中国
中国観光
アジアでダントツの数を誇る世界遺産の宝庫

≪天津航空≫フルサービスキャリアなのに安い中国の航空会社!

取材・写真・文:

大阪在住
訪問エリア:42ヶ国

2019年6月13日更新

207view

お気に入り

写真:yosiasu

「LCCは安い」というイメージを持っている方は多くいらっしゃると思いますが、LCCの対義語に当たるFSC(フルサービスキャリア)にも安い路線があることをご存知でしょうか?一定量まで預け荷物が無料で、機内食やドリンクのサービスもついてくるのに安い、夢のようなFSC「天津航空」についてご紹介します。

この記事の目次表示

天津航空とは

「天津」という地名は知っていても、天津航空は聞いたことがないという方、多いのではないでしょうか?天津航空はFSC(フルサービスキャリア)でありなから、非常に安価なフライトを提供している航空会社です。2019年5月現在、日本発天津着のフライトは以下の4路線です(カッコ内は天津空港までの所要時間)。

  • 羽田国際空港(3時間50分)
  • 関西国際空港(3時間)
  • 中部国際空港(2時間55分)
  • 新千歳国際空港(4時間)

また、天津市は北京市から約130キロのところにあり、電車での移動が可能です。2019年5月現在、日本・北京間はLCCが飛んでおらず、安い航空券の入手することが困難ですので、天津航空を利用して天津まで行き、北京まで電車を利用すれば、旅費を抑えることができます。

時期やキャンペーンの有無にもよりますが、東京〜北京間のフライトの相場が往復5万円前後であるのに対し、天津航空を利用すると東京〜天津間のフライトの相場が往復3万円前後と非常に安いです。

天津航空は日本での知名度がまだそれほど高くない為か、乗客のほとんどが中国の方のようで、機内のアナウンスも中国語と英語です。中国の航空会社のフライトは、周りの話し声やマナーが気になるという意見を聞くことがありますか、筆者は特にそう感じることはありませんでした。CAさんは笑顔で親切で、とても好印象です。

機内の設備について

新しくはないですが綺麗に保たれている印象です。筆者はエコノミークラスを利用しましたが、シートは布張りでソフトで、リクライニングも他の飛行機と同じく利用できます。足元は、前のシートから自分の座席まで20センチ程確保されているので、LCCよりも広い印象で充分リラックスできると思います。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu

タッチパネルのパーソナルモニターが1席に1つ付いており、フライト中に映画や音楽、ゲームを楽しむことができます。中国の映画や音楽が中心ではありますが、筆者が搭乗した時には、ドラえもんの映画や、浜崎あゆみさんの音楽が入っていました。ただし、イヤフォンは配られませんので、ご自身で用意されると良いと思います。パーソナルモニターにUSBのポートが付いていますので、スマートフォンなどの充電も可能です。

  • 写真:yosiasu
  • 写真:yosiasu

筆者は利用しませんでしたが、ブランケットが必要であれば無料でレンタルすることができるようです。

機内食&ドリンクについて

筆者は関西国際空港発・天津国際空港着のフライトを利用しました。飛行時間は3時間程度でしたが、温かい機内食がありました。小さいお弁当箱くらいのサイズなので、ボリュームはあまりありません。味が濃かったり辛かったりはせず、日本人の口にも合うものでした。

  • 写真:yosiasu

また、無料のドリンクのサーブも何度かあり、ジュース・コーヒー・水等、数種類がありました。

荷物について

預け荷物

ビジネスクラスは32kg×2つまで、エコノミークラスは20kg×1つまで無料で預けることができます。サイズはいずれも3辺の合計が158センチ以下のものです。重量オーバーや追加の預け荷物がある場合は追加料金を支払えば預けることができます。

機内持ち込み荷物

ビジネスクラスの機内持ち込み荷物は2つまで、それぞれの荷物のサイズが20×40×55cm以下、2つの合計が10キロ以下まで許可されています。エコノミークラスは20×40×55cm以下・5kg×1つまで持ち込み可能です。日によるかもしれませんが、筆者が搭乗した日は搭乗前の手荷物の計測はありませんでした。

荷物についての詳細はこちらをご覧ください

  • 写真:yosiasu
天津国際空港
中国 / 駅・空港・ターミナル
住所:Airport Ave, Dongli Qu, 中華人民共和国 300300地図で見る
Web:http://www.tbia.cn/cn/index.do

この記事を書いたトラベルライターから一言

映画を見ながら機内食を食べジュースを飲んでいたら、あっという間に天津に到着していました!フルサービスなのに値段が安いのでお得感があり、満足度の高いフライトでした。まだまだ日本での知名度は高くないようですが、この記事をきっかけに「天津行ってみようかな」「北京に行く時に利用してみようかな」という方が増え、「乗客の半分以上が日本人」なんてことになったら嬉しいな、と夢見ています!(yosiasu)

中国の旅行予約はこちら

中国のパッケージツアーを探す

中国のホテルを探す

中国の航空券を探す

中国の現地アクティビティを探す

中国のWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年6月12日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【中国】グルメも観光も夜景も!重慶観光で絶対やりたい10のこと

旅行や出張で中国に行くといえば、北京、上海、広州、あたりがメジャーどころ。しかし、広い中国、同じ国内であっても、ところ違えば見どころや文化、食べ物も大きく違って...


【中国】最先端の中国高速鉄道に乗ってみよう!

中国国内を旅するのに欠かせないのが、高速鉄道。幅広い地域をカバーしており、時間に正確、短時間で目的地にたどり着ける高速鉄道は、旅の時間が限られることの多い旅行者...

【中国】上海空港のANAラウンジで優雅な待ち時間を!

ビジネスクラスを利用する際や、各航空会社のゴールドクラスの会員なら必ず使用したいのが空港のラウンジです。今回は、上海空港(浦東国際空港)のスターアライアンスグル...

意外と快適!【中国・鉄道旅】香港〜上海片道19時間の寝台列車へ

時間があれば憧れる、のんびりと時間をかけて進む鉄道の旅。異国なら、なおさら冒険心が掻き立てられませんか?そんな人にこそ挑戦してもらいたいのが、香港~上海の寝台列...

日本と上海の時差は「1時間」!上海への飛行時間は?

上海旅行に出かける前に知っておきたい、日本と上海の時差や、サマータイム、日本から上海への飛行時間について解説します。

この記事を書いたトラベルライター

なんにもないおひとりさまトラベラー
<ゆる〜いBlog、はじめました>

2010年に大学を卒業し、どこにでもいるような普通の会社員をしながら、仕事の合間で少しでも休みができると弾丸ひとり旅に出かけていました。

ものすごく英語が喋れるわけでもなく、ものすごくお金があるわけでもなく、ものすごく地理や歴史に詳しいわけでもなく・・・そんななんの特徴もないわたしですが、少しの好奇心とエイやっ!の気持ちで数十カ国巡って数え切れないほどの絶景を見てきました。

興味があるのが、建築物・街並み・大自然・植物・飛行機電車・ビール・ワインなど、詳しくないのは食べ物と買い物とビーチリゾートと南米大陸とアフリカ大陸です。

特に好きな国は、アイスランド・イタリア・リトアニア・カンボジア・カナダです。

一人海外旅行をやってみたいけどなかなか思い切れない、という人のきっかけになれればと思っています。
https://liberitravel.com

【大阪】中崎町の雑貨&アクセサリーショップ7選

大阪といえば食べ歩きのイメージが強いと思いますが、ここ中崎町はおしゃれなカフェや雑貨屋が集まるエリアとして人気があります。大阪駅から歩いて行けるエリアなので、百...


◎ポルトガル◎初めての個人旅行に!ポルトガルの7泊9日周遊コース

治安が良く物価も安い、歴史的な街並みやのどかな自然が魅力的なポルトガル。ツアーだとコースが決められてしまいますが、個人旅行なら行きたいところだけに時間を使うこと...

☆スペイン・バルセロナ☆ピンチョス・タパス食べ歩きにおすすめのバル5選

サグラダ・ファミリア聖堂やカサ・バトリョ等、アント二・ガウディの作品で有名な観光地・バルセロナ。美食の街としても知られており、ピンチョスやタパスの食べ歩きを楽し...

★ベトナム・ホイアン★フォトスポット7選

ベトナム中部・世界遺産の街「ホイアン」。かつて貿易で栄えたこの街は、夜になるとランタンの光に包まれます。ウエディングフォトを撮るベトナム人カップルも多くいるこの...

【大阪】北堀江にある穴場お花見スポット、土佐稲荷神社

関西のお花見の名所には、大阪城公園や夙川公園がありますが、いい場所が取れなかったり、あまりに人が多くてゆっくりできなかったりという思い出がある方もいらっしゃるの...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?