ヨーロッパ

【保存版】ヨーロッパのカフェ厳選10選!

2018年7月10日更新

880view

お気に入り

旅するならば、ぜひ腰を下ろして待ちゆくひとを眺め、そこに流れる雰囲気を味わい、お茶の時間を楽しみたいものです。ヨーロッパにも無数にある個性的なカフェは、地元の人々が集う憩いの場であり、街の情報発信の場であり、一押しのスイーツや軽食、ドリンクを楽しむことができる場です。今回は、ヨーロッパの美しい街の景観に溶け込みながら、現地ならではのスイーツや飲み物を出す伝統からモダンなカフェまで、ヨーロッパを旅して歩いた筆者オススメの厳選10選をご紹介します。

1.スペイン:老舗の絶品チュロスとチョコラテ専門店「Granja M Viader」

スペイン・バルセロナにある老舗チュロス店「Granja M Viader」は、1870年創業の老舗で農場という意味の'Granja'がついており、かつて乳製品を販売することを許可された場所です。

  • スペイン・バルセロナの絶品チュロスとチョコラテ専門店「Granja M Viader」
  • 絶品チュロスとチョコラテ専門店「Granja M Viader」店内

創業当初の150年前のレシピを守りつつ、世代を経て生み出されるメニューも多く、現在ではバルセロナの中心地シウタ・ベリャ地区(Ciutat Vella)に欠かせないカフェスポットとなっています。

  • あつあつのチュロスは現地ならでは!

カフェGranja M Viaderの目玉は、やはり飲み物は濃いチョコラテと一緒に頂くチュロスの組み合わせです。チュロス自体に甘味はなく、どちらかというとやや塩味がします。揚げたてのチュロスを真っ黒の濃いチョコラテにディップして食べます。このチョコラテも実は甘さ控えめで、大人なスイーツです。

150年前から街のカフェとして存在するチュロス専門店で、昔からバルセロナの人々を魅了した味を楽しめるのは感慨深いですね。

  • 「Granja M Viader」のチョコラテとチュロス
グランハ・ヴィアデル
バルセロナ / カフェ・喫茶店
住所:Carrer Xuclà, 4-6, 08001 Barcelona
電話:+34 933 18 34 86
Web:http://www.granjaviader.cat

2. クロアチア::ジブリ映画『紅の豚』の舞台・世界遺産の街ドブロブニクの老舗カフェGradska Kavanaで名物ロジャータを味わう!

クロアチアの世界遺産の街ドブロブニクは城壁に囲まれた街で、城壁に近づくにつれ勾配も大きくなる高低差の大きな街です。そんな環境にも住み続けている地元の人と、ヨーロッパ各地からのバカンス客で賑わい、活気があります。

  • クロアチアの世界遺産ドブロブニク中心地のルジャ広場

カフェやレストランも多くあり、特に大理石でできた床が広がる中心地・ルジャ広場に面するカフェGradska Kavanaはいつも観光客で賑わっています。ドブロブニクが「ラグーザ共和国」として繁栄していた時代、このカフェの店内は評議場として使われていました。

  • かつて評議場として使用されていたドブロブニクの老舗カフェGradska Kavana

歴史的な雰囲気漂う店内で一息つくと、まるでタイムスリップしたかのような時間を過ごすことができます。また、天候がよければカフェの前のルジャ広場に突き出たテラス席で、絵葉書のように美しい周りの建物や道を歩く人々を眺めながら、一服するのもオススメです。

  • ドブロブニクの老舗カフェGradska Kavana のテラス席からの眺め

ドブロブニク地方では、卵たっぷりのカスタード・プリンが伝統となっており、もともとはRozalin(ロザリン)というその地方特有のバラのリキュールが加えられている他、様々なリキュールが使われることもあるようです。

  • ドブロブニク名物のスイーツ「Rožata(ロジャータ)」(値段:不明)

こちらのカフェでぜひオーダーしたいのが、ドブロブニク名物のスイーツ「Rožata(ロジャータ)」です。レモンやオレンジなどのリキュール入りのロジャータが多いと聞きますが、こちら老舗のロジャータはシンプル。べっこう飴のような澄んだカラメルにプルンとした滑らかなカスタード。甘さも控えめで、この素朴な味がたまりません。

グラツカ・カヴァナ
クロアチア / カフェ・喫茶店
住所:Ul. Pred Dvorom 1, 20000, Dubrovnik, クロアチア
Web:http://www.nautikarestaurants.com/gradska-kavana-a...

3.セルビア:旬の無添加の材料から作った病みつきになるアイスクリーム店「Moritz Eis」

  • セルビア・ベオグラードの人気アイスクリーム店「Moritz Eis」

自然素材のオーガニックフルーツをたっぷりとつかった、おしゃれなアイスクリームの名店が、セルビアの首都・ベオグラードの中心部にあります。それがMoritz Eis(モーリッツ・アイス)。セルビア人とオーストリア人が共同経営している、地元で大人気のオシャレなアイス・スタンド&カフェです。

お店で作られるアイスクリームやシャーベットは、旬の素材を使用しているためその日によって種類が異なりますが、常時10種類以上が準備されています。素材を感じるやさしい味でありながら、とろっとしていて濃厚なので、全ての味を制覇したくなります。

まるで生のいちごが見えてきそうなほど濃厚ないちごアイスや、香ばしいピスタチオが薫るピスタチオのアイスもおいしいです。他にもピーナッツやバナナ、生姜などのアイスクリームがあります。

  • セルビア・ベオグラードの人気アイスクリーム店「Moritz Eis」

ベオグラード中心部のショップは2階がカフェとなっており、1階で買ったアイスクリームをカフェスペースでイートインすることもできます。ベオグラードの道行く人を眺めながら丹精込めてつくられた素材の生きるアイスクリーム。あなたも病みつきになるでしょう!

  • セルビア・ベオグラードを眺める
Moritz Eis ベオグラード店
セルビア / スイーツ
住所:Vuka Karadžića 9, 11000 Belgrade
電話:6055-44455
Web:http://www.moritzeis.com/en/home/

4.フィンランド:ムーミンの原画が眠る街の丘の上の灯台カフェ「Pyynikin Munkkikahvila」

フィンランドの首都・ヘルシンキから電車/バスで約2時間〜3時間弱のところにあるタンペレ(Tampere)市は、フィンランドらしい森や湖といった自然の風景の中に溶け込む美しい街です。

そこに1980年代から始まり、今日に至るまで地元の人たちを始め、タンペレを訪れる人たちを惹きつけているのがPyynikki(ピューニッキ)という丘の上にあるカフェPyynikin Munkkikahvila(ピューニキン・ムンッキ・カフビラ)です。直訳するとピューニッキ(地名)のドーナツ・カフェという意味で、その名の通りドーナツが看板商品のカフェです。

  • フィンランド・タンペレにあるドーナツカフェ・Pyynikin Munkkikahvila(ピューニキン・ムンッキ・カフビラ)

1980年代から続く秘伝レシピでつくるドーナツは1種類のみで、もっちりとした生地の中にカルダモンの粒が入っています。外側は粒の大きめのザラメ砂糖がまぶされています。揚げたてのドーナツは特においしく、ふわっとした食感とカルダモンの香りがたまりません。

  • フィンランド・タンペレのPyynikkiの丘にあるカフェのドーナッツはピカイチ!

Pyynikki店(丘の上)とKeskustori店(中心地)の2店舗ありますが森の中を歩いて辿り着くドーナツカフェはやはり丘の上店がオススメです。同じ1個のドーナツでも、運動した後で頂くドーナツはやはり格別です!

  • Pyynikkiの灯台の上からの眺め(冬)
  • Pyynikkiの灯台の上からの眺め(夏)
Pyynikin Munkkikahvila ピューニッキ店
フィンランド / カフェ・喫茶店 / スイーツ
住所:Näkötornintie 20, Tampere, Finland
Web:http://www.munkkikahvila.net/
Pyynikin Munkkikahvila ケスクストリ店
フィンランド / カフェ・喫茶店 / スイーツ
住所:Keskustori 1, Tampere, Finland
Web:http://www.munkkikahvila.net/

5.オーストリア:本場のウィーンナーコーヒーと共にデメル (DEMEL)で一息

1786年創業の洋菓子店DEMELは、オーストリアのお菓子屋・カフェの代名詞的存在となっています。かつてヨーロッパに大帝国を築いたハプスブルク家の皇帝や貴族たちも通ったと言われており、1799年にはウィーン王宮御用達菓子司に指定されました。

厨房はガラス張りになっており、製造過程を見ることができます。この前を通って2階に上がると格調高い装飾の空間が広がっており、カフェ席があります。

  • オーストリア・ウィーンの老舗カフェ・デーメル (DEMEL)

デメルにはチョコレート菓子を中心に上品なお菓子(4.2ユーロ~・約550円)が多くあります。デメルの「ザッハトルテ」のほか、チョコレートケーキは濃厚なチョコレートとリキュールで上品に仕上げられており、洗練された一品です。

本場で頂く「ウィーンのコーヒー」ウィンナーコーヒー(4.2ユーロ・約550円)と一緒に頂きたいですね。繁栄に満ちたオーストリアの首都ウィーンらしさ満点の空間で、貴族の気分を味わえることでしょう。

  • オーストリア・ウィーンの老舗カフェ・デーメル (DEMEL)
デメル
オーストリア / カフェ・喫茶店
住所:Kohlmarkt 14, 1010 Wien
Web:http://www.demel.at/frames/index_wien_kaffeehaus.h...

次のページを読む

この記事で紹介されたスポットの地図

関連するキーワード

※この記事は2018年4月8日の取材に基づき公開した情報です。
 記事内容については、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

同じテーマの記事

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...

ポルトガル人気観光スポット!王妃に愛された美しい村オビドス

リスボンから日帰り可能な人気観光地のオビドス。中世の城壁で囲まれた小さな村は、その美しさから「谷間の真珠」と呼ばれ、歴代のポルトガル王妃をも魅了してきました。真...

プーさんマニアの聖地・イギリスのハートフィールドってこんなトコ!

イギリス・ロンドンから電車で1時間ほど離れた場所に「ハートフィールド」という森があるのをご存知ですか? 実はこの森、プーさんマニアなら知らない人はいないプーさん...

【イギリス】ハリーポッター誕生の地を巡る、魅惑の街エディンバラ!

『ハリーポッター』の物語が書かれた街が、英国スコットランド地方の州都エディンバラにあります。作者のJ.K.ローリングがペンを握り、1杯のコーヒーを飲みながら物語...

絶対に喜ばれるトルコ土産!ロクムの老舗ハジュ・ベキル

みなさんはトルコのお土産と聞くと何を想像しますか?色とりどりのトルコランプや繊細な模様が美しいトルコ絨毯、それともエキゾチックな香り漂う香辛料?選ぶのも迷ってし...



この記事を書いたトラベルライター

暮らすように旅をする
aka-regionです☘
計4年間、ヨーロッパ(フィンランド、アイルランド)で住んでいる間に見聞きしたこと、経験したことを紹介します。旅のテーマは、「暮らすように旅をする」。旅のある暮らし方、ライフスタイル、文化に関する情報を発信していきます!

♬Countries & Areas: Europe (アイルランド、フィンランド他),日本(島根、山陰地方、東京他)
♬Hobbies: アイリッシュフィドル、水泳
♬Speciality: 島好きです!
http://akaregion.blogspot.jp/

【保存版】フィンランドのお土産厳選10選!

北欧デザインにサンタクロース、森の中でのウォーキングにサウナ。こんなキーワードを聞くだけで、ほのぼのとしたおとぎ話の世界が思い浮かぶフィンランド。日本から直行便...

【保存版】アイルランドのお土産・厳選10選

イギリスの西に位置する小さな島国アイルランド。日本よりも北にありますが暖流の影響で1年を通して温暖な気候の過ごしやすい国です。伝統とモダンカルチャーが共存する首...

【保存版】デンマークのお土産・厳選10選!

北欧にあるデンマークはデザイン大国として有名で、近年日本でも注目度がアップしている国の一つです。丁寧な暮らしをするデンマークの人たちが生んだ、人が使いやすい機能...

【保存版】ポルトガルのお土産・厳選10選!

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置し、地中海性気候の穏やかな気候で過ごしやすく、食もおいしく古い街並みが美しい国です。カステラやカルタ、天ぷらなどポルトガルと日...

【フィンランド】独立100周年限定商品を買い集めるヘルシンキ街歩き

2017年はフィンランドがロシア帝国から独立を果たしてちょうど100周年の年。フィンランド国内外では、100周年記念を祝う催し物が数多く開催されています。そんな...



トラベルライターアワード受賞結果発表トラベルライターインタビュー Vol.2 bluemoonさん

【トラベルライターインタビューVol.2】NY記事50本超え!人気記事を多数生み出しているbluemoonさんの執筆のコツとは?