コロンビア
コロンビア観光
七色の海のリゾート地や世界遺産の港町

【コロンビア・メデジン】世界で最も革新的な街に選ばれたメデジンおすすめ観光スポット6選

取材・写真・文:

宮城在住
訪問エリア:35ヶ国

2019年11月20日更新

3,951view

お気に入り

写真:dory

日本にはまだまだ馴染みの薄いコロンビアで旅行者に最も注目を浴びている街が、コロンビア第二の都市メデジン。見どころがたくさんある注目の街です。今回は、まだ情報の少ないメデジンで行っておきたい観光スポットをご紹介します!

この記事の目次表示

注目の街メデジン

1980年代までは麻薬カルテルが名をあげ、危険な街としてその名を轟かせていたコロンビア第二の都市メデジン。しかし、2013年に「ウォールストリート・ジャーナル」などが実施したコンテストで「最も革新的な都市」1位となったことで、一躍観光客も訪れるほど脚光を浴びる街となりました。今ではバックパッカーはもちろんのこと、欧米諸国からの直行便もあるので、多くの旅行者から注目を集めている街になっています。

そんな注目の街メデジンで、行くべき観光スポットはこちらです!

1. Metrocable(メトロカブレ、ロープウェイ)

革新的な街に選ばれた所以ともいえるのがMetrocable(メトロカブレ)と呼ばれるロープウェイです。コロンビアで唯一電車が走っているメデジン中心部はすり鉢状の地形の最深部にあたります。そこから上へ上へと街が拡大しているのですが、そちらへ行くにはくねくね曲がった道路を走るバスや車、バイクでしか移動できませんでした。

  • 写真:dory急勾配の街を突き抜けるロープウェイ

しかし、このメトロカブレができたおかげで、公共交通は格段によくなり、地域住民のサービス向上、さらには中心部へ簡単に通えるようになったことで賃金の底上げにもつながりました。このメトロカブレは住民の足でもありますが、そのすり鉢状のメデジンの地形を一望できることから、観光客にも人気となっています。

複数路線のメトロカブレが街中にありますが、一部のエリアは観光客にとってはまだまだ危険な地域もあります。観光客でも行ってよい地域かどうか、絶対に確認してから行くようにしましょう。

  • 出典:www.flickr.comPhoto by:Universidad EAFIT, 作品名:Parque Biblioteca España

Acevedo駅からメトロカブレに乗り換えて行けるParque Arví(アルビ公園)は、乗車中はすり鉢状の地形も楽しめ、終着駅の公園では南米ならではの植物を楽しめるのでおすすめです。

またメトロカブレの途中で見えてくる黒い岩のようなものは、実はSpain Park Library Santo domingo Savioという図書館で、建物が一風変わっていますので一見の価値ありです。ただ周辺はスラム地域ですので駅からは出ずに、メトロカブレから眺めるのがいいと思います。

Metro Estación Acevedo
コロンビア / 駅・空港・ターミナル
住所:Medellín, メデジン Medellin, Antioquia, コロンビア地図で見る
Web:https://www.metrodemedellin.gov.co/
アルビ公園
コロンビア / 公園・動植物園 / 公園
住所:Via a Piedras Blancas, Medellín, Antioquia, Colombia地図で見る
Spain Park Library Santo domingo Savio
コロンビア / その他スポット
住所:Cl. 107a #Cra 33B # 107A-100, Medellín, Antioquia, コロンビア地図で見る

2. コムナ13(Comuna13)

メトロカブレ以外にも、革新的な街に選ばれた理由はあります。その一つが、最も危険な地域だったComuna13(コムナ13)の治安が改善されたことです。今ではコムナ13は、メデジン観光で最も重要であり、絶対に訪れるべき場所となりました。

  • 写真:dory元スラム街だったコムナ13が今ではこんなにもカラフルに

かつての面影はなくなりカラフルに彩られた街並み、語り部としてガイドをするボランティア、また、公共交通改善の要となった公共のエスカレーター。どれもこれも活気あふれる住民たちによって成り立つ元スラムを見ることは、コロンビアの歴史を知る上でも重要な場所です。

コムナ13
コロンビア / 町・ストリート
住所:#34cc-2 a 34cc-58, Cra. 110, Medellín, Antioquia, Colombia地図で見る

3. El Pobladoエリア

メデジンの流行の発信地はEl Poblado(ポブラド)エリアです。中でもParque lleras(ジェラス公園)付近はトレンディーでおしゃれなカフェやバー、レストランなどが立ち並んでいます。また、繊維産業が盛んなメデジンにおいて、ファッションに関しては首都ボゴタよりも最先端のトレンドをチェックできます。服や雑貨などのお店も多く、街ブラするのに最適なエリアです。

  • 出典:www.flickr.comPhoto by: Guía de Viajes Oficial de Medellín, 作品名:Parque Lleras

朝食のおいしいお店もあれば、スペシャリティコーヒーの味わえるカフェ、トレンディーなクラフトビールを扱うバー、ベジタリアンオプションの多いピザレストラン、小腹が減ってもすぐに行けるホットドック屋さんまで、一日中遊びつくせる若者が集まるエリアです。夜でも安全に出歩くことができますし、近くのホテルに宿泊すれば時間を気にせずに回れます。

  • 写真:doryおいしい朝食が食べられるSERÉ
  • 写真:doryコロンビア産のコーヒー豆を存分に楽しんで
ジェラス公園
コロンビア / 公園・動植物園 / 公園
住所:Cl. 10 #25-18, Medellín, Antioquia, コロンビア地図で見る

4. Plaza Botero

コロンビアを代表する画家・彫刻家であるFernando Botero(フェルナンド・ボテロ)は、ここメデジンの出身です。彼の作品では肖像画を重視する傾向にあり、彼の作品の最大の特徴は太った人々を描くことです。彼の作品にはコロンビアでの生活が反映され、コロンビア社会の風土がすべての作品に影響していると言われています。

  • 写真:doryボテロの特徴的なふとっちょの人間
  • 写真:dory犬も太っちょな銅像

今ではアメリカやヨーロッパでも作品が展示されている有名な彫刻家ですが、こうした彼の太っちょの彫刻が、Plaza Botero(プラザ・ボテロ)の広場に何体も佇んでいます。人に限らず動物も太っちょで、なんとも愛らしい彼の作品を是非鑑賞してみてください。

プラザ・ボテロ
コロンビア / 公園・動植物園 / 広場
住所:Cra. 51 #5439, Medellín, Antioquia, Colombia地図で見る

5. Rafael Uribe Uribe Palace of Culture

市内中心部にあるRafael Uribe Uribe Palace of Cultureは、一風変わった外壁で目を奪われます。駅のすぐそばにあり電車の車内からも見えるので、一瞬にして「これは何だろう?」という興味に駆り立てられます。

  • 写真:dory白黒の縞模様が目を引く外壁

コンサートや絵画の展覧会などが開かれるミュージアム・カルチャーセンターで、プラザ・ボテロやMuseum of Antioquiaのすぐそばと、他の観光スポットと一緒に行けるので立ち寄ってほしい場所です。

Rafael Uribe Uribe Palace of Culture
コロンビア / 博物館・美術館
住所:Av. Carabobo #51-74, Medellín, Antioquia, Colombia地図で見る

6. Jardín Botánico Joaquín Antonio Uribe

コロンビアの博物学者ホアキン・アントニオ博士の名前が付けられた植物園は革新的な植物園で、デザイン性に富み植物をより魅力的に見せるアイデアが随所に反映されています。

  • 写真:dory

植物だけでなくカメなどの動物も生息しており、間近で観察でき、アート性の高いオブジェや装飾が至る所に施されいる場所です。通常の植物園に飽きを感じやすい方でも楽しめます。

  • 写真:doryデザイン性のある建築と自然をうまく融合している植物園
Jardín Botánico Joaquín Antonio Uribe
コロンビア / 公園・動植物園 / 植物園
住所:botánico Joaquín Antonio Uribe, Medellín, Antioquia, colombia地図で見る
Web:https://www.botanicomedellin.org/

あなたのお気に入りの場所へ

いろんな表情を見せてくれるメデジンできっとあなたのお気に入りの場所が見つかるはずです。もちろん危険なエリアもありますし、時間帯によっては避けるべき場所もあります。それらをしっかりと心得て行動できれば、楽しい旅ができます。

  • 写真:dory
メデジン
コロンビア / 町・ストリート
住所:Medellin,Colombia地図で見る

コロンビアの旅行予約はこちら

コロンビアのパッケージツアーを探す

コロンビアのホテルを探す

コロンビアの航空券を探す

コロンビアの現地アクティビティを探す

コロンビアのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2019年11月19日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事


【コロンビア】地元グルメを堪能!食べたいご当地料理&ドリンク10選

南米コロンビアの料理ってどんなものでしょうか?日本ではなかなか食べることも、また想像することも難しい方が多いのではないでしょうか。難しいからこそ訪れた時には、見...


【コロンビア】見どころ満点!コロンビアで行きたい街7選

欧米を中心に外国人観光客が増えてきているコロンビア。危険というイメージが付きまといがちですが、ここ数年でかなり安全に旅行できるようになりました。コロンビアで行く...

【コロンビア】悪魔の岩La Piedra Del Peñolから望む絶景を見に行こう

まだまだ日本人にはなじみの薄い国、南米・コロンビアはメキメキと観光客数が増加している注目の国です。そこで異彩を放つ巨大な岩La Piedra Del Peñol...

【コロンビア・メデジン】スラム街から大変貌を遂げた人気観光地コムナ13

コロンビア第二の都市メデジンはかつて麻薬カルテルの本拠地あった危険な街として知られ、その中でも最も危険な場所であったコムナ13(Comuna13)。現在では国内...

【コロンビア】ボゴタのおすすめ観光スポット7選☆

赤道に近いにも関わらず、標高が高いことで年間を通じて穏やかな気候を楽しめるボゴタ。物価が安く、近年治安も落ち着いていることから、最近ではヨーロッパを中心に、穴場...

この記事を書いたトラベルライター

まだ知らないイロドリミドリな世界へ
学生時代からふつふつとしていた旅欲を満たすため、年々フットワークが軽くなり国内外問わずあちらこちらにすぐ顔出します!元海外在住、元外資系豪華客船員が学んだ旅のこと、食べ物のこと、アートのこと、景色のこと、楽しく旅するノウハウをお伝えします!
http://irodorimidori.blogspot.jp

【オーストラリア】ジブリだらけ!モデルスポットをめぐる最強の聖地巡礼リスト

オーストラリアはジブリファンにとって生唾モノのモデルスポットがいくつも点在しています!ジブリファンでなくても行きたくなってしまう、フォトジェニックなジブリの世界...


【香川】これでバッチリ!アートを巡る直島観光モデルコース

見どころの多いアートな場所「直島」ですが、どういうルートでめぐるか、どこを優先的にみるべきなのか迷いがちです。くまなく直島を楽しむために、効率的に直島をまわるプ...


見たい!行きたい!世界のグラフィティ・アートスポット7選

グラフィティ・アートをご存知ですか?路地裏や建物などの外壁にスプレーやペンキで書かれているストリートアートです。落書き、イタズラのように受け取られがちですが、お...

【モロッコ】人気上昇中の旅先で絶対に食べたい絶品モロッコ料理BEST5

今、女子旅人気急上昇の旅先であるモロッコは、どこを切り取ってもフォトジェニックな異文化の香り漂うエキゾチックな国です。そんなモロッコで食べられる本場のモロッコ料...

【仙台】お土産に迷ったらコレ!老舗揃いの仙台銘菓5選

東京から新幹線でたったの1時間半で行ける仙台。旅行や出張で来たら買って帰りたい手土産ですが、思い浮かぶのはやはり「萩の月」でしょうか?いやいや、仙台には歴史ある...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります