ユーモア&可愛いがあふれるお店。残念ながら日本店舗は撤退してしまったため、アメリカ...

次の週末に行けるかも!?日本から3時間ほどで行ける海外6選

「あー海外に行きたいなー!」と思い立ったら、次の週末にでも行けちゃうかもしれない、日本からたったの3時間ほどで着いてしまう海外を紹介しています。アジアで美味しい...


【中国】上海空港のANAラウンジで優雅な待ち時間を!

ビジネスクラスを利用する際や、各航空会社のゴールドクラスの会員なら必ず使用したいのが空港のラウンジです。今回は、上海空港(浦東国際空港)のスターアライアンスグル...

この記事を書いたトラベルライター

Life is an advenure
異文化の人と接してみたい!そう思ってから世界に旅に行くようになりました。バックパッカーから始まり世界各国と旅しているうちに、大自然に魅了され秘境地の虜に。その後、南米に移住。現在は、香港に住んでいます。好きな旅のスタイルは、無計画。行き当たりばったりの旅にワクワクしています。ワインが大好きで世界のワイナリーもめぐっているので合わせて各地のローカルな情報をお伝えしていけたらと思います。
http://nanadolcevita.com/

【香港百万ドルの夜景①】100%眺めを楽しめるスポット6選

香港と言えば、100万ドルの夜景を想像する方も多いでしょう。香港の街に所狭しと林立するビルが夜になるにつれ、様々な色のネオンを放ち、光り輝くステキな夜景と変わっ...

香港から日帰り観光におすすめ!中国・深圳の隠れたおしゃれスポット3選

1980年に経済特区に指定されて以来、急激な成長をしている深圳。商業地帯というイメージが強く、安い衣料品や日常雑貨の調達のために訪れる方の多い地域でしたが、実は...


香港ガイドブックには載ってない!ライオン・ロックの絶景ハイキング

香港と言えば、本場中華料理にショッピング、そして、100万ドルの夜景をイメージするかと思います。常に賑わっている大都会のイメージから一転、今回は、ガイドブックに...

本場で食べたい!香港のリーズナブルな飲茶から高級飲茶まで 7選

香港の飲茶はバラエティー豊か!昔からのワゴン式や高級ホテルで食べられる洗練された飲茶、ファーストフード感覚で行ける気軽なものまで、ここではお勧めの7店をご紹介し...


現地でしか食べられない!香港で食す大人気の麺屋5選

気軽に食べ歩きできる麺屋が香港にはたくさん!麺の種類やスープの味はお店によって違うのでぜひ食べ歩いてみましょう。日本では味わうことのできない香港特有の味が病みつ...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?