フィンランド
フィンランド観光
「森と湖の国」はサンタクロースとムーミンの故郷

ムーミンを訪ねて~北欧フィンランドでムーミンスポット巡り~

取材・写真・文:

チェコ在住

2018年2月23日更新

998view

お気に入り

写真:まや

その可愛らしいフォルムと独特な雰囲気の世界観から近年日本で大人気のムーミン。そんなムーミンが生まれたのは北欧フィンランドです。2017年の夏には、タンペレにある「ムーミン博物館」がリニューアルされ、体験型の「ムーミン美術館」に生まれ変わりました。今回は首都ヘルシンキから電車で1時間半、フィンランド第2の都市タンペレのムーミン美術館とその他ヘルシンキ市内のムーミンにまつわるスポットを紹介します。

世界でひとつのムーミン美術館

  • 写真:まやムーミン美術館 入館料 大人12€、子供6€、3歳以下無料

この美術館では、ムーミンの生みの親であるトーベ・ヤンソンが描いたムーミンの原画と、グラフィックアーティストのトゥーリッキ・ピエティラが作成したムーミンの立体模型が展示されています。美術館内部に足を踏み入れるとまるでムーミン谷の世界に入り込んだかのように感じます。

  • 写真:まや

筆者が訪れた際に公開されていた「それからどうなるの?」展(2018年2月現在も継続展示中)ではトーベ・ヤンソンが描いた全12冊の本が1冊ごとにセレクトされ、紹介されていました。

ムーミン立体模型には模型に関する解説と、それを描いたころのトーベ・ヤンソンについての解説、またその模型に関する物語のシーンのナレーションを音声で楽しむことが出来ます。いずれの展示にも日本語の案内が用意されています。

美術館の外でも楽しめるスポット

美術館の館内には、20以上の言語に翻訳されたムーミンの本が並ぶ図書館も用意されています。

  • 写真:まやムーミンの本は20か国を超える言語に翻訳されている

また、ショップでは展示会のカタログの他、ムーミングッズを購入することが出来ます。

  • 写真:まや
  • 写真:まや商品を買うと可愛い紙袋に入れてくれる

絵葉書と切符を購入し、その場で送ることもできます。美術館から送る場合にはムーミンの消印が押されるそうです。

  • 写真:まや

ムーミン美術館へのアクセス

ムーミン美術館の最寄駅であるタンペレ駅はヘルシンキから電車で約1時間半、バスで約2時間、飛行機だと約50分でアクセスすることが出来ます。

  • 写真:まやムーミン美術館 外観

ムーミン美術館のあるタンペレホールまでは、タンペレ駅から徒歩で10分程度です。

ムーミン美術館
フィンランド / 博物館・美術館
住所:Tampere-talo Yliopistonkatu 55 Tampere地図で見る
電話:+358 (0)3 243 4941
Web:https://muumimuseo.fi/ja

ヘルシンキで訪れたいムーミンにまつわるカフェやショップ

ムーミンカフェ

近年日本でも人気のムーミンカフェですが、ヘルシンキ市内にもいくつか店舗があります。

  • 写真:まやムーミンカフェ 外観

筆者が訪れたのは中央駅から徒歩でも行けるムーミンカフェ。日本のムーミンカフェのようなラテアートやムーミンのデザインのお食事メニューはありませんが、食器は全てフィンランドの陶器ブランド「アラビア」製のムーミンデザインのものが使われていました。

  • 写真:まやムーミンカフェ コーヒー、シナモンロールセット 6€(約780円)

コーヒーは自分で注ぐセルフサービスで、先払いです。ムーミンカフェ以外でも、フィンランドではムーミンカフェ同様に自分でコーヒーを注ぎ、ゆったりとくつろぐ前にお金を払うシステムのカフェが多くあります。

  • 写真:まや

店内では店員さんがぬいぐるみを持ってきてくれたり、シールをくれたりと非常に親切で心が温まりました。

ムーミンカフェ
フィンランド / カフェ・喫茶店
住所:Liisankatu 21 ヘルシンキ地図で見る
電話:050 3286272
Web:http://muminkaffe.com/

アラビアの工場兼アウトレット

ムーミンデザインの陶器を製造しているフィンランドの陶器ブランド「アラビア」。ヘルシンキ市内にはそんなアラビアの商品を40%オフで購入できるアウトレットがあります。

  • 写真:まやアウトレット兼工場

主に布製品を販売しているフィンランドのブランド、「フィンレイソン」のアウトレットも併設されており、ムーミン柄のタオルやベッドカバーを格安で購入することが出来ます。

アラビアファクトリー
フィンランド / 雑貨・インテリア
住所:Tavastvägen 135, 00560 Helsingfors地図で見る
電話:+358 20 4393507
Web:http://www.arabia.fi/

おわりに

  • 写真:まや

フィンランド国内には上記で紹介したムーミン美術館やムーミンカフェ、ムーミンのグッズを取り扱うムーミンショップなど、ムーミンにまつわるスポットが沢山あります。

夏の間は、ムーミン谷を再現したテーマパーク「ムーミンワールド」もオープンしています。こちらも、ムーミンファンなら一度は行きたい有名スポットです。

ムーミンを訪ねて、ぜひフィンランドへ出かけてみてください!

フィンランドの旅行予約はこちら

フィンランドのホテルを探す

フィンランドの航空券を探す

フィンランドのパッケージツアーを探す

フィンランドの現地アクティビティを探す

フィンランドのWi-Fiレンタルを探す

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年2月20日に公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

あなたにオススメの記事

同じテーマの記事

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【フィンランド】ヘルシンキを1日で回る!よくばり観光モデルコース♪

北欧フィンランドの首都、ヘルシンキは日本人にも大人気の旅行先です。そんなヘルシンキは実はとてもコンパクトな街で、1日あればほとんど回れてしまうってご存知ですか?...


フィンランド製「イッタラ iittala」社のアウトレットで掘り出し物探し!

北欧デザイン大国・フィンランド。Artek(アルテック)社の家具や照明、日本でも大人気テキスタイルのmarimekko(マリメッコ)、木製ジュエリーのaarik...

フィンランドのデザイン地区で北欧デザイン発見の旅!

フィンランドの首都ヘルシンキは徒歩でも散策しやすい大きさで、首都のわりにゆったりと落ち着いた時間が流れる街です。ヘルシンキ中心部の湾や広場のまわりにはマーケット...


【フィンランド】独立100周年限定商品を買い集めるヘルシンキ街歩き

2017年はフィンランドがロシア帝国から独立を果たしてちょうど100周年の年。フィンランド国内外では、100周年記念を祝う催し物が数多く開催されています。そんな...

この記事を書いたトラベルライター

原動力は好奇心!中東欧の文化に魅了された現役女子大生
茨城県生まれの現役女子大生。大学では国際文化を学び、マネージャーとしてラクロス部に所属。趣味は動物園や博物館に行くことと、居心地のいいカフェや雑貨屋さんを見つけること。大学で出会った中東欧の文化に惹かれ、大学3年生の秋よりチェコに1年間留学中。“興味を持ったら何でも挑戦”をモットーに好奇心旺盛に生きています!

スロバキアの小さな首都ブラチスラバに“かわいい”を探しに行こう!

1993年にチェコスロバキアが解体し、独立したスロバキア共和国。東京からはるか9,000kmも離れた小さな新しい国ですが、実はスロバキアには日本人女子の心をくす...

いつもとはちょっと変わった年越しを!ポーランドで過ごす年末年始!

ワルシャワを首都とするポーランド。最近は、日本でもポーリッシュポタリー(ポーランド食器)やポーランド映画が注目されていますが、まだまだ日本人にとってマイナーな国...


小人の街ヴロツワフでポーランドの歴史と文化に触れるスポット7選

街中に散りばめられた250体もの小人の銅像がなんとも可愛らしく、街を歩くだけで心がほっこりと温かくなるポーランドの街、ヴロツワフ。小人の街として有名で、お土産屋...

【ポーランド】陶器の街ボレスワヴィエツで絵付け体験と街散策!

ポーランドの西部シロンスク地方、ドイツとの国境近くに位置する小さな街、ボレスワヴィエツ。ここでは、ポーリッシュポタリーと呼ばれる陶器の生産が盛んです。可愛らしい...


伝統工芸品の生産も盛んなハンガリーの活気溢れる市場に潜入しよう!

「中欧のパリ」「ドナウ河の真珠」などと比喩され、街並みや夜景が美しいハンガリーの首都、ブダペスト。景観が素晴らしく、街歩きが楽しい街ですが、刺繍や藍染などの伝統...

トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?