海老名市

【神奈川】マニアだけじゃない!誰もが楽しめる常設展示館「ロマンスカーミュージアム」

取材・写真・文:

神奈川在住

2021年4月29日更新

469view

お気に入り

写真:絶景@日本

新宿から小田原や唐木田、江ノ島を結ぶ小田急線には、ロマンスカーの総称で親しまれている特急電車があります。そんなロマンスカー歴代の名車両や小田急線の歩みを後世に伝える常設展示館「ロマンスカーミュージアム」が2021年4月19日に開業しました。今回はマニアだけでなく、誰もが楽しめるロマンスカーミュージアムについてご紹介します。

この記事の目次表示

ロマンスカーミュージアムの概要

小田急線は、東京の新宿から小田原を結ぶ小田急小田原線、新百合ヶ丘から唐木田を結ぶ小田急多摩線、相模大野から片瀬江ノ島までを結ぶ小田急江ノ島線の全70駅(2021年4月現在)があり、観光や通勤で数多くの方に利用されている路線です。

そんな小田急線には、ロマンスカーの総称で親しまれている特急電車が走っており、これまでに走行していた車両自体も数多くの人に愛されてきました。それらの車両は引退後は車両基地に置かれたままだったことから、「どこかに展示して欲しい」と言うファンから多数の声が寄せられます。

そのような経緯から、これまでのロマンスカーの車両や小田急線の歩みを後世に伝える常時展示館「ロマンスカーミュージアム」が、小田急線「海老名駅」の隣接地に開業しました。

  • 写真:絶景@日本

ロマンスカーミュージアムは2階建て。海老名駅を発着する小田急線の電車を見られる屋上ステーションビューテラスをはじめ、実際の車両が展示されているロマンスカーギャラリー、新宿から芦ノ湖までの小田急沿線の様子を忠実に再現したジオラマパークなどがあります。

【営業時間】10:00~18:00(最終入館17:30)
【休館】第2、第4火曜日
【料金】大人(中学生以上) 900円・子供(小学生) 400円・幼児(3歳以上) 300円
*団体(20名以上)は各料金から100円値引きされます。幼児は50円となります。

予約について

2021年4月現在、入館は事前予約制となっています。入館希望の方は、事前にロマンスカーミュージアムのホームページにある予約ページから予約を行って下さい。

なお料金は、ロマンスカーミュージアムに入館する際に支払います。予約は日にち、入館時間だけを指定する仕組みです。予約時間は10時から17時15分まで15分単位となっており、入館は予約時に決定した時間での受付となりますが、滞在時間に制限はありませんので、ゆっくり見る事ができます。

それでは以下より、ロマンスカーミュージアム館内の紹介をしていきましょう。

ヒストリーシアター(1F)

  • 写真:絶景@日本

出入口は建物2階になりますが、入館後エントランスから1階に降りると、ヒストリーシアターがあり、小田急電鉄の前身である小田原急行鉄道が1927年に開業した時に製造された最初の車両「モハ1」が展示されています。

  • 写真:絶景@日本パイプで客席と仕切られた運転席
  • 写真:絶景@日本

台車など多くの部品は大正時代に製造されたもので、室内は木材が多く使われていたようです。また、展示されている車両横の壁面には小田急電鉄やロマンスカーの歩みが当時の映像を交えて映し出されています。

ロマンスカーギャラリー(1F)

ヒストリーシアターを抜けると、ミュージアム最大の目玉とも言えるロマンスカーギャラリーがあります。ロマンスカーギャラリーには歴代5車種のロマスカーが展示されており、迫力の姿を見せてくれます。

  • 写真:絶景@日本左からSE3000形、NSE3100形、LSE7000形

SE3000形

  • 写真:絶景@日本SE3000形の車内

1957年、新幹線に先駆けて登場した高性能特急専用車両で、当時の鉄道世界最高速度145km/hを達成しました。

車内に喫茶カウンターを設けているのが特徴で、「走る喫茶室」の愛称で親しまれました。喫茶カウンターは、そこでの飲食を目的としているのではなく、喫茶カウンターで用意されたものを座席に届けるシートサービスとして実施されていました。

NSE3100形

  • 写真:絶景@日本NSE3100形の車内

ロマンスカーで初めて運転席を2階に配し、最前部を展望席として開放的した画期的な車両で、1963年の登場から1999年まで箱根・江ノ島への観光や通勤の足として活躍しました。

SE3000形とNSE3100形は車両の中に入って様子を見る事ができます。(座席には立入禁止です。)

LSE7000形

1981年から2018年まで活躍した車体で、NSE3100形の前面展望席を継承したまま車両性能を格段に向上させた事で、箱根登山鉄道の急勾配も登れるようになった車両です。

Hi SE10000系

  • 写真:絶景@日本HiSE10000形

1987年に登場した車体。ワインレッドを基調としたカラーを採用し、床を高くする事で車窓からの風景を一段と新鮮なものにしました。こちらの車体も最前部を展望席としているので、迫力ある景色が楽しめます。

  • 写真:絶景@日本HiSE10000形の展望部
  • 写真:絶景@日本HiSE10000形の展望席からの眺め

Hi SE10000形は、中に入れるだけではなく実際に座席に座る事ができるので、展望席から景色を眺める雰囲気を味わう事ができます。

  • 写真:絶景@日本連接台車

なおこちらの車両後方部では、ロマンスカーの特徴のひとつである連接台車も見る事ができます。(※連接台車とは、車体間に設置して2つの車体を支える台車の事を言い、台車によって繋がれた車体は横方向の振動が起きず、高速域での安定性が高くなります。)

RSE20000形

  • 写真:絶景@日本RSE20000形

さいごに登場するのは、国鉄がJRとなったのを機に、沼津駅まで乗り入れる為に新たに設計されたRSE20000形です。2階建の車両を配し、半個室やテレビ付きのシートなどが設けられています。

  • 写真:絶景@日本1階の半個室
  • 写真:絶景@日本

2階にある車両は入口までしか入れませんが、先頭車両は座席に座る事ができます。こちらの車両の先頭は運転席があるタイプで運転席越しに風景を楽しみます。

  • 写真:絶景@日本RSE20000形の先頭車両
  • 写真:絶景@日本先頭車両最前部
  • 写真:絶景@日本喫茶カウンター
  • 写真:絶景@日本

またこの車両にも喫茶カウンターがあり、「走る喫茶室」の愛称で親しまれたシートサービスが行われていました。

ODAKYU HISTORY TIMELINE

ロマンスカーギャラリーの一角には小部屋があります。この部屋では、小田急電鉄、小田急線の路線、ロマンスカーそれぞれの年表や複々線化事業についてパネルを通して学ぶ事ができます。また小田急線に関する本が置いてあり、室内にあるテーブルで本を読んだり、談笑する事も可能です。

  • 写真:絶景@日本
  • 写真:絶景@日本

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2021年4月27日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

この記事を書いたトラベルライター

駆け出しのトラベルライター
アラフォー男子
新宿、小田原、川崎を起点に
お得なフリー切符を活用して
都内近郊を中心に大切な人と出掛けています

それぞれの時期に咲く花を見に行き、
それぞれの土地で美味しいものを食べ、
それぞれの季節の風景を楽しむ

そんな気持ちが記事から伝わり、
読んでくれた方の参考になれば幸いです

写真は大切な人です☆
https://zekkei-japan.com/

【都内から1万円旅】餃子も楽しむ宇都宮日帰り観光プラン

宇都宮には、約2000年前に火山灰や軽石が堆積して生まれた大谷石の採掘場だった大谷資料館があります。宇都宮観光の人気スポットの1つである大谷資料館や、宇都宮餃子...


【みさきまぐろきっぷ】で楽しめる、おすすめ食事処3選

京急電鉄には、まぐろ料理が楽しめる「みさきまぐろきっぷ」がありますが、今回はこの「みさきまぐろきっぷ」で利用できる32店舗の中で、実際に筆者が訪れてお勧めする3...


お得な【みさきまぐろきっぷ】で巡る三浦海岸の河津桜と三崎のマグロ

例年2月になると、花が咲いている期間が約1ヶ月と比較的長い特徴を持つ、早咲きの河津桜が開花します。河津桜と言うと伊豆の河津町が有名ですが、春に咲く桜と同じように...

【神奈川】河津桜と菜の花、夜景も楽しめる「まつだ桜まつり」と「菜花まつり」

例年2月頃になると開花し、約1ヶ月間楽しませてくれる早咲きの河津桜。河津桜を楽しめるスポットは日本各地にありますが、昼は河津桜と菜の花の競演、夜は河津桜のライト...

【ゆばすくい体験】日光で変わった体験はいかがですか?

日光には、社寺の1つとして世界遺産にも登録された日光東照宮を始め、三大名瀑の1つである華厳の滝、日本三大奇橋の1つとも言われている神橋など数多くの観光スポットが...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.3 Emmyさん

【トラベルライターインタビューVol.3】一人旅を応援する記事を多数執筆!Emmyさんならではの人気記事執筆のコツやその原動力に迫ります